やはり、生まれた以上、人には必ず誕生日があります。

皆さんの誕生日は何月ですか?

その生まれつきごとに誕生石があるということもご存知でしょうか?

女性の方でしたらそういうのが好きな方も多いと思いますが、男性は誕生石と言うものがあると分かりつつも、あまり興味がないと言う人も多いかもしれませんね。

(もちろんこちらも個人差があるので一概には言えませんが…。)

今回は著者の誕生月でもある、6月の誕生石についていろいろと取り上げていきたいと思います。

6月の誕生石にはどのようなものがあるのでしょうか?

6月生まれの性格

よく誕生月ごとに、性格が分かれて生活し診断があるというのもありますよね。

「生まれ月でそんな性格わかるなんてあるの?」と思ってしまいますが、その時の気候によって若干の影響が出てくるといます。

日本だとあまり思い付かないかもしれませんが、極端な例で見てみると、雪国と南国では若干性格が違う傾向が認められています。

例えばですが、雪国だと、食べ物がいつでもそう簡単に取ることができない傾向にあることから、雪国出身者の寒い国の方々は、とても勤勉な方が多いです。

短い夏の間に食べ物を獲得しておかないと冬を越すことができないためです。

その一方で、南国の方は、常夏状態で釣った食べ物がある状態ですので、このような言い方は良くないかもしれませんがそこまで勤勉なタイプな方は多くなく、楽天的で明るい方が多いようです。

とあるブログを見ていても、一人の同じ人間であっても、寒い国に住むか暖かい国に住むかで若干性格が変わるようで、暖かい国に住みながら寒い国に住んでいたときの日記を読み返すと「暗いなー。」と思ったとか…。

このように、気候は正確に若干の影響及ぼします。

ですので、誕生日ごとに性格が分かれると言うのももしかしたら科学的根拠もそこそこあるのかもしれません。

日本で6月と言うと梅雨時です。

そのような梅雨の時だからこその性格の傾向というのはあるのでしょうか?

明るい性格と快活な精神である

梅雨時というとじめじめしていることから、性格的な面ではもうそこまで明るくない人が多いのかと思いきや、案外、6月生まれの方は明るく快活な人が多いようです。

あくまで傾向ですので、残念ながら著者はかなり快活では無い一面を自分でも認めています。

ただ、あまりくよくよしないところがあるかもしれないなと思います。

昔は結構悩んだものですが、年齢を重ねるにつれ、だんだんとそのような呑気さと言うとか厚かましさが出てきたように思います。

例えばですが、検診の時に検査技師さんが一瞬「んっ?」と言って、首をかしげた時は少々不安になりましたが、「今不安になっても仕方がない!」と割り切ることができました。

もしかしたら6月生まれの明るさと言うのは、そのような割り切りの良さというのもあるのかもしれませんね。

飽きっぽい性格である

こちらは著者にも当てはまります。

基本的に飽きっぽい性格で何でも長続きしません。

特に著者に限って言うと植物を育てるにはあまり適しておらず、大体は水やりを忘れてからせてしまうのが通常です。

確かに、1つのことを長く続けるというのも非常に魅力的ではあるものの、飽きっぽい性格と言うのも決して悪くはないと思っています。

やはり、いろいろなことに首を突っ込み、いろいろな経験を隈なくできるのはそこまで悪くはないです。

その中で、「これは!」と思うものを極めていくと言うのも悪くないのです。

ですので、飽きっぽいのもそれが悪いわけではないと言うことです。

感性が鋭い

こちらもやはり人それぞれですので皆がそうだとは限りませんが、感性が鋭いところがあるようです。

やはり、日本の梅雨時と言うと、湿っぽいイメージもありますが、雨がしたたり落ちる感じが非常に情緒的で感性を刺激するものがあると言うことでしょうか?

他の6月生まれの皆さんは感性が鋭いと思われますか?
感性が鋭いと言うのは、人の気持ちはよくわかると言うことですし、それは決して悪いことではありません。

もしかしたら芸術の分野で成功することもあるのかもしれませんし、いろいろな可能性を秘めていますよね。

真珠とは

真珠は、アコヤガイの中にある球場のものはいます。

ですが、必ず球状のものであるとは限らず、色々と不定期な形のものもあるようです。

あまりアクセサリーに詳しくない方でも、テレビなどでアコヤ貝の真珠については見たことがあるのではないのでしょうか?

