皆さん、「確信犯」という言葉は日頃からよく聞くと思いますが、どんな場面で使っていますか?おそらく多くの人が「いけないとわかっているのにあえてやる」のような意味合いで使っていると思います。

しかし、実はこれは「確信犯」の正しい使い方ではないのです。

「え?違うの?」と思った人も多いと思いますので、「確信犯」の正しい使い方、さらに他にも間違って使いやすい日本語について書いていこうと思います。

正しい日本語について一緒に勉強していきましょう。

「確信犯」、正しく使っていますか?

言葉というのは日々進化していて、昔は使われていなかった言葉が今は当たり前のように使われていたりします。

しかし、日本語とは難しいもので、広く浸透している日本語が本来の意味と全く違う意味合いで使われていることも多いです。

今回はそんな言葉の中でも間違って使われていることがかなり多いと思われる「確信犯」について考えていきます。

1. 多くの人が使う確信犯の意味を考えてみよう


初めにも書いたように、多くの人は「確信犯」を「悪いとわかっているけれどやる」「いいことではないと理解しているのに行動する」のような意味で使っているのではないですか?しかし、本来の「確信犯」の意味は、これとは大きく異なります。

1. 悪いと分かっていつつ行動すること

筆者が「こいつ、確信犯だわ・・・」とたびたび思って使っていたのが、飲み会などで同席したブリッ子ちゃんが、イケメンに近づきたいときに、「この子(筆者)は男の人と話すの得意ですけど~、私なんて男の人に相手にもされないんで慣れてないんですよぉ~」と上目づかいで話していたときなどです。

現実は、筆者は男性恐怖症なところもあり、飲み会も人数が足りないからとブリッ子ちゃんに引っ張って行かれただけで、男性と交際したことすらない化石女子でした。

逆にブリッ子ちゃんは男性にちやほやされるのが好きで、男性関係で負けるのが大嫌いな女の子。

それなのに、ブリッ子ちゃんが男性に向かってこんなことを言えば、筆者の印象は男慣れした女と思われてダダ下がり、逆にブリッ子ちゃんは男性に慣れていない初々しい可愛い女の子として映るじゃないですか。

でももちろんですが、これはブリッ子ちゃんが「筆者の印象サゲ☆私の可愛さアゲ☆」とわかって言ってることであって、こういった場合に「こいつ、確信犯や・・・」と筆者は使っていたんですね。

しかし、このような使い方が実は間違っていたと知って、筆者も驚いた次第です。

2. 確信犯の本当の意味


「確信犯」は本来「確信犯罪」の意味で、犯罪行為を指します。

「確信した犯罪」ならば、先ほどから書いているように「悪いとわかっていて悪いことをする」で正しいように思いますが、これがまったく違っています。

正しい「確信犯」は、「自分は正しいのだと信じて行う犯罪」という意味です。

ここからは、さらにわかりやすく説明していきますね。

1. 正しいと分かっていて行動すること

例えば「こんなことをすれば相手がけがをするし、かわいそうだけど・・・」と思いながら暴力をふるうのは、「悪いと思いながら」の犯罪です。

しかし「確信犯」は、「アイツは悪い奴だから暴力をふるってもいいんだ」と、自分は悪いことをしているわけではない、と思いながらの暴力のことです。

間違って使われがちな「確信犯」との違いが分かっていただけたでしょうか?相手がどうなろうと、悪い立場になろうと、痛い思いをしようと、一切悪いと思わない。

自分は間違っていない。

そう思って起こす行動を「確信犯」というのですね。

2. 自分の行動が法律よりも正しいと信じて行動すること

上記にもあるように、「自分は間違っていない」と思って起こす行動が「確信犯」です。

法律よりも正しいというとわかりにくいですが、「誰でもいいから襲ってやろう。

けがをする人が出るけど仕方ないよね。

自分が罪に問われるのはわかっているけどいいんだ」と思って起こす行動は、「確信犯」とは違います。

「自分の大事な人を傷つけたアイツは最低の人間だ。

だから自分がアイツに仕返しをするのは間違っていない」と思って起こす行動が正しい「確信犯」の使い方だと言えるのです。

3. 思想信条が影響している場合が多い

「確信犯」には、思想や信条が絡むことも多いです。

大きな宗教団体がサリンを使い、複数の死者を出すほどの事件を起こしたことは皆さんの記憶にもあると思いますが、これを実行した犯人たちも、おそらくは「教祖が言うことが絶対なんだ。

