人の顔を見たときに「この人はこういう人だろう」と予測してしまうことはありませんか?実際に人の顔を見たときにそう思ってしまうのは人としては当たり前のことですよね。

その人のことが魅力的に見えるかどうかという判断だけではなく、その人の人柄まで代替を想像してしまうのが人間です。

ですが、それが実際に当たっているかどうかは分からないですよね。

「こういう人だろう」と思っていた人が全く違う人間だったということもあります。

ですが、その一方で思っていた通りの人間であったという経験をしたこともあるでしょう。

それでは、人相とその人の性質や生き方にはどのような関係があるのでしょうか。

顔を見ただけで、その人の性質などがすべてわかるとするのならば面白いですよね。

実際に世界には人相学と言って、人相を研究している研究分野もありました。

この人相について見てみることにしましょう。

人相とは

 そもそも、人相とはどのようなものなのでしょうか。

人相は人の顔のことを言いますが、人相学の視点で見てみると、人の体型さえも人相の一つに入ります。

人の外見全般ということですね。

もちろん、人の顔から読みることができることは多いでしょう。

ですが、それだけではないのです。

人の体型を見ただけでその人の性格をカテゴリ分類できるという説もあります。

また、骨から人の性格などを読み取ることができるとも言われています。

実際に読み取ることができるのはその人の人柄はもちろんのこと、その人の人生といった広い分野もそうですし、未来と言った将来のことまでも想像してみせます。

古くは学問分野でしたが、現在では人相学は占いのような扱いを受けているようですね。

 人相学にも色々な種類があります。

ここでは、人相学の様々な分類やその歴史について詳しくご紹介します。

人相学の3つの大原則


 人相学には三つの大原則と言われるものがあります。

顔や骨、身体から三つの大原則を読み取っていくのが人相学なのです。

栄養質

 栄養質というと何か勘違いをされる方もいるかもしれませんが、その人の栄養状態を読み取るのが人相学の一つ目の原則というわけではありません。

人相学で言う栄養質とは、女性らしさのことです。

女性が本来持っている資質のようなものを言います。

これは男性に全くないというわけではありません。

男性の中にある栄養質の多さを見れば、その男性の女性らしさを表現することができます。

筋骨質


 筋骨質は栄養質とは反対に、男性が本来持っている資質のようなものを表します。

そして、これもやはり、女性が全く持っていないというわけではありませんし、男性が必ずしも筋骨質な表象を持っているとも限りません。

ただし、性質が男性らしいということを表現しているのだということは覚えておきましょう。

心性質

 心性質とは、栄養質や筋骨室とは少し種類が異なっています。

これが示しているのは知能の程度であるようです。

男性らしさや女性らしさとは異なるような指標のように思えますが、人相学の世界では同率に扱われるものです。

例えば、栄養質の眉、というのと同じような軸として心性質な唇というような言葉が使われることがあるのです。

ですが、これらの指標はなかなか素人に使われるものではありません。

実際の人相学の内容を見てみると、あまりこの言葉は使われていないようですから、安心してくださいね。

人相学の歴史

 人相学の歴史にはどのようなものがあるのでしょうか。

人相学の歴史は意外なほどに昔から続いています。

古くは古代ギリシアで起こった学問であるようです。

この学問には有名な哲学者たちも参加しました。

例えばアリストテレスやプラトンがそうです。

哲学者にとっては、哲学の一部であったのかもしれませんね。

その後も人相学は色々な人に研究されてきました。

18世紀の半ばには多くの研究や定説が打ち出されている状態だったようです。

これを一冊の本にまとめたのがスイスのラヴェーターという研究者でした。

これによって人相学の文献がまとめられ、さらにその後にはドイツのクレッチマーが人相学のまとめを行っています。

これによって人相学が体系化されることとなりましたが、現在では正式な学問分野というよりは、占いの分野になってしまっているようですね。

 日本でも人相学は発展してきました。

本では室町時代に人相学の本が書かれました。

また元禄時代、つまり江戸の中期ころには民衆に広く知れ渡っていたというのですから、いかに一般的なものであったかと言ことが分かりますね。

その後、明治には体系づけられましたが、現在はやはり、日本でも占いの分野になってしまい正式な研究としてはそれほど発達していません。

 余談ですが、人相学と同じような研究として骨相学がありました。

これは頭蓋骨の形からその人の性質を読み解こうとしたものであり、ガルという研究者が有名です。

ですが、こちらの研究も、現在では否定されています。

