「年上の彼氏」と聞くと、あなたはどんなイメージがありますか?

「大人っぽくて落ち着いている」「金銭面で余裕がある」「自分をリードしてくれる」。

こんな良い印象もあれば、「頭が硬そう」「自分の話を聞いてくれなさそう」「直ぐに結婚を迫ってきそう」など、悪い印象もあるのではないでしょうか。

年上の彼氏ともし付き合うことになった場合、どんなメリットやデメリットがあるのか、解説していきます。

また上手く関係を続けていくには、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

年上の彼氏に関するさまざまなことをまとめました。

年上彼氏は憧れますよね

「年上の彼氏」と聞くと、何だか憧れの響きがありますよね。

ある程度落ち着いた年齢の女性よりも、学生や成人したての女性の方が、「年上の彼氏と付き合いたい!」という願望が強いように思えます。

それは女性と男性の精神年齢の差も関係しているようです。

高校生の年齢で、女性は男性よりも精神年齢が5つほど上だそうなので、恋人として付き合うには、同年代の彼は女性からすると少々子供っぽく見えてしまうのかもしれません。

そういった面からも、「年上の男性の方が精神的にも落ち着いていて、一緒にいて心地良い」と感じる女性は、特に年上の彼氏に憧れる傾向が強いようです。

年上彼氏は魅力にあふれている

年上の彼氏は、女性から見てとても魅力に溢れています。

それはいかにも落ち着いた雰囲気や話し方であったり、あなたをリードしてくれる心の余裕、また経済面なども含めて魅力に満ち溢れています。

女性であれば、人生の中で一度は「年上の男性と付き合いたい」と感じたことがあると思います。

そして実際に付き合ってみると、同年代や年下の彼氏では味わえないような心地よさを味わうことが出来ます。

もちろん年下や同年代の彼氏にも魅力はありますが、「年上の男」にしかない魅力というのは、実際に年の差がないと中々感じられないものです。

また、「年上なのにかわいい」というその瞬間に萌えて好きになる女子もいるようです。

詳細についてはこちらをチェック!>>年上彼氏がかわいいと思った瞬間24選 →

年上彼氏のメリット

年上の彼氏と付き合うと、どんなメリットがあるのでしょうか?

恋愛に関しては、人は損得勘定で人を好きになるわけではありませんが、それでもやはり「〇〇だから年上の男性と付き合いたい」と考える女性も多いです。

「好きになった相手がたまたま年上だった」というのは良く聞く話ですが、それもやはり、好きになった理由の中には「年上男性」ならではの魅力を感じたからと言えます。

では、年上彼氏の魅力・・・すなわちメリットとは何なのでしょうか?

1.様々なことを教えて貰える

あなたよりも年上の彼氏は、当然あなたよりも長い年数を生きています。

それ故に、あなたの知らないことや経験したことがないこともたくさん知っています。

あなたがもしも学生であったなら、「彼氏の車に乗る」ことは、同年代や年下の彼氏では難しいかもしれません。

ですが、大抵の年上の男性は既に自家用車を持っています。

「年上彼氏との車のデート」なんて、相手が年上ならではの魅力の一つです。

また、あなたがもし社会人になりたてだったら、当然まだ社会人としての常識や礼儀を持ち合わせてはいないと思います。

しかし年上の彼氏はそれを持ち合わせていますので、未熟なあなたにあれこれと手ほどきをしてくれます。

「自分の知らないことをたくさん知っていて、教えてくれる」人というのは、ある意味年上男性の最たる魅力の一つかもしれません。

少なくとも、男性の知性に惹かれる女性にとっては、たまらなく魅力的に感じられる部分でしょう。

悩んだ時も相談にのって貰える

年上彼氏は、あなたよりも知識も経験もたくさんあります。

あなたがもしも失敗して落ち込んでいたといたら、きっと優しく慰めて、相談に乗ってくれることでしょう。

彼氏はあなたよりも経験が長い分、もしかしたらあなた以上にたくさん失敗をしてきているかもしれません。

しかしそんな彼の方が、あなたの慰め方をきっと心得ています。

「自分もこんなことがあって、こうやって立ち直ったんだよ」「こんな時にはこうしてごらん」と、自身の経験も交えて話をしてくれると思いますので、あなたも納得して彼のアドバイスを受け入れることが出来ると思います。

