精神的に耐え切れなくなり、やる気や生きる気力を失ってしまうことを心が折れるといいます。

なるべく経験したくないことではありますが、人は誰でもこの心が折れる状態を経験する時があります。

心の強さは体の強さと同じで人によって強さが違います。

ですので心が簡単に折れてしまう人もいれば、中々折れない強い心の持ち主もいるのです。

また、心が折れてもすぐに立ち直れる人もいれば、不幸にも自殺をしてしまう人もいます。

人により深刻な問題になるこの心が折れる状態ですが、心が折れる原因を知れば対処も可能になります。

今回は心が折れる原因と、その対処法についてお伝えしてゆきます。

心が折れる原因が分かれば未然に防ぐことも出来ますし、対処法を知れば心が折れた状態から早めに回復することが出来ます。

心を健全に保つ方法を学んでより多くの時間を幸せでいられるようにしてゆきましょう。

心が折れる体験をしたことはありますか?

あなたは心が折れる経験をしたことはあるでしょうか?

例えば、会社での厳しいノルマをこなそうとして無理をし続けていたが、ある時耐えきれなくなり心が折れてしまったり、同じく会社内の人間関係が上手く行かず、孤独とストレスから心が折れる場合もあります。

このような仕事関係だけではなく、失恋も心が折れる原因になります。

好きな人に告白をしてフラれてしまったり、付き合っていた彼氏彼女に別れを告げられ、そのショックから心が折れてしまうこともあります。

さらに大切な人との死別など心が折れるきっかけは人によって様々です。

生きていると心が折れやすくなる時がある


誰もが幸せな人生を望んでいると思いますが、長い人生では時として心が折れやすくなる時がやって来ます。

心が折れてしまうと人生は辛いものと感じられてしまいます。

どんなに強い心の持ち主でも心が折れやすくなる時はやって来ますので、その際に如何に早く立ち直るか、または心が折れても早く回復出来るかが大切になります。

心が折れると重い気持ちになる

心が折れる状態とはどのような状態なのでしょうか?

