誠実な人って何があっても信用することが出来ますよね。

あなたは他人から見て”誠実な人”であると言えますか?

もしかしたら胸を張っていえないかもしれませんね。

誠実な人を誠実だと判断することはできても、一般的な誠実な人の特徴や基準を知らないなら当たり前のことです。

この記事では、誠実な人の特徴や誠実な人が仕事の時にしている所作をご紹介します。

それらの特徴を知ることであなたも周りの人から”誠実な人”と見られることが出来るかもしれません。

また、誠実な人になることで人生がとてもラクになります。

必要なことをするだけで、周囲の人から嫌われなくて済むのですから。

ぜひこの記事を読んで、誠実な人について学びあなたも誠実になってください。

そして、公私共に信用される人になりましょう。

誠実な人の10個の仕事の所作

 誠実な人ってなんだか信用できませんか? しかし、なぜ信用できるのでしょうか。

”誠実”だから、それだけの理由でしょうか。

私たちが誰かを「誠実な人だな~」と感じるのは、その人の所作を見ているからなんです。

また、誠実な人は仕事の面において特に信頼することができます。

そのため、仕事もスムーズに行くようになります。

反対に日ごろから誠実ではないと必要なときに誰にも信用されず、仕事がスムーズに行くことはありません。

 ここでは、誠実な人が仕事において行なっている所作を10個ご紹介します。

あなたはその10個の項目が出来ているかチェックしてみてください。

そして、それが出来ていないのであれば、今から行なってみましょう。

それが出来るだけであなたは周りの人から”誠実な人”として認められますよ。

1.メールがわかりやすく丁寧で簡潔である

 誠実な人は、誰に対してもとても分かりやすいメールを送ります。

メールは仕事上の連絡手段の一つですよね。

しかし、仕事においてメールだけに時間を費やすということはありません。

メールでは、さっと連絡事項を確認して、次の作業に移りたいのです。

それは、あなたもそうなのではありませんか?いつまでも同じことをやっていても、仕事は終わりませんよね。

誠実な人は、誰もがそのように思っていることを自覚しています。

そのため、メールを送る際には「相手が読みやすいか」「簡単に理解できるか」この2つのポイントで内容を書いています。

効率がよい

メールの内容が簡潔で分かりやすいと、すぐに理解することができますね。

また、返信に時間もかかりません。

そして時間の浪費にならないのです。

メールなんぞで時間を浪費している場合ではないのです。

定められた時間でやらなきゃいけない仕事は、誰だってたくさんあるのです。

誠実な人は、それを理解しているので効率よく読める内容を意識しているんですね。

あなたもこれからメールをする時には、伝えたいことの要点だけを伝えるようにしましょう。

2.職場の人に分け隔てなく接する

誠実な人の特徴の1つに誰に大しても平等に接するということがあります。

それはプライベートの場面だけではなく、仕事上であっても平等に接することが出来るのが誠実な人です。

誠実でなければ、部下には高圧的な態度をとり、上司にはペコペコしているものです。

そうやって自分の立場をうまく使い分けてるんですね。

そのため、あまり部下から好かれていないということもあります。

そりゃあ、部下にだけ高圧的な態度をとる上司を好きな人なんていませんよね。

立場や年齢に関わらず丁寧である

誠実な人は、そのような不誠実な人とは全く異なります。

仕事上の立場や年齢など関係なく、みな平等に接してくれるのです。

また、どの相手に対しても丁寧に対応します。

その姿がまた誠実さをかもしだして、かっこよく見えるんですよね。

立場や年齢によって態度を変える人ってあまり好きになれないですよね。

もしもあなたがそのような態度を取ってしまっているのであれば、今すぐに辞めましょう。

3.付け届けを欠かさない

誠実な人は何かに付けて、付け届けを忘れません。

付け届けとは、義理であったとしても謝礼や依頼のために贈り物をすることです。

仕事を変わりにこなしてくれた人や何かを頼むときにさらりとプレゼントをすることの出来る人です。

「手伝ってくれたから奢る」ことも出来るのが誠実な人です。

そこには何も悪気や悪意はありません。

この人に何か渡したから利用してやろうなんて思っていません。

常に感謝を忘れない

誠実な人の心には、常に感謝の気持ちがあるのです。

その気持ちがあるからこそ、自分の仕事をこなしてくれたり、引き受けてくれた人にはお礼をしたくなってしまうんですよね。

