CoCoSiA(ココシア)

干物女の疑いがある女性の20個の特徴


しばらく恋愛してないな…という女性の皆さん!

もしかして、干物女になってしまっていませんか??

だとしたら、恋愛するチャンスが無いんじゃなくて、自分から遠ざけてしまっているのかも。

恋愛を辞めてしまったら、もう女でいることを辞めてしまったと言っても過言ではありません。

今すぐ、自分が干物と化していないか、確認することをお勧めします!

…とはいえ、筆者も実は、他人事ではありません。

「干物女になってない?」って聞かれたら、ドキッとして答えに詰まってしまうかも(笑)

恋愛はしているけど、彼と1年合わなくても平気だったり、結婚願望がすっかりなくなっていたり。

乾き切ってはいないけど、干物女度60%ってところでしょうか。。。

このままいけば、完全に干物になっちゃいそうです。

でも、気付いた時こそ改善のチャンス!今ならまだ、潤いを与えてやればピチピチのお魚さんに戻れるかもしれません。

干物女と聞いてドキッとしたそこのあなたも一緒に、自分の干物女度を確認してみませんか?

干物女を解析しよう!

そもそも干物女って、どんな人のことを言うの?そんな疑問を、まずはクリアにしていきましょう!

干物女の世間一般の定義から、干物女という言葉が生まれたきっかけまで…よくよく知ってみると、自分ではそんなつもりが無くっても、「私って実は干物女になっているのかも!?」なんて、悲しい気づきがあるかもしれません。

でも、自分が女としてどうなっているのかを見直すチャンスでもありますよね。

きっと自分が気付いて改善しなければ、干物と化してしまうのも時間の問題!それが、干物女の危険なところでもあるんです。

この機会に、しっかり干物女の生態を把握しておきましょうね!

1. 干物女の定義

干物女の定義

まずは、干物女の定義から確認しておきたいと思います。

おおまかに言えば干物女とは、色んなことを面倒くさがるようになった結果、恋愛をも面倒くさがって放棄してしまっている女性のこと。

女性としてあるべき姿でいることが面倒で、ある意味女を捨ててしまっている人とも言えますよね。

また、女として枯れてしまっている女性とも表現出来ると思いますが、干物女の場合は年齢による区別があるわけではありません。

10代~30代の、恋愛に花を咲かせているはずの女性が、恋愛を面倒くさがって放棄している場合を干物女というんです。

筆者の場合は、アラフォーな上に未婚。

恋愛してなきゃならないのに面倒くさいと思う傾向があるので、とっても危険な状態にあると言えるんですよね(笑)
結婚もしていないのに恋愛を面倒くさがっていたら…結婚への道もどんどん遠くなってしまいます。

一生ひとり?それでいいの?
干物女には、そんな問いかけをしてあげなきゃいけないのかもしれませんね。

2. いつ頃出来た言葉?

さて、この干物女という言葉はいつごろ出来た言葉なのでしょう?
聞いたことがある人は、結構前から聞く言葉だと感じていると思いますが、聞いたことが無かった人は、干物女ってどこから来た言葉なの?って思っているかもしれませんね。

そもそもこの言葉が生まれたきっかけって、皆さんはご存じでしょうか?
この干物女という言葉は、実はマンガの中から生まれた言葉なんですよね!
『ホタルノヒカリ』というマンガで、ひうらさとるさんという漫画家さんによるものです。

なので、干物女という言葉の生みの親こそ、ひうらさとるさんということになりますよね。

ひうらさとるさんと聞いて、男性!?男性が、面倒くさがりな女性の生態を干物女と言ったの?と、なんだか複雑な気持ちになったものですが、この方女性なんだそうです。

そう聞いてちょっと納得。

女性だからこそ、こと細かく女性の生態を表現できたんだな~って。

この『ホタルノヒカリ』は、マンガとしては2004年~2009年に発表されたものなので、干物女もその中で生まれた言葉ということになります。

だけど広まったきっかけは、ドラマ化されたことなんだと思います。

筆者も、ドラマとして『ホタルノヒカリ』を知り、“干物女”という言葉をインパクトを持って知りました。

ドラマとして発表されたのが2007年のことで、今からちょうど10年前のこと。

少し前のドラマだと思っていたけど、もう10年も経つんだな~って…。

ですので“干物女”という言葉が世間に認知されたのも、2007年頃ということになりますね。

ちょうどその年には、流行語大賞にもノミネートされていたようなので、ドラマによって一気に広まった言葉だと言えそうです。

そのドラマを見ながら「私も干物女かも」と危険を感じたはずなのに、10年たった今、筆者の干物女度は進行しているように思えます…。