自分たちは間違った行動はしていない」と思い、実行したのだと思います。

サリンのような猛毒の薬品を使えば危険なことは誰にでもわかりますし、無差別に襲うことも当たり前ですがいけないことです。

それでも、犯人たちは「こんなことやってもいいのかな。

命を脅かす危険があるのにいいのだろうか」と躊躇したかというと、それはないと思います。

自分が崇拝する教祖が言うのだから、自分たちの行動は正しいのだ。

そう思っての行動です。

まさしくこれが「確信犯」です。

4. 法律や社会常識を犯しても構わない

「自分が正しいと信じて行動する」の所でも書きましたが、単に罪を犯すのではなく、自分は間違っていないと信じて起こす犯罪が「確信犯」です。

身内の敵討ちなどが当てはまるのではないでしょうか。

これもわかりやすく例えてみますが、筆者が「むしゃくしゃしているから誰かを襲ってやろう。

悪いことだとは思うけれどむしゃくしゃしているから仕方がないんだ」と思って人を襲うのは「確信犯」とは言えません。

逆に、「娘をひどい目に遭わせた犯人を許すことができない。

あの犯人に、母親である自分が復讐することは間違っていない。

娘にひどいことをした人間は酷い目に遭って当然だ」と思い、犯人を襲うのが「確信犯」と言えるのです。

3. 「故意犯」とはどう違う?

それでは、似たような意味で使われる「故意犯」と「確信犯」はどう違うのでしょうか。

「故意」というのは「わざと」とか「悪いとわかっているけれど」のようなニュアンスの言葉ですね。

ですので「故意犯」は「悪いとわかっているけれど起こす行為」という意味でしょうか。

ということは、日ごろ間違って使われている「確信犯」の意味をあらわすのが「故意犯」だと言えるでしょう。

先ほど書いた、飲み会でのブリッ子ちゃんの行動がまさに「故意犯」なわけです。

「こんな発言をすれば相手を貶めるとわかっていて、あえて言う」のが「故意犯」ということになります。

「わざと、相手に不利になると理解しているのに発言する」のが「故意犯」で、「自分は間違ったことは言っていない」と信じて発言、行動するのが「確信犯」です。

似ているようで違う意味のこの言葉。

違いが分かっていただけましたか?

4. 正しく使っている日本人は半分以下

このように、「確信犯」という言葉は、ほとんどの日本人が間違った意味で使っていると思われます。

かくいう筆者もそのうちの一人でした。

これからは、ブリッ子ちゃんのような女を「故意犯」だ、自分は正しいと思って起こす行為を「確信犯」だと、正しく使い分けるようにしようと思います。

5. 正しい使い方の例文

「確信犯」と「故意犯」の違いが分かったところで、改めて「確信犯」の正しい使い方を例文で見ていきます。

「自分は正しいと信じて行う犯罪」が「確信犯」ですよ。

1. 分かりやすくイメージするには「テロリスト」

正しい犯罪なんてないと思うので想像が難しいですが、「確信犯」という言葉を使う上でイメージしやすいのは「テロリスト」ですね。

現在も世界のあちらこちらで凶悪なテロ活動が行われていますが、テロリストが人を巻き込むのに「けが人が出るかもしれないのは申し訳ない」「できれば多くの人を巻き込みたくない」などと思うでしょうか?思いませんよね。

自分の信条や思想が正しいという思いからの行動であって、人に申し訳ないなどとは微塵も思いません。

こういったテロ活動を行うテロリストの犯罪が「確信犯」と表現できると思います。

お金と引き換えに何らかの犯罪をする人は、「お金はほしいけれど、そのせいで誰かを傷つけるのは、本当は嫌だ」と思いながら行動するでしょう。

これは、「確信犯」ではない。

過激な思想を掲げたテロリストが、「神は偉大なり」と叫びながら人ごみの中で自爆テロを起こす。

これは「確信犯」。

こんな感じで使います。

2. 「テロリストの行動は確信犯だ」

つまり、筆者が使っていたような「ブリッ子ちゃんが私を陥れるために嘘をつく女」を「確信犯だ」というのは間違いで、「テロリストの行動は確信犯だ」が正しい使い方です。

悪意をもって嘘をつくなどの場合や、不本意ながら行う犯罪などには「確信犯」は使えませんので覚えておきましょう。

確信犯を犯す人の特徴

繰り返して「確信犯」の意味を書いてきましたので、ここからは「自分は正しいと信じて行動(犯罪)をする」、つまり「確信犯」を犯す人にはどんな人がいるのか見ていきたいと思います。