クレッチマーの3気質

 エルンスト・クレッチマーは医学者であり精神学者でした。

彼は、人の気質について研究を進めており、様々な研究を発表しています。

その中でも、体型と気質を結びつけた研究は有名ですね。

それがいかに示したクレッチマーの3気質と呼ばれるものです。

これは、人の体型や体型を作り出す資質から、人の性格上の特性を読み解こうとしたものです。

皆さまには当てはまるところがあるでしょうか。

細長型

 細長型は一般的にはやせ型と言われるものですね。

全体的に薄い印象を抱くような体が細長型と言われるものです。

足や手も細く、基本的にあまり脂肪がつきません。

食べても食べても太らないような、女性からすると羨ましいような体質の方は細長型と言われるでしょう。

 細長型の特徴は、分裂気質と言われるものにあります。

分裂気質というと難しい言葉のように思えますが、敏感なところと鈍感なところの二面性があるという意味です。

例えば、細長型の人はとても怖がりであり、神経質になってしまうこともあります。

神経過敏になることがあるのです。

その一方で、とても落ち着いているところも見せる、我関せずと言った態度を取るなどの、周囲の動きに鈍感なところもあるという二面性を見せます。

全体的にはとても静かな人だという印象を受けるかもしれませんね。

真面目であまり社交的な性格はしていません。

肥満型

 肥満型と言われる人は、書いて字の如くに肥満多型のことです。

ですが、必ずしも今現在太っているという意味ではありません。

細長型の人とは反対に、体に脂肪がつきやすい人のことを言います。

そして、全体的に丸みを帯びた柔らかなシルエットの人が肥満型の人となります。

ダイエットをして痩せていても、肥満型は肥満型であり、今現在の体型という意味ではありません。

 こういった人々はとても社交的で、周囲の人に心身になってくれるような温かな気質を持っています。

性格的にも穏やかであるようですね。

ただ、循環気質と言われているように、躁鬱傾向があるようです。

躁というのはハイテンションになってしまうことであり、打つというのはローテンションになってしまうことです。

躁鬱というのは病気の名前でもありますが、病気にはならなくても、テンションの差が大きい人であるという理解をすれば良いのではないでしょうか。

闘士型

 投資型と言われるのはがっしりした体系の人のことを言います。

全体的に筋肉の付きやすい体系の人ですね。

男性に多い傾向にありますが、必ずしも男性ばかりではなく、女性も鳴ることがあります。

肉付きが良いというところは肥満型と変わりありませんが、肥満型がた柔らかな印象を帯びたフォルムであるのに対して、闘士型はがっちりしている印象を与えます。

 闘士型の特徴は、粘着気質という言葉で表されます。

書いて字の如く、何かに執着してしまう傾向があるということですね。

また、物事に熱心に取り込みやすく、ハイテンションになってしまう傾向もあります。

エネルギッシュであるという言葉が一番ぴったりくるでしょうか。

ただし、頑固な一面もあります。

ただし、物事にはとても丁寧に取り組みますし、そういった部分では几帳面だと言われることもあるようです。

やり過ぎるほど丁寧に仕事をするのも特徴の一つです。

人相だけで見極められる7個の性格・特徴

 人相だけで人のどのようなところが分かるのでしょうか。

人相とはいっても、顔のパーツごとに表しているものが異なります。

それぞれの顔のパーツがどのような意味であり、どのようなパーツであれば何の意味を表しているのかについて見てみることにしましょう。

この知識が必ずしも当たっているわけではありませんが、その人の顔を見たときに読み取れる情報があるのだと思うと楽しいですよね。

1.顔全体の印象から分かる性格、特徴

 顔全体の印象からはどのようなことが分かるでしょうか。

顔全体の特徴というのは難しいですが、要するに輪郭のことだと考えると良いでしょう。

輪郭のパターンにはさまざなものがありますが、ここでは一般的な3種類の輪郭について取り上げます。

輪郭が逆三角形の人

 輪郭が逆三角形の人から見てみることにしましょう。

このタイプの人は顎が尖っており、卵型よりも少し鋭い印象を与える輪郭になっています。

この鋭さが、頭の回転の速さに通じているようですね。

とても深く物事を考えるものの、考えすぎてしまうことがあります。

とても感受性が強いために、人の気持ちに敏感です。

気持ちに敏感であるからこそ、自分の言葉が人に与える影響が気になってしまうのが逆三角形タイプの人の特徴です。

自分の頭の中で考えていることを口に出したときの影響が怖くて、あまり自己主張をすることができません。

ただし、その分だけしっかりと自分の中で消火できるほどに物事を考えるので、自分の力で自分の道を切り開いて生きていくことができる人であるということができるかもしれませんね。