解決出来ていない、または解決出来ない心を折ってしまった原因があるので気分はモヤモヤとして、辛く、重い状態が続きます。

好きだった食べ物もあまり美味しくは感じられず楽しいことが思いつきません。

人によりその程度は様々ですが、辛い状態であることに変わりはありません。

重い気持ちが続く状態が、心が折れている状態です。

心が折れる原因7個


前の章までは、心がどのような時に折れ、心が折れるとどのような状態になるかを見てきました。

この章では人はどんな原因で心が折れてしまうのか、その原因を探ることにします。

心が折れる原因が分かれば未然に防ぐことや、対処法も実践しやすくなるからです。

心が折れる原因を知り、人の心について理解していきましょう。

1、理想と現実のギャップ

高い目標や夢を志していた人が、長い間頑張ってきたのにその目標や夢が叶わず心が折れることがあります。

理想と違う現実に打ちのめされてしまうのです。

その結果心が折れてしまうことになります。

また、憧れていた仕事に晴れて就職することが出来ても、実際に働いてみると思い描いていた理想と違う現実にショックを受けて心が折れることもあります。

このように理想と現実のギャップは心を折る原因となるのです。

思い描いていた結果にならなかった

前向きな人ほど計画を立てて将来に夢を思い描き頑張ると思います。

しかし、人生は必ずしも思い通りになるとは限りません。

思い描いた結果とは違う結果になることもあります。

そんな時に潔く軌道修正を出来れば良いのですが、期待が大きすぎると理想と現実のギャップに耐え切れなくなり心が折れてしまうことがあるのです。

思い描いた結果にならない原因は色々あると思います。

巡り合わせや本人の能力が足りないなど色々な理由があります。

その理由を見極めて再チャレンジすれば、良い結果を招く可能性もありますので、柔軟な姿勢が必要といえるでしょう。

2、ストレス

日々の暮らしで溜ってゆくストレスも心を折ってしまう原因のひとつです。

毎日の通勤での満員電車や会社での人間関係、家庭内での問題など、色々なストレスが心身を蝕んでいくことがあります。

そのストレスを放っておかずにスポーツや趣味などで発散することが出来れば良いのですが、溜まっていく一方のストレスによって、遂に心が折れてしまうことがあるのです。

ストレスの怖いところは気を付けていないと、本人が知らない間にどんどんストレスが溜まってしまうところです。

気付いた頃には溜ったストレスによって心が折れてしまうことになります。

普段からストレスを解消するように心がけることで、ストレスにより心が折れてしまうことを未然に防ぐことが出来るようになります。

【ストレスについては、こちらの記事もチェック!】

3、疲労

ストレスを溜めることと同じくらい危険なことが疲労を溜めることです。

疲労には肉体的な疲労と精神的な疲労がありますが、どちらも身体を不調な状態にしてしまいます。

そうすると、元気な時は何でもなかったことがとても辛く感じてしまい、そのようなことが続いてしまうと、遂に心が折れてしまうことになるのです。

疲労が抜けなくなってしまうと慢性疲労化して常に疲労感を感じるようになってしまいます。

そうなる前に心身のリフレッシュをして疲労を溜めないようにしましょう。

忙しくても自分の時間を取るようにして、心身を休ませることが大切です。

心身ともに弱くなる

疲労を溜めたままにしていると、心身ともに弱くなってしまいます。

外部のストレスに弱い状態になってしまい、心が折れやすくなってしまいます。

心が強いと思っている人でも心身が弱くなってくると心が折れてしまうこともありますので注意が必要です。

肉体的には美味しい栄養のある食べ物を食べたり、マッサージをするなどのケアをするべきですし、精神的には仕事などストレスがかかることから離れる時間を持つことが大切です。

そのように肉体面と精神面のケアをすることで心身が弱くなることを防ぎ、心が折れる原因をなくすことが出来ます。

4、人に騙された

心から信じていた人から裏切り行為にあうと、それまでのお互いの関係やこれまで相手を信じてやってきたことなどがとても無駄な行動だったのではないか…と過去の人生すべてを否定されてしまうような気持ちになってしまうんですよね。

だって、これまで相手のことを信じているからこそ、その相手のために贈り物をしたり、相手のために何かをしてあげたからなのです。

特に恋人や親友など、心の距離が縮まっている相手と思っている人に裏切られることは、心が折れる大きな原因になります。

一気に人間不信になってもう誰も信用できなくなる

また、一度でも心が折れるくらいの他人からの裏切り行為にあってしまうと、それ以降はどんなに良い人と思えるような人と出会ってもその人を信じることができなくなってしまいます。

「また裏切られるのではないか」「まただまされているのではないか」と心のどこかで予防線を張ってしまうからなんですよね。

そのため、本来であれば幸せな恋愛や人間関係を築くことができる人であったとしても、目に映る全ての世界が不公平で信用ならないものに変わってしまい、不幸な人生を歩んでしまうことになるんです。

5、元々ネガティブ思考なところがある

元からの性格が”ネガティブ”な傾向があると、ちょっと心が傷つくようなことが起こるだけで心が折れてしまいます。

いわゆる”ガラスのハート”の持ち主なんですよね。

そのため、相手は冗談で言っているつもりでもそれをそのままの意味で受け取り、傷ついてしまいます。

相手がそのことに気づいてフォローしたとしても、そのフォローさえも”自分を陥れるためのもの”に感じてしまい、相手を信じることができません。

あなたは、どんなときでも物事に対して悲観的な考えを抱いていませんか?

だれかにかまってもらうために最初はそのような思考にしていたかもしれません。

しかし、それは次第にあなたの心をむしばみ、本当のネガティブな人間になってしまいます。

少しずつでもポジティブに考えられるところがあれば、ネガティブに考えるのではなくポジティブな面に切り替えて物事を受け入れるようにしましょう。

6、たまたま不運が重なってしまった

生きていれば、良いことばかりが続くこともあれば、悪魔にのろわれているのではないかと疑ってしまうほどに悪いことばかりが続いてしまうことがありますよね。

そのように不運が重なってしまうのは、誰でもあることです。

しかし、それって自分の人生がダメなんじゃないかとか、自分の存在を否定されているような気がして心が折れてしまうことがあるんですよね。

さきほど、”元々ネガティブな思考なところがある”とお伝えしましたが、そのようなネガティブな思考でいると起こっているあらゆることがネガティブなことに感じてしまうようになります。

