皆さんは、20歳の誕生日に対してどんなイメージがありますか?

「やっとお酒が飲める」「未成年と言う制限がなくなる」「特に何もない」など、十人十色の意見があるでしょう。

20歳(はたち)、それは未成年から大人になった証の代名詞とも言えるものです。

今でこそ、18歳から成人の扱いを受けるようになりつつありますが、20歳(はたち)の響きには特別なものがあります。

10代を経て20代の入口に立った時、その年齢だけでなく、扱いや置かれる状況、許容範囲が大きく変化します。

成人だからできることが増える一方で、10代の時までできたことが「できにくい」あるいは「慎むべき」状態になることもあります。

成人とは、大人の仲間入りであり、それに見合った立ち居振る舞いを求められるものとされています。

と言った堅苦しい話しはここまでにしておくとしまして、何と言っても20歳の誕生日はおめでたいことに変わりありません!

そんな20歳の誕生日プレゼントには、何をプレゼントしたら良いのでしょうか?

選択肢が多ければ多いほど、どれが良いか迷ってしまうなんてこともあるでしょう。

「記念になるものを!」と思えばこそ、慎重になるのも当然と言えば当然ではあります。

例えば、価格1つを挙げましても、「安かろう悪かろう」もありますが、逆に高価過ぎても相手に気を遣わせてしまうのではないか、と言った考えが頭をよぎります。

もちろん、それ以外でも選択を迫られることもあるでしょう。

だからこそ、きちんと吟味したうえでプレゼントを選ぶ必要があります。

それぞれの項目を元に、20歳の誕生日を実感し、どんなプレゼントが良いのかを見比べ、プレゼントを選び、相手にプレゼントを贈りましょう!

記念すべき20歳の誕生日

20歳は、記念すべきものです。

それは、10代が終わるからと言うことだけではありません。

昨日まで様々な制限があったことから解禁されると言うことだけでもありません。

同じ20歳でも、大学・短大・専門学校などに在学中の人、社会人として働いている人、結婚して家庭を持っている人、新たな就職や転職に向けて進んでいる途中の人など、様々な人がいます。

どの場合であっても、全員が20歳と言う「1つの節目」を迎えるわけです。

これは人生において大きな出来事であり、誰しも等しくやってくるものです。

とは言え、実際に誕生日が来て20歳になっても、実感が湧く湧かないもまた人それぞれです。

「今日から大人の仲間入り!」と思う人もいれば、「そういえば、20歳になったなぁ。」、「特に何も思わない」なんて人もいるわけです。

極端に感じるかもしれませんが、人の感覚もまた千差万別と言えますね。

だからこそ、プレゼントと言う1つの形で示すことで、実感が増すのではないでしょうか?

なので、「20歳の誕生日は記念すべきもの」と言えますね!

プレゼントも特別なものを贈ろう

なので、20歳の誕生日には特別なものをプレゼントとして贈りましょう!

もちろん、「物」だけが全てではありませんが、プレゼントと言う表現の中の1つであると言えます。

渡す相手が家族なのか、友人なのか、恋人なのかによって選ぶ視点が違ってきます。

もちろん、相手の好みにもよりますので、更に熟慮が必要になるでしょう。

そこで!次の項目で、「20歳の誕生日プレゼントにおすすめなもの」を紹介していきます!

男女それぞれに向いたもの、男女問わず向いたもの、どれも魅力的なものばかりです。

それでは、見ていきましょう!

20歳の誕生日プレゼントおすすめ21選

「いざ、20歳の誕生日プレゼントを贈ろう!」と思い立っても、すぐに決められないこともあるでしょう。

例えば、自分なら何をもらったら嬉しいか、それを相手に置き換えて考える、これって案外簡単なようで難しいですよね?

記念すべき誕生日だからこそ、凝ったプレゼントを贈りたいですよね!

