CoCoSiA(ココシア)

イケメンじゃなくても簡単にモテる方...(続き6)

あなたがモテたいと思っている女子も恋愛に少なからず臆病であることは確実なため、自分から女子との関係を引っ張っていく勇気と、女子を安心させる優しさを心がけてみてください。

最後に、モテる男の条件まとめ


モテる男の条件について、いくつかポイントをご紹介しました。

特に重要な特徴をまとめておきます。

まずは、「自信をもつ」ということ。

女性は自信のある男性に魅力を感じます。

仕事や見た目にこだわってくださいね!続いて、「女性への気遣い」ができるようになりましょう。

気遣いができる男性は、優しい男性として女性からの評価が高くなります。

「怒りをコントロールする」こちらもモテるには大事なポイントです。

女性は自制心のある男性に惹かれます。

「分け隔てなく人と付き合う」このポイントを持っている男性は、女性からはもちろん、男性からも好かれますね!「おしゃれに気をつけすぎない」過剰なおしゃれは女性を萎縮させてしまいます。

「自分の悲には素直に」自分の非を認められない大人は意外に多いものですが、それでは女性からはモテません。

「人と毎日会う」これはモテるために一番重要なことかもしれません。

人というのは、恋愛感情をもつ女性だけでなく、様々に人会う、という意味。

人との出会いは自分の成長に繋がります。

もちろん、モテたければ、恋愛対象となる女性に会わないことには話になりませんね!

逆に嫌われるのはこんな男性!やらないように注意しよう!

オラ付いている


若い男性に多い特徴ですが、「かっこよさ」や「自分のプライド」を意識するあまり、周囲に敵意をむき出しにする男性が稀にいます。

ファッションもその敵意を表現しているかのように、”強面”なスタイルで、眩しくもないのにサングラスをかけたり、”恐い人”をマネているかのような金のネックレスなど。

女性の中にはこうした男性が好みの人もいないわけではないですが、多くの女性は苦手です、モテたいのなら避けたい特徴ですね。

偉そう


体つきや体力などで女性に勝ることが多い男性は、油断すると偉そうに振舞ってしまいがちです。

また、性別の傾向として女性よりと大雑把で大胆なことが多い男性は、意図していなくても言動が偉そうになるもの。

しかし、偉そうな男性はモテません。

一昔前であれば偉そうな態度も、”男らしい”と賞賛されたのかもしれませんが、今は時代が違いますね。

今の女性が好む男性は、男女平等に振舞える人、むしろレディーファーストの精神を持っている人なのです。

イキってる


イキっているというのは言い換えると、調子に乗っているということ。

自分の度量や才能に見合った調子の乗り方であれば、それは魅力的に映るものですが、イキっていると言われてしまう人は、自分のキャパを超えた調子の乗り方をしています。

例えば、家族に借りた車や装飾品で自分を飾り立てたり、人の迷惑になるほど騒いだり。

心当たりのある人はなるべく早くやめましょう。

自分に自信がなくてナヨナヨしている


今であげた特徴とは正反対の特徴ですが、自分に自信がなくてナヨっとしている男性は一番モテません。

先住の通り、自分に自信のある人は、見た目から言動まで魅力に溢れているものですが、自信なさげに弱々しく小さくなっている男性に、好意を抱く女性はあまりいないのです。

笑顔を見せてくれない


こちらの特徴も、一昔前であれば、頑なで無愛想な部分を”男らしい”と賞賛し、好きになってくれる女性が少なからずいたのかもしれませんが、今の女性は、社交的でいつも笑顔でいてくれる男性を好みます。

付き合うなら面白い人、結婚するなら優しい人、というように、どちらのタイプにおいても笑顔は絶対に必要な要素なのです。

【芸能界一モテる男】火野正平の生き様


「元祖プレイボーイ」なんて不名誉なニックネームを持つ、俳優の火野正平さん。

芸名の名付け親はあの池波正太郎先生という、なかなか変わったエピソードもありますが、実はこの人、もんのすごいモテ男なんです。

内縁の奥様とは35年間暮らしながら、籍を入れていません。

もう成人済みの娘さんが二人いますが、その籍は入ってないんです。

社会の枠組みにはまらない、一言で表現すれば「アウトロー」そんな生き様を、体言なさっています。

決してイケメンではない


66歳というお年も合ってシワはありますし、けして「美形」という顔立ちではありません。

おまけに、髪の毛はないんです。

ツルツル頭を隠す為にいつも帽子をかぶっているのだとか。

仕事もほぼ脇役


また、主演をバンバン張るタイプの俳優さんでもないので、仕事は脇役が多いです。