実際はそんなに悪い状況ではないというのに、悪く感じてしまい、自分で自分を追い込む状況を作ってしまっているんですよね。

不運が重なることは誰にでもあること。

それに人生というのは、悪いことがあるからこそ良いことを心から楽しめ、幸せに感じることができるんです。

それを忘れないで。

7、大好きな趣味など発散できるものが無い

人は、どんなに楽しい仕事をしていたとしても知らない間に”ストレス”がたまってしまうものです。

あなたは、ストレスがたまっていませんか?

また、だれかへの不満を自分の心のなかに閉じ込めて、モヤモヤした気持ちをいつまでも抱えているのではないでしょうか。

それってあなたの心が折れる状況を自ら作り出していることになります。

私たちの心は、「ガマンしていればなんとかなる」と思い、本来の気持ちを相手に伝えることをしない選択肢を選ぶことがありますよね。

それによって、その場は取り繕うことができても、心の中のモヤモヤはいつまで経っても残ってしまうんです。

その結果、ストレスがたまり、そのストレスがたまっていることにすら気づけないヒドイ状態になってしまいます。

それを解消するには、”大好きな趣味などのストレス発散できるもの”をすることなんです。

あなたは、時間や人目を忘れてのめりこめるような何かがありますか?

もしもないのであれば、あなたの心にはあなたの気づかないくらい深いストレスがたくさんたまっているかもしれません。

色々なものにチャレンジして、自分の趣味を見つけてみることをオススメします。

心が折れやすい人の特徴

これまでに心が折れてしまう原因をお伝えしてきましたね。

まさに今の段階で心が折れてしまっている方にとっては、あてはまる項目がたくさんあったのではないでしょうか?
それはおかしいことではないんですよ。

あなただけではなく、この世界には心が折れやすい人というのがたくさんいるのですから。

そんな心が折れやすい人というのは、どういうわけか”共通する特徴”を持っていることが多いんですね。

ひとつあてはまることもあれば、全てあてはまってしまうという人もいるんです。

もしかしたら、「自分は心が折れにくい人だ」と思っていたとしても実は心の折れやすい人間で、心に多くのストレスをためてしまっていることがあるかもしれません。

ここでは、そんな心が折れやすい人たちに共通して見られる特徴をお伝えしていきます!

あなた自身にあてはまっていないか、またあなたの身近にいる人にあてはまっていないかをじっくり考えながら読み進めてみてくださいね!

完璧主義すぎる人

あなたは、何事に対しても完璧に仕上げなければ気がすまないという性格の持ち主ではありませんか?

