「手前味噌ですが…」そんな言い回しをしているのを、聞いたことがありませんか?
筆者も、聞く機会が多いわけではありませんが、この言葉、聞いたことがあります。

前後の文脈から考えて、なんとな~くで意味を捉えていましたが、実は正確な意味は知りません。

ですので当然、自分では一度も使ったことが無い言葉です。

意味を知らなければ、使いどころも分からないですからね!

皆さんは手前味噌の意味、知っていますか?
筆者は、手前味噌ってなんとなく、謙遜のような意味なのかなって思っていましたけど、やっぱりちょっと違うみたい。

ニュアンスは近いものがありそうだけど…イコール謙遜ではなさそうです。

という訳で今回は、知っているようで知らない“手前味噌”について、その意味や使い時、手前味噌という言葉が生まれた由来まで、徹底的に調べてみました♪

️手前味噌の意味

筆者は、言葉自体は知っているけど正確な意味は分からない“手前味噌”。

案外皆さんの中でも、意味はよく分かっていないって人も多いのではないでしょうか?
また中には、聞いたことが無い!初めて知った言葉だ!と言う人もいるかもしれませんね。

筆者も実際、そう頻繁に聞く言葉じゃありません。

それに、どちらかというと年齢層の上の人からしか聞かれない言葉のような気もします。

手前味噌は昔からある表現方法だし、今の若者の流行言葉とは違うので、若者世代には浸透していなかったりもするのかもしれませんね。

ただ、古くからある日本の言葉にはそれなりの歴史があり、それは日本ならではの表現方法だったりもします。

日本人としてはやはり、自分たちのルーツである言葉は、ちゃんと理解しておきたいものですよね。

さて、そんな手前味噌という言葉ですが、言葉の組合せ自体は“手前”と“味噌”で簡単。

なのですが、これが組み合わさった“手前味噌”は、「なんでそういう意味になるの?」と思わされる意味になっているんです。

“手前”と“味噌”で、どうしてこの意味とされるのかは、後々にご紹介する由来を知れば納得!となるのですが、ここではまず、手前味噌の意味についてご紹介していきますね。

意味が分かれば今後「手前味噌ですが…」なんて言っている人が、どういうつもりで言っているのか…見る目もちょっと変わるかもしれません。

手前味噌の意味は、一言で言ってしまえば“自慢”を表わす言葉となるそうです。

ですが、細かく分けると4つの意味があり、微妙なニュアンスが含まれる言葉になっているようです。

自慢ではあるんだけど…手前味噌が意味するところとは?

出来る人が使うという手前味噌には、一体どんな意味があるのでしょうか。

自分で自分を褒めること

手前味噌の意味のひとつは、“自分で自分を褒めること”です。

つまり、「手前味噌ですが…」というと、「自分で自分を褒めちゃいますが…」と言う意味にもとれるわけです。

日本人には謙遜の文化があり、あまり自分のことを自分で褒めたりってしないんですよね。

しかも、謙遜するにしても、誰かに褒められたのを「いやいや。

そんなことありませんよ」と言って謙遜するんです。

それが「手前味噌ですが…」と言う場合は、誰に褒められたわけでもない段階で、ちゃっかり自分で自分を褒め、さらに「ですが…」というところでちょっと謙遜もしているという、微妙な表現の仕方になっているんです。