そこには、無償の愛さえ感じられます。

本来なら贈り物をするのは、とても近い関係のはずです。

でも、そんなことは気にせずに感謝の気持ちが現れたら、どの年代やどんな立場であっても平等にきちんと感謝の気持ちを伝えるのです。

素直に「ありがとう」と言うことってなかなか難しいものです。

誠実な人は、それが当たり前になっているんですね。

4.「ホウ、レン、ソウ」を徹底している

仕事の上で必要な「ホウ、レン、ソウ」を徹底しているのが、誠実な人です。

「ホウ、レン、ソウ」とは報告の「ホウ」、連絡の「レン」、相談の「ソウ」です。

仕事が終えたら報告をしっかりします。

もしも、何かミスをおかしてしまったとしてもそれもしっかりと報告します。

そして、連絡事項があればしっかり連絡をし、何か問題が起きたり仕事に支障が出ることで悩んでいるのであればすぐに相談します。

ミスをしてしまうと隠してしまいがちですよね。

しかし、そうやって隠したままにしたことでその問題がより大きくなってしまうということがあるのです。

仕事で受け持っている仕事は、その会社の社員全員が受け持っている仕事と同等なのです。

人との連携を大切にする

「ホウ、レン、ソウ」を守ることは、人との連携を大切にしているということでもあります。

もしも会社に勤めていなくて、自分ひとりで会社を立ち上げ仕事をしているのであれば、それはほぼ必要ありませんね。

しかし、会社に属しているということはそこにいる全ての社員と仲間であると同じことなんです。

あなたに出来なかったことであっても、それを他の人が得意としていてこなすことができるかもしれません。

悩みに悩んでも答えが出なかったことに対して、アドバイスをくれることもあるのです。

誠実な人は、一人で思い悩んだりすることなく、人とのつながりを大切にするんですね。

5.ミスを認める

「ホウ、レン、ソウ」の「報告」にあたります。

誠実な人は、自分が受け持っている仕事で何かミスをおかしてしまったのであれば、そのミスを認め、迅速に上司やチームに報告します。

そこで黙って一人で解決するという方法もあるのですが、そうしてしまうと知らないうちに大きな問題に発展しがちです。

また、ミスを報告するには、ミスを自分の中で認めなければなりません。

大人になるにつれて、人というのはエゴが生まれますね。

そして自分のおかしてしまったミスを認めることが出来ないのです。

言い訳せず、すぐに対処する

しかし、誠実な人は言い訳をしないですぐに報告し、そして対処します。

報告をしておくことで周りの社員たちも手伝うことも出来ますし、その事態を把握しているのでそれ以上に問題が大きくなるということがありません。

また、報告してそのままにせず、出来ることから対処するのも誠実な人の特徴です。

誠実な人は、出来るとことは自分で何とかしようとするのです。

6.納期は徹底して守る

仕事の納期をきちんと守ることが出来るのも、誠実な人だからこそ出来ることです。

仕事の納期は、その人本人の納期でもあり、会社の納期でもあります。

また、取引先の納期であるかもしれません。

それをきちんと守ることで、約束を果たすことになります。

それは、コツコツと信頼を積み上げていくことになるのです。

周りから不動の信頼を得ている

そのようにして周りから、全く揺れ動くことの無い信頼を得ています。

その信頼は1日で歯作ることが出来ません。

ローマは1日にしてならずなんて言葉があるように、信頼も1日では築き上げることが出来ないのです。

コツコツと毎回の納期をしっかり守ることで、上司・同僚・部下からの信用を得ることが出来るようになるんですね。

7.いつも挨拶が爽やかである

誠実な人は、挨拶がしっかり出来る人です。

その挨拶は暗いものではなく、どこか爽やかな印象を与えます。

そのため、誠実な人と挨拶を交わすだけでその日一日がなんだか良い日になるような感覚さえ感じます。

明るくハキハキと挨拶をされるのもするのも、その日1日が良くなるような気がしませんか? 誠実な人は、それが自然に出来てしまうんですね。

ビジネスにおいて挨拶はとても大切なものです。

それを除いてしまえば、どんなに良い人材であっても光が当たることはありません。

挨拶が苦手な方が増えていますが、あなたのためにも相手のためにも挨拶をしてみてはいかがですか。

相手が気持ちいい

爽やかに挨拶をしてくれるので、挨拶された方が気持ちよく、そして心地よく感じてしまいます。

誠実な人は、ただ人として当たり前のことをしているだけでそのように操作をしているわけではありません。