こちらは、アクセサリーとしても非常にメジャーで、冠婚葬祭でもよく使われています。

ですので、多くの方が一度は真珠を身に着けたり、身に着けている人を見たことがあるのではないでしょうか?それ程に非常になじみがあるアクセサリーです。

ですので、もしかしたら梅雨に親御さんから譲り受けて、真珠のネックレスを持っている人もいるのではないのでしょうか?

生命が作り出した神秘

こう言っては大変難ですが、アコヤ貝と言うと、ただの貝ですよね。

そんなただの貝から、あんなに美しい宝石が出てくるのです。

そのような点に生命が作り出した神秘を感じ出さずにはいられません。

自然はとても奥が深いです。

確かに弱肉強食で厳しい一面もありますが、その代わりこのような美しい一面もあるのです。

そんな、神秘的な会も、6月の誕生石として軒を連ねています。

非常にメジャーな宝石ですし、そのような神秘的な宝石が誕生石と言うのは、6月までの女性にとっても嬉しいですよね。

真珠の宝石言葉

パールの石には「健康・無垢・長寿・富・純潔・円満・完成」と言う意味が込められています。

冠婚葬祭としても非常に役立つ真珠ですので、このような意味が込められていたということがわかると、そこにも納得がいきますね。

健康や富など、私たちの生活にあって欲しいものであったり、無垢純真など私たちの精神状態にあって欲しいものなどが欲しい言葉として込められているようです。

このような宝石言葉があるとのことでしたら、6月生まれの女性のプレゼントとしても非常に最適ですね。

真珠のカラー

真珠と言うと、ただあのオフホワイトだけをイメージしてしまいますが、本当にカラーはバリエーション豊かです。

具体例を挙げると、ピンク(赤)、ホワイト、クリーム、ゴールド、ブルー、シルバー、ブラック、グリーン系などがあります。

ですので、もしプレゼントをされるとしたら、お好みの色をプレゼントすることも可能です。

ただ、もし、冠婚葬祭の時につけるものをと言うことであれば、もちろん白にしておく方が無難な事は言うまでもありません。

ですが、普段遣いのアクセサリーであれば、そのようなバリエーション豊かなカラーの中から選ぶのもいいかもしれませんね。

真珠の効果

宝石は、ただ漠然とつけておしゃれを楽しむだけとばかりに思ってしまいますが、意外にも真珠にも効果があると言うのです。

こちらは著者も知らなかったので少し驚きました。

では、真珠の持つ効果と一体どのようなものなのでしょうか?

真珠自体に込められた効果についても色々と見ていきましょう。

困難を乗り越えられる

真珠をつけていると困難を乗り越えられると言うのです。

これには正直驚きました。

そんなふうに意識をしてアクセサリーを選んだこともなければ、つけたことがなかったからです。

ですが、真珠をつけることでこのような効果があるのであれば、試してみたい気もします。

また、病は気からではありませんが、真珠をつけている事で困難を乗り越える底力が出るのであれば、困難に立ち向かわなければいけない時にゲン担ぎとして真珠のアクセサリーをして挑むのも良いのかもしれませんね。

もしプレゼントするときはそのような意味合いの説明をしてあげると、プレゼントされる側もそのような願掛けをしながらのアクセサリ着用ができるでしょう。

若さと美しさを保つ

また真珠には若さと美しさを保つという効果もあるそうです。

若さと美しさは女性の永遠のテーマです。

確かに、老いには逆らえませんし、よほど気をつけていないと年齢を重ねた上での美しさを保つのも大変になってきます。

ですので、真珠を身に着けることによってこの若さと美しさを保つことができるのであれば、その願いをアクセサリーのプレゼントに託すのも良いのかもしれませんね。

多くの女性は美しさに大変敏感です。

ですので、そのような宝石言葉や効果を願いを込めたプレゼントしてあげるのも良いでしょう。

アクセサリーのプレゼントにそのような効果があるのを教えるのも良いのかもしれませんね。

女子力を高める

また、アクセサリー全体に言えるのかもしれませんが、そのような宝石をつけることで女子力を高めることができます。

やはり、アクセサリーをしていなくても女性であることには変わりないかもしれませんが、アクセサリーをすることでしていないより女性らしくなります。

そして、それが信じてやればいいように子じゃない宝石であるがもちろんですがいろいろな色もありますし、いろいろなデザインの宝石もありますので、よりいっそう女子力を高めるのに効果があります。