そこで、「20歳の誕生日プレゼントにおすすめ21選」をご紹介します。

これだけ選択肢があれば、気軽なプレゼント、そこから更に掘り下げて本格的なプレゼントを贈ることができますね!

飲み物、小物、記念品と種類も盛りだくさんです!

それでは、早速見ていきましょう!

お酒


20歳と言えば、お酒が解禁されます。

よって、それを記念してお酒をプレゼントすると言うのもおすすめです。

友達同士でワイワイ盛り上がりながら飲むも良し、恋人同士でロマンチックに飲むも良し、様々な楽しみ方がありますね!

お酒はコミュニケーションの輪を広げてくれます。

普段であれば言えないことも、お酒の力によって話すことができ、それによって意外なほどに相手との距離をグッと縮めることができるかもしれません!

ただし、いきなり飲み過ぎると急性アルコール中毒になってしまう可能性もあるので、少しずつ楽しむようにしましょう。

「酒は百薬の長」と言います。

少しずつ嗜(たしな)むくらいであれば、心身にとっても良い薬になるでしょう。

生まれ年のワイン

生まれ年のワインは、感慨深いものがありますね。

自分が生まれた年と同じ年月を重ねることで、味だけでなく、香りにも深みが増すのです。

ラベルのデザインに至っては、好きな写真や絵だけでなく、自分で自由にデザインできる白紙のラベルもあります。

童心に返って、ラベルにデザインを施してみると言うのも、一興ではないでしょうか?

そこに、一言お祝いのメッセージを添えるのも粋ですね!

それこそ、まさに「世界で1つだけのワイン」と言う記念すべきプレゼントになりますよ!

シャンパン

シャンパンは、女性も飲みやすいため、人気があります。

ワインと同じく、イベントを引き立ててくれます。

定番のゴールドをはじめ、ピンクなどの愛らしいものまで、見た目からもお洒落感があふれています。

リーズナブルなものからでも、十分に優雅さを感じられる一品です。

ワインに敷居の高さを感じて恐縮しているのであれば、まずはシャンパンから試してみてはいかがでしょうか?

名入れのお酒

名入れのお酒は、更に特別感を引き立てます。

「生まれ年のワイン」と同様に、世界で1つしかない「一点もの」だからです。

名前が入っていることで、「自分だけのもの」と言う特別感をより感じさせてくれます。

名前の持つ威力を少なからず感じますね。

特別感とともに、じっくりと味わいましょう!

デパコスコスメ

デパコスとは、デパートで販売されている化粧品のことを指します。

有名なブランドが名前を連ねているため、値段は少々高めになっています。

ビューティコンサルタントが一人一人に合った化粧品を提供するため、お化粧デビューや化粧品選びにはもってこいではないでしょうか?

コスメは好みのみならず、流行に大きく左右されるものです。

どちらを重視するもしないも、それは個人の価値観であり、その人らしさを引き立てるものになるのなら、それがピッタリなコスメであると言えますね。

ただし、肌に直接つけて使用するものだけに、成分などにも注意を払う必要があります。

使ってからでしかわからないものだけに、できればサンプルなどで試してからプレゼントすることをオススメします。

いつまでも美しさを保つために、より一層の美しさを得るために、良質なデパコスコスメをプレゼントしましょう!

お財布

毎日持ち歩くものだけに、こだわりを持っている人も多いのではないでしょうか?

長年愛用している、毎年流行の色に合わせて買い替えているなど、様々かと思います。

色、柄、材質、ブランド物、選ぶ観点も様々ありますね。

物が良く、使い勝手の良い財布であれば、いつまでも使い続けることができ、「三種の神器」のようなアイテムになるでしょう。

お札や小銭の出し入れがしやすいか、ポイントカードなどのカード類がたくさん入るかなども、要チェックですよ!

風水の意味合いを込めた財布も、縁起担ぎに良いのではないでしょうか?

