皆さんは、バブル時代がどのような時代だったかをご存知ですか?
著者もバブル時代には生まれてはいたものの、まだまだ子供でしたので、どちらかと言うとそのバブルの恩恵に預かる事は出来ませんでした。

その頃に大人だった方は、色々といい思いもされたようです。

もしかしたら、今の時代だと、そのバブル時代に生まれてすらいなかったような若い人もいるのかもしれませんね。

平成生まれの方だと、そのような方も多いのではないのでしょうか?
著者の会社にも、もう平成生まれの部下がいますので、時代の流れは早いなと思うものです。

バブル時代については、いい時代の恩恵を受けられた立場なのか、まだまだ子供だったのか、はたまた生まれてすらなかったのかという差があります。

もちろん、50代とか60代と言うことであれば、すでにバブルのにあやかれた人もいるのかもしれません。

バブル時代を知っている人も知らない人も、まずはバブル時代のような時代だったのかを見ていきましょう。

️バブル時代には様々な用語が生まれた

今は不景気で、いかに節約するかや、会社においてもいかに経費を削るかということを念頭に置くような時代で、正直に言うとあまり元気な時代とは言い難いものがあります。

そのような時代だからこそ、バブル時代と言われてもあまりよくわからない方も多いのではないのでしょうか?

今、東南アジアが経済的に発展していますよね。

まさに、あのような時代が日本にもあったのです。

それに伴い、バブル時代は文化的にも、いろいろな用語が生まれました。

そして、その時代の用語を駆使しつつ皆元気に活動していました。

もちろん、皆が皆そのバブルの波に乗る乗れたわけではなく、例えばですが職を転々とするようなタイプの方だと、うまくその波に乗り切れず、不景気の今大変苦しい方もいるのは事実です。

ですが、大抵の方は真面目にさえしていれば終身雇用も約束されていましたし、安定的に過ごすことができ、いろいろなものを消費することに生活の活路を見出していた時代でした。

では、そのバブル時代に生まれた用語はどのようなものがあると思いますか?
これからその言葉について一つ一つ見ていきましょう。

バブル時代っていつ頃?

バブル時代を享受できた方も、まだまだ子どもだった方も、はたまた生まれてないという方も気になるのはバブル時代がいつ頃かと言う話です。

では、バブル時代とは一体具体的にどれぐらいなのでしょうか?
大体の年月で言うと1980年の後半から1990年の初頭あたりを指します。

バブルが弾けたときは、著者はまだまだ高校生で、その波にうまく乗ることができませんでした。

もうちょっとバブル景気持ってくれたらなと思わなくもありません。

もう少し年上の方だと、そのバブル景気の時に大学卒業後の就職という方もいて、良い時期を経験された方もいるようです。

今は就職難と言われていて、就職のエントリーなども大変な時期ですよね。

ですが、この時代の学生たちは売り手市場なんて言われて、強気で就職をしていた時期もあったのです。

ただ著者は高校生でしたので実際の話はよく分かりませんが、その恩恵に正しくうまく乗れた人は意外にも地方出身者ではなく、東京都内の大学であったりと、この時代も少し格差なるものがあったといいます。

ですので1部の学生だけだったようですね。

今の時代だと考えられませんが、何かにつけ、「何々を聞いてくれないのであればもうやめてやる!」と言うようなことも通用したと言うから驚きです。

バブル時代の人って今何歳?

では、このバブル時代の人たちと言うと何歳位の人を指すのでしょうか?
バブル時代の人と言うと、大体現段階で47歳から51歳、1965年生まれの方から1969年生まれの方と言われています。

大体の年代と呼ばれ方について調べていると、その時代を反映するブームがあります。

バブル世代の方は、ツッパリ文化が非常に栄えた時期だったようですね。

さらにその下が団塊ジュニア世代、氷河期時代と続いていきます。

ちなみに著者は、氷河期世代で、かろうじて団塊ジュニア世代にも入っている位のようです。

このような世代のものを見ていくと、バブル世代の人がいいなと、少し下の年代の方を羨まずにはいられません。

バブル時代当時ってどんな感じ?

