CoCoSiA(ココシア)

心が折れる原因とは?7個紹介します

心が折れる原因とは?7個紹介しますのイメージ写真
精神的に耐え切れなくなり、やる気や生きる気力を失ってしまうことを心が折れるといいます。

なるべく経験したくないことではありますが、人は誰でもこの心が折れる状態を経験する時があります。

心の強さは体の強さと同じで人によって強さが違います。

ですので心が簡単に折れてしまう人もいれば、中々折れない強い心の持ち主もいるのです。

また、心が折れてもすぐに立ち直れる人もいれば、不幸にも自殺をしてしまう人もいます。

人により深刻な問題になるこの心が折れる状態ですが、心が折れる原因を知れば対処も可能になります。

今回は心が折れる原因と、その対処法についてお伝えしてゆきます。

心が折れる原因が分かれば未然に防ぐことも出来ますし、対処法を知れば心が折れた状態から早めに回復することが出来ます。

心を健全に保つ方法を学んでより多くの時間を幸せでいられるようにしてゆきましょう。

心が折れる体験をしたことはありますか?

あなたは心が折れる経験をしたことはあるでしょうか?

例えば、会社での厳しいノルマをこなそうとして無理をし続けていたが、ある時耐えきれなくなり心が折れてしまったり、同じく会社内の人間関係が上手く行かず、孤独とストレスから心が折れる場合もあります。

このような仕事関係だけではなく、失恋も心が折れる原因になります。

好きな人に告白をしてフラれてしまったり、付き合っていた彼氏彼女に別れを告げられ、そのショックから心が折れてしまうこともあります。

さらに大切な人との死別など心が折れるきっかけは人によって様々です。

生きていると心が折れやすくなる時がある

心が折れている
誰もが幸せな人生を望んでいると思いますが、長い人生では時として心が折れやすくなる時がやって来ます。

心が折れてしまうと人生は辛いものと感じられてしまいます。

どんなに強い心の持ち主でも心が折れやすくなる時はやって来ますので、その際に如何に早く立ち直るか、または心が折れても早く回復出来るかが大切になります。

心が折れると重い気持ちになる

心が折れる状態とはどのような状態なのでしょうか?

解決出来ていない、または解決出来ない心を折ってしまった原因があるので気分はモヤモヤとして、辛く、重い状態が続きます。

好きだった食べ物もあまり美味しくは感じられず楽しいことが思いつきません。

人によりその程度は様々ですが、辛い状態であることに変わりはありません。

重い気持ちが続く状態が、心が折れている状態です。

心が折れる原因7個

心が折れる原因
前の章までは、心がどのような時に折れ、心が折れるとどのような状態になるかを見てきました。

この章では人はどんな原因で心が折れてしまうのか、その原因を探ることにします。

心が折れる原因が分かれば未然に防ぐことや、対処法も実践しやすくなるからです。

心が折れる原因を知り、人の心について理解していきましょう。

1、理想と現実のギャップ

高い目標や夢を志していた人が、長い間頑張ってきたのにその目標や夢が叶わず心が折れることがあります。

理想と違う現実に打ちのめされてしまうのです。

その結果心が折れてしまうことになります。

また、憧れていた仕事に晴れて就職することが出来ても、実際に働いてみると思い描いていた理想と違う現実にショックを受けて心が折れることもあります。

このように理想と現実のギャップは心を折る原因となるのです。

思い描いていた結果にならなかった

前向きな人ほど計画を立てて将来に夢を思い描き頑張ると思います。

しかし、人生は必ずしも思い通りになるとは限りません。

思い描いた結果とは違う結果になることもあります。

そんな時に潔く軌道修正を出来れば良いのですが、期待が大きすぎると理想と現実のギャップに耐え切れなくなり心が折れてしまうことがあるのです。

思い描いた結果にならない原因は色々あると思います。

巡り合わせや本人の能力が足りないなど色々な理由があります。

その理由を見極めて再チャレンジすれば、良い結果を招く可能性もありますので、柔軟な姿勢が必要といえるでしょう。

2、ストレス

日々の暮らしで溜ってゆくストレスも心を折ってしまう原因のひとつです。

毎日の通勤での満員電車や会社での人間関係、家庭内での問題など、色々なストレスが心身を蝕んでいくことがあります。

そのストレスを放っておかずにスポーツや趣味などで発散することが出来れば良いのですが、溜まっていく一方のストレスによって、遂に心が折れてしまうことがあるのです。

ストレスの怖いところは気を付けていないと、本人が知らない間にどんどんストレスが溜まってしまうところです。