ですので、6月生まれの女性にそのようなプレゼントするのも非常に最適ですね。

真珠の歴史

感覚的にもかなり昔から親しまれているように思いますが、そう皆さんが感じるだけあって当然歴史も長いです。

例えばですが、日本人は昔ハワイのことを真珠湾と言いました。

ですので、昔から真珠は認知されていたのです。

では、その真珠の歴史について色々と紐解いていきましょう。

ココシャネルが最も愛した宝石である

真珠はココシャネルが最も愛した宝石だと言われています。

皆さんはココシャネルという方がどなたかご存知ですか?

20世紀を代表するデザイナーと言われ、あの非常に有名な「シャネル」というブランド確立したデザイナーです。

シャネルと言うと、ブランド物として非常に有名なためデザインにそこまで詳しくないような方でもご存知の方は多いのではないのでしょうか?

今、モデルさんが非常に痩せている人がもてはやされる風潮には、彼女が関係したと言われています。

シャネルのデザインは、彼女がやせ形であったために細身の方が多くモデルとして採用されていたために、「モデル=痩せている」という風潮が確立したと言われています。

それ程にモデル界に大きな影響を及ぼした彼女ですが、その彼女が愛した宝石が真珠でした。

そのような関係性もあり、シャネルのブランドには真珠を使ったものも多いです。

真珠のえくぼとは

皆さんは真珠のえくぼとは何かご存知ですか?

著者も初めて知りましたが、なんと真珠のえくぼと言うのは真珠が成長する過程でできた傷のことを言うそうです。

確かに、人間も全く傷を起こさなく成長するルート少々難しいものがあります。

ですので、そのような傷があるのは天然物の証とも言えるようです。

私たちはついつい、傷が全くないものを選びがちですが、やはり自然のものである以上傷があるのは全く不思議な事ではありません。

真珠のえくぼという成長過程でついた傷とはまた別に、下降の段階で付いた傷もあります。

ですので、もし真珠の宝石を買われるときは、ここに傷があるのだったら目立たないから大丈夫だと思えるような箇所にあるものを選ぶのが正解だと言われています。

ですので、全く傷がない真珠というものはなく、真珠のえくぼもあるという事は頭に入れておきましょう。

また、加工途中で出来た傷もついものもあるようです。

著者も、ついつい宝石は無傷のものが良いと思っていましたが、そうはいかないこともわかって勉強になりました。

真珠はどのように作られるか

では、真珠はどのような過程で作られているのでしょうか?
私たちの勝手なイメージとしては、海女さんが海に潜って、海の底にいるようなアコヤ貝をとってきて、そこから真珠を取るようなイメージがあります。