金色や黄色は金運、ピンクは恋愛運と言うのを聞いたことがあるかと思います。

その他、白は心機一転したい時に、黒はお金が貯まりやすいとされています。

ただし、赤はお金が燃える、青はお金を水に流すなどとされているので、できれば避けた方が良いでしょう。

色に関しましては参考までにしていただければ幸いです。

早速、相手の好きな色の確認をしましょう!

ネクタイ

ネクタイは毎日変えるものだけに、何本持っていても困ることはありません。

一般的にはシルクが使われていますが、夏は麻、冬はウールと使い分けることもあります。

自分で選んだ場合、どうしても好きな色や柄を選ぶため、似たようなネクタイが並んでいるなんてこともあるのではないでしょうか?

ネクタイもファッションの1つであるため、色々な色や柄に挑戦してみるのもありでしょう。

プレゼントと言うこともあり、つい相手の好きな色や柄を選んで無難なプレゼントにしてしまいがちです。

が、たまには「冒険」してみるのも良いのではないでしょうか?

そこから、新しいファッションに目覚めることができるかもしれませんよ?

色や柄が選べない場合は、無難な青系のネクタイをプレゼントしてみるのも良いですよ!

公私問わず使えるので、きっと重宝するはずです。

シューケアグッズ

シューケアグッズとは、靴の手入れに使うグッズのことを指します。

靴1つにしても、靴磨き、消臭、インソール(中敷き)の手入れなどがあります。

足元は意外と相手に見られるものです。

そんな時に綺麗な足元であれば、相手が自分に対して持つ印象は大きく好転するでしょう。

自分自身にとっても、足元が綺麗であれば自信にもなりますし、そこから更に身だしなみに気を遣うきっかけに成り得るのではないでしょうか?

シューケア後には、下駄箱に新聞紙や炭を置くなどして、ニオイ対策も欠かさないようにしましょう!

ベルト

ベルトは公私問わず使えるアイテムです。

だからこそ、派手なものも選びやすいのかもしれません。

服装によっては隠れてしまうこともありますが、それでも手を抜いてしまってはもったいないです!

「見えないところにも気を配る」ことは、どんなことにも必要なことです。

せっかく身につけるのであれば、服装に合った色のベルトや形にもこだわってみてはいかがでしょうか?

ベルトを選ぶポイントは、靴と合わせることです。

靴の色と同じような色合いのベルトがおススメです!

こうして靴に合ったベルトを選ぶことで、全体のまとまりが良くなりますよ!

キーケース

自宅の鍵や車の鍵、その他の鍵などを1つにまとめることができる便利なアイテムです。

なので、バッグの中をゴソゴソと探す手間も減ります。

管理がしやすくなる、他の持ち物に傷がつくことがない、と言うこともメリットと言えますね。

鍵の本数にもよりますが、片手ほどの本数であれば1つにまとめることができますよ!

