いくつになっても、おじいちゃんおばあちゃんになっても手を繋いでいられるような仲良しな関係でいたい。

そう思う方も多いことでしょう。

今は晩婚化が話題になり、結婚をしない人も多いですよね。

一方で熟年離婚も増えています。

一生を添い遂げられるというのはある意味奇跡的になってきているのかもしれません。

熟年離婚の大きな理由の一つとして、長年にわたって蓄積されたものが爆発することで離婚に繋がることが多いそうです。

特に女性に多い傾向であり、女性から離婚を切り出すことが多いんだそうです。

そこに秘められているのは、新婚時に言われた何気ない一言だったり、言った本人の夫が覚えていないことを妻は覚えていることが多いということ。

そうならないためにも、夫婦関係を100点に保つためにも!いましておくべきことを知っておきましょう。

夫婦関係を100点に保つための12個の方法

夫婦関係を良好に保つのにはどのようなことが必要なのでしょうか。

夫婦と言っても元々は他人なわけですから、一緒に暮らしていてストレスが溜まることもあるでしょう。

そんなストレスはなるべくなら溜めたくないですよね。

どのようなことをすれば、100点に保つことができるのでしょうか。

もっと夫婦で分かり合いたいという方も、寄り添い合いたいという方も、今からご紹介するこの12個のことから始めてみてはいかがでしょうか。

どれも簡単にできることですが、案外できていないこともあるかもしれません。

夫婦関係は、当たり前のことを当たり前にできるかどうかが大事になってくるということが、この12個を見ているとわかると思います。

ぜひ今できることからはじめてみましょう。

1.同じ部屋にいること


同じ部屋にいることはとても大事なことです。

四六時中一緒にいると、どうしても自分だけの時間が欲しくなったり、息苦しさを感じてしまうこともあるかもしれません。

もちろん仕事の時はお互いが離れた空間にいると思いますが、限られた時間をどれだけ一緒に過ごせるかというのが大事となってきます。

みなさんは夫婦で同じ部屋で寝ていますか?同じ部屋で寝るけれど、布団は別という方も多いことでしょう。

別の布団で寝ると自分のスペースがきちんと確保できるのでストレスは溜まりませんよね。

しかし恋人同士の頃や若い頃は同じ布団で寝ていたという方が多いと思います。

一緒の布団で寝るメリットというのは、オキシトシンというホルモンの分泌が増加し、相手に対する信頼感が増したり、ストレスが解消されたり、幸福感をもたらしてくれる効果があるのです。

同じ部屋、同じ布団で過ごしてみることも大切なことなのです。

同じ空間で同じ時間を共有する

日中離れている時間がある方こそ、夫婦で一緒にいる時間を同じ空間で共有するということがポイントとなります。

同じ空間で同じ時間を共有すると、それだけ同じ思い出がどんどん増えていきますよね。

離れていることが増えてしまうと、共通の話題がなくなり、自然と会話が減っていってしまいます。

もちろんその分お互いが刺激を受けて、高めあえるのであれば問題はありませんが、同じものを共有していた方が気持ちもひとつになりやすいですよね。

それこそ先ほど記載した同じ布団で寝ることでも良いですし、一緒にテレビを見るだけでも良いんです。

夫婦の中で会話が減ってしまうのは、共通の話題がなくなってしまうことが大きく影響するとも言われています。

そうならないためにも、同じ空間で過ごし、時間を共有するということがポイントとなるのです。

2.挨拶をする


朝起きたとき、帰宅したとき、夫婦で挨拶していますか?慣れてしまうと当たり前のことを疎かにしがちですよね。

親しき仲にも礼儀ありの精神は、夫婦にも当てはまるものです。

「おはよう」「おやすみ」を言い合える夫婦は会話をきちんとしているということにもなりますし、コミュニケーションがとれていることにもなりますよね。

子供は一番身近な親を見て育つので、親が挨拶をし合っていれば、自然と子供も挨拶ができる子供に育ちます。

夫婦間で挨拶をするということは、子供にも良い影響を与えるということですね。

また、挨拶が自然にできるということは、地域の人や近所の人ともコミュニケーションがとれて、夫婦関係を良くするだけでなく、生活そのものを良くしてくれる可能性がグンと高まります。

