皆さんは、バブル時代がどのような時代だったかをご存知ですか?
著者もバブル時代には生まれてはいたものの、まだまだ子供でしたので、どちらかと言うとそのバブルの恩恵に預かる事は出来ませんでした。

その頃に大人だった方は、色々といい思いもされたようです。

もしかしたら、今の時代だと、そのバブル時代に生まれてすらいなかったような若い人もいるのかもしれませんね。

平成生まれの方だと、そのような方も多いのではないのでしょうか?
著者の会社にも、もう平成生まれの部下がいますので、時代の流れは早いなと思うものです。

バブル時代については、いい時代の恩恵を受けられた立場なのか、まだまだ子供だったのか、はたまた生まれてすらなかったのかという差があります。

もちろん、50代とか60代と言うことであれば、すでにバブルのにあやかれた人もいるのかもしれません。

バブル時代を知っている人も知らない人も、まずはバブル時代のような時代だったのかを見ていきましょう。

️バブル時代には様々な用語が生まれた

今は不景気で、いかに節約するかや、会社においてもいかに経費を削るかということを念頭に置くような時代で、正直に言うとあまり元気な時代とは言い難いものがあります。

そのような時代だからこそ、バブル時代と言われてもあまりよくわからない方も多いのではないのでしょうか?

今、東南アジアが経済的に発展していますよね。

まさに、あのような時代が日本にもあったのです。

それに伴い、バブル時代は文化的にも、いろいろな用語が生まれました。

そして、その時代の用語を駆使しつつ皆元気に活動していました。

もちろん、皆が皆そのバブルの波に乗る乗れたわけではなく、例えばですが職を転々とするようなタイプの方だと、うまくその波に乗り切れず、不景気の今大変苦しい方もいるのは事実です。

ですが、大抵の方は真面目にさえしていれば終身雇用も約束されていましたし、安定的に過ごすことができ、いろいろなものを消費することに生活の活路を見出していた時代でした。

では、そのバブル時代に生まれた用語はどのようなものがあると思いますか?
これからその言葉について一つ一つ見ていきましょう。

バブル時代っていつ頃?

バブル時代を享受できた方も、まだまだ子どもだった方も、はたまた生まれてないという方も気になるのはバブル時代がいつ頃かと言う話です。

では、バブル時代とは一体具体的にどれぐらいなのでしょうか?
大体の年月で言うと1980年の後半から1990年の初頭あたりを指します。

バブルが弾けたときは、著者はまだまだ高校生で、その波にうまく乗ることができませんでした。

もうちょっとバブル景気持ってくれたらなと思わなくもありません。

もう少し年上の方だと、そのバブル景気の時に大学卒業後の就職という方もいて、良い時期を経験された方もいるようです。

今は就職難と言われていて、就職のエントリーなども大変な時期ですよね。

ですが、この時代の学生たちは売り手市場なんて言われて、強気で就職をしていた時期もあったのです。

ただ著者は高校生でしたので実際の話はよく分かりませんが、その恩恵に正しくうまく乗れた人は意外にも地方出身者ではなく、東京都内の大学であったりと、この時代も少し格差なるものがあったといいます。

ですので1部の学生だけだったようですね。

今の時代だと考えられませんが、何かにつけ、「何々を聞いてくれないのであればもうやめてやる!」と言うようなことも通用したと言うから驚きです。

バブル時代の人って今何歳?

では、このバブル時代の人たちと言うと何歳位の人を指すのでしょうか?
バブル時代の人と言うと、大体現段階で47歳から51歳、1965年生まれの方から1969年生まれの方と言われています。

大体の年代と呼ばれ方について調べていると、その時代を反映するブームがあります。

バブル世代の方は、ツッパリ文化が非常に栄えた時期だったようですね。

さらにその下が団塊ジュニア世代、氷河期時代と続いていきます。

ちなみに著者は、氷河期世代で、かろうじて団塊ジュニア世代にも入っている位のようです。

このような世代のものを見ていくと、バブル世代の人がいいなと、少し下の年代の方を羨まずにはいられません。

バブル時代当時ってどんな感じ?