確かに昔はこのようになされていたようですが、アコヤ貝の減少や、その海女さん自体が減ったことによって、そのような天然物を取るようなことが減ってきたようです。

そのかわりに増えてきたのが、人工的な養殖です。

人工的に真珠が取れるような状態にすると言うのです。

気になるこの製造過程ですが、まずは、母貝になるアコヤ貝を探してくることから始まります。

この母貝を選ぶ方法としても、中ができるだけきれいな貝を選ぶなどの工夫がなされています。

そしてその母貝が選ばれたら、アコヤ貝の生態をメスとオスは別ですので、メスとオスに分けます。

ですので、初めはメスとオス同体なのですが、大人の貝になるとメストオスが分かれるようです。

そして、卵子を取り出し、交配をすることで貝の子供を作り出します。

そして、孵化が始まってから大体15日から25日位で浮遊しているような状態から、定住状態に入ると言われています。

そこから、あこや貝を育てていくわけです。

育て方はかごに入れられたあこや貝を筏に吊るしてそれをつりさげるのです。

その期間は約2年間で、ただ放置をすればそれで良しというわけにはいかず、貝の清掃や海には避けられない赤潮、台風などの災害から守るのです。

そしてまた母貝になるものを探すということを繰り返します。

真珠のお手入れ方法

真珠と言うと、メジャーな宝石であるが故に、ついつい管理も適当になりがちです。

それほどに丈夫なものかと思ってしまいがちですが、意外にも真珠はデリケートです。

まず、汗や皮脂に大変弱いところがあります。

ですので、着用した後はすぐに布で拭くことが重要になります。

また、ジュースなどの液体にも弱いですので、濡れたら即拭くようにしてください。

そうでないと、変色や変形の原因になってしまっています。

また、こちらも大変意外だったのですが、アクセサリーだからと他のアクセサリーと一緒に管理しがちですが、他のものと一緒にすることによって、表面が傷つくことがあるために他の宝石等の管理は厳禁だと言われています。

真珠は落としたことによって割れるということが非常に稀なため丈夫な宝石だと勘違いしてしまいますが、意外にも表面はデリケートなのです。

ですので、管理をするときは、他のアクセサリとは別々に管理すること、そして着用したら即拭き取る、何か液体等が壊れた場合もすぐに拭くなどのお手入れが大切なんですね。

オススメの身につけ方

もちろん、冠婚葬祭にも大変役立つ真珠ですので、場所を選ばないところがあります。

ですが、最近は好みも多様化したことにより、いろいろなパールの色のおしゃれが楽しめるようなことができるようになりました。

ですので、ご自分の顔色に合うようなパールを身に付けると良いでしょう。

人には、イエローベースとか、ブルーベース等の生まれ持ったカラーがあります。

ですので、必然的に似合う色と似合わない色があるようです。

ですので、皆さんの顔色に映えるような色のパールをつけると、冠婚葬祭以外にもいろいろな魅力が発掘されることでしょう。

ムーンストーンとは

ムーンストーンは、月の光と言う意味合いもある、落ち着いた色合いの宝石です。

主に、スリランカ、インドやミャンマーなどで生産されている宝石です。

ムーンストーンは、青白い光を放った美しい宝石です。

真珠は日本でもよく作られていますが、こちらのムーンストーンはどちらかと言うと海外産が多いようですね。

ムーンストーンは青白い光を放っていて、神秘的な美しさであることから、女性性を表した宝石だと言われているので、女性のプレゼントには大変最適ですね。

確かに真珠も大変魅力的ではありますが、ムーンストーンもまた非常に魅力的なアクセサリーです。

こちらは、恋人たちの宝石とも言われています。

真珠に似たパワーストーン

もちろん真珠とは少々趣が違うところがありますが、そのパワーストーンも真珠と似たような一面があります。

6月と言うと、そのような落ち着いた宝石の誕生石があるような傾向にあるようです。

希望と愛、若さのパワーがある

宝石の意味としては、希望や愛、若さのパワーがあると言われています。

やはり、人間としては希望を持って生きていきたいものですし、愛、若さは多くの女性の永遠のテーマです。

そのような宝石の意味があると言う事ですので、女性にプレゼントするためには非常に最適の宝石なのではないのでしょうか?

もちろん、自分で買ってからつけるのもいいですね。

宝石の真珠のように、純粋、純朴と言うような宝石言葉があるものも良いですが、それ以外にも、このような女性らしい宝石言葉があるものを身につけるのも悪くないですね。

愛の予感という意味もある

また、ムーンストーンには愛の予感と言う意味があります。

ですので、これからお付き合いしたい女性にプレゼントすると、もしかしたら心を理解してくれるかもしれません。

そして、付き合ってプレゼントしてあげるのも良いのではないのでしょうか?
いろいろな女性がいるので一概には言えませんが、女性はそのような宝石言葉と言うのも気にしている人が多いです。

特に意識している男性が何か宝石をプレゼントしてくれたとなると、そのような宝石言葉大変気になるのではないのでしょうか?
その宝石言葉を調べた時に愛の予感と言う意味があると分かった時にの喜びはひとしおだと思われます。