挨拶は1番気軽にできるコミニュケーション

会話をするにあたって挨拶をすることは欠かせませんよね。

仕事上でもそうですし、友人と会う時もまずは挨拶から入りますよね。

それが「こんにちは」という挨拶ではなく「久しぶり」「やっほ~」でも何でも良いのですが、挨拶には会話を盛り上げる効果があり、相手にも良い印象を与えます。

日本人の場合は他の国に比べてシャイな部分があるので、体を使って挨拶をすることが少ないですよね。

挨拶と共にハグをしたり握手をしたりとスキンシップをとると、よりコミュニケーションが円滑に進む部分もあったりしますね。

夫婦間でもハグをしろとは言いませんが、言葉で交わす挨拶をすることで、毎朝会話をしやすくなります。

「おはよう」と言えば「おはよう」と返ってくる。

そんな当たり前のことを大事にできる夫婦こそ、夫婦関係を良好に保つことができるのです。

3.お互いの会話をしっかり聞く

夫婦間で大事なことは、気遣いを忘れないということです。

会話をすることも非常に大事ですが、お互いが同じ分だけ話せるように工夫をすることもとても大事です。

恋人同士のときは、お互いを気遣って、「こういう話はしない方が良いかな?」などと関係を上手くいかせるために、自分をおさえていたという方もいるのではないでしょうか。

それが一緒にいる時間が長くなるにつれて、選ぶ会話の内容も変わってくることがあります。

そんなときに大事なのが、時は経っても相手の話に耳を傾けるということです。

「ふ~ん」「ヘぇ~」など、自分の興味のない話題の時は相づちも適当になりがちですよね。

本気で相談をしているときなどに邪険に扱われたら、腹ただしくもあり、もう話すのをやめようとも思ってしまいますよね。

そうならないように、お互いの会話はしっかりと聞くようにしましょう。

自分の話ばかりしない

会話をしていくなかで、自分の話ばかりされたら聞いている方は疲れてしまいますよね。

まして自分の話ばかりで相手の話は聞かないとなると、聞く気が失せますよね。

話をしたら同じ分だけ、話を聞いてあげる。

それが普通に行えるのが夫婦間がうまくいく秘訣でもあります。

毎日一緒にいるのですから、毎日何時間も会話をしていたら、疲れてしまいますね。

会話をし過ぎてしまって悪いことはないと思いますが、それもお互いが同じ分量だけ話をしてこそ成り立ちます。

そうはいっても話すのが好きじゃない人もいますよね。

それは付き合っている間にわかっていることだとは思いますが、夫婦になったからと言って根本的な性格が変わるわけではありませんよね。

夫婦間でどちらかがよく話、どちらかが話を聞くという関係性ができあがっているのなら問題はないと思います。

しかしいつも聞き役の方だって相談をしたいときがあるかもしれませんし、話す方も聞き役に回りたいときだってあると思います。

そういう時にきちんとお互いが対応できるかどうか、聞く耳を持たないなんてことのないように関係を築いていきましょう。

4.相手を理解する

もともと他人同士の2人なので、分かり合えないことがあるのは当然のことです。

しかし分かり合えないから仕方ないと開き直るのではなく、お互いがお互いのことを理解しようとする姿勢が何よりも大事なのです。

相手のことを理解するには、たくさん顔を合わせて、そして会話をして、一緒に過ごすことが必須ですよね。

相手のことを理解できれば、今何を望んでいるのか、どんな気持ちになっているのかを理解することができ、より一層仲が深まりますね。

相手の趣味が自分の趣味と違っても初めから否定するのではなく、歩みよる努力も必要です。

無理に相手に合わせる必要はありませんが、夫婦というのは意地を張りあっていては決して歩み寄ることはできませんよね。

