部活やサークル、会社などで時々OBや、OGといった言葉を耳にする機会があると思います。

自分がそこに所属する以前に所属していた、いわゆる先輩のような存在ですが、このOBと会って話をすることで、普段はあまり得られない所属場所の情報や、自分が知らなかったことなどを教えてもらえることがあります。

OBと会う時にはそれなりに敬意を払い、気を遣わなければなりませんが、その分自分にとってのメリットもたくさんあります。

普段は中々訪れないせっかくの機会ですから、なるべくたくさんの情報を得るためにも、OBとの上手な付き合い方を紹介します。

あなたもOB!OBの意味をおさえよう

部活やサークル、会社などの飲み会や懇親会がある時に、「今度の集まりにはOBも来るから」という状況になることはそう珍しくはないと思います。

OBが来るといった言葉は気軽に耳にすることですが、中々馴染みがない人では言われた直後に「OBってなに?」と思ってしまうでしょう。

そこで誰にも聞かずに当日を迎えてしまうと、集まりの時になって顔も知らない、会ったこともないような年上の人たちが何故か現場にいてさらに首を傾げる、なんてことになってしまいます。

何より、せっかくOBから貴重な情報を得られるかもしれないという機会を、みすみす見逃してしまうことになるのです。

興味のない人からすればOBの存在など、ただ気を遣うだけの面倒な存在に思えてしまうかもしれません。

しかしOBから自分が必要とする情報を聞き出して役に立てたいと考えている人は、この機会を決して逃しはしないでしょう。

OBを上手に自分のために活用するためにも、まずはOBの意味からしっかりとおさえておきましょう。

1. OBとは?

OBとは、現在学校や会社に所属している人から見た、卒業生や退職者のことを指します。

例えば自分が今高校生であれば、自分よりも前に同じ高校を卒業した人がOBとなります。

また、会社に勤めているのであれば、その会社を先に定年退職した人がOBです。

OBとなる相手は、学校やサークル、会社であっても大抵は「最後までそこに所属して、任期を終えた人」です。

学校を途中退学したり、会社を数年で辞めてしまったりしたような人のことは、基本的にはOBとはいいません。

OBは、あくまでもその所属場所に最後まで所属していた人に対して用いる言葉なのです。

そのためOBは正式名称を、「Old Boy」といいます。

直訳すれば「古い男の子」となりますが、自分にとっての「先輩」を意味しています。

また、OBの中には女性も含まれています。

近年では「OG(Old Girl)」という言葉もありますが、OBが男女どちらも指す言葉に対して、OGは女性の卒業生や定年退職者のみを指して用いられています。

2. 在校生から見た言い方

OBという言葉は、在校生から見た言い方です。

自分が今在校生であるのに対して、自分よりも先に同じ学校を卒業した先輩を指してOBという言葉を用います。

例えば在校生が同じ学校の卒業生と初めて会った時に、「あなたが私のOBなんですね」といったように用います。

また、OBの方から在校生に対して自己紹介をする時に、「私はきみのOBだよ」と言うこともあります。

「卒業生」という言い方を用いてももちろん問題はありませんが、「あなたのOBです」という表現方法を用いた方が、在校生も卒業生も親近感や親しみが湧きやすくなります。

OBという言葉の響きには、一瞬で相手と自分との距離を縮めて同じ仲間意識を芽生えさせる不思議な魅力があるのです。

3. 卒業生同士のつながり

OBは何も卒業生と在校生のみで関係しているわけではありません。

同じ学校を卒業した者同士であれば、OB同士ということになり自然と同窓会や学校の集まりなどで出会う機会が増えます。

FacebookなどのSNSが普及するようになってからは、プロフィールに母校を登録しておくと、自動で同じ学校出身者を探し出してくれるようになり、思わぬところから見知らぬ者同士が繋がりを持てるようにもなりました。