「月長石」と呼ばれる

英語ではムーンストーンと呼ばれていますが、日本語では「月長石」と呼ばれています。

このような日本名でもあると言う事は、昔から日本でも親しまれてきたのかもしれませんね。

ムーンストーンの宝石言葉

気になるムーンストーンの宝石言葉は、先ほども少し触れた、恋の予感という意味意外にも純粋な恋と言う意味があります。

このような意味合いがあることから、恋愛には非常にぴったりな宝石ですね。

6月生まれの彼女に、付き合い始めた時や付き合う前に贈るととても喜ばれそうです。

その一方で、白のムーンストーンだと、計画と言う意味合いも出てくるのだそうです。

なんとも含みがあるような意味合いですね。

もし、純粋に思いを伝えたいだけと言うことであれば、白は避けておく方が無難かもしれません。

そこまで気にしない人の方が多いとは思いますが、含みのある意味合いに捉えると少々話がこじれる可能性も出てくるからです。

ムーンストーンのカラー

無色、白色、灰色、橙色、淡緑色、黄色、褐色、淡青色と多種多様です。

先程の白色の宝石言葉に「計画」と言う意味合いがあることは触れましたが、その他の色だと、その計画と言うような宝石言葉がないことから、プレゼントにはそちらの方が無難なのかもしれませんね。

そして、基本的に画像で見ると青白い光を放つ宝石ですが、中には七色に光るような宝石もあるのだそうです。

ですので、実際にプレゼントをしたいという事であったり、自分で買ってから身に付けたいのであれば、実際に宝石店に見に行ったり、ネット上でしっかりといろいろ確認してから購入するようにするといいかもしれませんね。

ムーンストーンの効果

ムーンストーンの効果についても大変興味深いものがあり、例えば、情緒が不安定な時にもそのつけることによって情緒が安定すると言われています。

また、非常に穏やかな光を放つことから、すぐに悪いエネルギーに汚染されがちだと思われがちですが、なんと強い洗浄作業があると言われているのです。

ですので、そのような悪いエネルギーから身を守ってくれるような効果もあると言われています。

また、恋人同士の関係も宝石言葉に愛の予感と言うような宝石言葉があるように、マンネリな関係からまた新鮮な関係になれるような効果もあると言われています。

不安定な情緒を安定させ、恋人関係も安定させるようなことから、主には安定に効果があるような宝石と言えるでしょう。

交通安全のお守りになる

主に人間関係や自分自身の安定につながる効果があると言われていますが、意外なかもしれませんが交通安全のお守りにもなります。

交通安全も広い意味では安定につながりますね。

交通安全と言うと車を運転する人が思ったと思いがちですが、交通はただ自転車に乗るだけとか歩いている人にも関係があります。

ですので、交通安全のお守りは、車を運転する人だけではなく、日頃車を運転しないような人もそのようなお守りを身に付けておくと良いでしょう。

もちろん、常日頃交通安全に気をつけるのは言うまでもありませんが、やはり自分が気をつけているだけでは限界があります。

ですのでそのようなお守りをつけ、スピリチュアル的にも守ってもらうようにしましょう。

安産のお守りになる

愛の予感と言うような宝石ことがあるように、主に恋愛関係にある人だけに効果がありそうだと思いがちですが、その恋愛を成就させ、これから妊娠出産を迎える理由の方も安産のお守りすることができます。

やはり、赤ちゃんが無事に生まれると言う事は、いろいろな条件が重なってのことですので、それをお守りにする事も良いでしょう。

最近は医療技術も進歩していますし、どのようにすると安産になるのかと言うの講習もありますので、非常に科学的にはなってきましたが、やはりいつの時代になっても出産は命がけです。

ですので、このようなご加護を受ける方向性も一緒に視野に入れましょう

人生に光を灯す

よく、人間は絶望すると人生真っ暗と言うな言い方をしますよね。

そのように、人生に光を灯すと言うような言い方をしたりすることは人間のテーマでもあります。

やはり、何事にも楽しみや希望を見出してものですね。

そんな時、ムーンストーンは人生に光を灯すと言う意味合いがありますので、それを身に付けることによってそのような気持ちが生まれることもあります。

「宝石をつけた位で…。」と思わなくもありませんが、やはり信じるものは救われるのです。

そのように身に付けることによって人生に光が灯ると思ってつければ、なんとなく希望が見いだせるような心境になることもあるのではないのでしょうか?