女性にしか分からない悩みというのもありますが、それ以外の悩みでしたら大抵のことは上手に相談に乗ってもらえるはずです。

万一、悩み事を相談してもあまり芳しくない回答が返ってくる場合には、彼に「どうしてそんな回答になるのか」と尋ねてみましょう。

あなたよりもさまざまな経験をしているがゆえに、もしかしたら彼はアドバイスをかなり簡潔に話してしまっているのかもしれません。

彼のアドバイスが上手く理解出来ない時には、彼にもう少し細かく話をしてもらいましょう。

2.精神面で頼れる

女性は男性よりも精神年齢が高めですが、年上の彼氏ともなれば、その差はちょうど良く埋まるか、彼氏の方がより精神的に余裕があります。

女性は男性よりも意外にサバサバと物事を考えることが出来ますが、恋人関係ともなればやはり男性に甘えたい、頼りたいという気持ちが出てきます。

年上の彼氏であれば、あなたのその欲求をきっと十分に満たしてくれるはずです。

引っ張って貰えたり甘えたり出来る

年上の彼氏には、手を引いて「ほら行くよ」と引っ張ってもらうことには何の抵抗もありませんし、「これして欲しいなぁ」と素直に甘えることが出来ます。

女性の中にも自尊心や母性の強い人がいますが、自尊心の強い人は年下や同年代の彼氏に甘えることを良しと思わない人もいます。

また母性の強い人も、同年代や年下の彼氏の場合、「自分が支えてあげなきゃ」と常に自分がリードしようと頑張ってしまう傾向があります。

ですがそんな女性たちも、やはり心のどこかでは好きな人に「甘えたい」という感情があるものです。

年上の彼氏の場合は、そんなあなたの気持ちを汲んで、さっとスマートにリードしてくれたり、甘えさせてくれたりするでしょう。

その精神面の余裕さが、女性にとってはとても頼もしく感じられるのです。

3.金銭面で余裕がある

年上の男性は、収入の面でも同年代や年下の男性よりもかなり余裕があります。

ある程度の年月働いているので、それなりの手当も出るでしょうし、男性によっては会社で上の役職に就いている人もいます。

恋愛は心でするものですが、やはり収入面に不安があると、一緒に付き合っていく女性は二人の将来に不安を抱いてしまうものです。

それは女性が将来家庭を持ち子供を産んで育ててと、具体的に将来かかってくるだろう費用をあれこれと考えてしまうせいもあります。

女性と問題なく結婚後も暮らしていけるかということを考えたら、やはり男性の収入はないよりもある方が断然良いのです。

収入が安定していると安心出来る

女性は男性の収入が安定していれば、安心してずっと付き合い続けていくことが出来ます。

もちろんお金がなくても支え合っている人たちもいますが、やはり収入が安定しているかということは、二人の結婚を考えた時にも大きな問題点となってきます。

結婚をすると、大抵の女性は子供を産みます。

一人の子供を育てるのに生涯でかかる費用は、最低でも一千万くらいだと言われています。

仮にあなたの彼氏の収入が安定していなかったら、結婚して子供を産んで、それだけの費用が掛かりながらずっと安心して暮らしていけると考えますか?

女性は自分が守るもののために、時にはシビアに、現実的に物事を考えます。

「この人のことは好きだけど、将来が不安かも・・」なんて考えてしまうと、安心して付き合うことは出来ません。

女性が安心して彼氏との将来を考えるためには、やはり彼の収入が安定していることが重要なポイントとなります。

そういった面でも、年上の彼氏だと安心出来る要素が多いとされています。

4.経験豊富で頼もしい

彼はあなたよりも年上な分、あなたよりもたくさんのことを経験しています。

例えばちょっと高級なお店でディナーを食べた際に、食べ方のマナーを教えてくれたり、スマートに会計を済ませてくれていたり。

また車であなたの行ったことのない場所へ連れっていてくれたりと、あなたの知らないことで、彼が自然とそれを上手くこなしているのを見ると、思わず「素敵・・」となってしまいますよね。