時には我慢して、譲りあうという姿勢も大事です。

ときにはケンカも必要

相手のことを理解するにあたって、ときには喧嘩をすることもあるでしょう。

でもそれは決してマイナスなことだけではなく、喧嘩をしてこそ深まる絆もあるものです。

喧嘩をしてお互いが言いたいことを言い合うと、普段見えなかった相手の隠れた部分が露出することもありますね。

しかし、相手のことを思っての喧嘩であれば、夫婦の関係を続けたいからこそする喧嘩でもあるので、悲しむことはないのです。

いつも気を遣ってばかりの関係は疲れてしまいます。

時には喧嘩をして、そして仲直りをする。

その工程を繰り返していくことで、お互いのことをより良く知る夫婦になっていくのです。

5.思いやりをもった行動をする

独身のときは自分のことを一番に考えられます。

むしろ自分のこと、もしくは親のことを考える時間がほとんどだったと思います。

しかし、夫婦になると責任が伴い、自分のことよりも相手のことを優先して考えるという意識の変化が合った方も多いと思います。

一生涯大切にしていくと決めた相手と結婚したわけですから、相手のことを優先的に考えるのは当たり前とも言えますよね。

それを疎かにしてしまうと、熟年離婚に繋がってしまったりするわけです。

思いやりをもって接してもらったことは、相手は決して忘れないものです。

例えば風邪で寝込んだときに、優しく介抱してくれたり、悩んでいるときにそっと手を差し伸べてくれたり。

思いやりは優しさにも繋がるものです。

相手のことをしっかり考える

思いやりをもって行動することは、相手のことを思ってすることですよね。

相手が何をされたら嬉しいか、何をされたら悲しむか。

それをきちんと考えて行動することこそが夫婦であり続けられる秘訣でもあります。

自分を中心として考えて行動をするのは独身のときまでです。

自分を大切にしながら、共に歩んでいく人が隣にいるということをお忘れなく。

6.家事を分担する

最近の傾向として結婚しても共働きという夫婦が多いですよね。

共働きであればなおのこと家事を分担するのが当たり前となっています。

専業主婦、もしくは主夫の場合でも、協力できるところは家事を手伝うなどの配慮も大切なことです。

ましてや子供がいる家庭においては、家事を分担しなければ、手が回らないこともあります。

家事は女がするもの!という考えは古いのです。

お互いが助け合い、家事を分担することで相手の大変さというのがわかるものです。

それと同時にお互いに感謝の気持ちを持って接することができるので、家事を分担するということもコミュニケーションの一環ともなるわけです。

家事を行うにあたって、向き不向きは存在しますよね。

そんな部分を補っていける夫婦こそ理想的と言えるのではないでしょうか。

相手ばかりにまかせっきりにならない

家事はどちらかがやれば良い!と相手任せにしてしまうと、いざとなったときに自分が困ってしまいます。

相手が出かけているときに家のことが何もできない、何がどこにあるのかわからない状態になってしまっては困りますよね。

相手が望んで家事を全て引き受けているのであれば良いですが、そうではない場合は、分担することが絶対的に必要となります。

疲れているのは同じです。

自分が暇なときにも、「自分がやることじゃないから、やらなくていいや」そう考えている人は危険です。

相手がなぜ今できないのかを理解し、自分でできることは自分でやるという習慣を付けるのも大切なことです。

お手伝いさんを雇っているわけではありませんからね。

7.子育てを分担する

基本的に子育ては女がやるもの、だと考えている人は多いですよね。

女の人が子供を産むので、そう思ってしまう方も多いのだと思います。

しかし子供は夫婦で育てていくものです。

