心に霏がかかったように、どこかスッキリとしない気持ちの時ってありますよね。

心に“もやもや”となにかが溜まって、晴れやかな気分とはほど遠いという時は、どんなふうに気持ちを切り替えたらいいのでしょう。

「この気持ちは何だろう」「なんだかいつもの調子が出ないな…」そんなもやもやは、いち早く取り除くに限ります!

もやもや状態から脱出しよう!

もやもやした状態は続けていてもいいことはありません。

気分が沈んでパッとしないと、仕事にも勉強にも身が入りませんよね。

もやもやした気持ちから目を逸らして誤魔化していては、状況は悪化する一方です。

もやもやした状態から脱出したい!…でもどうしたらいいか分からない、そんな時はきちんと自分と向き合ってみましょう。

1. 「もやもや」の状況とは?

もやもやする…とは実際どんな状況でしょう。

きっとこれは人によってさまざまな症状があります。

何をしていてもどこか上の空だったり、テンションが上がらなかったり、ちょっとしたことでイライラしたり…もやもやが溜まると色々な部分に影響を及ぼします。

2. どうしてもやもやするの?


そもそもどうして心がもやもやしているのか、自分で原因がいまいち把握できない時もありますよね。

もやもやが発生する原因は実にさまざまです。

抱えている悩みがなかなか解決しない時や、ストレスが溜まっている時、疲れている時など、もやもやの要因となっていることは実に抽象的で分かりにくいもの。

そういう時は、一旦すべてをリセットする気持ちで心に休息を与えてあげましょう。

1. 自分に自信が無い

もやもやする原因は、なにも周囲からのストレスだけとは限りません。

自分自身にもやもやしているということも考えられます。

特に自分の考えや行動に確信が持てず、進路に悩んでいる時なんていうのは、もやもやが募ることが多いですね。

その理由は、自分に対する自信のなさが関係していたりします。

自信がない人は、なにをするにも不安が付いて回ります。

「本当にこれでいいのだろうか」「もっと他の道があったのではないか」など気持ちが定まらず、ふらふらとあっちこっちに思考回路が振り回されます。

そうなると確かなビジョンが描けずもやもやとするのも頷けます。

自信と確固たる意思を持って道筋を決めている人とそうではない人とでは、先を見据える力にも大きな差が生まれてしまうでしょう。

2. 価値観が確立していない


価値観が確立していない人というのは、物事の良し悪しの判断が鈍りがちです。

価値観というのは、その人の経験値や見てきた世界がものを言います。

この価値観がまだ固まっていない人は、ここぞという時の判断に確証が持てません。

これは良いものだ、これは悪いものだ、と判断する価値観があってこそ、自分の納得のいく結果が導き出せるのです。

そうでないと、周囲の判断に任せてしまったり、長いものに巻かれるようなことになりかねません。

自分自信で決めた結果と、そうでないものでは、エネルギーのかけ方が違いますよね。

なにをしても、もやもやとした気分が抜けない人は、きちんと自分の価値観に合った選択ができているでしょうか?とりあえず、といったようなその場任せの行動は、自分の為になりません。