あなたよりも経験が豊富な分、彼がとても頼もしく、格好良くあなたには映ることでしょう。

経験していない事の面倒を見て貰える

年上の彼は、あなたが経験したことのないことをきっとたくさん知っています。

そしてそれを、彼女であるあなたにも経験して欲しいと勧めてくることがあります。

例えばデートの時に、あなたが行ったこともないようなレジャー施設へ連れて行ってくれて、あなたに一から手ほどきをしてくれたり。

または車でちょっと遠出をして、美しい夜景を眺めることの出来るスポットへ連れて行ってくれたり。

デートだけでなく、例えば仕事の面でも、あなたが分からなくて困っていることを細かく面倒を見て教えてくれたりと、とにかく頼もしい限りです。

もし突然、お互いに何か困る状況に陥った時にも、きっと彼はあなたの前に出て、自らリードしてくれるはずです。

ある程度の年齢と経験を積んだ男性であれば、不慮の事態にはきっとあなたを守ってくれます。

そしてその背中はとても頼もしく、年上男性としての魅力に満ち溢れていることでしょう。

5.視野が広い

年上の彼氏は、あなたよりも知識や経験が幅広い分、広い視野を持っています。

年齢と、そして経験が未熟な人は、いつも自分の目先のことしか見る余裕がなく、周囲のことにまで目を配ることが中々出来ません。

未熟であればそれは仕方のないことですが、あなたよりも長年生きている年上の彼氏の場合、少なくともあなた以上に視野を広げて、物事を客観的に見ることが出来ます。

例えばもしデート中に事故が起きたとして、あなたは突然のことにパニックになり、おろおろとその場に立ちすくんでしまうかもしれません。

しかしそんな時にも、彼は冷静に事故の相手と話をし、救急車と警察を呼び、もしこれからどこかへ向かう予定だった場合にはそこへ電話をかけて、と、事故のショックを受けたのも束の間で直ぐにあれこれと動いてくれます。

それはあなたよりも広い視野を持って物事を考えることが出来るからと、女性で年下の彼女であるあなたよりも、「自分の方がしっかりしなければ」という意識がとても強いからです。

そんな視野の広さも、年上彼氏に感じる魅力の一つですよね。

自分の知らない世界を知れる

年上彼氏は、あなたよりもたくさん物事を知っています。

そして経験も豊富なので、あなたの知らない世界のことも知っています。

例えばデートで、自分の行ったことのない場所へ連れて行ってくれたり、美術館へ行けば自分の知らない雑学を教えてくれたりと、あなたが今まで知らなかったことを教えてくれたりします。

また、仕事で海外へ行ったときの話や、あちらでの食文化の違いなど、彼はあなたよりも人生を過ごしている分も、あなたの興味のある分野の知識も深いかもしれません。

実際に経験したことについては、あなた自身も同じように経験してみなければ理解するのは難しいでしょう。

ですが、彼の話す内容は、あなたがこれまで知らなかった、新たな世界を知るきっかけになるかもしれません。

そんな可能性も秘めているのです。

5.気持ち的に楽に付き合える

彼氏が自分よりも年上の場合、精神年齢が同じくらいか、もしくは彼氏の方が上なので、気持ちを楽にして付き合うことが出来ます。

同年代や年下の彼氏に対して感じていたようなイライラや、「自分がやってあげなければ」といった面倒を見る必要もなくなるため、彼女としては精神面の負担がなくなりとても楽に考えられます。