一見すると勤めている会社も住んでいる地域も、そして行っている活動や趣味や性格もバラバラの人たちが、同じ母校出身というだけで不思議なことに直ぐにお互いに親近感を覚えやすくなります。

それほど、同じ学校の出身ということはOB同士にとっては話のタネや親しみを覚えるようなことなのでしょう。

同じ学校のOBという繋がりから一気に輪が広がり、友人や知り合いが増えていくことも最近では珍しいことではありません。

4. サークルや部活の卒業生にも使われる

OBという言葉は、学校の卒業生のみでなく、サークルや部活動の卒業生にも使われます。

学校の卒業生となると規模が大きくなるため、共通点はあっても細かい話までは噛み合わないことがありますが、サークルや部活動のOBとなるとかなり制限されるため、互いの共通点もとても多いです。

同じサークルや部活動に所属していたということは、使っていた場所やサークルまたは部活動の内容、そして監督やコーチ、担当教師に関することのほとんどで話が合うため、短時間でとても話が弾みますし、初対面同士でも親しくなれます。

また、趣味や好きなことと同様に、サークルや部活動の思い出にもそこまで年齢の差はありません。

そのため、一回り近く年が離れているOBとでも怯むことなく対等に話が出来るため、積極性も増して会話を弾ませることが出来ます。

学校や会社のOBよりも狭い社会性での関わり合いになりますので、短期間の内にあっという間に親しくなることも可能です。

5. 会社を退職した人にも使われる

学校の卒業生や、サークル・部活動の卒業生以外にも、会社を退職した人にもOBという言葉は使われます。

先にも挙げたように、会社のOBともなると、定年まで働いてから退職した人が多いですが、さらに定年より早く退職した人でも、会社に貢献をもたらした人であれば堂々とOBと名乗っていることが多いです。

そのため、会社のOBの中には現在では成功して羽振りが良い人や、新しく事業を興して充実した仕事を送っている人も少なくはありません。

また、定年退職した後も会社の働きかけで、関係する会社の重役ポストに就いている人もいます。

学校や部活動のOBからも学ぶことは多いですが、自分が現在勤めている会社のOBと親しくなれば、直接自分の今後の昇進に関わるようなメリットを得られる可能性もあります。

反対に会社のOBに嫌われてしまうような失態を犯してしまうと、この先昇進のチャンス
が回ってこないことも現実としてあり得ますので、OBと接する時には十分な注意が必要とされます。

OB会に積極的に参加しよう

OB会は一年に一度、もしくは数年に一度の間隔で開かれていることが多いです。

OB同士がとても仲が良く、頻繁に集まれるような場合には半年に一度程度の期間で集まることもあります。

しかし一般的には、多くても一年に一度どこかで集まりを開くということが多いです。

そのほとんどは飲み会や食事を介して集まります。

同じ学校の出身者や同じサークルか部活動の出身者、または会社のOBが知り合いを誘って開くことがほとんどなので、新しくOB会に参加する人は顔見知りがいないことも珍しくはありません。