こうやって自然体で爽やかに挨拶できるのは、日々の誠実さがものを言っているのでしょう。

8.決断力がある

誠実な人は、ここぞという時に判断することの出来る決断力を持っています。

それは大きなことかもしれませんし、小さなことかもしれません。

誠実な人はどのような場合であっても、しっかり考えて決断を下します。

そのように決断してくれる姿は勇ましく、更に周りの人からの信頼を築き上げていきます。

優柔不断は周りが困る

決断力がなく優柔不断であると、その事柄に関して周囲の人も振り回されてしまいます。

その人の判断1つで周りの動きが変わってしまうからです。

どのような形であれ、仕事をしている時には誰かとの関わりがありますよね。

そして、その関わりはお互いの動きによって立場が変わってきます。

ですから、どちらか一方が優柔不断な考えをしている場合、もう一方が決断を待たなくてはなりませんし、ビシネスの邪魔になります。

回りを困らせてしまうんですね。

誠実な人は、他人にかける迷惑のことも頭に入れているので、ここぞという時に判断することができるのです。

9.有言実行である

誠実な人は、一度約束したことは必ず守ります。

何に関しても有言実行するのです。

社会では、1度約束したことは絶対に守らなければなりません。

守れないと思うものは、発言してはいけないのです。

その約束を破ってしまうとそれまで積み上げてきた信頼が一気に崩れ、すぐには戻りません。

誠実な人はそのような社会的ルールをしっかり理解していますし、言葉だけで何も行動しない人がどんなに愚かであるかを知っています。

そのため、自分はそうならないように常に高い意識で自分を律しているのです。

すぐに計画して実践する

誠実な人は、何かに対して約束事が発生したときは、すぐに達成するためのスケジュールを組みます。

そして、すぐに実践するのです。

そうすることで途中で失敗になってしまってもすぐに軌道修正することが出来ますよね。

また、すぐに計画して実行するので仕事が終わるのが早いです。

納期よりも数日早く終わることなんてザラなんです。

何に関しても逆算し、今やるべきことをはっきりとさせているのです。

10.自分より相手のことを考える

誠実な人は、自分のことよりも相手のことを常に優先して考えています。

相手は今どのように感じたのか、相手はどうしてもらえたら嬉しいのか…などなど色々と思いをめぐらせているのです。

そのため「優しい人」という印象を受けることもあるのが誠実な人です。

そのような相手の立場に立って考えることが出来るからこそ、ビジネスにおいても斬新なアイディアを出せるのかもしれないですね。

自分を犠牲にしても約束は守る

誠実な人は、自分のスケジュールを犠牲にしてまでも誰かと交わした約束を守ります。

特に仕事面の約束はしっかり守ります。

仕事は、納期と約束事を一番にすることで成功し、信頼を得ることが出来ます。

また、それを守ることで先方や関わっている人に迷惑をかけることがないのです。

しかし、自分のプライベートな理由で約束を破ればその間にたくさんの人に迷惑をかけることになります。

仕事によってかけられる迷惑がどんなに困るのかを知っているので、きちんと約束を守るのですね。

普段から誠実な人の9個の特徴

 では、仕事ではなくプライベートな時から誠実な人はどのような特徴を持っているのでしょうか。

仕事をしているときは、誰もが誠実な人になろうとするでしょう。

なぜならば、その方がビジネスがうまくいきやすいからです。

しかし、仕事では誠実であってもプライベートになれば誠実ではない人も存在するのも事実です。

 ここでは、普段から誠実である人の特徴を9個ご紹介しています。

仕事の面において誠実でさらに普段から誠実な人であれば、それは本物の誠実な人であることになります。

心から誠実な人は、いったいどのような特徴をしているのでしょうか。

確認していきましょう。

1.同性に好かれている

誠実な人は、同姓から好かれている人が多いです。

反対に同姓から嫌われている人は、不誠実な人が多いですね。

同姓は異性とは違って、接する時間が多いはずです。

それは学生の頃から始まり、社会人になっても変わらないでしょう。

長い時間を一緒にすごしているからこそ、その人の本性を知っているものです。

いつも誠実であれば好かれますし、不誠実であれば友達はいなくなって当然ですよね。

信頼されている

同姓から好かれているということは、同姓から信頼されているということになります。

信頼していなければ、その人とコミュニケーションを取ろうとは思わないはずです。