自分がリードしなくて良い

自分がリードしなくて良いというのは、女性にとっては嬉しいものです。

中にはリードしたがる女性もいますが、そういった女性はおそらく同年代か年下の彼氏を選ぶでしょう。

年上の彼氏を求める女性の多くは、「リードして欲しい」と考えています。

金銭面から精神的な面まで、彼氏に頼りたいのです。

そんなあなたの要望を、年上の彼氏はきっと満たしてくれます。

さっそく年上彼氏を作りたくなったら、こちらの作り方をチェック! →

年上彼氏のデメリット

彼氏が年上の場合、あるのはメリットだけではありません。

メリットで挙げてきた男性は、あくまでも「金銭的にも精神的にも余裕があってリードしてくれる、優しい大人の男性」です。

そんな理想的な面だけであればいいですが、実際には年上男性ならではの付き合っていく上での悩みもあります。

1.プライドが高い

男性は女性よりも、社会的な面や理屈的な部分でプライドが高い傾向があります。

それゆえ、「〇〇をする時は〇〇だ」と、それが当然といった風に指示をしてきたり、「これは絶対にこうだ」と物事を決めつけることがあります。

そこに年齢が加われば、自分の経験してきたことだけが全て正しいのだと思い込むこともあります。

また、プライドが高いということは、自分の間違いを認めない、もしくは間違いだと気付いていても、誰かにそれを指摘されたくないという気持ちが強いです。

そんな彼の場合は、あなたがもしも彼の間違いに気づいたとしても、うっかり指摘してしまうと喧嘩になってしまうことがありますので注意が必要です。

気持ちを押し殺して付き合わないといけない

彼のプライドが高い分、時にはあなたの気持ちも「こうだ」と決めつけたり、あなたが本当は別のものが欲しくても、「こっちの方が絶対に良い」と言って、あなたの意見を聞いてくれないことがあります。

本心ではもやもやすることがあっても、彼とこの先も付き合っていきたいと考えている場合は、彼に本当の気持ちを伝えることが出来ずに、心の中で押し殺して付き合っていくしかありません。

年上彼氏はなまじ魅力に溢れている分、こういった問題が出てきても「自分が我慢すればいい」と女性は思ってしまいがちです。

ですが、自分の気持ちを押し殺してまで、本当に付き合い続けたいと思うものなのでしょうか?

【プライドが高い人については、こちらの記事もチェック!】

2.早めの結婚を決断しないといけない

彼氏が年上の場合、当然あなたと付き合っていく中で、将来のことも考えています。

彼氏が30代以上の年齢だと、彼氏だけでなく、彼の両親も「早く結婚を」と考えているかもしれません。

あなたは彼を好きになったからお付き合いをしているとは思いますが、もしも彼との結婚を直ぐには考えていない場合には、その内ちょっとしたプレッシャーがかかってくることでしょう。

「今はまだ楽しみたい」や、「結婚をするつもりはない」と考える女性にとっては、年上の彼氏との関係はいずれ問題にぶつかってしまうかもしれません。

年下より心配事が多い

例えこの先彼氏と結婚をしたとしても、あなたよりも年上の彼氏は、きっと将来はあなたよりも先に死んでしまいます。

平均寿命も男性の方が女性よりも短いため、もしもあなたの彼氏があなたよりもかなり高齢の場合、彼が死んでしまった後のことを考えると、色々と心配事が出てくることでしょう。

また、あなたよりも年上の彼氏の場合、やはりあなたよりも早く病気になる恐れもあります。

もしもあなたが彼と結婚して、直後に彼が病気になり働けなくなったら・・など、考えれば考えるほど、悩みは出てきてしまいます。

3.常に”かわいい女”を演じないといけない

年上の彼氏にとって、彼女という存在はいつでも「可愛い女」であって欲しいものです。

自分がいなくては彼女はダメだと思いたいところがありますし、とにかく自分を一番に頼って欲しいと考えています。

デートで彼にリードされて、彼女の嬉しそうな笑顔を見れば満足ですし、いつも控えめに一歩後ろをついてきてくれることで、年上の彼氏の心は充足感に満たされます。

要するに、年上の彼氏は「自分よりも年下の彼女を構いたい」という気持ちが強いのです。

それゆえに、年上の彼氏からすると、一人で何でも出来てしまう彼女というのは、いささかつまらないと感じてしまいます。

本当の自分が出せず疲れてしまう

年上の彼の理想の彼女でありたいと、あなたがそう思えば思うほどに、あなた自身の素の感情が出せずに、いずれは疲れていってしまいます。

長く付き合えば付き合うほどに、彼が思う「理想の彼女像」や、「なんでも自分を頼りにして欲しい、自分よりも出来ない彼女」を時には演じなくてはならず、最初は彼に好かれようと必死になっていても、その内必ず心が疲れてきてしまいます。

適度に彼に任せすぎ、自分の本心も伝えられる関係であれば、理想の恋人同士と言えますが、現実は中々そう上手くはいきません。

特に幼い頃から苦労をしてきて、人一倍自立心の強い女性では、「甘えて欲しい」という彼の望み通りの姿を演じるのは難しいでしょう。

4.心身ともに疲れやすい

年上の彼氏は、同年代や年下の彼氏に比べると収入の安定や精神面の余裕の反面、体力的に弱くなってきています。

仮にあなたが彼氏と遊園地のデートを思い切り楽しみたいと思っても、体力がなくなってきている彼は、ものの数時間で「ちょっと休憩させて」と言いベンチを探すかもしれません。

