CoCoSiA(ココシア)

好きだけど別れる5つの理由。別れを選択した実際の体験談とは?

あなたはこれまで、恋人のことは好きだけど別れるという体験をしたことはあるでしょうか。

好きな人と幸せな恋愛をしている人には理解しづらいかもしれませんが、お互いに好きだけど別れを選択をするカップルも世の中には存在します。

「自分にはもったいない」「相手のために」など別れを選択するきっかけは人によって様々ですが、こういったカップルは意外と多いようです。

この記事では、好きなのに別れを選択してしまう人の5つの理由についてご紹介します。

好きだけど一緒になれない訳を実際の体験談も見ながら探っていきましょう。

好きだけど別れたい、そう思う時がある?


男性と女性で多少の違いはあるものの、好きだけど別れるという言葉の裏には「本当はもうそんなに好きではない」人が多いように思います。

詳しく言えば、「人としては好きなんだけど恋人として好きかと言われたら自信がない」という感じでしょうか。

この人のことは大好き、でも結婚して一生添い遂げるまで好きか?と考えると、何か違う。そんな人も意外と多いのかもしれません。

いいや、本当に心から好きだけど別れるの!という人もいるでしょう。

これは気持ちではなく環境や越えられない壁がある場合もありますよね。

そして理解できない人も多いのが、「好きすぎて別れる」という場合もあるということでしょうか。

理解できない人もいる一方で、これ分かる!という人もいるのではないでしょうか。

いろんなパターンがある「好きだけど別れる」を詳しく紐解いていきます。

好きだけど別れたい理由


では、具体的に好きだけど別れたいと思ってしまう理由にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

1.遠距離でつらい


好きだけど別れる、という理由で結構多いのが、遠距離恋愛がつらいという理由かもしれません。

始まりから遠距離恋愛の場合でも、長く遠距離恋愛が続くと辛くなってくる人が多いです。

今までは会いたいときに会える距離にいたのが、遠距離になってしまうと環境ががらりと変わって辛くなってくるというケースもありますよね。

遠距離になることで生じてくる問題についてみていきます。

好きな時に会えないつらさ


会いたいと思ったときに多少無理すればいつでも会える近距離と違って、遠距離は思うように会うことが難しくなります。

移動手段が飛行機しかないような遠距離だと余計に、頑張っても会えなくなる時間が増えてしまいます。

「好きなのに。こんなに大好きなのに。会いたい時に会うことができない。触れ合うことができない。」これは大きなストレスになってしまいます。

こんな思いが続くのならいっそ別れてしまった方がいい、と思う人がいても不思議ではありません。

この裏には、「好きだけど会えないのが辛い。好きだけど別れて、いつでも会える人と新しく恋愛したほうが幸せだ」と感じる人もいるかもしれませんね。

とにかく、距離というのは簡単な問題ではありません。

恋愛相談で「どこでもドアがあればいいのに」なんて言葉をよく見かけますが、あながち笑えない言葉かもしれません。

想い合っていても距離のせいで別れざるを得ない場合、本人たちにとってもつらい選択です。

相手に迷惑をかけたくない


仕事などで恋人のどちらかが引っ越しをし、遠距離になってしまったケースもあります。

引っ越しをして遠距離になって寂しいのはお互いですが、引っ越しをした方は申し訳なく思ってしまう。こんなこともよくあります。

今度の週末はきっと会いに行くよ、と約束していても、その約束が守れないことも遠距離では出てくるかもしれません。

長い時間運転をして会いに行くのがしんどくなるかもしれないし、天候次第で交通手段が使えないことも出てくるでしょう。

そうなると、じわじわと出てくるのが「申し訳ないな・・・」という感情です。

会いたいと首を長くして待っている恋人の気持ちに応えられないことが何度も重なると、どうでしょう?

自分の中に「こうやって悲しい気持ちにさせたり約束を守れなくて相手に迷惑をかけ続けるなら、別れたほうがいいんじゃないか」という気持ちが芽生えてもおかしくありません。

相手を好きだからこその思いですが、好きなのに別れるのは本当に辛いです。

それくらい、遠距離というのは大きな壁になってしまうのです。

声だけだと愛を感じられない


今や誰もが携帯電話を持っている時代ですから、距離が離れてもいつでも声を聴くことは可能です。

毎日電話をして好きな人と話をすることは難しいことではありません。

でも、実際に顔を見たり、触れ合ったりすることがないまま、電話だけで相手の愛を感じられる人はどれくらいいるでしょうか。

特に、顔が見えない分、相手の声の調子でいろんな想像をしてしまう人も多いのではないでしょうか。

仕事で疲れていて、つい相手のテンションとは違うトーンで答えてしまって、話していても楽しくないのかな?と誤解をされることもあるでしょう。

それが重なるうちに「やっぱり会えないと無理だ」と思うカップルは少なくありません。

その思いから電話で「もっと楽しそうに話せないの?」「自分と話していても別のことしてるんじゃないの?」のように言ってしまうかもしれません。

そこからずれが生じて修復できなくなることも十分あり得ます。