輪郭が四角い人

 輪郭が四角い人は、自分を偽るというようなことはしません。

自分の姿や心を偽らないので、友人からはその飾らない性格が人気でしょう。

人を欺くというようなことをせず、どんな人にでもまっすぐにぶつかっていくことができます。

あまり物おじしない男らしさを持っているということもできるかもしれません。

ただし、そういった部分が武骨であったり、粗野であるとみられてしまうこともあります。

理解されれば、そのまっすぐな性格が人の心をつかむでしょう。

恋愛においてはまっすぐぶつかっていくことができるので、愛情を素直に表現できるのがメリットです。

また、あまり器用な方ではありません。

輪郭が卵型の人

 卵型の輪郭の人は、外見的にはバランスのとれた顔立ちであると言われていますよね。

実際に性格も同じような傾向があります。

人との付き合いは得意で、協調性もありますが特に社交的なわけではありません。

自分のことばかり考えてしまうこともありますが、時には相手のことも考えられるので、人間らしい性格をしていると言えば良いでしょうか。

どこかバランスが取れすぎていて、あまり目立たないと言うこともできるかもしれません。

強く自己主張をして目立とうとするわけではなく、とにかくバランスを取ろうとするタイプです。

2.目の大きさから分かる性格、特徴

 目は口程に物を言うと言われることもありますよね。

目の大きさはそれだ毛で人相学的には意味のあるものになります。

目の大きさが示しているのはその人の気質そのものです。

目の形にも意味はありますが、ここでは目の大きさに注目して見てみることにしましょう。

目が大きい人

 目がぱっちりして大きい人は、とても豊かな表現力を持っています。

また、その目の大きさと同様に大胆不敵で、そしておおらかな寛容さを持っているのも特徴です。

目が大きいからか、しっかりと周りのことを見ている傾向にありますが、見ているからこそなのか、少し見えすぎて困ってしまうこともあるようですね。

周囲のことが分かり過ぎてしまうからゆえに、相手のことを気遣い過ぎてしまうような苦労をする部分もあるようです。

また、自分が良く見えているからこそ、相手からどう見られているかというところも気になるようです。

他人が自分をどう評価するのかというところが気になって、不安症のようになってしまう人もいるようですね。

目が小さい人

 目が小さい人は、逆に、あまり周囲からどう見られているのかということに関しては気にしません。

ただし、集中して一か所を見ることができるので、自分の近くにいる人の心の機微にとても敏感です。

相手が何を考えているのか、何を感じているのかということを読み取ることができるので、周囲からは洞察力の高い人だと思われているのではないでしょうか。

目の小さい人は、とても眼光が鋭いようにも見えます。

このことと関連して、目が小さい人はとても強い意志を持っており、目標までの努力を怠らない人であるとも言われていますよ。

3.目と眉毛の幅(田宅)から分かる性格、特徴

 目と眉毛の間は資産を表していると言われています。

資産を継ぐことができるかということですね。

田んぼと自宅、と書いて田宅と呼ばれる場所ですが、まさに、土地と家、家族に関わる場所だと言われています。

田宅が広い人

 田宅が広い人は、とても恵まれた遺産相続をすることができます。

家族や土地、資産には恵まれた人生を送ることができるでしょう。

きちんと遺産を譲り受けることができるので、それほどお金に困りません。

ただし、そうした金銭的な余裕は、浪費家としての一面を作り出してしまう原因にもなります。