そのような意味合いがあることから、プレゼントとしても、非常に最適ですね。

ムーンストーンの歴史

月の女神、セレニティが歴史の由来だと言われています。

ヨーロッパは、主に魔除けとして利用されていた歴史があり、原産地とされているようなインドでは、聖なる石と言う位置づけをされていて、宗教関係の方は必ず持っていたと言われています。

どちらが先か分かりませんが、その辺の歴史があって、魔除けなどと言うような意味合いも出てきたようです。

ただ、魔除けと言う意味があるから宗教上でもそのような扱いをになったのか、宗教上の扱いが出てきたのかというとその辺は謎です。

もしかしたらもっと検索してことで、詳しい歴史の事について知ることもできるのかもしれませんね。

ムーンストーンのシーン効果とは

ムーンストーンは女性を守る意思だと言われています。

青白く光るところから、暗い所でも女性を守るような効果ありと言われていて、そのような安全に関する効果もありますし、魔除けとしても使われることから、邪悪なものから身を守るような効果もあるのだそうです。

このような効果があると言うことで、交通安全にも効果があると言われているのですね。

ムーンストーンは主に女性性を高めたい方ももちろんですが、インスピレーションが研ぎ澄まされると言う効果もあることから、そのようなインスピレーションを高めたいと言う方にも好んで利用されるようなところがあるようです。

ですので、女性の方はもちろんのこと、芸術関係や、インスピレーションがものを言うようなところのお仕事の方はムーンストーンの効果にあやかりたいものですね。

オススメの身につけ方

ムーンスターのみならず、オススメのパワーストーンの見つけ方にはどのようなものがあるのでしょうか?

それは、王道としてはブレスレットに落としてつけるのが良いと言われています。

このブレスレットとして着用する方法は、非常にオールマイティーだと言われています。

確かに、ブレスレットであれば、極端に似合わないような宝石はありませんし、ムーンストーンのような落ち着いた宝石であれば違和感なくつけられることは間違いありません。

また、ブレスレットとして身につける方法を選んだ場合、右手につけるか左手につけるかというのを選ぶことができます。

左手につける場合は、感覚面、感情面等に効果があると言われているので、インスピレーションを高めたいと言う意味でムーンストオンをつける方が左手の方がオススメです。

ちなみに、右手の方であれば、現実的な処理能力の助けになると言われています。

ムーンストーンをつけたいと思っている人の中には、やはりインスピレーションなど感情面を研ぎすましたいと言う人もいますので、息子に限って言えば左手につけるのがオススメです。

ブレスレットのみならず、ペンダントやブローチ、ネックレスなど首の周辺につけるの大変オススメです。

この領域は基本的に感情だったり愛情示す部分です。

ですので、その部分につけることで情緒の安定を狙うことができるかもしれません。

もしかしたらブレスレットをつけたりネックレスを作るのは仕事上難しいと言う人もいるかもしれません。

もし可能であれば、ピアスなどを耳の周辺につけると言う選択肢もあります。

こちらもインスピレーションを高める宝石をつけるのに大変良い箇所とされています。

まとめ

誕生石の事について色々と調べていると、中には1つしか誕生石がないと言うような月もあると言われています。

それにかかわらず6月は3つの誕生石があると言うので、そのような意味では6月までの方は恵まれていますね。

しかも真珠のような非常にメジャーなものから、ムーンストーンのように非常に落ち着いた宝石であることから、アクセサリーとしても扱いやすいですし、宝石言葉も非常に良い言葉が多いです。

著者自身も6月生まれですが、その誕生石の恵みにあやかりたいなと思いました。

6月生まれの彼女がいると言うことであったり、6月生まれの奥様がいるのでしたら何かしら、誕生石をプレゼントしてあげると喜ばれるのではないのでしょうか?