子育てを分担することで、相手の凄さを実感することができますし、子育ての大変さを知ることもできます。

極端な話、子育てに関与しなければその分子供への興味も薄くなるでしょう。

そうならないためにも、積極的に子育てに参加し、役割を分担することが大事です。

それは夫婦だけの問題ではなく、子供の為にもなります。

「お前が小さい頃お風呂はお父さんが入れて、ご飯はお母さんがが食べさせていたんだよ」なんて、子供に思い出話として話すこともできますよね。

子供からしてみても、お父さんとお母さんの仲が良いのは嬉しいことです。

できることは率先してする

「子育てしたことがないから遠慮しておく…」これは論外です。

子育てはみんな初めてです。

どちらか一方が子育てに対して負荷をかけられてしまうのはどうなのでしょうか。

特に赤ちゃんのときに、ミルクの作り方を聞いたり、おむつの替え方を聞いたりと、子育てに前向きな姿勢を見せてくれると嬉しいものです。

どちらかがご飯を食べている時は子供を見ていること、寝かしつけは順番に行う、など出来る範囲のことを率先して提案してくれると、相手に対して感謝の気持ちが生まれます。

二人で作った子供だからこそ、二人の愛情に包まれた愛情ある子に育てたいですよね。

8.感謝をする

いつも感謝の気持ちを持って相手に接していると、相手にも必ず伝わります。

やってもらって当たり前、そんな風に相手のことを親のように思っていませんか?

家族になることはそれだけ関係性が深まるということでもありますが、あくまでも夫婦です。

相手は親でも何でもありません。

その境目をきちんと付けることが大事なのです。

常に相手に対して感謝の気持ちを忘れずに、接していきましょう。

感謝を言葉で伝えること

何も言わなくても相手に伝わっているだろう、そう思っている人は多いですよね。

あうんの呼吸とも言いますが、夫婦だから全てがわかり合えているということではありません。

「ありがとう」「ごめんね」をきちんと言葉に出して伝えられているかで、夫婦関係は変わってきます。

普段から「こういうところが助かっている」と口に出して伝えてもらえると、とても良い気分になりますよね。

「また明日からも頑張ろう」とも思えるものです。

面と向かって感謝の気持ちを口に出すというのは照れてしまうかもしれませんが、伝えられるときに伝えておくというのは大事なことです。

「あのときにちゃんと言っていれば…」なんて後悔することのないように!

そういえば感謝の気持ちを伝えられていなかったなという方は今日にでも伝えてみませんか?

9.相手を褒める

相手のこと褒めていますか?

付き合っていた頃、それこそ付き合う前は「可愛いね」「カッコイイね」などと言い合うこともあったかもしれませんが、一緒に居る時間が長くなるにつれ、相手の容姿を褒め合うということは減っていくものです。

お互いが年をとっていくことも関係しているかもしれませんが、それでもお互いが男女であることに変わりはありません。

褒められて嫌な気持ちになる人はいないと思います。

恥ずかしがっていては相手には何も伝わりませんよね。

夫婦といえど、褒め合う時間を持つことは、相手のことを気にかけている証拠でもあり、相手に対して関心があるという意思表示にもなりますね。

容赦や行動をしっかり褒めあおう

些細なことでも相手から褒められれば、その日一日が良い気分になりませんか?褒めあうことは何でも良いんです。

「その服似合ってるね」「今日の髪型良いね」と容姿を褒めることも良いですし、「ゴミ出ししてくれてありがとう」「○○がお風呂掃除してくれるとほんとに綺麗になって助かるよ」などと、相手が当たり前のようにやってくれていることを褒めるというのも良いですね。