自由に使えるお金があるからこその浪費家ですが、これが一般的な過程において良いものであるのかどうかは、その人個人の核の高さにもよるのではないでしょうか。

田宅が狭い人

 田宅が狭い人は、広い人に比べてあまり恵まれていません。

自分の家族からは譲り受けられないものが多いので、自然と自分の力で生きていくしかなくなります。

そのため、しっかりとした金銭感覚を持っており、商売を行う才能も持ち合わせている人が多いようです。

ただし、この人の場合には、守銭奴と言われてしまうほどにお金に執着してしまう傾向もありますので気を付けてくださいね。

4.鼻から分かる性格、特徴

 鼻からもその人の特徴を読み取ることができます。

鼻には様々な特徴がありますよね、鼻の穴の大きさもそうですし、その高さや鼻筋にも特徴があります。

その全てが人相学ではお金関係のことであると読み取ることができます。

これらの意味を見てみることにしましょう。

鼻筋から分かること

 鼻筋から分かることを見てみることにしましょう。

鼻筋から分かるのは、お金に関係する自分の人生についてです。

例えば、鼻筋がすっと通っている高い鼻を考えてみましょう。

誦した鼻の場合には、特にすごく恵まれていると言ったことはありませんが、きちんとお金を稼いで生きていくことができます。

ですが、鷲鼻や魔女鼻と呼ばれる鼻の場合だと、お金に対する執着が強くなる傾向があります。

鷲鼻と魔女鼻ではお金を手に入れるための手段が異なります。

鷲鼻の場合にはきちんと計画をしてお金を手に入れようとします。

頭を使ってお金を手に入れるのが得意なのです。

それに対して魔女鼻の場合はとても欲が深く、主に会社の経営などに才能を見せるでしょう。

団子鼻の場合にはお金に対してはあまり関心がありません。

そして、お金で苦労することも問いにはあります。

鼻筋が通っているのに高くない鼻の場合には、だんご鼻以上にお金に無関心であるという特徴があります。

仕事はしますがそれがお金のためではないのです。

鼻の穴の大きさから分かること

 鼻の穴の大きさからも分かることがあります。

それは、お金の動きですね。

小鼻の大きさからもお金の動きが分かるようです。

例えば、鼻の穴が大きいタイプだとお金の動きが多くなってしまいます。

当たったときには大きいですが、外したときにも大きいというわけです。

小鼻はお金が貯まるかどうかということですね。

お金が貯まる袋を創造すると良いでしょう。

小鼻が大きければ、きちんとお金を貯めることができますが、小鼻がペタン子にんっている様子では、あまりお金を貯めるのには向いていないタイプなのかもしれませんね。

5.耳の大きさから分かる性格、特徴

 耳の大きさも人相学では大事な要素の一つですよ。

耳の大きさは運を表すと言われています。

また、耳の方さや形なども判断材料の一つになりますが、ここではまずは耳の大きさだけを見てみることにしましょう。

耳が大きい人

 耳が大きい人は運が良いと言われています。

特に何の運であるというわけではなく、耳が大きいことで、とにかくいろいろな運に恵まれるのが魅力的ですね。

生命力もとても強いという証になりますので、耳が大きいだけで何だか得をした気分になるのではないでしょうか。

固さや厚さもあればさらに運に恵まれることの証拠になります。

耳が小さい人

 耳が小さい人は、耳が大きい人の反対です。

耳が小さい人は人生においてあまり運に恵まれない傾向にあると言われているようですね。

ですが、耳の固さや厚さがあれば、耳の小ささを補うことができると言われています。

6.口の大きさから分かる性格、特徴

 口の大きさからは生活力の有無を読み取ることができますよ。

生活力というよりは
どのような人生を送るかが分かると言うイメージでしょうか。