鞄などの手持ちの小物に合う、オールマイティなキーケースを選びたいですね。

パスケース

俗に言う「定期入れ」です。

サッと取り出せるので、慌ただしい時でも大丈夫です。

バッグの取っ手、ズボンやスカートのベルト部分に取り付けることができるので、場所も取りません。

また、定期以外にも好きな写真などを入れても使えるので、日々の生活の中で思い出などに浸る瞬間を持つことができます。

折りたたみ式のパスケースであれば、中が見えないので人に見られることもありません。

よく手にするものだけに、こうした便利さを重視したいですね。

バッグ

手提げバッグ、ショルダーバッグ、肩掛けバッグなど様々あります。

バッグに求めるものは、収納性、デザイン、持ち歩きがしやすいか、などが挙げられます。

内側や外側にポケットが多ければ、ティッシュやハンカチ、パスケースなどの小物を入れておくことができます。

バッグはその日の気分やTPOに合わせて使い分けることができます。

季節に合わせて持ち替えることで、おしゃれの度合も変化します。

もちろん、お気に入りのバッグであれば、きちんと手入れをすれば長く愛用することもできます。

流行に合ったバッグも魅力的です。

あるいは、付け外しが可能なチャームなどがあれば、公私に分けて使い分けることも可能です。

使いやすく、魅力的なバッグを颯爽と持ち歩いてみたいものですね。

腕時計

今では、携帯電話やスマートフォンを時計替わりに使うこともありますが、公共の場などかしこまった場所では避けたいところです。

腕時計はすぐに時間を確認することができ、つけたり外したりすることでメリハリがつきます。

大切に使えば、何年も使うことができます。

実用的なだけでなく、ファッションの一部としても十分な役割を果たしてくれます。

ベルトが革製か金属製か、宝石などの装飾品がついた華やかなものか、防水性などの機能面を重視したものなのか、選ぶ条件をあらかじめ決めておきましょう。

アロマグッズ


好きな香りで癒されることは、至福なことの1つにも挙げられます。

アロマオイルやアロマキャンドル、匂い袋など、和洋を問わず楽しむことができます。

直接肌につけるもの、ハンカチなどの小物に香りをつけるものなど、使い方も様々です。

ただし、人によって香りの感じ方は違うものです。

自分では良い香りと思っていても、他の人からすれば不快に感じることもあるかもしれません。

使っているうちに香りに慣れてくることで、さらに多く使ってしまうなんてこともあるでしょう。

使用上の注意はもちろんのこと、他の人の迷惑にならない範囲で楽しめるようにしたいものです。

ギフトカタログ

カタログの中から好きなものを相手に選んでもらうものです。

食品、雑貨、アイテムなど、商品の種類が豊富です。

値段も数千円~数万円まで様々です。

何をプレゼントしたら良いのかを決められない、そんな人にはうってつけかもしれません。

ただ、相手に注文してもらう、期限がある、そもそも欲しいと思うものがなかった、などのデメリットも同時に存在する難しいプレゼントとも言えます。

相手が好きそうな商品が確実にあるギフトカタログを選びましょう!

アクセサリー

アクセサリーと言えば、女性へのプレゼントと言うのが定番ですが、男性にアクセサリーをプレゼントすることもありますよね?

例えば、恋人同士であれば「ペアリング」などが挙げられます。

このように、アクセサリーと一言で言っても、指輪、ペンダント、ブレスレット、ピアスなど多岐に渡ります。

直接身につけるものだけに、相手の好みを事前に把握しておく必要があります。

サイズのチェックも忘れないようにしましょう。

特に気をつけたいのは、相手が金属アレルギーを持っている場合です。

その場合、ステンレス製の物やチタン製の物など、アレルギーであっても安心して使える物を探しましょう。

名入れボールペン

ボールペンはいつでもどこでも使うものです。

そんな時に、懐からサッとボールペンを取り出して使うと、カッコいいですよね!

更にボールペンに名前が刻まれていたら、いかに物にこだわりを持っているかが伺えます。

インクを変えさすれば、長く使える優れものです。

価格は、リーズナブルなもの、数千円~ブランド物では数万円ほどになります。

選ぶポイントは、ボールペンを持った時の感覚の良さ、ペン先の出し入れのしやすさなどが挙げられます。

ペンケース

ペンケースにこだわりを持つのは、学生時代だけではありません。

大人になってからでも使う機会があるので、こだわる人はこだわるアイテムと言えます。

とは言え、あまりに嵩張(かさば)るものでは、使い勝手や見た目がイマイチになってしまいかねません。

なので、デザインや見た目と同様に、使い勝手も十分に確認したうえで、プレゼントの選定をしましょう。

選ぶポイントは、嵩張(かさば)らないもの、手触りの感覚が良いもの、公的な場所でも使える色やデザインのものなどが挙げられます。

USBメモリ

PCを使う人には、なくてはならないものと言っても過言ではないでしょう。

様々なものを記録するUSBメモリは、その機能はもちろんのこと、見た目にもこだわりたいところです。

動物などのキャラクターもの、シンプルなもの、野菜や果物の形をしたものなど、様々あります。

また、金属製だけでなく、木製のUSBメモリ、キーホルダーになったUSBメモリもありますよ!