同じようにゆっくりとしたペースで付き合っていけるタイプの女性であれば問題はありませんが、もしもあなたがとても体力に自信があり、遊園地以外にも登山やボルダリングなど、体を思い切り動かすことが大好きな場合には、年上の彼氏とのデートの時にはいちいち気を遣わなければならなくなるかもしれません。

それは思いっきり体を使って楽しみたいあなたにとっては、ストレスになってしまうことでしょう。

満足できずに営みが終わる場合も

恋人同士の営みは、優しくも激しく、情熱的に求め合いたいですよね。

年上の彼氏の場合は経験も豊富で、あなたを手練手管で満足させてくれるかもしれません。

ですがテクニックが巧な反面、体力的に衰えてきている彼は、一度営みが終わってしまったら、「もう無理だ」と言ってさっさと行為を切り上げてしまうかもしれません。

もしもあなたが「まだたくさん愛し合いたい」と思っても、体力がなければこればかりはどうしようもありません。

いくら互いの気持ちがぴったりと寄り添い合っていても、体の面で不満が出てきてしまうと、どうしても心の中に彼とのしこりが出来てしまいます。

5.束縛・拘束されやすい

年上の男性というのは、金銭面では安定があり、さまざまな面でリードしてくれますが、反面あなたとの年齢の差を気にしてネガティブな思考に陥ることがあります。

そのような男性の場合は、「自分とは年が離れているから、いつ若い男に惹かれるか分からない」といった不安が常に付きまとっています。

その結果、あなたの言動や出かける予定などを異常に気にして、時に束縛をしたり、拘束をしてくることがあります。

もしもあなたがそれも「彼の愛情の表れだ」と考えて受け入れることが出来れば問題はありませんが、彼の気持ちを「重たい」と感じ始めてしまうと、その後の彼との関係は上手くいかなくなる可能性があります。

命令されるようになる

もしも彼氏があなたとの年齢差を気にしてネガティブな考えになっていると、「いつどこで誰と会うのか」を細かく聞いてきたり、束縛をしてくるようになります。

そして、それが酷くなると「〇〇をするな、するならこれにしろ」と命令してきたり、自分の思うとおりにあなたを動かそうとしてきます。

彼は「君の為に良かれと思って言っている」などと言うかもしれませんが、そこにはあなたへの気遣いがあるとはあなた自身も思えないはずです。

付き合うなら気を付けるべき7つの注意点

同年代の男女でも、付き合っていく上で気を付けるべき点というのはもちろんあります。

それが年の差カップルともなれば、また少し特殊な部分で気を付けなければならないことがあります。

それらを理解せずに付き合っていると、いずれは必ず二人の間に問題が生じてきます。

①素直になる

年上の男性というのは、女性に素直になって欲しいと考えています。

それが付き合っている彼女であれば尚更で、たくさん自分に甘えて欲しいし、頼りにして欲しいと思っています。

女性の中には、自尊心が強く甘えることが苦手な人もいれば、「寂しい」や「会いたい」といった気持ちを素直に伝えることが出来ない人もいます。

また、相手が年上だからこそ、「あまりわがままを言うと鬱陶しがられるかも」と思って何も言えない人もいます。

しかし当の彼自身は、あなたから素直な気持ちや言動が聞きたいと思っているはずです。

もしも彼が自分に素直になって欲しいという言動をしていたら、時には自分の気持ちに素直になってみるのも良いでしょう。

甘えたい時は甘える

男性というのは、年齢に関係なく自分に甘えてくる女性を可愛らしいと感じます。

それが付き合っている彼女であれば尚更です。

ですが、彼女がいつも強がって甘えてくれないと、「自分は頼りにされていないのか」と不安に感じてしまいますし、「自分には素直になれないのか」とネガティブな思考になってしまいます。