いわゆる、そんな”完璧主義の人”は、心折れるような出来事があるとポキッとすぐに心が折れてしまうことが多いんです。

完璧主義の人は、なんでもかんでも終了させるにもその物事を続行するにも完璧でなければなりません。

イメージすると、かたくてまっすぐそびえ立つような建物を作り上げているんですね。

完璧にしていれば、どんなに周りからいわれたとしても簡単に壊れることがない・・・ように感じます。

しかし、そうではないんです。

硬くてまっすぐそびえたつ棒のような建物は、周りから強風がふいたらそのまま”コテン”と倒れてしまいます。

そして、なかなか起き上がることができません。

なぜならば、完璧に作られているからこそ重く、硬いからです。

完璧主義の人は、自分が完璧でなければならないし、その状態がベストだと考えているんですよね。

それだというのに、周りから「おかしい」「ちょっと間違ってる」そんなことを言われるだけで、自分は完璧ではないんじゃないか…という錯覚に陥るんです。

完璧主義だけれども、他人の意見に依存している一面があるってことです。

逆に、完璧主義ではない”ふわふわの建物”であれば、倒れたってすぐに起き上がることができますよね。

自分に自信がありすぎる

完璧主義な人って今お伝えしたように、”完璧であるのが自分のベスト”と思ってます。

そのため、自分はいつでも完璧だと思っているんです。

要するに自信がありすぎるんですね。

そのため、少しでもその自尊心を傷つけられるようなことが起こるとその自信が傷つけられ、すぐに心が折れてしまうんですよね。

すぐに折れることはありませんが、じわじわと心が折れてしまうので立ち直るのにかなりの時間がかかってしまいます。

向上心が強いという点ではいいこと

完璧主義の人は、向上心がとても強いです。

それは”いつでも完璧な自分でいたい””マイナスな面はなくしておきたい”という気持ちがあるからです。

そのため、欠点を見つけてはすぐに改善するように行動できるんですよね。

その点においては、人間的に成長することができるのでとてもよいことといえます。

しかし、あまりにも完ぺき主義すぎると、倒れたときに立ち直れなくなってしまう・もしくは立ち直るのに時間がかかってしまうのでできる限り”ゆるい気持ち”で物事に取り組みたいものです。

被害妄想が強い

被害妄想が強い方は、必然的に心が折れやすくなっています。

というのも、なんでもかんでも目の前に起こることは”悪いことだ””悪いようになるに違いない”なんて勝手に妄想してしまうからなんですよね。

それ以外にも”妄想しやすい””いつでも空想している”という方も、心が折れやすい傾向があります。

まだ現実では何も起こっていないというのに、最悪の事態を勝手に想像して、このような現実になるのだと思い込んでしまうからです。

今起こっていない未来は、あなたが作り出す未来です。

そのように悪いことばかりを想像していると、あなたはその未来を求めていることになり、自然に自らその悪い事態を引き起こすことになります。

被害妄想が強いという自覚はなくとも、周囲の人からそのように指摘されたことがあるのであれば悪いほうへ考えるクセを改め、どんなにおかしくても良いことがやってくることを妄想するようにしましょう。

ネガティブに考えすぎる

被害妄想になってしまう、そのような考え方をしてしまうというのは、もともとネガティブな方が多いです。

ネガティブでなければ、悪いことを考えるのではなく、”良いことがやってくる”ことをイメージするものです。

あなたは、いつでもネガティブ思考をしていませんか?

ネガティブに考えていたからこそ、悪い事態を避けることができた経験があるかもしれません。

しかし、人生を楽しく生きるためにはいつまでもネガティブでいるわけにはいかないんですよ。

人を信用していない

恋人がいつもより優しい、なんだか友だちの接し方がいつもと違う気がする・・・。

たったそれだけで、相手を疑い、そして悪い事態が起こっていると想像してしまうのが被害妄想です。

ずばり、それってその相手を信用していないからなんですよね。

そのように人を信用できないというのは、なんらかの原因があるものです。

昔、恋人に裏切られた、友だちに裏で悪口を言われていた…なんてことはありませんでしたか?

はっきりといいますが、あなたを裏切った人と現在の友達や恋人は全く違う人です。

もしも、あなたが過去に被害にあったからといって「この人もこのようなことをするかもしれない」「しているにちがいない」と考えるのは、かなり失礼なことです。

あなたと対等にお付き合いしてくれている、あなたのその過去を認めてくれているかもしれませんよね。

それに人を信用できない人って、自分を信用できていないことも多いです。

あなたは、これまでに決めたことを守ってきましたか?

まずは、自分を信じられるような行動をするべきなのかもしれませんね。

思い込みが激しい

相手がこうしたから、このようになるときはああなる…そんなジンクスを持っていませんか?それって思い込みが激しいことになります。

また、相手が少しでも浮気をしている態度をしているからといって、確実に相手が浮気をしているとは限らないんです。

そのちょっとの”ヒント”によって、物事を判断するのは思い込みが激しく、現実に起きていることをしっかり見れていないことになります。

勝手な想像の世界に入り込み、それを現実と勘違いしている状況なんですよね。

【思い込みが激しい性格の治し方は、こちらの記事もチェック!】

視野が狭い

思い込みが激しい人というのは、物事を見る視野が狭いんですよね。

思い込みが激しくないのであれば、あらゆるヒントや現実に起こっていることを見て物事を判断します。

しかし、視野が狭いひとというのは、それができません。

最初に目に付いたところ―しかも悪い点―だけで物事を判断してしまうんです。

大人になるにつれてあらゆる角度から物事を見る力を養っていくものですが、それができなかったんですね。

思い通りにならないとパニックになる

思い込みが激しく、自分が想像したことが起こらないとそれだけでパニックになります。

それは、自分で想像した未来が確実にやってくると勘違いしているからなんですよね。

この世界は、臨機応変に対応することで成り立っているんですが…。

あなたは、自分の思い通りにならないだけでヒステリックになっていませんか?