自分で自分を褒めつつも、ちょっと謙遜の姿勢を見せておくことで、角が立たないようにしている言い回しだということなんですよね。

自分で自分を自慢すること

そして“自分で自分を自慢すること”も、手前味噌の意味になります。

これも自分で自分を褒めるのと、ほぼ同じような意味で、同じような使い方がされるのですが…褒めるのと自慢するのは、またちょっと違いますよね。

自分で自分を褒めるのは、ちゃっかりしてて憎めない感じもします。

だけど、自慢するということは、自分で自分を褒めた上に、人に誇らしげにもなっています。

それは、受け取る相手によってはちょっと鼻につく態度でもあるでしょう。

だけど、そこで便利なのが“手前味噌”になるわけです。

「自慢だけど」って言っちゃうと鼻につく。

だけど、「手前味噌ですが…」というと、ちょっと謙遜も入るし柔らかな印象を受けますよね。

それに、自分で自分を褒めちゃっているだけなのか、自慢気でちょっと傲慢な態度なのか、手前味噌と言われただけでは分かりません。

自慢を手前味噌と置き換えることでその意味を濁し、やはり、角が立たないように出来るということです。

自分で自分を売り込むこと

角が立たない、柔らかい表現を可能にしてくれる手前味噌。

だけど結局は、自分で自分を褒め、自分で自分を自慢しているんですよね。

つまり、相当なアピールもしているということで、“自分で自分を売り込んでもいる”わけです。

「手前味噌ですが…」というのは、日本の謙遜の文化があるからであって、相手に嫉妬心など余計な感情を生ませないための気遣い。

実際は、自分で自分を褒めちゃうくらいに誇れるものがあって、自慢できるほどに自信も持っているということになるのでしょう。

手前味噌は、自分を売り込むための、日本ならではの表現方法だということですね。

自画自賛

ここまでの意味を総合すると、手前味噌は“自画自賛”の意味ともとれるわけです。

一応謙遜しつつも、結局は自画自賛。

気を遣って「手前味噌ですが…」とか「手前味噌で恐縮ですが…」なんて言ってはいますが、そこには確固たる自信があるんです。

なので手前味噌という言葉を使う人は、自信家であるとも言えるのかも。

この辺が、年配の人からしか聞かれない理由なのかもしれませんね。

言葉自体が昔からあるものでもあり、年配の人の方が慣れ親しんでいるということ。

それに加えて、熟成が必要な味噌というアイテムであるということが、ある程度の経験を積んいる年齢の人が使うにふさわしいのかもしれません。

経験に裏打ちされた、にじみ出る自信があってこそ、自画自賛である発言も出来るのかもしれませんしね。

️手前味噌が使われるとき

さて、自慢を意味する手前味噌ですが、この言葉はどんな時に使われるのでしょうか。

筆者のイメージでは、年配の方が使う印象がありますし、謙遜も交えるとは言え、結局は自慢になる手前味噌。

若輩者が使ったら、やっぱり角が立つ言い回しなんじゃないかとも思えてしまいます。

それに使い方を間違えたら、やっぱり鼻に付いちゃうんじゃないかな?と、ちょっと心配にもなります。

ただ、控え目な日本人にとっては、アピールだって時には必要です。

日本人らしい謙遜を交えた手前味噌を使ったら、自己表現のひとつとして活用できるのかもしれません。

デキる人が使うという手前味噌。

これは一体、どんなシーンで使われるものなのでしょうか。

少しかしこまった場で使われる

手前味噌は、少しかしこまった場で使われることが多いそうです。

確かに、日常会話で「手前味噌ですが…」なんて、あまり聞いたことがありませんよね?
筆者のイメージでは、政治家さんとか著名人が言っていたような、そんな印象があります。