習慣化してしまった行動を褒められると、ふいを突かれたようで、照れてしまうものです。

それと同時に「自分の行動をちゃんと見ていてくれたんだな」「評価してくれていたんだな」と嬉しい気持ちになるものです。

褒めることは決してマイナスにはなりませんよね。

日頃の感謝の気持ちと共に、相手を褒め合う習慣を付けることは夫婦関係を良好にする手段として非常に有効です。

10.無理に合わせない

自分を良く見せたい、相手に好かれる自分でいたい。

そう思うことは悪いことではありません。

しかしその気持ちが先行してしまうと、本来の自分の気持ちを少なからず押し込める必要がありますよね。

相手に合わせることは大事ですが、無理をし過ぎてしまっては長くはもちません。

無理に合わせていると、どこかで歪ができてしまいます。

自分のやりたいことをおさえる必要はありませんし、ありのままの自分を好いてくれたという自信を持ちましょう。

趣味などは無理に合わせずお互いしたいことをする

誰しも趣味というのを持っていますよね。

趣味がない人もいますが、それでも好きな行動と嫌いな行動はあると思います。

相手の趣味に無理に合わせる必要はありません。

時間を共有することも仲良くいられる秘訣でもありますが、自分の時間を持つことも大事ですよね。

趣味は言わば息抜きの場でもあります。

無理をして付き合ってもお互いのためにはならないので、ここは付き合う、ここは付き合わないとハッキリ決めてしまうのも良いのではないでしょうか。

11.デートをする

夫婦になって一緒の生活が始まると、なかなかデートに行くということが減ってしまいますね。

デートという括りではなく、“日常品の買い物”という名目で出かけることが増えているのではないでしょうか。

付き合っていたときのように、別々の家からデート場所に集合したり、迎えに来てもらったりというドキドキ感は減ってしまいますよね。

たまには実家に帰って待ち合わせをして、デートをしてみるというのも刺激的で良いかもしれませんね。

デートをするということは、いつまでも新鮮な気持ちで過ごせるひとつのポイントになります。

たまには2人でおでかけしよう

子供がいるとなかなか2人きりで出かけることはなくなりますよね。

しかしたまには2人きりで出かける機会を作りましょう。

丸一日じゃなくても、ほんの少しの時間だけでも良いので、いつもとは違う場所に行って気持ちをリフレッシュさせることも大事なことです。

子供を預かってくれる人がいればぜひおでかけを。

日常的な買い物をしに行くのではなく、付き合っていた頃に行っていた場所に行ってみたり、普段は行けない場所に行って2人きりの時間を過ごすことも大切なことです。

12.記念日を大切にする

記念日、覚えていますか?

夫婦によって記念日を細かく設定しているところもあれば、結婚記念日だけというところもあるでしょう。

いずれにせよ2人にとって大事な日であることには変わりはありませんよね。

毎年何か豪華なことをしなければいけないというわけではありませんが、日頃の感謝の気持ちや、思いを伝えるのに最適な日でもありますよね。

言葉で何かを伝えることが苦手な方は、行動で示しても良いですよね。

忘れているということが一番ショックなことでもあるので、記念日だけは忘れることのないようにしましょう。

カレンダーを新しくしたら、あらかじめ早く書き込んでおくのも良いですね(笑)。

気持ちのプレゼント

みなさんは記念日をどのように過ごしていますか?