もっと俯瞰で物事を見つめるクセをもつようにしましょう。

愚痴が多い

悪口ばかり言っている人は、人の悪いところしか見ていません。

良いところを見れるようになれば、わざわざ悪口を言うこともありませんし、それを言おうとも思いませんよね。

あなたは、他人を見つめるときになぜだか悪いところばかり目に付くのではないのでしょうか?

自分にも他人にも厳しい

ずばり、愚痴の多い人というのは他人にも自分にも厳しい人がとても多いです。

自分がこうやってやっているのに、どうしてあの人はできていないの?おかしい!

…そんな気持ちから愚痴に発展してしまうんですよね。

それに愚痴が多い人は、物事を見つめる視野が狭いことも原因となり、悪いところしか見れなくなっていることが多いです。

いつまでも過去を引きずる

私たちは”現在”を生きているのであって、過去を生きているのではありません。

心折れてしまいやすい人というのは、いつまでも過去の栄光にすがっていることが多いです。

過去は変えられません。

それに戻ることもできません。

未来を楽しく生きるために、今を生きてみてはいかがでしょうか?

失敗の呪縛から逃れられない

過去の栄光だけではなく、過去におかしてしまった失敗についても忘れることのできない人がたくさんいます。

その時代のあなたのレベルでは失敗してしまったかもしれませんが、あなたは今ではもっと成長しているかもしれません。

いつまでも過去のままではありません。

過去の呪縛から解放されたとき、新しいあなたで生きることができます。

非常に臆病

過去を引きずる人は、過去が思考の中心になっているため何をやるにも非常に臆病になっていることが多いです。

今を生きているのですから、臆病にならずに今を楽しんでみましょう。

心が折れた時の対処法

前の章まででは心が折れるとはどのような状態なのか、そして心が折れる原因はどのようなものがあるのかをお伝えしてきました。

心が折れる原因が分かっただけでも、その原因に対する対処がしやすくなるので心が折れてしまう状態を減らすことが出来るようになります。

この章では心が折れてしまった時の対処法についてお伝えしてゆきます。

心が折れてしまっても、対処法を知っていれば早く立ち直ることが出来ます。

万が一心が折れてしまった場合はご自身に合う対処法を実践してみてください。

それではひとつひとつ具体的に説明していきます。

考え方を変える

心が折れてしまった際は、今までと違う考え方をすることが良いでしょう。

心が折れている自分を責めずに、ああ、自分は今休息が必要なんだ、と自分を労う気持ちを持つことが大切です。

そして、今まで心が折れるまで頑張り過ぎた自分の考えを改めて、休息時間を持つようにします。

つまり、自分に休んでも良いと自分に甘くするのです。

さらにこれからは柔軟な姿勢で物事に臨むようにすれば、段々と心が回復してきて、心が折れた状態から抜け出せるようになります。

心が折れる状態も、健康な状態も、どちらも本人の物事の捉え方による結果です。

考え方を変えることで物事の捉え方が変わり、結果として心が折れた状態から回復するのです。

感情的にならず考える

感情的になり過ぎて物事を考えると、上手くいっている時は良いのですが、上手くいかなくなった時に落ち込みやすくなります。

また、感情的になり人と接すると人間関係でトラブルになることが増え、心が折れてしまうこともあるのです。

それを防ぐには、普段から感情的になってしまう自分に気付くようにして、なるべく感情的にならないようにすることです。

感情を抑えるのではなく、感情的になる自分を冷静に眺めるようにするのです。

そうすると徐々に感情を鎮めることが出来るようになってきます。

落ち着いて物事に対処出来るようになれば、感情の落差から心が折れてしまうことを防ぐことが出来ますし、心が折れてしまっても回復が早くなるでしょう。

思い切って休む

心が折れやすい人は真面目な人が多い傾向にあります。

真面目なために上手に休むことが出来ずにストレスが溜まり、心が折れてしまうのです。

そのような場合は思い切って休むことにしましょう。