選ぶポイントは、容量が多いもの、機能性やセキュリティがきちんとしているものなどが挙げられます。

手帳

公私問わず、スケジュールやふと思いついたことをメモするなど、便利なアイテムです。

機能面はもちろんのこと、デザインにもこだわりたいですね。

1日1ページタイプのもの、1週間タイプのもの、1ヶ月タイプのもの、など様々あります。

せっかく手帳に書き留めるのであれば、書く欄(らん)は大きい方が良いと言う人も多いのではないでしょうか?

手帳とは、自分がわかるように書くものなので、相手がどんな手帳のタイプを使っているのかを確認しておきましょう。

ノートタイプの手帳、システムタイプの手帳などがあります。

ノートタイプは、厚さが薄いので嵩張(かさば)ることはありませんが、開きやすいため、雑に扱うと形が崩れてしまいかねません。

システムタイプは、留め具がある・カバーが丈夫・高級感があるのですが、嵩張るので、鞄(かばん)の中で場所を取ります。

とは言え、仕事用なのか、プライベート用なのか、はたまた1冊に公私の予定をまとめるのかによっても、選ぶ手帳が違ってくるでしょう。

選ぶポイントは、相手の使いやすい大きさの手帳、何月から始まる手帳が良いのか、1日・1週間・1ヶ月タイプのどれかなどが挙げられます。

似顔絵系グッズ

例えば、マグカップやトートバッグ、スタンプや名刺などが挙げられます。

自分の似顔絵と言うと、照れくさい気がしますが、毎日使うものほど愛着が芽生えるものです。

また、結婚式のウェルカムボードでもおなじみなだけに、喜んでもらえるかと思います。

業者さんに依頼をすれば、素敵な似顔絵を作成してもらえます!

見るたびに、きっと心がほっこりするのではないでしょうか?

選ぶポイントは、業者さんの過去の実績、似顔絵サンプルの印象、価格などが挙げられます。

ブリザードフラワー

ブリザードフラワーも、20歳の記念にピッタリなプレゼントと言えます。

ブリザードフラワーとは、正式には「プリザーブドフラワー」と言い、生花を専用の液に浸して長持ちさせるものです。

好きな花を長く楽しむことができ、インテリアとしても周りを引き立ててくれます。

よく使われるのは、バラです。

好きな色のバラを、ぜひブリザードフラワーで楽しみましょう!

名入れマグカップ

マグカップは、ホッと一息つく時に必要不可欠です。

デザインも、シンプルなもの、カラフルなもの、キャラクターもの、などがあります。

名前が入ったものには愛着を感じるものです。

友達同士、あるいはカップルなら、お揃いで作ってみるのも良いかもしれませんね!

オリジナルフレーム

お気に入りの写真や絵とともに、記念のメッセージなどを入れることができます。

時計と一体化したフレームもあって、日々の生活にも和みます。

デザインは、神秘的なガラス製のフレーム、温かみを感じる木製のフレームなどがあります。

どちらも甲乙つけ難いですね。

価格は、数千円~数万円となっています。

20歳の誕生日プレゼントは特別感重視

このように、20歳の誕生日プレゼントは特別感重視の兆候が見て取れます。

形に残る残らないを問わず、20歳と言う特別な誕生日を特別感で彩ると言うものです。

それは決して高価なものだからなどだけが理由ではありません。

毎日使う何気ないものだからこそ、そこにはプレゼントをした側の思いや相手に対する特別感が詰まっているのです。

21個ものおススメのプレゼントを挙げましたが、その多くは自分自身でも買えるものです。

が、あえてプレゼントとして挙げたのは、プレゼントとは相手を想う気持ちがあるからこその「特別感」があるからです。

「普段頑張っている自分へのご褒美」などの理由で、高価なものを買った経験はありませんか?