では、実際にバブル時代に大人になった方はどのような時代だったと感じているのでしょうか?
やはり、就職については特に苦労もなく、その方は特に資格もなく、大学もなんとなく入ったような感じだったようですが、「うちの会社に来て欲しい!」と言われて内定もらった会社が5社あり、どの会社に行こうかと悩んでた時代だったようです。

その方曰く、社会全体が舞い上がっていたような時代だったと言っています。

非常に活気のある元気な時代だったんでしょうね。

また、会社でも、何かにつけタクシーを使い、今電車等を乗り継がないといけないのが考えられないといったような感じだったようです。

また、遊びのほうも非常に活発で、ディスコがブームで扇子とお立ち台が当時ブームだったのですが、これは著者もリアルタイムでテレビで見ていたのでそれはよくわかります。

また、ワンレンなどが流行ったのもこの時代だったようですね。

また、給与も今では考えられない位に良かったと言うようなことを言っている人もおり、非常に今の時代とはまた違う価値のある時代だったようです。

バブル世代より下の方は、これは羨ましく思うと言う人も多いのではないのでしょうか?

️メッシーの意味とは?

このバブル時代にいろいろな言葉が生まれた話を先ほどしましたね。

女性にとっても、男性を色々と使い分けるようなことがあったようです。

それで、メッシー君、アッシー君、ミツグくんなどいろいろな言葉が生み出されました。

ではバブル時代の女性は、どのように男性を使い分けていたのでしょうか?
また、そもそもこのメッシーとはどのような意味だと思いますか?

その意味を掘り下げて見ていきましょう。

女性に食事を奢る男性のこと

今とは考えものにならないほどに非常に羽振りの良かった時代だったバブル時代。

ですので、豪快に女性に食事をおごる男性もいたようです。

そこで女性は、恋人関係ではないけれど、ただひたすら食事をおごってもらえる男性のことをメッシーと言ったそうです。

著者は、当時高校生で、テレビで見るだけでしたが、女性がそのように男性を使い分けていると言うのは知っていました。

今は不景気で、「食事代はどうしようか?」と悩んでいる人が多い中、非常にバブリーな話ですね。

例えばですが、今は不景気で「食費を抑えるために、1日300円」なんてことを考えているのが考えられないような毎日だったと思われます。

現在は、いかに食費を抑えるかということを考え、外食はできるだけ避けようと考えている人の方が多いと思います。

こんなふうに、男性に食事を奢らせようと思えた時代はとても良い時代だなと著者は男性でもあるにもかかわらずそう思ってしまいました。

恋人になるかどうかは関係ない

今だと、食事をおごると言うと基本的に恋人であったり、交際を考えているから等具体的な目的があります。

やはり、今お金を稼ぐのも大変です。

ですので、食事をおごると言うのも以前と比べてそんなに簡単ではなくなりました。

ですので、今では少々考えにくいかもしれませんが、このときの女性は、基本的に男性に食事を奢らせますが、その食事を奢らせる男性が恋人になるかどうかを気にしなかったのです。

今だと女性も、食事を奢られるとなると、「下心があるのではないか?」とか「恋人にならないといけないのではないか?」と不安になってしまうものです。

ですが、そんなことも気にせずにいられた時代があったのですね。

当時の女性は、恋人になるかどうかは関係なく、ただ食事をおごってくれる男性をメッシー君として扱っていたのです。

ただ暇なときにご飯を奢ってくれる

恋人関係になるかどうか関係ないと言う事は、食事だけと思いきや、本当に暇な時だけにご飯をおごってくれるような存在だったようです。

暇なときに一緒にご飯に行くと言うことなのですね。

今の時代だと少々考えにくいものがあります。

しかも、バブル時代でしたので、消費思考が強く何でも高価であったと考えられます。

このように、女性と食事に行くには、ときにはメッシー君として女性に都合の良いような男性になる必要もあったのかもしれませんね。

メッシー君と呼ばれた

そんなことから、彼らはメッシー君と言われました。

著者は高校生でしたが、なんだか、まるでスーパーマリオブラザーズのヨッシーみたいだなと思ったよものです。

そのように思った方も多いのではないのでしょうか?
そして、飯と言う言葉から来ているので、とても分かりやすいなと思ったものです。

今でこそ、デフレで、吉野家など値段の安いものについていろいろと支持を集める時代ですが当時は何もかも羽振りが良く、お酒はあまり飲めないような人であっても高級なお酒を注文していたといいます。

ですので、当時のメッシーくんたちは、かなり食費を費やしてきたのではないのでしょうか?