賢い人はOB会を利用して自分の地位を高めたり、将来への基盤を確実なものにさせたりします。

OB会はある意味で表面上の社交的な交流の場でもありますので、興味がない人にとっては参加する価値のない集まりかもしれません。

しかし、自分のこの先の人生をもっとより良いものにしていきたいという強い願望がある人ほど、ここぞという時にOB会に参加してチャンスを手にします。

OB会に参加することで実際に様々なメリットを得ることが出来ますので、出来る限りOB会には参加するように心がけましょう。

1. 学校のOB会が存在している場合が多い

OB会で最も多いのは、学校のOB会の集まりです。

一年~数年に一度家にOB会のお知らせのはがきが届く形が一般的です。

大半の人は恐らく関心もなく、届いたはがきを処分してしまいます。

しかし、学校に思い入れがある人や恩師に会いたい人、当時の友人が多い人などではOB会に参加することも少なくはありません。

特にOB会には教師のほとんどが参加していますので、一目先生の顔を見たいという理由で足を運ぶ人もいることでしょう。

OB会へ参加すると、学校に対する寄附が求められたりもしますがそれはご愛敬です。

OB会を利用して少しでも自分にメリットがあることを手に入れたいと望む人は、積極的にOB会に参加することが多いです。

思い出話に浸るも良し、またはこの先の人生を豊かにするために参加するのも良しで、どんな理由でも良いのでせっかくの機会を無駄にしないようにしましょう。

2. OB会に参加する利点

OB会に参加する利点はたくさんあります。

人付き合いが苦手な人や大勢の空間が苦手な人、または知らない人に囲まれて孤独を感じるのが嫌な人はまずOB会には参加しないことが多いですが、そうすることでもしかしたらせっかく自分が手に入れていたかもしれない大きなチャンスを逃すことになります。

情報収集の面でもそうですし、もしかしたら自分が好きなことや関心があることについて関係している人に出会えていたかもしれません。

OB会にはそれだけの大きな可能性が隠れていることも多いのです。

OB会の利点を知っている人は、わざわざ説明するまでもなく自分から進んで参加しているでしょう。

しかし、利点を知らない人にはOB会に一体どのような利点があるのかを詳しくご紹介していきます。

1. 人脈が広がる

OB会では、人脈が広がる可能性があります。

同じ学校の卒業生とはいっても、年齢や立場や社会的な地位はそれぞれにまったく異なっています。

そのため、たまたまOB会で意気投合した2人の内、1人は平凡なサラリーマンでも、もう1人は大富豪の社長という可能性だってあるのです。

どこでどんな人脈と繋がっているのが分からないのがOB会ですし、またOB会を利用してそれまでよりも人脈をかなり広げることも可能です。

ある程度のコミュニケーション能力や人懐こさ、そして他人を持ち上げて気分を良くさせるなどのスキルがあれば、誰でも人脈を効果的に広げることが出来ます。

例え自分の肩書きがたいしたことがなくても構いません。

相手を上手に気持ちよくさせて、自分と関わらせることさえ出来れば、その後の自分の可能性もどんどん広がっていきます。

仕事で成功したいと考えている人や、とにかく人脈を繋げていきたいという人にとってOB会はまたとないチャンスでもあります。

しっかりと利用して自分のメリットに繋げていきたいものですね。

2. 先輩が仕事を紹介してくれることがある

学校のOBとはいっても、つい最近卒業したばかりの人もいれば、もう何十年も前に学校を卒業した人もいます。

学校を卒業してまだ間もない内からOB会に参加しておくと、かなり年配のOBとも知り合う機会を得られます。

年若いOBはさらに先輩のOBからも可愛がられやすく、また気に入ってもらえれば何かと目をかけてもらうことも出来ます。

ある程度年配のOBになると会社を経営している人や、重役になっている人もいますので、そういった人たちに上手く取り入ることが出来れば、良い仕事を紹介してもらえる可能性もあります。

特に就職活動の時期が近付いてきた人は、ハローワークや学校の就職課に行くことも大切ですが、たまにはOB会にも参加してみましょう。

足を延ばした先では、実際に現場で仕事をしている人たちと直接関わり合えるチャンスがいくつも転がっています。

3. 学校の新旧の情報を交換できる

同じ学校の卒業生というだけあり、OB会では母校について様々な情報交換を行うことが出来ます。

最近卒業したOBにとっては、古株のOBから聞く昔の学校の体制や情報は、なかなか新鮮で興味深いものがあるかもしれません。

また、古株のOBからすれば、最近の学校の変化について詳しく情報を得ることが出来るため、もう何年も学校に足を運んでいなくても、なんとなく事情を把握しておくことが出来ます。

学校の先生がいつからいつまでいるのかという話や、先生についての情報交換も行うことが出来ます。

自分の母校の中でも、知らない情報を手にすることも出来ますので、そういった意味でもたまにはOB会に足を運んでみるのも良いかもしれませんね。