仕返しをすると「目には目を歯には歯を」で、自分に返ってくるなんて聞いたことはありませんか?そんなことを言われても、何かイヤなことをされたらそのままにしておくことが難しいときもありますよね。

しかし、仕返しがどのようなものなのかは人によって全く違います。

この記事では、仕返しの意味を確認し、仕返しをすることであなたにもたらされるメリットとデメリットをご紹介いたします。

これから誰かに仕返しをしてやろうとたくらんでいる方は、メリットとデメリットを知った上で行なうか決めることをおすすめします。

仕返しとは

 仕返しは、あなたがされたことをそのやってきた相手に同じことをすることです。

そのされたことによってあなたが感じた嫌な思いを相手にも感じさせる方法ですね。

本来なら、そのように仕返しをすることは”執着”していることになる……なんてあまり良いイメージはありませんよね。

まずは、仕返しという概念をしっかり勉強しておきましょう。

相手に対する「復讐」のようなもの

 仕返しは、あなたがされたことをそのことをしてきた相手にやり返すことです。

言い換えてみればそれは「復讐」のようなものですよね。

復讐という言葉をきくとあまり良いイメージをもてない人もいるのではないでしょうか。

でも、同じことをやり返すという気持ちにになるということは、相手のことを心のどこかで憎んでいるのでしょう。

または、苛立ちやムカつき、許せない気持ちがあるのです。

もしも、これから誰かに仕返しをしようとしているのであれば、そのような気持ちがあるのではありませんか?その気持ちがなければ、仕返しをしようと思わないかもしれないですよね。

歴史の中でも行なわれてきた「目には目を」「歯には歯を」を実践することになるのです。

それは、ずばり”復讐”になるわけですね。

決していやがらせではない

 仕返しというと、誰しも”いやがらせ”と感じることでしょう。

しかし、場合によってはいやがらせにはならないのです。

嫌な気持ちにされたことをやり返すことで、相手にもその気持ちを感じさせることが出来ます。

嫌なことをしてきた相手というのは、相手が嫌な気持ちになると思っていないのでそういうことが出来るのです。

仕返しをすることでその相手が学ぶことが出来て、今後はそのようなことをしなくなる可能性が高くなるのです。

あなたは、身をもって相手のために知らしめてあげるのです。

そのような理由で仕返しもしても”嫌がらせ”になりません。

しかし、自分がされたから相手にも嫌な気持ちになるように仕向けて、そのことで心がスッキリするのであれば、嫌がらせになります。

あなたはどちらの気持ちで仕返しをしようとしていますか?

自分に返ってくることもある

「目には目を」「歯には歯を」という言葉があるように、あなたが仕返しとして相手にしたことがまたあなたに返ってくる事があります。

それは、その相手が”人を嫌な気持ちにさせる”ということに関して学ぶことが出来ないからです。

そういう人は、嫌がらせとしてあなたにまた同じコトをするかもしれないのです。

また、この世界には不思議な考え方もあります。

それは引き寄せの法則や類は友を呼ぶという考え方です。

あなたが相手と同じように人が嫌な気持ちになることをすれば、あなたもその相手と同じような低レベルになります。

そうすると、そのレベル(周波数)のものを引き寄せてしまうというものです。

要するに、あなたは相手と同じレベルになり、因果応報で同じことが他の人からされるようになってしまうのです。

信じられないかもしれませんが、こういことは日々起こっているので注意したいですね。

それに人にいいことをしてばかりいる人って、なんだか幸せな出来事に恵まれているような気がしませんか。

覚悟を決めてすること

仕返しをするということは、相手から嫌われるリスクを負うということになります。

その相手からされたことをあなたが嫌と思ったのです。

あなたがそのことを相手にすれば、相手も嫌な気持ちになるかもしれないのです。

あなたは、嫌なことをされてもすぐにその相手と縁を切らずに仕返しをしますよね。

ですが、相手はあなたにされたことだけを見つめ、あなたとは縁を切るかもしれないのです。

または、自分のしたことを忘れ、あなたにされたことを周囲の人にウワサとして流すかもしれません。

あなたが仕返しをすることであなたが不利になるかもしれないのです。

必ずとはいえませんが、相手によってはそのような状況になってしまうことがあります。

そのため、嫌なことをされて仕返しするには、覚悟をする必要があります。

「あの時あんなことしなければよかった」なんて思わないように、よく考えてから仕返しの計画を練りましょう。

仕返しを意味することわざや古い言葉もある

仕返しをあらわすことばざや古い言葉がたくさん残っているのを知っていますか?仕返したいという気持ち、仕返しをする気持ちというのはあなただけが持っているものではないのです。