著者が大学生以降になってからはもうバブルは弾けてしまいましたが、もし著者がその時代に社会人だったら、もしかしたらメッシー君になっていたのではと言う不安も若干あります。

ですので正直よかったのか、ちょっとわからないところがあります。

飯+「ee」でメッシー

さて、このメッシー君の言葉の由来は一体何だと思いますか?

もちろん日本語の飯と言う言葉は含まれているのですが、その後に「ee」をついています。

この後につける「ee」の意味はご存知ですか?
これは調べてみると、ある行為をする人の事を指すような意味合いがあるようです。

「er」もまた、その人を指すと言う意味合いがあるのですが、「ee」のまたそのような意味があるのですね。

️女性にとって都合のいい男性のこと

このように、女性にとって色々と都合の良いことをしてくれると言うことで、非常に都合の良い男性のことを指したようです。

女性は、この時代はバブルの時はお姫様のように扱われていたのですね。

女性にとってはある意味天国のような時代だったのではないのでしょうか?

確かに若い女性は、お姫様のように扱われたところがありますが、その時に、比較的年配だった方と言うとそこまでではなかったようです。

この時代に、20代前半と若い女性で、良い扱いを受けられた女性は良かったですね。

いろいろと、掲示板見ることがありますが、それぐらいの時に20代前半位だった方はバブル世代だったからかバブルが弾けた今も景気が良い傾向にある方が多く、それが不景気の今少々ずれているように感じられるような人も中にはいます。

そのような思考がいいのか悪いのかは微妙なところはありますが、そのようなプラス思考でいられるのはある意味羨ましくも思いました。

ちょっと男性は可哀想?

このように、男性にとってはちょっとかわいそうに思うような時代でもありましたね。

この時は、3高というのがもてはやされていました.。

高身長、高収入、高学歴といったような感じです。

ですので、バブル時代の男たちは、このように非常に景気の良い時代でしたが、それと同時に激しい競争にさらされていたところがあります。

そのような3高を完璧に満たした男の人だったらモテましたが、3高のうちでもどれか一つでも満たされていないと、立場的にはそのようなメッシー的な扱いを受けることもあったようです。

バブルは元気があっていい時代だと思っていましたが、このようなことを聞くとちょっと男性陣も尻込みをしてしまうところがありますね。

メッシー君はちょっとかわいそうな感じがしますが、まだまだ、かわいそうな男たちはいました。

では、このバブル時代に、かわいそうな役目を担って男たちとはどのような人たちなのでしょうか?

【かわいそうについては、こちらの記事もチェック!】
この記事を見ると、メッシー君はかわいそうな気がしますよね・・・。

️他にもある!可哀想な男子のバブル時代用語

バブル時代は、女性は色々と男たちを使い分けていたと言う話をしましたね。

その一つがメッシー君なのですが、まだまだかわいそうの役目を担ってきた男性たちがいます。

ではバブル時代に、女の子たちに顎で使われてきたかわいそうな男子はどのような名前が付けられていたのでしょうか?

もしかしたら、著者のようにこのバブル時代に学生だった人や、子供だったと言う人もいちどは聞いたことがあるのではないのでしょうか?

そんな著者ですが、正直言うと今回このような調べ物をしていて初めてわかったような名前もあります。

ここまで細かく女性たちは男性を使い分けていたようですね。

では、バブルに使われた用語のひとつひとつを見ていきましょう。

アッシー君

もう、このアッシー君はバブル時代の代名詞といってもいい位ですよね。

この時代にアッシー君という言葉がよく使われた事もあり、今も車での送り迎えの際に「アッシーになる」という言い方をする事もあります。

この時代のアッシー君と言うと、今も使われているように車で迎えに来る人の事を言います。

由来は、よくわかりますよね。

あの足(フット)の意味です。

しかも、アッシー君も、普通に軽自動車と言うわけではなく、あのバブル時代ですので、基本的にBMW等等の高級車であったようです。

しかも、さらに驚くべきことにただ日中等の指定ではなく、真夜中であろうと、早朝だろうと呼ばれたらすぐに車とともにやってくる男性のことを指します。

著者宅もアッシーと言うほどではありませんが、自分の父親の認知症予防のために、妻に何かにつけ著者の父を呼ぶように頼んでおり、呼ぶように頼むと父は車で迎えに行きます。