では、実際にバブル時代に大人になった方はどのような時代だったと感じているのでしょうか?
やはり、就職については特に苦労もなく、その方は特に資格もなく、大学もなんとなく入ったような感じだったようですが、「うちの会社に来て欲しい!」と言われて内定もらった会社が5社あり、どの会社に行こうかと悩んでた時代だったようです。

その方曰く、社会全体が舞い上がっていたような時代だったと言っています。

非常に活気のある元気な時代だったんでしょうね。

また、会社でも、何かにつけタクシーを使い、今電車等を乗り継がないといけないのが考えられないといったような感じだったようです。

また、遊びのほうも非常に活発で、ディスコがブームで扇子とお立ち台が当時ブームだったのですが、これは著者もリアルタイムでテレビで見ていたのでそれはよくわかります。

また、ワンレンなどが流行ったのもこの時代だったようですね。

また、給与も今では考えられない位に良かったと言うようなことを言っている人もおり、非常に今の時代とはまた違う価値のある時代だったようです。

バブル世代より下の方は、これは羨ましく思うと言う人も多いのではないのでしょうか?

️メッシーの意味とは?

このバブル時代にいろいろな言葉が生まれた話を先ほどしましたね。

女性にとっても、男性を色々と使い分けるようなことがあったようです。

それで、メッシー君、アッシー君、ミツグくんなどいろいろな言葉が生み出されました。

ではバブル時代の女性は、どのように男性を使い分けていたのでしょうか?
また、そもそもこのメッシーとはどのような意味だと思いますか?

その意味を掘り下げて見ていきましょう。

女性に食事を奢る男性のこと

今とは考えものにならないほどに非常に羽振りの良かった時代だったバブル時代。

ですので、豪快に女性に食事をおごる男性もいたようです。

そこで女性は、恋人関係ではないけれど、ただひたすら食事をおごってもらえる男性のことをメッシーと言ったそうです。

著者は、当時高校生で、テレビで見るだけでしたが、女性がそのように男性を使い分けていると言うのは知っていました。

今は不景気で、「食事代はどうしようか?」と悩んでいる人が多い中、非常にバブリーな話ですね。

例えばですが、今は不景気で「食費を抑えるために、1日300円」なんてことを考えているのが考えられないような毎日だったと思われます。

現在は、いかに食費を抑えるかということを考え、外食はできるだけ避けようと考えている人の方が多いと思います。

こんなふうに、男性に食事を奢らせようと思えた時代はとても良い時代だなと著者は男性でもあるにもかかわらずそう思ってしまいました。

恋人になるかどうかは関係ない

今だと、食事をおごると言うと基本的に恋人であったり、交際を考えているから等具体的な目的があります。

やはり、今お金を稼ぐのも大変です。

ですので、食事をおごると言うのも以前と比べてそんなに簡単ではなくなりました。

ですので、今では少々考えにくいかもしれませんが、このときの女性は、基本的に男性に食事を奢らせますが、その食事を奢らせる男性が恋人になるかどうかを気にしなかったのです。

今だと女性も、食事を奢られるとなると、「下心があるのではないか?」とか「恋人にならないといけないのではないか?」と不安になってしまうものです。

ですが、そんなことも気にせずにいられた時代があったのですね。

当時の女性は、恋人になるかどうかは関係なく、ただ食事をおごってくれる男性をメッシー君として扱っていたのです。

ただ暇なときにご飯を奢ってくれる

恋人関係になるかどうか関係ないと言う事は、食事だけと思いきや、本当に暇な時だけにご飯をおごってくれるような存在だったようです。

暇なときに一緒にご飯に行くと言うことなのですね。

今の時代だと少々考えにくいものがあります。

しかも、バブル時代でしたので、消費思考が強く何でも高価であったと考えられます。

このように、女性と食事に行くには、ときにはメッシー君として女性に都合の良いような男性になる必要もあったのかもしれませんね。

メッシー君と呼ばれた

そんなことから、彼らはメッシー君と言われました。

著者は高校生でしたが、なんだか、まるでスーパーマリオブラザーズのヨッシーみたいだなと思ったよものです。

そのように思った方も多いのではないのでしょうか?
そして、飯と言う言葉から来ているので、とても分かりやすいなと思ったものです。