つまり、ちょっとお堅い場で、お偉いさんが使っていることが多いイメージということです。

そんな筆者の印象は、ある意味当たっていたということなんですよね。

だから、筆者なんかが使うような言葉ではないって思っていたんだな~って。

感覚的なモノは合っていたのだと思います。

それに、謙遜や恐縮をしながらも自慢話を繰り広げるわけですから、聞き手の立場が下である印象も与えることになりますよね。

なのでやはり、それなりの立場の人が使う言葉であるとも言えるでしょう。

スピーチや演説

筆者の印象にあった、政治家さんや著名人の人が使っているというイメージ。

これはある意味、聞き手より自分の方が、権力や権威のある人間だということを、自覚しているからこその発言であると言えますよね。

特に政治家さんがスピーチや演説などをする場合、「手前味噌ですが…」と表現することで、ある一定の効果があると思われます。

立場のある人間である自分から、一応気を使っておかなければならない有権者に向けての発言をする場においては、謙遜もしておかなければ反発心を生んでしまいますよね。

結局は自慢話で、自分の権力を誇示するような発言であっても、「手前味噌…」と言っておけば、謙虚さも示したことになります。

このことからも手前味噌の使われるシーンは、それなりの立場にある人が、不特定多数の人へ向けての発言をする時が最適とも言えますよね。

自分に自信もあって、自慢話を繰り広げたい時でも、聞き手の支持を得られなければ発言の意味も無くなってしまいますから。

なにかの発表

ただもちろん、政治家さんや著名人で無ければ使ってはいけないということではありません。

スピーチや演説をする機会は、何も偉い立場でなくても行う可能性があるものです。

そのひとつが、何かを発表するというシーンになると思います。

研究の成果を発表したり、自分の経験を発表したりなどで、スピーチをする場合もあるでしょう。

そんな時、例え年齢を重ねたことによる確固たる自信が無くとも、その発表に向けて準備してきたことについては、それなりの自信を持ってその場に臨んでいるはずです。

その時の自分なりの努力や、それまでに自分がしてきた経験に基づく発表は、やはり自分で自分を褒めてあげたいようなものだったりするはずですよね。

ただ、不特定多数の人に向けての発表をする場合、その中には自分よりも経験や知識豊富な人もいるかもしれません。

そんな人を相手に自慢話をするのは、ちょっと気が引けますよね。

そんな時こそ、「手前味噌ですが…」という前置きが活躍するのでしょう。

何かを発表する場というのは、無縁な人は無縁だけど、職業などによっては度々発表の機会があることでしょう。

そんな時に覚えておくと、便利な表現だと言えると思います。

プレゼン

そんな発表の機会のひとつに、プレゼンがありますよね。

これこそ特に仕事で、頻繁にプレゼンを行う立場にいる人もいると思います。

社内に向けた企画案、取引先に向けた提案などを行うプレゼンテーション。

これが、会社にとっても自分にとっても、営業成績を左右する大事な局面だったりもします。

新しい企画を通すために、取引先に自社の商品を採用してもらうために…ありとあらゆる調査をし研究をし、ひとつの仕事を形にするための最終局面であるプレゼン。

この出来栄え次第では、時間をかけて苦労して集めた資料も、ひねりにひねった企画も、全て水の泡になる可能性もあるんですよね。

ということは、いくら自信を持っている企画でも、自社製品があれば取引先の利益になると分かっていても、相手の気分を害してしまうプレゼンはご法度ですよね。

かといって、アピールもしなければ、企画や商品の良さも伝わりません。

そんな時にデキる人は、「手前味噌ですが…」と謙遜し、これまでの会社の業務内容や、取引先の成果にリスペクトを示しつつ…さらなる一手として、自分の企画や商品の素晴らしさをしっかりアピールするということです。

講演

そして中には、講演活動をするという人もいるでしょう。

こんな時にも出来る人は、講演のなかで「手前味噌ですが…」を使っているようです。

講演活動をするということは、やはり講演者はそれなりの立場があったり、著名人であったりしますよね。

また、講演で話すだけの経験が自分にはあるという人が、講演活動をするものだと思います。

なので筆者には、講演をする立場になることなんて一生無いでしょう(笑)

講演を行う人は、自身の経験が他の人には無いもので、唯一無二くらいの感覚を持っている人も多いと思います。

そこまではいかなくても、自身のような経験をする人は極少数であって、人に聞かせるだけの価値ある経験が、自分にはあると思っているはずです。

だけどやはり、講演こそ不特定多数の人が聞くものであり、年齢層もバラバラ。

自分の経験値には自信を持っていても、特に年配の人には、鼻につく話になってしまうかもしれません。

もちろん自信があるのだから、堂々と自慢したって言い訳ですが、出来る人なら聞き手側が不快にならないようにも気を使うのです。

講演で話すことって、自身の経験値によるものが多いですよね?そこには自分なりの苦労した経験や、他の人が体験していない特別な経験があって、それはきっと他の人にも役に立つものになるんだと思います。