やはり、呼んだらすぐ来てくれると言うありがたさはひしひしと感じます。

バブル時代の女性も、このように男性たちを便利に使っていたのです。

ミツグ君

このミツグ君も、聞いてすぐにわかりますよね。

そう、女性たちいろいろなものをプレゼントする人のことです。

彼らは、いろいろなものをプレゼントすることによって、女性の気を惹こうと必死でした。

食事をせっせと貢ぐメッシー君とは違う扱いかと思いきや、やはり、ご飯を貢ぐと言う意味で、ミツグ君の1種だと言われています。

バブル時代の特に女性の人は、そのような男性が周りにたくさんいて、途切れたことがないと言うのがステータスだったと言うのです。

もちろん不景気になった今の世の中では、そのミツグ君はもう死語に近くなりました。

やはり、何かをせっせと嗣にもお金が要りますからね。

不景気でお金を稼ぐのが大変になった昨今では、そのように女性にプレゼントができる人も少なくなってきたのかもしれません。

ですが、ミツグ君自体は死語になりましたが潜在的にはまだまだいると言われています。

キープ君

このキープ君と言うのは二通り意味があり、恋人候補だけど本名ではないと言う男性もキープ君と言いますし、車送迎などのいわゆる便利屋としての役割を果たすしてもキープ君と言われています。

便利屋的な役割を果たすキープ君は、女性にとっては本命の男性が苦手としていてできないことを補うためにの扱いだと言われていたのです。

そんなキープ君の他にも、本命の男性と別れたときの予備の交際相手としてキープされていることもあり、英語では「バックアップパートナー」などと言われていました。

なんと、このキープ君と言うのは日本だけではなく、イギリスではなんと半数近くの女性が、そのような意味のキープ君がいるというデータまであるから驚きです。

どこの国でも、女性はしっかりとその辺は抜かりなく、したたかだなぁと思います。

テープ君

正直、テープ君はどのような人なのかというのは著者も知りませんでした。

著者よりもっと若い世代だと、検討すらつかない人もいるかもしれませんね。

テープ君と言うのは、昔、音楽を聴くと言うとCDやカセットテープから聞いたのです。

今やスマホから聞いたり、iPodを使ったりしますね。

でも昔はテープのプレーヤーにテープを入れ、そこから再生をして音楽を聴いたのです。

このバブル時代は、ようやくCDが出始めた位の時代だったのですが、このCDから、テープに音楽をダビングし、女の子に渡してくれる男性のことを指します。

もちろん、今はあまりテープを使われないことから、テープ君はもう絶滅しました。

どちらかと言うと、今は年配の方がそのようなiPadやスマホから置く額を再生する気になれず、CDもあまり使い慣れない方でしたら、今でも演歌をテープで聴く方はいますが、若い世代にはまずテープを使う人は、アナログ好きでない限りはまずはいません。

こんなことまで、当時の女性は男性たちを利用してきたのですね。

コード君

コード君と言うのも、著者にはあまり見当もつかず、他の著者より下の世代の方だと「?」と思うことも多いでしょう。

このコード君もまたバブル時代の若い女性を支えてくれました。

いわゆる電化製品の配線をしてくれる男性の事をいいます。

今でもこの配線が苦手な女子は多いと思いますが、当時もまた、女性には不得手に思うような人も多かったのです。

そこで、彼らコード君が、女性によって電話一本で呼び出されるのです。

ビデオやオーディオ関係の電化製品も彼らが女の子のためにつないでくれ、主にそのようなことを得意とする理系の男の子がコード君になることが多かったようです。

彼も、驚くべき事に、配線をした上に女性に食事までご馳走するような人もいたとか!
本当に当時の女性はお姫様扱いだったのですね。

では、このコードくんたちは、いい思いができたのかというと決してそうではありません。

基本的にはコード君は指1本その女性に触れることができず、ただコードをつなぐためだけに保たれているような関係だったようです。

このように聞くと、なんだかコード君も切ないですね。

ハゲ

ハゲと言うと、髪に自信がない人はちょっとどきっとするかもしれません。

ただこのバブル時代の用語に関して言うと、髪の量は関係なかったとか。

例え、アフロのようなふさふさの頭であったとしても、女性たちはこの役目の人ハゲと呼びました。

いわゆる愛人関係のことを指すのですが、肉体関係のない人のことを言いました。

そのような関係のない愛人という事ですので、お金だけを払ってもらう関係だったようです。

もちろん、このハゲと言われている男性も、何とかして肉体関係がある普通の愛人関係に持ち込みたかったところはあるようですが、当時のバブル女子は、そこをうまくすり抜けて、どうにかしてそのような関係がないままお金だけを出してもらうようにしていたようです。