そんな彼の気持ちを安心させてあげるためにも、時には素直に彼に甘えてみましょう。

そっと彼に寄り添ったり、「こうして欲しいな」と言葉で甘えてみたり、彼の存在を頼ってあげましょう。

そうすることで、彼も自分が「甘えられている、頼られている」と自信を持つことが出来ます。

②過去の事に嫉妬しない

彼が年上であれば、その分あなたよりも恋愛の経験が豊富でも何もおかしくはありません。

付き合っていく中で、ふとした時に元カノの話を耳にすることもあるでしょう。

しかしそれで、一々嫉妬して不機嫌になったり、騒ぎ立てるような真似は止めましょう。

一言二言程度の愚痴であれば、彼も「可愛いな」と思ってくれるかもしれません。

しかし彼の過去にいつまでも嫉妬して不機嫌になっているようでは、その内彼に「案外子どもっぽいんだな。

自分のことを理解してくれないのかも。

」と思われてしまいます。

彼が過去の話をするのは、過去をもう引きずっていないからこそであり、単なる昔話に過ぎません。

それに一々「もしかしてまだ元カノに未練があるんじゃあ・・」などと過敏に反応しないようにしましょう。

”今”の彼を大事にする

彼の過去に固執するのも良くありませんが、あなた自身が自分の過去に固執するのも止めましょう。

年上の彼は、ただでさえあなたとの年齢差を気にしていることがあります。

その彼の前で、元カレの話をやたらとしたり、過去の恋愛話などをすると、「やっぱり年相応の男の方が良いのか」と彼を無駄に不安にさせてしまいます。

今の彼が大切だったら、これまでの経験や過去の恋愛話は封印して、「今はあなただけが大事よ」と態度で示してあげましょう。

男性というのは、意外とナイーブな存在なのです。

③価値観の違いを認め合う

あなたの彼氏がもしも年上の場合、いくらかのジェネレーションギャップは覚悟した方が良いでしょう。

流行りの服や音楽なども違えば、物事に対する価値観も当然違ってきます。

例えばあなたが良かれと思ってした行為も、彼にとっては「そんな余計なことはしなくていい」と思われてしまうかもしれません。

また、あなたにとっての常識が、もしかしたら彼にとっては非常識なのかもしれません。

この価値観の差というのは、埋めようと思っても中々埋められるものではありません。

お互いに歩み寄ることが出来れば理想的ですが、大抵はどちらか一方が歩み寄るだけの形になってしまいます。

そしてその場合、多くは長く続かないものです。

2人の価値観を作る

価値観のずれはどうしようもありません。

ですがそれならば、二人だけに適応される価値観を作るという方法もあります。

一つの事柄に対して、どうしてもあなたと彼の価値観がぶつかる場合には、そのどちらの価値観も採用せずに、まったく新しい価値観を二人の間で作るのです。

中々根気の要る作業ではありますが、それをすることでお互いにより絆が深くなりますし、二人だけの価値観は、何か特別な魅力を感じさせます。

反対に、「そんな面倒なことはごめんだ。

自分についてくればいい」という彼氏の場合には、その彼にあなたが本当についていきたいのかどうかを考える機会になり、今後の二人の関係性を変えていくきっかけにもなります。

④感情的に行動しない

喧嘩をした時などは、つい感情的になって本心ではない行動をしてしまいがちです。

ですがそんなあなたの行動を、男性は意外と冷静に見ているものです。

一般的に女性は男性よりも感情的な生き物だと言われています。

その言葉の通りに、「彼と喧嘩したから他の男友達と遊ぶ」といった衝動的な行動は決してとらないようにしましょう。

あなたのそういった行動を全て踏まえた上で、彼はあなたとの将来について考えていることでしょう。

甘えと我が儘の違いを理解する

彼に対する「甘え」と「わがまま」の違いを、あなた自身でよく考えた上で行動しましょう。

相手が年上だから、どんなわがままを言っても良いというわけではありません。

例えば彼が高収入だからといって、デートの度に高価なものばかり買ってとねだるのは、女性側の単なるわがままです。

また、彼の仕事が忙しいのに「自分を優先してよ!」と訴えるのも無茶なわがままです。

わがままとは、相手を自分のやりたいように振り回したり、無茶を要求することです。

対して甘えとは、あくまでも彼の無理のない範囲内で、自分の気持ちを伝えることです。

例えばデートの帰り際に、「もう30分だけ一緒にいて欲しい」と言ったり、「次のデートは〇〇へ行きたいな」など、彼にとって不可能でない内容を言います。

そしてまた、女性の甘えの多くは、男性のテンションを高める効果があります。

その違いをよく理解した上で、彼に甘えてみましょう。

⑤彼の邪魔をしない

彼が忙しい時や、集中したい時には極力邪魔をしないようにしましょう。

これは何も年上の彼氏に限った話ではありません。

彼が集中したい時にこちらが何だかんだとわがままを言うと、どんなに温厚な彼でも嫌になってしまいます。

「鬱陶しい」という感情を根付かせてしまうと、そこからどんどん良くない方へ向って行ってしまいかねませんので、彼が忙しい時や集中したそうな時にはそっとしておいてあげましょう。