口が大きい人

 口が大きい人は、と喋り好きであり、積極的で社交的な人間です。

人の間に入ることを厭わない日となる濃さがあり、意志がとても強いようです。

人との会話を嫌がらないという特徴がありますので、そういったところがリーダー向きだと言われることもあります。

実際にとても人の統率が上手く、リーダーとしての才能を発揮することができます。

口が小さい人

 口が小さい人は、口が大きい人とは反対ですね。

あまり人に対して積極的になることがありません。

どちらかというと女性的なたおやかさを持っており、控えめな性格がおしとやかだと言われることもあるのではないでしょうか。

7.唇から分かる性格、特徴

 唇からはその人の恋愛の特徴を読み取ることができます。

唇はどこかエロティックなイメージを読み取ることができますよね。

上唇は愛情を注ぐ方の意味合いであると言われています。

また、理性が利いた状態の人のことを示しています。

下の唇は逆に、その人の本能や性欲のようなものを表しています。

愛情を受け取る意味合いがあるとも言われています。

唇の厚さはその程度を表していると言うと分かりやすいのではないでしょうか。

唇が厚い人

 上下の唇のどちらもが熱い人は、あまり裏表がない恋愛をするのではないでしょうか。

愛情を注ぐ方も受け取る方も、どちらも非常に喜びをもって行うことができます。

愛情表現は素直でストレートであり、そもそも愛情がとても強い人のようですね。

彼氏や彼女がいなければ寂しくて仕方ないという状態になりやすいのも、この唇のどちらもが熱い人の特徴であると言えるでしょう。

一度恋人になってしまった後には、恋人として理想的な反応をしてくれますが、ただし、その愛情があまりにも重いと言われてしまうこともあるかもしれません。

ただし、浮気など論外の誠実な恋人になってくれますよ。

唇が薄い人

 唇が薄い人は、愛情がとても薄い人だと言われているようです。

結婚願望もありませんし、あまり恋愛をしたいとも思っていないのでしょう。

恋人ができたとしても、冷たいと言われてしまっているのではないでしょうか。

恋愛をするのはただ一つ、自分のステータスのため、もしくは恋人がいないと肩身の狭い思いをするからというだけでしょう。

モテる人相の6個の特徴

 モテる人相にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

モテるというレベルになってしまうと、ただ単に異性から好かれる顔立ちのようにも思えますが、やはり、モテる顔というものはあります。

面白いことに、同性から好かれる顔と、異性から好かれる顔は少し異なっています。

その中で、威勢から好きだと思われるような人相がどのようなものであるのか見てみることにしましょう。

女性の特徴

 女性の好かれる人相とはいったいどのようなものなのでしょうか。

男性は女性の見た目を重視するものですから、一般的には「美人」と言われる人相が持てることには違いありません。

ただ、その「美人」の中でも個人差があることは確かです。

そういった美人の中でもどのような顔のパーツを持っている人相がモテやすいのかについてまとめました。

1.やや小さめの丸い顔

 女性やはりやや小さめの丸い顔が好まれるようです。

丸顔をコンプレックスにする人もいるようですが、丸顔は子供っぽい一方で、とてもあどけないかわいらしさを持っているからです。

小さめの顔が良いと言うのは、男性が女性に可愛らしさを求めているからでしょう。

【丸顔な人の特徴については、こちらの記事もチェック!】

2.色白である

 日本においては白い肌が男性の興味をそそります。