3. 部屋の中が汚い

もやもやが溜まっている人は、周辺環境が整っていないことが考えられます。

思考回路をスッキリさせたいのであれば、身の周りもスッキリさせなければいけません。

部屋の中が汚い人、整理整頓ができない人、というのは頭の中の整理整頓も苦手な人が多いのです。

頭の中を整理するのだって、お部屋の掃除と同じなのです。

やりっぱなし、使いっぱなしでその辺りに散らかしておくのではなく、一つひとつ整理しておくことはとても重要です。

そうすれば次に使う時もスムーズに使えるはずです。

片付けをしておくことは、使ったものをもう一度見つめ直し、どう扱えばいいのかを考える、そして自分に対してその習慣を覚え込ませ、記憶させることにも繋がります。

これができない人は、何度も同じ失敗を繰り返してしまうでしょう。

4. カバンの中も滅茶苦茶

部屋が汚い人というのは、必然とカバンの中の整理もできない人が多いようです。

あなたのカバンの中はどうでしょう。

不要なゴミが入っていたり、使いたいものがスグに見つからないような状態ではありませんか?カバンも部屋と一緒で、その人の心理状態に直結する部分です。

まずカバンの中のいらない物といる物を区別しましょう。

そして使いたい物がすぐ見つかるように、スッキリとさせておくのです。

これは、あなたの脳内でもおなじようなことがいえます。

もやもやが溜まった時、きちんと状況を整理して、正しい取捨選択を行えるようにしましょう。

目の前のカバンも整理できない人に、自分の感情を整理することはできません。

環境が変われば、自ずと人も変わってくるものです。

まずは、目に見える身近なところから整えてみましょう。

5. 掃除が苦手

部屋が汚い、カバンが汚いときたら、それはもう掃除が苦手な人の典型ですね。

掃除が嫌いな人は、自分の部屋の床にほこりが溜まっていたり、ゴミが落ちていたりしてもあまり気にならないという人が多い傾向です。

しかし、これはやはり精神衛生上よろしくないこと。

人の置かれている環境というのは、心理的な部分に大きな影響を与えます。

「部屋が汚いけど、まあいいや」という怠惰は、自分の気持ちに対しても作用します。

「もやもやしているけど、まあいいや」なんていう風に気持ちから目を逸らして、もやもやの根本を解決しないままうやむやにしてしまうでしょう。

6. 物を持ちすぎている

物を持ちすぎている状態というのは、不安の表れだと言いますね。

あれが無いと不安、これがないと不安、という心理状態は正しい取捨選択ができていない証拠です。

本当に必要なものが見極められない人は、物が溜まっていくように、もやもやも溜まっていくもの。

また、ここでいう“物”というのは、単に物理的なものばかりではなく、仕事や悩み事にも当てはまります。

あれもこれもと抱えこんでしまうタイプの人は、自分では持ちきれない容量になってから失敗に気付きます。

一つひとつを解決しないまま、次から次へと課題を背負い込んでしまうのは、自分自身を把握しきれていないということ。

自分のキャパシティーを正確に知っている人は、自己マネジメントもきちんとできますから、それこそ、もやもやとストレスや疲れがたまるほどの物を抱え込むことはしないでしょう。