1. 不倫・浮気体質の人

これは偏見もあるかもしれませんが(過去の痛い経験も踏まえています)、不倫や浮気をする人には罪悪感というものがありません!!なぜなら、「奥さんや彼女は大事だけど、浮気相手のことも大事なんだもん。

どちらもちゃんと好きだから、どちらにも本気だし」と開き直れるからです!!(あくまで筆者の偏見が混じっています。

笑)と、ここまで言い切るのは多少大げさかもしれませんが、不倫や浮気が「一度きりの過ち」ではなく、「何度も繰り返す体質の人」は間違いなく「確信犯」です。

パートナーはいるけれど、好きになってしまったんだもん。

出会う順番が違っただけだもん。

という具合に、自分は間違っていない、自分は本能のままに恋しているだけだ、正しいじゃないか、と思うからです。

自分は何も間違っていないと思いながら不倫や浮気をしているというのは、悪いと思いながらコソコソ行動している、ではないわけですよね。

そういうわけで、不倫や浮気を繰り返す体質の人に「確信犯」という言葉を使えるということになります。

2. 社会的倫理観が欠如している人

社会には、守るべき決まりや、いちいち口にはしなくても「当たり前」だと思われていることなど、いわゆる「社会的倫理」が存在します。

人の悪口は言ってはいけないし、お店のものを盗んでもいけません。

生きていく中で、こういった「常識」めいたものを覚えながら学んでいくわけです。

しかし、こういった「社会的倫理感」が欠如している人は、「確信犯」を犯しやすいと言えます。

人の悪口を言うときに、「なんで?実際アイツ最低じゃん」と思いながら言っている人は、悪口を言っている相手に「悪いなぁ」という感情は持っていません。

お店のものを盗んだ人が「おなかがすいてるけれどお金がないのだから盗りました」と悪びれていなかったら、これも「確信犯」です。

普通に考えて、それはいけないよ、それはマナー違反だよ、と思うことが、自分の中から欠如している人は、「確信犯」を犯しやすいと言えます。

3. 自分が世界の中心にいると思っている人

先ほど書いた、筆者の友人のブリッ子ちゃんは、計算づくでのブリッ子ちゃんだったので「故意犯」が当てはまるのですが、本当に天然の子は「確信犯」を犯しやすいです。

自分は誰よりもかわいくて、誰からも好かれていて、何をするにも優先されるべきだ、と心から思っている人は、悪意なく悪事を働きます。

男子の前で、女友達のことを「こんな子のどこがいいの?ブサイクだし頭も悪いし」などと言って女友達を泣かせても、「え~?本当のことを言っただけなのに何で泣くわけぇ~?」となります。

この場合は、ブリッ子ちゃんが筆者を貶めようと悪口を言った「故意犯」ではなく、あくまで「自分は間違ったことは言っていない、友達のありのままを言っただけだ」としか思っていないので「確信犯」と言えますね。

と言っても、こんな天然ちゃんは「悪口を言った」という自覚すらないので「それ、確信犯だよね」と言っても意味が通じません。

「テスト前なのにプリント貰うの忘れちゃった~。

だからあの子のプリント借りてきてよ♪」みたいなことも平気でやります。

プリントを取られた方は迷惑極まりないのに、天然ちゃんは悪気がない。

いつも自分が世界の中心ですからね。

こういう「私が世界の中心で、私が世界の法律なの♪」的な人には嫌な思いをさせられそうなので、気を付けたいですね。

あ、「確信犯」についての記事だったのに脱線してしまいました・・・。

4. 猪突猛進型の人

筆者もやや当てはまるのですが、猪突猛進型の人も「確信犯」を犯しやすいです。