あなただってそうではありませんか。

何かにつけて約束は破り、待ち合わせ時間も遅刻してくるような人とは、友達でいたくはないですよね。

いや、知り合いとしても認めたくない人もいるはずですよ。

2.周囲に配慮している

誠実な人は、いつであっても周囲の人の気持ちを考えて行動しています。

そのため、相手が傷つくような言葉を発しませんし、そのような行動もしません。

常に相手の立場になって、考え振舞うことが出来るのです。

相手のことを大切に思うからこそ出来ることですよね。

これが出来ない人は、自分中心の世界に住み、周囲の人は脇役としか思っていないのです。

そのため、乱暴な言葉や行動を起こしてしまうんですよね。

あなたはどちらの人になりたいですか。

周りの人の気持ちを考える

周囲の人の気持ちを考えて行動しているので、頭の中は常に思考だらけです。

しかし、そこまで意識しているというわけでもありません。

誠実な人は、自然に相手の立場になって考えることが出来るのです。

それはその方を育ててくれた保護者やご両親の方が優しい方だからかもしれませんし、その人自身がこれまでに嫌な思いを体験したことがあるからかもしれません。

どんなことがあったにせよ、相手の立場に立って考えられるというのはとてもすごいことなのです。

3.物を大切にする

誠実な人は、物をなんでも大切にします。

小さな頃から大切にしているものであったり、恋人から、家族から、友人からもらったものなどなんでも大切にします。

それは、その物をくれた人の気持ち、感謝の気持ち、そしてその物に愛を感じることが出来るからです。

そのため、なかなか物は壊れませんし、とても几帳面な印象を受けることもあります。

物に対する姿勢は人間関係にも表れる

そのように物を大切にするという姿勢は、人間関係にも現れるのです。

何かを大切にするのが当たり前になっているので、人間関係も大切にします。

もしも、何かの不幸でバラバラになってしまっても遠くからその当時の人間関係をいとおしく思っているものです。

人間関係を大切にする人って、どこか心が温かくて安心することができますよね。

誠実な人だからこそ、誠実な人のことも大切にするような誠実な人が集まるでしょう。

そして、その人間関係は長く続いていくのです。

4.何事も最後までやり遂げる

誠実な人は、やると決めたことは必ず最後までやり遂げます。

それは、やると決めた自分を裏切りたくも無いですし、その約束を交わした人にもがっかりな気持ちにさせたくないからです。

誠実な人が行う仕事の所作でもご紹介しましたが、納期の約束などと同じで決めたことは絶対に守るんですね。

そのように必ず約束を守ってくれる人は、なんだか安心して次の約束をすることができますよね。

苦手なことからも逃げない

そして、誠実な人はどんなに苦手なことからでも逃げようとしません。

もちろん逃げたくなる気持ちは抱えていますよ。

みんな同じ人間です。

苦手なことに対して、何かしらの恐怖を感じているかもしれません。

でも、決して逃げないんです。

そうやって苦手なこと・嫌なことから逃げずに向かっていく姿勢は、時としてとてもかっこよく見えます。

また、その行動によって誠実な人はまた成長しているのです。

知らず知らずのうちに自分の成長を止めないのが誠実な人なんですね。

5.以前の会話も覚えている

誠実な人は、昔話した会話の内容をしっかり覚えていてくれています。

時間が経ってから話をすると、以前話したことなど忘れてしまっている方が多いのではありませんか。

そうやって会話を忘れてしまうのは、会話の相手に興味を持っていないからなんです。

だから、内容を忘れてしまいます。

ひどいときなんてその人の名前を忘れてしまうなんてこともあるんですよ。

しかし、誠実な人は誰であっても興味を持ち会話をしています。

そのため、会話を覚えているんですね。

話をしっかり聞いている

それに誠実な人は、どのような状況であっても相手の話をしっかり聞いています。

目を見てじっくり聞いていることもあれば、耳だけ傾けて聞いています。

そして、話を聞きながら相手の立場になってどのようになっているのか解釈しているんです。

誠実な人とは、頭の回転が速い人のことをいうのかもしれないですね。

また、しっかり自分の話を聞いてくれていると感じることの出来る相手に対しては、誰でも好意を感じてしまうのです。

もしも、あなたはこれまでに誰かの会話をしっかり聞いていなかったのであれば、あいづちを打つなりして会話に集中してみてはいかがですか?意識して相手の話を聞くことで、あなたの印象は変わりますよ。