色白で綺麗に手入れされた肌に触れてみたいと思う男性は多いでしょう。

3.丸くて大きく、まつ毛の長い目

 目はやはり丸くて大きい方が良いと言う人も多いようですね。

まっすぐに見つめられたいという男性が多いのです。

睫毛にしっかりと縁どられた目が好きだと言う男性もたくさんいますが、残念ながら、つけまつげが好きだと言う男性は滅多にいません。

4.眉毛と目の幅が広い

 眉毛と目の幅が広い、いわゆる田宅が広い女性の方が好みだという男性も多いようです。

あまり眉毛が太く、しっかりしていない方が良いということでしょう。

田宅が狭い女性はあまりに医師がしっかりしすぎているように見えるからです。

男性の特徴

 男性のモテる特徴はどのようなところにあるのでしょうか。

女性もやはり、異性の外見にはうるさいところがあります。

ある一定以上のレベルの美しさが必要だと思っている人もいるでしょう。

ただし、美しさとは別に好感を抱くような人相もありますよね。

女性が好きだと思ってしまうような人相の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

好かれる男性の人相について詳しく見てみることにしましょう。

5.顎が角形でしっかりしている

 男性は顎が角型でしっかりしている人が好まれます。

これは、がっしりした印象をもたらすからでしょう。

女性は男性のようながっしりした体系を持っていないので、そうしたところに惹かれる人が多いのです。

6.やや太めでカーブが綺麗な眉毛

 やや太めでカーブがで綺麗な眉毛も好かれる傾向にありますね。

これは、意志の強さを示しているからです。

眉毛が全く綺麗にされていないとそれはそれで嫌がられますが、整っているのなら、太くてしっかりとした意志を示すことができる眉毛が人気です。

まとめ

 いかがでしたか?
 顔を見て大体の人柄を判断してしまうのは、人には良くある話ですよね。

人の顔を見ただけで大体の人柄が分かると思っている方もいるかもしれません。

実際に、この記事では人相学についてご紹介しました。

人相を見ただけで、その人の恋愛の性質や資産などを創造することができるというのがそれです。

人相学の中には、顔を見ただけで、犯罪を犯すかどうかを判断するというものもあるようです。

これらは、有名な犯罪人の顔を見て、それらをデータベースとして使い、知識を組み立てていくようです。

ですが、これは本当に正しいのでしょうか?人相学は一般的な知識として知っておくにはとても楽しい分野であることには違いありません。

ですが、それが一般的なレベルを超えて学問領域、さらには、それよりもずっと上で利用されることになってはどうでしょうか。

「あなたは犯罪をする顔をしているから隔離」などということが許されるはずもないですよね。

人相学は人の興味を刺激する物であり、知識として見ていると楽しいということもあるかもしれません。

ですが、それがどれだけ危険なものであるかも同時に分かるでしょう。

人の顔を見ただけですべてを判断されてはたまったものではないと思う方もいるのではないでしょうか。

実際にデータベースに基づいた判断であったとしても、人相学はしょせん、占いのレベルを超えることはできません。

話題造りのために人相学について知っているのは良いかもしれませんが、これをまるっきり信じて人のことを排除したりするようなことがないように気を付けてくださいね。

また、必ずしも全ての相手に当てはまることではないということも覚えておきましょう。

人相学という興味をそそられる楽しい分野であるからこそ、楽しいと思えるような使い方にとどめておくことが大切です。

絶対に人を傷つけるような使い方をしないように、頭にとどめておいてくださいね。