あなたの隣にいる人も少なからずそのような気持ちを抱いたことがあるはずですよ。

しかし、それを表に出さず、自分の中で消化してしまう人がいるためあまり気にも留めないのでしょう。

あなたの今の心にピッタリな仕返しを意味することわざや古い言葉があるかもしれません。

蛇の生殺しは人を噛む

蛇を殺さずに瀕死の状態や生かしも殺しもしない状態のままにすると、されたことを忘れずに恨みや怒りを覚え、噛み付いてくるということ。

誰かに悪いことをしたままにすると、その相手が仕返しをしてくるということですね。

目には目を歯には歯を

やられたことを仕返すということ。

これはハンムラビ法典に記載されており、古代エジプトでは実際に行なわれていました。

目をくりにかれたなら目をくりぬき返し、歯を抜かれたら歯を抜き返していたのです。

相手にやられたことをそのまま仕返すことは、心がすっきりするかもしれませんね。

江戸の敵を長崎で討つ

以前されたことを全く違う土俵の上で違った形で仕返しをすること。

江戸で何かをされた人が長崎という全く別の場所で敵をやっつけたことに由来します。

これは仕返しした本人はすっきりするかもしれません。

しかし、相手はどうしてそのようなことをされたのか理解に苦しみ、また新たな仕返しを生む可能性があります。

でも不意打ちに仕返しできたら、気持ち的にラクなのかもしれないですね。

相手も気を緩めていますし。

喉元過ぎれば熱さを忘れる

どんなに苦しいことでも時間が過ぎれば忘れるということ。

たとえ、今は嫌なことをされたことで苛立ち、憎んでいるかもしれません。

それでもこの長い人生を生きていれば、そんなことを忘れるくらいの楽しいことと出会えるかもしれません。

そして、気づけばそんな嫌なことをされたことなんて忘れてしまっているのかもしれないのです。

仕返しをせずに生きていくということになりますね。

仕返しをするメリットとデメリット10個

 これから仕返しをしようと考えている人もそうではない人も、仕返しをすることのメリットとデメリットを確認していきましょう。

仕返しをするということは、常識的に考えるとあまり良いことには終えませんよね。

あなたは仕返しをするというのは、メリットよりもデメリットのほうが多いと感じているのではありませんか。

それとも仕返しをすることにデメリットのほうが少ないと感じているでしょうか? 感じ方は人それぞれですが、まずは仕返しをすることで仕返しをした人がデメリットになってしまうこと、そしてメリットになることをそれぞれ見て行きましょう。

もしかしたら、新しい発見があるかもしれませんよ。

デメリット

 仕返しをするということは、デメリットがつきまとうものです。

目には目を、歯には歯をという言葉あがあるようにあなたにまた新しく仕返しがやってきてしまうかもしれないのです。

そのことについては、先ほどもご紹介しましたよね。

まずは、デメリットを見ていきましょう。

1.仕返しをした所で何も変わらない

 あなたが誰かかされたことをその相手に仕返しをしても、何も変わらないことがあります。

相手があなたがされたときの気持ち悪さ、嫌な気持ちを感じてくれるとは限らないのです。

あなたはあなたなりの感性をもち、相手も相手の感性を持っています。

全員が全員同じ感性とは限りません。

そのため、「あいつにこういうことされたから、同じ気持ちにしてさせてやる」と仕返しをしても相手はなんとも思わないこともあるのです。

自分がされたら嫌ではないから、そういうことをしてきたのです。

そういう相手に同じことをしたとしても、相手は何も感じないの意味がありません。

過去に執着していても過去には戻れない

あなたが仕返しをするということは、そのことをされたことに対してとても執着心を抱いていることになります。

何かに執着していても現実はほぼほぼ変わりません。

その時のことを誰よりも考えていたとしても、その過去の時点には戻ることができなのです。

それどころか時間はどんどん進んでいきます。

もしも、誰かに仕返しすることや誰かにされた嫌なことばかり考えているのであれば、それは不幸なあなたを演出していることになります。

そして、これまでになかった他の嫌なことも引き起こしてしまうかもしれないのです。

過去をみつめるより、楽しい将来のために今を生きるほうがよっぽど心が軽くなりませんか?

2.時間のムダ

過去にされたことに執着して仕返しをするというのは、かなり時間のムダです。

あなたがそうやって相手にされたことにぐちぐちと悪口を言ったり、仕返しをしようと計画を練っているとしましょう。

その間の相手はどうしていると思いますか?あなたがそのように思っているなんて、みじんも考えていません。

そして、相手なりの生活を楽しんでいることでしょう。

心に傷を負うほどの嫌なことをされたら気が気ではないかもしれません。

しかし、そうやって悩む気持ち・仕返しをしようという気持ちとさようならすることは、あなたのための時間を増やすことに繋がるのです。

どのように仕返しをするか考えるより、楽しいことをした方が良い

仕返しをしようと決める前に「相手にはあああしてやろう」と計画のほうが先に頭に浮かびますよね。

そんな風に悪いことを考え、負のオーラをみにまとうよりも楽しいことを考えませんか?負のオーラは、あなたが思っているよりもからだ中に出ているものです。

そうすると、あなたの顔からは笑顔が消え、冷静に物事を判断することが難しくなるでしょう。

そして、人生崩落の道を歩んでしまうのです。

しかし、楽しいことをやったり、考えればそんなことは起きません。

むしろ、あなたの周りには過去の嫌なことを忘れてしまうくらいの楽しいことが起きるのです。

人生はあなたが決めます。

誰かを憎み、誰かのせいにして人生を生きるのですか? それともそういうおかしな人は相手にせずに自分で人生を歩みますか? どちらの道を歩むかあなた次第なのですよ。

3.後になって後悔することもある

 仕返しをした後、すぐに又は少し経ってからは後悔をすることがあります。

仕返しをしようと気持ちが燃え上がっているとき、そして仕返しをしているときというのは冷静さがなくなっています。

本来のあなたではない危ない、人の声を聞き入れないあなたに変わっている可能性があるのです。

きちんと自分を抑制できる人であれば、そのようなことはありません。

どんなに苛立ち、仕返しをしようと邪な気持ちが出てきても冷静に考えることができるのです。

そのため、仕返しをした後に冷静さを取り戻し、自分自身が行なった事に対してひどく後悔をしてしまうのです。

自分の心の狭さに気づく

どうしてあんなことに対して仕返しなんてしてしまったのだろう、と自分の心の狭さに気づかされてしまうのです。

冷静に考えることが出来れば、あのような仕返しをすることはなかったなんて既に感じたことがある方もいるかもしれませんね。

自分をコントロールできずに、相手にされたから相手のせいだからと仕返しをし、仕返しをした直後はすっきりとした気持ちになるなんて、人としてありえないですよね。