それもそれで「特別」なことではありますが、相手に対するプレゼントとでは少し思い入れが違ってくるのではないでしょうか?

相手が喜んでくれるもの、長く使ってもらえるもの、と考えれば、熟慮も時間もかかります。

中途半端な気持ちで選んだものを相手にプレゼントするなんて暴挙は、まずしません。

相手から祝ってもらえるだけでも嬉しいことですが、そこにプレゼントまでついてくると嬉しさは何倍にも何十倍にも倍増するものです。

一生に一度しかないからこそ、一生の記念に残るものが求められます。

ポイントは記憶に残る記念品

ここで、20歳の誕生日プレゼントのポイントを紹介します。

それは、「記憶に残る記念品」と言うことです。

それは、ただ単に形として残ると言うものだけではありません。

お酒などは消え物だから記憶に残らないと言うものでもありません。

ここで挙げたおススメのプレゼントであっても、それ以外のプレゼントであっても、20歳と言う一生に一度の誕生日だからこそ、記憶とともにいつまでも色褪せないで残っていくのでしょう。

毎日使うもの・そうでないもの問わず、プレゼントされた時の感動が大きければ大きいほど、月日が立つほどに愛着も湧いてきます。

誰にもらったかによっても、記憶の残り方も変わってきます。

家族、友達、恋人、その人にとって大切な人からのプレゼントであれば、どんなプレゼントも色濃く記憶に残っていくはずです。

「記憶」とは、その人の「心」に残ることです。

嬉しいことの記憶とは、心に深く刻まれるものと言えます。

それは決して薄れることも消えることもないはずです。

相手の「心」に響くものをプレゼントできたら、相手にとっても自分にとっても、これ以上の理想的なプレゼントはないのではないでしょうか?

後はお祝いの言葉やプランを考えるだけ!

ここまで来たら、後はお祝いの言葉やプランを考えるだけです!

20歳の誕生日がいかに特別なものか、何をプレゼントしたら喜んでもらえるのか、などを挙げてきました。

「おめでとう!」の一言、そこには、相手に対するお祝いの気持ちがたくさん詰まっています。

お祝いの言葉とともにプレゼントを渡す、それだけでも十分相手に伝わってはいると思います。

が、せっかくの20歳の誕生日です!

ここは、しっかりとプランを立てて、そのうえでお祝いの言葉とともにプレゼントを渡してみてはいかがでしょうか?

ホームパーティーを開いてアットホームな雰囲気でお祝いするも良し、お店を予約して外で優雅にお祝いするも良しです。

あるいは、人の体験談などを参考にしてみるのも良いでしょう!

実体験の出来事は、頭の中で考えることよりも実感もしやすいでしょうし、「なるほど!」と思うこともあるかもしれません。

「おめでとう!」と言うのが照れくさい場合は、プレゼントにメッセージカードを添えてみてはいかがでしょうか?

そのメッセージカードも、形に残るものなので、プレゼントと同様に相手にとって宝物になるのではないでしょうか?

それもまた、1つのお祝いの形です。

このように、祝い方のプランもまた人それぞれ、十人十色の方法があります。

どの方法も、相手が喜んでくれるのであれば、それが「大成功」と言えるでしょう。

そうすることによって、前述のように「記憶に残る記念品」と同時に、「記憶に残る思い出」や「その時の気持ち」が心の中に灯り続けるのではないでしょうか?

自分の誕生日を祝ってくれる存在があることは、こんなにも幸せなことなんですね。

もう一度書きますが、プレゼントとは、相手のことを想う気持ちがあるからこそのものです。

そこには、相手と喜びを分かち合う気持ちがあって、見返りなどの打算は一切存在しません。

誰かと嬉しい出来事を共有できることは、とても幸せなことであり、そうした幸せを大切にすることが、日々の生活に活かされるのではないでしょうか?

「塵も積もれば山となる」とあるように、そうした「幸せの連鎖」によって、人は希望を見出し、次のステージへの活力になっていくのだと思います。