心を折った原因である仕事や人間関係から一端離れてゆっくりと休むのです。

温泉に浸かりに行くことも良いでしょう。

ストレスの原因から離れて十分な休息をとることで心身が回復してきます。

そうすると、仕事や人間関係にも前向きに対処出来るようになりますし、休息で折れた心も回復してくるのです。

心が折れた状態を先に回復させることで、前向きに物事に対処できる自分を先に作り、さらにストレスを溜めないようにするのです。

『休む』意識を持って休む

休みを取る際は休むという意識をしっかりと持つことが大切です。

心のどこかで仕事を気にしたり、休むことに罪悪感を感じながら過ごしてしまうと十分な休息が取れません。

休んでいる喜びやくつろいでいる実感を持ち、五感で快適な時間を感じてゆきます。

いつもは頼まないようなちょっと高級な料理や、指定席でゆっくりとくつろぎながら行く電車の旅など自分をもてなすようにします。

十分な休息があなたを回復させて心が折れた状態から健全な状態へと戻してくれるのです。

周りにサポートしてもらう

心が折れた場合は、自分一人で何とかしようとせずに、周りのサポートを受けることも大切です。

友人や家族、信頼出来る人にサポートしてもらうのです。

素直に辛い自分の現状を伝えて相手に分かってもらいましょう。

また、深刻な場合はプロのカウンセラーに頼むことも出来ます。

人に聞いてもらうだけでも大分楽になりますので、積極的に周りのサポートを受けてみましょう。

その支えが折れた心を回復してくれるのです。

話す事で気持ちが軽くなる

人に話すということは、それだけで気持ちを軽くする効果があるのです。

自分の中に合った溜めこまれていた感情やストレス、誰かに理解してもらいたいという気持ちを外に出すことが出来るからです。

中には泣き出してしまう人もいるかも知れませんが、それだけ心に負担がかかっていたということになります。

心の負担を軽くする人に話すことは、折れた心を回復させるために効果的な方法です。

友達と遊ぶ

心を許せる友達がいる場合は、彼らと遊ぶことも効果的です。

元々友人関係は利害関係ではなく、一緒にいると楽しいから築かれた関係なので、損得なしに心から楽しむことが出来るからです。

そのためストレスがなく楽しい時間を過ごすことが出来ますし、自分の辛さを友達に話すことで溜めこまれていたストレスや感情を発散させることも出来ます。

困ったときはお互い様というように、友達はお互いが助け合える素晴らしい存在です。

人付き合いが苦手なら1人でもOK

しかし、中には人付き合いが苦手で1人でいる方が気楽な人もいると思います。

そのような場合は無理をして他人に話を聞いてもらったり、遊ぶ必要はなく1人の時間を楽しむようにしましょう。

1人で好きなことをして、ストレスを解消してゆくのです。

そして心が元気になってきたら、心が折れた原因を解決する方向に進めばよいのです。

自分に合う方法で、心身をケアすることが良いのです。

なにもしない

心が折れひどく落ち込んでいる時は、なにもしないことも選択肢のひとつになります。

なにもしないことで心が新たなストレスに苛まされずに済みます。

心が折れて悩んでいる時は、その悩みの思考でさらに深く落ち込んでしまう傾向にあります。

その悪循環を断つ方法が、このなにもしないことなのです。

なにもしない時間を持つことでそれ以上悩まなくて済みますので、段々と心に余裕が出てきます。

それから具体的な解決策を考えていけば良いのです。

なにもしない事に罪悪感を持たない

真面目な人はなにもしないことに罪悪感を持ってしまうかも知れませんが、心を回復させるための対処法として行っているので罪悪感を持つ必要はありません。

その後の回復した状態のためになにもしないでいることを自分に許しましょう。

そうすることで効果的に心を回復させることが出来てきます。

開き直る

最後に、時として開き直ることも大切です。

心が折れる程に思い悩んだ自分を認めて開き直るのです。

そうすると悩んでいた自分が馬鹿らしくなり、何でも出来るという気持ちが湧いてきます。