そこは自信を持っても誰にも文句は言われないだろうし、文句も言われたくないという気持ちがあるでしょう。

でも、筆者は思うんです。

今は経験者が少なくなってきてはいますが、ある一定の年齢以上の人は戦争を体験しているんですよね。

そんな体験をした人たちを目の前にしたら、自身の経験を自慢することなんて出来ないなって。

そう考えたら、どんな人が聞いているか分からない講演において、「手前味噌ですが…」くらいのことは言っておきたいですよね。

こういった謙遜は、ある意味礼儀なのかもしれません。

もちろん、聞き手が自分より年齢層が上の人達だけだって分かっていたら、手前味噌と言うより「恐縮ですが…」と言った方がいいんですけどね。

HPやブログ

つまり、「手前味噌ですが…」というのは、自慢するにあたって、一応謙遜を含ませたというニュアンス。

なので、聞き手が明らかに自分より年上だったり、立場が上である場合は、「恐縮ですが」と言うほうが正解となるわけです。

ですので使うシーンを間違えれば、ちょっと不快な気持ちにさせてしまう可能性もあるということですよね。

聞き手が不特定多数で年齢層もバラバラな場合や分からない場合、もしくは自分の知識や経験などに置いて、それなりの立場にいると自他ともに認められていたりする場合。

また、しっかりとアピールすることが必要なプレゼン。

そんな時に「手前味噌ですが…」と使うのがいいと言うことです。

となると、日常的に筆者のような一般人では使うことって無い言葉なのかな…と思われますが、実はよく使われている場所が他にもあるということなんです。

それが、HPやブログなんですよね。

HPやブログは、まさに不特定多数。

年齢層も性別も分からない人々に向けて発言する場です。

つまり、その場で自慢話を繰り広げる際に、「手前味噌」は最適な使い時になるということです。

HPやブログは、自身のことを発信し表現する場。

だけど、発信するには、読まれなければ意味がありませんよね。

アピールも必要だけど、時に謙遜し謙虚さを見せておいて、読者に愛される存在になることも大切です。

きっと皆さんそんな気持ちもあってだと思いますが、HPやブログでは「手前味噌」は結構頻繁に登場しているのだそうですよ!

️手前味噌の由来

ここまで、手前味噌の意味やどんな時に使われるのかについて解説してきました。

ですが、そもそも何故、手前味噌が自慢を意味しているのか…気になりますよね?

これには、日本ならではの調味料である味噌が使われていることに、ヒントが隠されているようです。

日本人なら無くてはならない味噌。

それに手前を組み合わせて表現されることになった、手前味噌。

この言葉の由来は、一体どんなものなのでしょうか。

由来を知ると、なるほど!と思ってしまう、日本のかつての風習がありました。

ここで使われる手前とは

まずは、手前味噌の“手前”の意味について確認していきましょう。

ここで使われる手前にも、いくつかの意味があるんですよね。

位置関係のことではない

手前味噌の手前の意味のひとつには、“自分の目の前”とか“自分に近いほう”の意味があります。

「手前にあるそれとって」とか、「手前の信号を右折して」とか…また「目標達成の一歩手前の段階」など、自分の手の届く範囲や近い場所という、位置関係を意味するものを手前と表現することがありますよね?
だけど、手前味噌の手前はこの位置関係の手前ではありません。

また、「子供の手前、下手なことは出来ない」とか「言っちゃった手前、断れない」など、自分の立場や体裁を表わす言葉としても手前は使われますが、手前味噌の手前の意味は、これでもありません。

それから手前の意味には、「お手前を拝見します」などの、腕前やお手並みのことも手前と表現されますが、手前味噌の手前の意味としては、これもちょっと違うんですよね。

でも、ニュアンスとしてはちょっとだけ、この手前の意味も含まれていると思います。

自分のこと

手前味噌の手前が意味するところは、大きく分けてふたつあります。

そのひとつは、“自分のこと”なんです。

そしてこの場合、謙遜の意味になっているようです。

「私」という所を「手前」と表現することで、へりくだった言い方になっているということですね。

そういえば時代劇なんかで、「手前の生まれは〇〇で…」なんて言っているのを聞いたことがありませんか?今は時代劇を見たことが無いっていう人も多いかもしれませんけどね…。