「頑張って」と応援してあげる

彼が大変な時や、仕事で忙しい時、または何か失敗してしまった時には、あれこれと余計な言葉をかける必要はありません。

ただ黙って彼の愚痴を聞いてあげて、シンプルに一言「頑張って」と声をかけてあげましょう。

他にも、「応援してるね」や「無理がないように頑張ってね」など、彼の気持ちに寄り添った上で応援しているのだということを伝えます。

愛する彼女からの励ましは、きっと彼の心の何よりの励みになるはずです。

⑥人生の先輩として尊敬する

彼氏が年上の場合には、単に自分が甘えられる存在ではなく、自分よりも人生の先輩だと尊敬する気持ちも持つことが大切です。

何も彼の言葉や価値観を全て鵜呑みにして従え、ということではありません。

あくまでも、彼の話す内容や彼の過ごしてきたこれまでの人生、そして彼の価値観においてあなたが「尊敬出来る」と思う部分は、素直に尊敬の念を持ちましょう。

あなたから尊敬の感情を感じれば、彼はもっと自分の行き方を誇らしく思えるはずです。

具体的に伝える事がミソ

何かを伝えたい時には、出来るだけ具体的に伝えましょう。

曖昧な表現で何もかもツーカーの仲になるには、かなりの年月を要します。

また、同世代同士ならばなんとなく伝わる内容でも、彼との年の差で上手く伝わらないことがあります。

彼に何かを伝えたいと思ったら、最初から最後まできちんと具体的に伝えましょう。

そうすることで、認識の誤差を防げます。

⑦安心感を与える

あなたがもし、彼と一緒にいることで安心感を得られるのだとしたら、彼にも同じように安心感を与えてあげましょう。

そうすることで、彼もあなたとの関係に居心地の良さを感じるはずです。

ただでさえ年上の彼を安心させるには、あなたが彼に対して過度のわがままを言わず、誠実な態度で接することです。

そうすることで、「この子はいつも自分のことを大切にしてくれているし、男の影も見ないし、安心して一緒に過ごせる。

」と彼に思ってもらえます。

とはいえ、彼に安心して欲しいがためにあなた自身が無理をし過ぎないようにすることが大切です。

無理をすれば、きっと彼にもそれが伝わってしまいます。

あくまでもあなたらしく在る中で、彼に対する愛情と誠意を示しましょう。

ワザと嫉妬させる行動もNG

彼に構って欲しいからや、彼の愛情を確かめるためにワザと嫉妬させるような真似は決してしてはいけません。

年の差を気にする男性の場合には、「どうせ若い男の方が良いんだ」と卑屈な感情を持たせてしまいますし、「自分は遊ばれているだけなのか」と勘違いをしてしまいます。

男性は一見自信に満ち溢れているようで、意外と繊細でナイーブな性格をしています。

彼の自尊心やあなたへの信用を自ら傷つけるような真似はしないようにしましょう。

年上彼氏との付き合い方の注意点の続きは、こちらをチェック! →

年上彼氏とキスする時に注意したいことは、こちらの記事をチェック! →

どれだけ大切にしてくれているかを理解すればもっと仲良く付き合っていける

彼がこれまであなたにしてきた行動や言動を振り返ってみましょう。

その中で、あなたに対する思いやりの感情がちらほらと確認出来るのではないでしょうか?

年齢の差に不安を抱く人は少なくありません。

あなたが不安を抱いているとしたら、恐らくは彼も不安を抱いているはずです。

大切なのは、お互いがどれだけお互いを大切に思いやっているのかということ。

自分の気持ちで手一杯な時には中々気付けませんが、少し落ち着いて、彼と自分との関係を冷静に思い返してみて下さい。

そこから彼の自分に対する思いやりの気持ちがたくさん感じられるのなら、あなた自身も今後も彼を大切に思いやっていきましょう。

お互いがお互いを尊重し合って大切にしていけば、今よりもきっともっと彼と仲良く付き合っていけるはずです。

【年上彼氏の作り方については、こちらの記事もチェック!】