下記のパパの話につながりますが、どうにかしてそのような関係にならずして、お金だけを出す男性をキープする事は抵抗なくできたような女の人も多かったようです。

パパ

上記のハゲの話に繋がるところもありますが、こちらのパパと言うと本当の愛人関係のことを指します。

パパといっても血のつながりはなく、いわゆる今の援助交際の走りのような感じです。

ただ、ここはバブル時代だけあって、その対価は凄いものがありました。

例えば高級マンションを借りてくれるようなパパまでいたそうです。

ただ、今でも援助交際については眉をしかめる人が多いように、バブル時代においてもパパがいる状態はあまり好ましくないと思っている人も多かったようです。

ですので、実際にこのパパがいた人もほんの一握りであったようです。

ただ、こちらのパパと言うと、不景気の今をもってしても完全に死滅したというわけではなく、結構現代にも通じているところがあります。

援助交際などが流行ったのもそのバブルが弾けてからでしたので、女性はいまだに男性と肉体関係を持つ代わりにお金を払わせるような重要な事はやってきたようです。

3高

先ほども触れたように、バブル時代は3高がもてはやされました。

高身長、高収入、高学歴の3つです。

今の4低を目指している女性からすると信じられないような時代ですね。

今、この4低がもてはやされているのは、バブルがはじけ、収入が少なくなり、女性と2人で働いていくようにしないと、子供を持つとしたら学費を出すのが大変だと言われる時代になったからです。

でも当時は給与も多かったですし、終身雇用も約束されていました。

ですので、働く女性がもてはやされた時代になりつつありましたが、まだまだ、女性も専業主婦ができた時代です。

バブル時代の少し前、山口百恵が引退した出来事があったのですが、母が好きで彼女の書籍を見ていたので、ちらっと聞いたのですが、当時は芸能界を引退して専業主婦になることに強い抵抗を示す女性も多かったようです。

今ほどではありませんが、まだまだ働く女性が認知され始めた時代だったようですね。

その一方で、このような3高がもてはやされたような、今のような時代と昔の価値観がごちゃまぜの時代だったようです。

4高

貪欲なバブル女子ですので、この3高だけでは飽きたらず、まだまだ高いものが求められるものがありました。

ですので、3高以上の4高が求められたのです。

そのもう一つの高いは何だと思いますか?そう、高級車です。

アッシー君の件でも触れましたが、BMW等での高級車でのお迎えをする男の子のことをアッシー君と言いました。

この高級車を持つっていうのも当時の男性のステータスだったようです。

色々と調べていると、なんと、車を持っていない男性は、デートの帰りに申し訳なさそうにタクシー代を女性に手渡すこともやっていたとか。

今は、経費削減のために車を持たないということがもてはやされているような時代ですので、それに比べるとバブル時代は豪快だったなと思いますね。

このように色々と消費できる元気な時代だったとも言えます。

️現代にも通ずるバブル時代用語

このようにバブル時代を振り返ると、こんな元気な時代もあった一方で、「男性たちを大変だったな…。でも、現代は大丈夫だし!」と思いたいものですが、そんなバブル時代用語は現代にも通ずるところがあります。

このようなことを聞くと男性たちは安心できませんよね。

では、現代の女性は、どのようにしてそのバブル時代の用語を引きずっているのでしょうか?

著者も男性でもうすでに結婚しましたので関係のないこと思いたいところですが、そのような現代の女性がどのような感覚を持っているのかというのを気をつけて見ていかないといけないなとも思います。

著者の様に感じている男性も、現代の女性たちがいかにしてそのバブル時代の言葉を引きずっているのかを見ていきましょう。

現代の女子も使ってるよね!