6.自分の信念をしっかり持っている

誠実な人は、自分の信念を持っています。

その信念があるので、誰かの指示に従ったり悪いことをしません。

その信念は、どこから来たかといいますとご両親や保護者からきたものかもしれませんし、大人になるにつれて気に入った思想かもしれません。

大人になるにつれて、私たちは様々な思想や書物に出会いますね。

そして、そこで心にピッタリくるものの信念を受け継いでいくのです。

とてもかっこよく完璧な人に見える誠実な人であっても、憧れの人や心に揺らがない信念を持っているんですよ。

いや、信念を持っているからこそ誠実な人になることができるのです。

返事や考えを曖昧にしない

誠実な人は、返事屋考えを曖昧にせずはっきりさせることを意識しています。

そのため、どんな時でもしっかりと自分の意見を述べてきます。

もしかしたら、そうやって自分の意見をしっかり述べられる人を苦手と思っている方もいるかもしれませんね。

誠実な人は、生き方に対しても言い訳をしたくないし、曖昧にしたくないんです。

だからこそ、一度決めたことは苦手なことでもやって通します。

それが基準であり、当たり前になっているんです。

誠実な人にとって、曖昧にすること自体がとても違和感を感じることなのです。

信念を持ち生きることは、悩んでいるときに背中を押してくれます。

また、心を強くしてくれて自分という軸が出来上がるのです。

信念を持っていてもその信念に従って生きるのは難しいものです。

しかし、自分の心の弱さに負けずに戦い続けることで、信念を貫き通し、誠実な人に成長してきたんですね。

7.人によって態度を変えない

誠実な人が仕事でしている所作の項目でもお伝えしましたね。

誠実な人は、相手がどのような立場であっても、どれくらいの年齢であっても差別せずに平等に接します。

それってとても簡単そうに見えて、とても難しいことなんです。

心に少しでもある世代をバカにしたり、ある宗教をバカにしたり…そうやって人をさげすむ心を持っていたとしましょう。

その人たちが目の前に現れてしまったら、他の人と同じように接することが出来ないのです。

なぜかといいますと、それがその人の信念にであり、正しいことだからなんですね。

でも誠実な人は、色眼鏡を使って人を判断しません。

みな平等に見ています。

だからこそ平等に接し、態度を変えないのです。

人によって態度を変える人って、もしかしたら裏で自分の悪口を言っているのではないかなんて考えたりして信用できないですよね。

もしも、あなたが人によって態度を変えているのであればやめましょう。

もしもあなたのよからぬ信念が邪魔するのであれば、それは捨てましょう。

人はみな平等です。

あなたはいつから権力者になり、いつから人を差別できるくらい偉い人になったのしょうか。

これを機にあなたの行動を見直してみるのも良いでしょう。

誰に対しても真剣に向き合う

誠実は人は誰に対しても真剣に向き合います。

そのため、相手も誠実に対応するようになるのです。

そのため、あまり問題ということはありません。

また、真剣に向き合うということは相手のことを良く見ていることになります。

その目線は、相手の立場に名って考える力を養う力にもなります。