「新婚のときこそ何かしていたけれど、時が経つにつれ何もしなくなってきた」というところも多いのではないでしょうか。

大袈裟に何かをする必要はありませんし、その夫婦で決めたことをすれば良いのですが、何もしないというのはなかなか寂しいものです。

2人で一緒に料理をしてみたり、普段は買わない花を買ってみたり、ケーキを買ってみたり。

プレゼントをすることだけでなく、お互いにマッサージをし合うのだって良いですよね。

お金をかけなくても、気持ちが伝わる言葉や行動で示すことで、夫婦の絆を深めていくのも素敵です。

夫婦関係を悪くする原因を知ろう

上記では、夫婦関係を100点に保つための12個の方法をご紹介してきました。

では今度は夫婦関係を悪くしてしまう原因を探っていきましょう。

このようなことをしてしまうと、夫婦関係が悪化してしまうという部分をおさえておけば、回避の仕様がありますよね。

案外普段からやりがちなことばかりなので、注意してみていきましょう。

自分勝手な行動をする

強調性がないというのは、一緒に生活していく中でしんどい部分でもあります。

自分勝手な行動ばかりされてしまうと、一緒にいるのが辛くなり、「なんでこの人と結婚したのだろう?」と思われてしまいます。

例えば、夫婦の間で決めていたことを破ってしまっていたり、一緒にでかけようと伝えていたのに他の予定を入れてしまっていたり。

相談もなく何かを買ってしまうということも、夫婦関係が悪化してしまう原因となりますね。

一人暮らしをしていたことがある人は、人と住むことに慣れるまでは窮屈に感じてしまうことがあります。

人と住むことに慣れていない人は、どうしても一人になれる場所を確保したくなるものです。

それが夫婦間で話し合えているのなら問題はありませんが、相手が理解できないとなると「なんでそんな身勝手なことをするの?」と喧嘩になる可能性もあります。

この行動は危険信号かも?と思ったら行動に移す前に一度立ち止まって考えましょう。

一緒にいる時間が少ない

夫婦になる前の、恋人同士の別れの理由としてもよくあげられる「すれ違い。」一緒にいる時間が少なくなってしまうと、共有できるものがどんどん減っていってしまいます。

その結果、はじめは寂しいと思っていたものが、だんだんと無関心へと発展していってしまうのです。

無関心となると、夫婦関係を続けていく意味はあるのだろうか?と感じる方もいると思います。

また他の人で寂しさを埋めようという考えも浮かんできてしまいます。

一緒にいる時間が少なくなると、会話も減りますよね。

「何か相談したいことがあっても、大事なときに話ができない。

じゃあなんで一緒に住んでいるの?」なんてことにもなってしまいます。

そうなる前に少しでも一緒にいる時間を作り、スキンシップをとるようにしましょう。

一緒にいてもお互いがスマホをいじる

例え一緒にいても、会話もなくスマホをいじってばかりいては、何も生まれませんね。

お互いのスマホでゲームをし合っているということなら楽しいかもしれませんが、お互いが別々のことをしているのは寂しいですよね。

もしかしたらどちらかは会話をしたがっていたのかもしれない。

話したいことがあったのかもしれない。

しかし相手がスマホをいじっているから、邪魔しちゃ悪いかなとこっちもスマホをいじる。

スマホをいじっている状態というのは、人の話を聞く体制ではありませんよね。

「私の話よりスマホを優先するんだ…」「俺に関心ないんだな」そう解釈されても無理はありません。

一緒にいるときぐらいスマホを置いて、今日何があったのか、夕飯は何が食べたいか、そんな些細な会話でも良いので相手と向き合って一緒に過ごすのが良いですね。

ケンカをしても話し合わない

喧嘩をして、そのまま放置してしまう人多いのではないでしょうか。

頭を冷やすといった意味では少し距離を置くのも有効かもしれませんが、一緒に住んでいる以上顔は合わせますよね。

喧嘩の原因をはっきりさせておかないと、また同じことで喧嘩をしてしまう可能性があります。

問題をひとつひとつ解決していかないと、問題が山積みになったときにはお互いが愛想をつかしていた…なんてことも。

できることなら喧嘩なんてしたくないですよね。

でも喧嘩をしてしまった以上、解決して仲直りをする必要があります。

このプロセスを乗り越えてこそ、夫婦の絆が強まっていくもの。

放置はせずに目の前の問題に向き合っていきましょう。

お金の話題ばかりする

お金の話は、決して気持ちの良いものではありませんよね。

夫婦になってお財布を一緒にする方も多いと思いますが、そうなると自由に使えるお金というのは限られてきます。

「またこんなものを買うなんて!」「誰のお金だと思っているんだ」こんなセリフ聞きたくないですよね。

お金は生活に欠かせないものですよね。

それは誰しもが知っていることなので、あえてその話題ばかりを振ってこられると嫌気がさしてしまうものです。

「この人ってこんなにお金に汚かったんだ」夫婦になってからそう思うのは辛いですよね。

お金の話題は必要時以外は避けるようにし、相手の顔色を見て話題にするのが良いでしょう。

大切なのは思いやりを忘れないこと

お互いの気持ちが高まり、付き合い、結婚にいたる。

それはとても素敵なことです。

恋人から夫婦になり、子供が出来て家族になる。

これもまた素敵なことですよね。

もしかしたら、あなたが結婚した彼(彼女)と結婚したいと思っていた人が他にいるかもしれません。

あなたが結婚した彼(彼女)に恋焦がれていた人が、いるかもしれません。

しかし、彼(彼女)と結婚できたのはあなたなのです。

自分がどれだけ幸せなのかということを決して忘れずに、相手に多くを求めるのではなく、お互いが尊重し合っていける、思いやる心を忘れずに毎日を過ごしていけると良いですね。