筆者は子供の頃、何故かTVで時代劇を見るのが好きだったので、時代劇の中の人のセリフであったな~なんて思い浮かびました(笑)

手前は、昔ながらの言い回しであり、自分を謙遜した表現ということです。

なので手前味噌は、「私の味噌」と言い換えることも出来るんですね。

味噌の意味も判明しないと、「だから何?」って感じですけどね。

自家製のこと

また、手前味噌の手前が意味するところには、“自家製のこと”も含まれているようです。

なので、手前味噌は「自家製味噌」ってことにもなりますね。

だから何で、自家製味噌がイコール自慢なの?って思っちゃいますが、それは手前味噌の味噌が意味するところを知ると納得出来るんです。

それにここで、先ほどご紹介した手前の意味である“腕前”や“お手並み”のことも頭に入れておくといいかもしれません。

自家製味噌を美味しく作るのには、その腕前や技量も必要です。

つまり、味噌が美味しければ、味噌作りの腕前があるってことになって、それは自慢にもなりますよね。

こんなニュアンスも、手前味噌が自慢を意味することになった由来に関わっているのだと思うんです。

日本語って面白いですよね。

組み合わさった言葉の意味を紐解いていくと、その言葉が生まれていった当時のことが、いくらでも想像出来ちゃいます♪

ここで使われる味噌とは

さて、手前味噌の手前は、“自分のこと”や“自家製のこと”の意味であることが分かりましたね。

では味噌は、何を意味しているのでしょうか?
これはそのまま、調味料のあの“お味噌”。

なのでやっぱり直訳すると、手前味噌は「自家製味噌」になるんです。

ですが…味噌も、実は色々なニュアンスで使われている言葉ですよね。

「ここがミソなんだよ~」と言えば、「ここがポイントなんだよ~」と言った意味になりますよね。

これも結局は自慢のニュアンスですけど、自分が趣向を凝らした点や、工夫した点などを味噌という表現に置き換えていますよね。

隠し味的なミソを加えたことが、自分のひらめきによって生まれたものであると、自慢げに話す時に使われていたりします。

こんな使われ方をすることからも、味噌自体に“自慢”の意味があるとされているんです。

なので、この意味を引用すれば、やはり手前味噌は「私の自慢」と解釈することも出来ますよね。

味噌にはこれ以外にもことわざで、「味噌も糞も一緒」なんて使われ方もしています。

これは、良いものも悪いものも同じようにして扱うことの例えで、良いものの例えが味噌になっているんですよね。

ですので、“自慢”とまでは言わなくても、やはり味噌は、良いことを表わしていることになるんです。

この辺りの意味を知ると、手前味噌が自慢を表わしていることも、もう想像付きますよね。

だけど、なぜ味噌が良いものの代表や、自慢を表わすものとなったのか…そこにこそ、手前味噌と言う言葉が生まれた原点があるようです。

かつて味噌は各家庭で自家製で作られた

日本人には昔から欠かせない調味料であり、良いものの例えとしても挙げられているお味噌。

味噌はかつて、各家庭で自家製で作られていたと言います。

今はほとんど、自宅でお味噌を作るご家庭はありませんよね?代表的な味噌メーカーも誕生し、スーパーで調達するのが当たり前です。

でもスーパーが無かった時代。

そして味噌の製造工場が無かった時代にも、お味噌は日本の家庭にとって、欠かせない調味料だったわけです。

各家庭で作っていた自家製味噌。

これがいわゆる手前味噌の原点ですよね。

現在のような意味として深読みしなければ、単純に「私の家庭で作った味噌」なのです。

つまり趣向をこらして作っていた

「私の家で作った味噌」…これはつまり、その各家庭の味なんですよね。

各家庭でそれぞれが趣向を凝らしたりすることで、それぞれの家庭のお味噌の味があったということです。

手作りのお味噌は、大豆・米麹・食塩で作られます。

使う大豆や米麹、塩によっても微妙に味は変わってくるでしょうし、配合量によっても違います。