もやもやしている時は、見える物も見えない物も、それ以上増やすことはせず、端からきちんと対処し解決していくようにしましょう。

7. 論理的思考ができない

もやもやした気持ちを常に抱えている人や、もやもやしている原因が分からない人は、論理的に物事を考えることを苦手としている人が多いものです。

なぜかというと、論理的な思考が働かないイコール、頭の中で物事に対する正解とその理由がかみ合っていないということ。

「AがBになる」ということは、なんとなく分かっていても「AがどうしてBになるのか」という過程や根拠を知り得ないのです。

それこそ、周りが言うのだから正しいのだろう、よくわからないけどそうなのだろう、と適当な理由をつけて終わりにしてしまっているケースも少なくないでしょう。

しかしそれこそがもやもやの発生する原因の一つ。

結果とその理由がしっかり結びついてこそ、本当に理解ができるのというものですから。

8. いつも何故か不安で焦っている

もやもやが発生する原因の大半は、不安が起因となっているものです。

言ってしまえば、ここまで取り上げてきた内容の多くも、人の不安を煽るものです。

自信や価値観の部分に不安があり、自分自信を信じることができない人は焦りを感じることもあるでしょう。

仕事にせよプライベートにせよ、周りと差が開いてしまったりした時なんかの不安は一際なはず。

不安というのは、結局は自分自身への自信があるかないか、という所が大きく関わっています。

自信がある人は、無理のない自分のペースで進むことを良しとしますが、自身がない人は、焦って自分のペースを乱して無理をします。

焦って前後不覚になっていては、判断能力が鈍り、事の本質を見落としがちです。

そういう時はもやもやとする気持ちも大きく膨らむばかりでしょう。

9. 変化を恐れている

人は誰しも、新しい変化に対して多少なりとも不安や恐れを抱くものです。

それも、確証の持てない変化ならば尚更のことでしょう。

自ら望んだ変化であれば、その先が成功にしろ失敗にしろ後悔は残らないでしょうが、自分の望まない変化、予期しない変化というのは恐れの対象となります。

明確なビジョンが描けないまま靄がかかった先へ進むというのはとても恐いものです。

その靄を晴らすためにも、自分自身で考える力、判断する力、論理的に物事を解明していく力が必要になってくるのです。

普段から、これらの行動を放棄している人は、いざ直面した際に、正しい選択ができず、期待よりも恐れが先行してしまうのではないでしょうか。

10. 物事を深く考え過ぎる

もやもやが慢性的になっている人は、心配性の人が大半。

心配性だったり優柔不断だったりするタイプは、なにかを選択する時や、結果を導き出す時に大きな労力と時間を掛けるものです。

いろいろなパターンを想定して、ああでもない、こうでもないと思考回路を働かせることはトラブルシューティングにも繋がるため、決して悪いことではありません。

しかしそれが行き過ぎてしまっている人や、いつまでも結論が導き出せない人というのは問題です。

正しい選択をするために必要な労力というのは確かにありますが、そもそも悩むこと自体に疲れて辟易するほど考え過ぎてしまうのは正しい結果を導き出すための方法や根拠を知り得ないということなのです。

それこそ、この考える力というのは、それまで学んできた経験値がポイントになります。

経験不足だと、判断を下すまでの時間というのも余計にかかってしまいますから。

11. ネガティブ

ネガティブ思考というのは、もやもやの生みの親とも言える存在です。

誰だってネガティブになる時はありますが、これが日常的になってしまうと良くありませんね。

ネガティブに拍車がかかると、マイナスな方面にばかり気持ちが傾いてしまう癖がついてしまいます。

気持が落ち込み、背筋が丸まり、まったくやる気が生まれない…なんてことになってしまうと、それはもうもやもやの独壇場。

いつも失敗ばかりを恐れて、成功を見据えた明るいビジョンを思い浮かべられない人はネガティブに取りつかれてしまっているかも。

ネガティブというのは急に直せるものではありませんが、気の持ちよう次第でいくらでも改善していけるものです。

ネガティブな精神を少しずつ払拭していくことは、もやもや気分を払拭することにも繋がります。

12. 語彙が少ない

もやもやする気持ちというのは、思うように事が運ばなかったりして気分が塞ぎこんでいる時に現れる感情ですが、言いたいことが思うような言葉にできない時にも生まれる感情ですね。

主に、自分の中で何かが消化不良を起こしてわだかまっている状態だと、もやもやが発生するんでしょう。

最近よく聞く言葉`語彙力’が少ない人、すなわち言葉のレパートリーが少ない人というのは、このもやもや感が生まれやすいものです。

自分の中にある感情を誰かに伝えたい、けれどそんな時、自分の気持ちとベストマッチするワードが見つからない!なんていうのは、正に語彙力不足による消化不良です。

語彙と言うのは、自然と身につくものですが、自らあらゆる言葉に触れる機会を作るなど、意識的に言葉を拾ってみるほうが圧倒的に増えていきます。

語彙が無いことによるもやっとは、自分の努力次第でいくらでも解消可能です。

13. 表現力がない

これも語彙がない、という時のもやもやと関連性の高いものです。

表現力が足らないがゆえに、自分の気持ちや感情を思うように外に出せないというのはもやもやの元。

ただ語彙だけの問題ではなく、表現力というのは人の持つすべてを使った力です。

表情、視線、身振り手振り、声の大きさやトーンなど、表現しうる力を駆使して自分の気持ちを訴える力をいかに強く発揮できるかというのが肝になります。

表情が乏しかったり、言葉が単調だったり…自分の感情と外に出る感情がイコールにならないような人というのが確かにいるのです。

感情表現が苦手という人は、伝えたいことが伝わらず解釈違いが発生したり、人から勘違いをされたりともどかしい思いもするでしょう。

何の解決策も見つけずに、これを続けてしまうともやもやはどんとん大きくなるばかりです。