テープ君など、すでに死滅してしまったようなタイプの男子もいますが、メッシー君アッシー君と言うとまだまだ健在です。

ただ、やはりバブル時代とは違いますので、少々そのグレードは落ちつつあります。

しかも30代以降の女性たちは、どちらかと言うともうバブル時代を知らないような世代の人も多いです。

最近はもうバブルが弾けてから生まれたような女性もいますので、メッシー君といっても、ファミレスではない程度の高級なレストランですので、驚くような値段がするような食事を頼まないような人も多いですし、車についても、そこまで形にこだわってない人も多いようです。

中には、「車はいいからタクシー代を頂戴!」とまで言い切る女性もいるそうです。

幼い頃から、不景気でそこまでの贅沢を知らない事も現代の女性がバブル時代の女性に比べて少々こだわりがなくなっている特徴であるようです。

メッシーアッシー、パパ活…

先ほど、メッシー君とかアッシー君について取り上げましたが、パパについても同じことがいえます。

もちろんパパ活というのもまだまだあります。

ですが、バブル時代の女性と比べて、そのグレードは違ってきています。

バブル時代の女性のように高級マンションの1室をとねだる女性は格段に減っています。

どちらかと言うと、食事にしても同世代の男性と行くことができないようなちょっと高級なものであると、最近の女性は満足をするようです。

旅行についても同世代の人が連れて行くことができないようなところに連れて行ってあげると満足ができる女性も多く、若い女性を満足させるのもそこまでハードルは高くないようです。

やはり、最近の女性は不景気な時代を生きているので、ちょっとの贅沢で満足できる人が多いと言うのです。

男性からしたらオソロシイ事態

ちょっと経済的に余裕がある人であると、そのような女の子をうまく扱うような人もいるようですが、男性からしたらメッシー君やアッシー君等は少々恐ろしいものがあります。

楽しい時間を過ごせたことで満足できるようであればまだしも、もしそうでないようでしたらすっぱりとその女の子を切るような方向性で考えた方がいいかもしれません。

️女子を皮肉ったバブル時代用語もあります!

このように聞くと、男性たちは一方的に利用されて女性は強かったと言うイメージを持ちますが当時の男性も負けていません。

もちろん、このようなバブル時代の女性を皮肉ったような言葉もあるのです。

皆さんも、1度は聞いたことがあるかもしれません。

では早速見ていきましょう。

女はクリスマスケーキ

やはり、昔も現代も男性は女性の年齢に関しては厳しいものがあります。

そして、当時はまだまだ医療技術もそこまで強く発展していませんでしたので、出産をするのも30歳すぎると、女性は高齢出産と言われた時代がありました。

ですので、「女性は25歳までに結婚できないと売れ残りだ」と言うような時代があったのです。

クリスマスイブは12月24日、クリスマス当日の25日を過ぎると、後はもうクリスマスケーキの需要は無くなっていきます。

そのようにクリスマスケーキと女性を重ねて、女性を皮肉った時代もあるのです。

ですので、20代前半まではお姫様扱いだった女性も、それぐらいの年齢になるとだんだんと扱いが冷たくなってきたのでしょう。

オバタリアン

さらに年齢を重ねると男性の女性に対する目がさらに厳しくなっていきます。

やはり、女性もだんだんと年齢を重ねると、少々厚かましい一面が出てくることがあります。

ですので、中年女性で厚かましい人のことをオバタリアンと言いました。

当時は、そのオバタリアンのことを色々とネタにしたようなテレビ番組もあったものです。

このように見ると、若い女性にはお姫様のように可愛がるのに、中年女性にはとことん冷たいバブル期の男性の姿が浮かびあがりますね。

️バブル時代っておもしろい!

確かに、かなり毒があるようなところもありますが、大きなお金が動き、日々を楽しくパワフルに生きた時代が伺えますね。

ちょっとこの時代の男性が大変そうと思うようなところもありましたが、この時代はもし生きていたら楽しかったのかもなと思わなくもありません。

皆さんはバブル時代の話を聞いていかがでしたか?
「あの当時が懐かしい」と言える人もいるかもしれませんし、「当時は子供でそんなによく体験できなかったな。」と思う人もいるかもしれませんし、「そんな時代があったの?」と思うようなこの時代に生まれていなかった人もいるかもしれません。

どの時代の方も当時のことを調べてみるのも面白いかもしれませんね。