そして、その誠意が相手に伝わることで”誠実な人”として認識されるようになるのです。

誠実なカラこそ相手に対して真剣に向き合うというよりは、誰とでも真剣に向き合うからこそ誠実な人になっていくのでしょう。

8.人が傷つくような嘘をつかない

誠実な人は、嘘をつきません。

嘘をつく場合は、相手に悲しい思いをさせないためにつく場合と自分を擁護するための2つがありますね。

誠実な人は、相手の気持ちなって考えることが出来るので相手を傷つけるようなことは言わないように、嘘をつくことがあります。

しかし、自分の非を隠すような嘘はつきません。

世の中では不倫や浮気のニュースが取り上げられていますが、本当に誠実な人であればそのような不倫・浮気もしないのです。

常識から外れるようなことをしないという信念を持っているからです。

反対に不誠実な人は、自分の非を守るために誰にも知らせないために嘘をつきます。

嘘に嘘を重ねて自分が苦しくなって自滅に繋がるのですが…。

そこまで頭が回らないんですね。

まぁ、相手を築けてしまうことであっても嘘をつくのは良いことではありません。

嘘は自分の心を苦しめる

嘘は自分の心を苦しめることだと、誠実な人を知っています。

そのため、嘘をつきません。

たしかに嘘をついていると自分を責め続けることになります。

まれに嘘をついても気にしないような人もいますが、誠実な人は客観的に自分を見つめることができているので気にしてしまいます。

誠実な人は、いわば一般的にみた”良い人”なんでしょうね。

9.悪口を言わない

誠実な人は、誰でも平等に接します。

でも人によっては、ちょっと良くない性格をしていることもありますよね。

ほとんどの人は、そのような人のことを非難し悪口を言ったりします。

しかし、誠実な人は悪口を言いません。

なぜならば、その人の個性として認めるからです。

その人の特徴として捉えています。

これってほとんどの人には出来ないことですよね。

悪口が頭に浮かばない

誠実な人は、誰かのことを「ここは治したほうがいいな」と感じることはあっても決して悪口が頭に浮かびません。

そのため、悪口をいうことがないのです。

また、悪口をいっている人たちの輪に入ることがありません。

その輪に入ることがあっても、その悪口を否定するかもしれませんね。

だって、彼らにとって悪口をいうのはそんなに楽しいことじゃないのですから。

まとめ

 今回は、誠実な人は仕事上でどのような所作をしているのか、また誠実な人の特徴をご紹介しました。

誠実な人は、生まれながらにしてそのような性質を持っていることもあります。

しかし、大半の誠実な人は、日々の生活での行動や人への接し方によってそうなっていくのです。

あなたは、誠実な人に憧れているかもしれませんね。

あなたでも十分に誠実な人に成ることが出来るのです。

今回ご紹介した誠実な人の特徴をあなたの生活に落とし込んでみましょう。

また、何に対しても愛をもって平等に接するように心がけてみましょう。

いつでもそのような行動をしておくことで、自然と誠実な人になることができますよ。

また、誠実であればここぞという時に味方に頼ることが出来ます。

いざとなったときに一人も頼れる人がいないような寂しい大人にならないように、自分をコントロールしていきましょう。