さらに熟成期間によっても甘口や辛口、コクなども違ってくるそうです。

昔は各家庭で手作りされるのが当たり前だったお味噌は、まさに“家庭の味”を表現するものだったんですよね。

転じて味噌=ポイントという意味に

そんな自家製味噌には、趣向や工夫を凝らした点があり、つまりそれが、ポイントという意味にもなっていったということです。

また、我が家独自に工夫して作ったお味噌は、自分の自慢にもなったことでしょう。

「手前味噌だけど、よかったら」なんて、ご近所さんにおすそ分けしたり、「手前味噌だけど、ちょっと味見してみない?」なんて謙遜しつつ、我が家のお味噌の味を自慢していたりもしたんじゃないでしょうか?

調味料の味は、そのままその家庭のお料理の味にもなっていくものですよね。

それだけ重要なものだし、お味噌の味で、その家庭の好みも分かってしまうくらいだったんじゃないかなって…当時を想像しちゃいます。

自家製の味噌を自分で褒める=手前味噌

ひとつの自慢であり、家庭の味を左右するポイントでもあった。

自家製のお味噌はかつて、そんな存在だったわけです。

それが、“手前味噌”が自分で自分を褒めることや、自慢の意味になっていったということなんです。

昔の各家庭のことを思い浮かべたら、手前味噌が自慢を意味するようになったのも納得ですよね!

これって、各家庭でお味噌を作らなくなった今の時代だったら、生まれていなかった言葉だったんですよね。

由来を知ってみると、日本の古き良き時代の風景も、目に浮かぶようですね!

️手前味噌の使い方

由来を知ると、「謙遜しつつも自慢したくてたまらない」そんな家庭の可愛らしいお母さんの姿も目に浮かぶようで…手前味噌と言う表現にも、なんだか親しみを持てる感覚がしますよね。

結局は自慢したいんだけど、そこに謙遜を加えるところが、日本人らしい奥ゆかしさなのかもしれません。

だけど今は、この手前味噌と言う表現は、聞き手に不快感を与えないようにするための便利な言葉として使われているんですよね。

発言の中に上手に取り入れることで、自分の主張を通したり、嫌味に聞こえないように自慢話をしたりできるのです。

先程は、手前味噌を使うシーンやどんな人が使うのかについてご紹介しましたが、ここでは“手前味噌”の使い方についてご紹介していきたいと思います。

手前味噌を上手に使ってみたいな…と考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね♪

自慢したいが印象は悪くしたくない

自慢したいことがある!だけど印象は悪くしたくない!
そんなときこそ、手前味噌を使いましょう。

自慢話ですが、謙遜の意味も含まれる手前味噌を前置きとして使っておけば、印象が悪くなることを回避出来ます。

嫌味なく自分を売り込みたい

そして、嫌味なく自分を売り込みたい時にも、手前味噌が使えます。

自己アピールや自己主張が苦手な日本人にとって、手前味噌は強い味方!謙遜しつつも、「私の味噌をぜひ食べてみて」と、売り込むことが出来るんです。

手前味噌を使った言い回し

自慢や自己アピールをしたい時、謙遜を加えて嫌味なく、聞き手を不快にさせることなく話を展開できる、便利な言葉の“手前味噌”。

つまり手前味噌を付け加えるのは、話の冒頭になります。

言い回しとしては、これまでにも例に挙げてきたように「手前味噌ですが…」と前置きして、話を展開していく使い方が一般的だと思います。

他にも、「手前味噌ながら…」「手前味噌になりますが…」「手前味噌で恐縮ですが…」等々、続けて話す自慢話の内容に合わせて、組み合わせるといいでしょう。

デキる人は使っているということで…デキる人は、しっかり自己アピールもするけど、謙遜も忘れないってことなんですね。

駆け引きをしているということでもあるのでしょう。

なんだか筆者も手前味噌を使ってみたくなりましたが…その前に、自慢話になるようなことが必要ですね。

デキる人には、自慢話もあるってことなのかも。