CoCoSiA(ココシア)

妹を可愛がるためにやってあげるべき8個のこと。妹に好かれる方法をご紹介


自分には妹がいて面倒を見るのは大変だけど、可愛くて仕方ないという人も多いのではないでしょうか?

特に男性の方で妹がいるのであれば、異性ということもありどう接していいか分からないという人もいるかもしれません。

そんな妹に好かれる方法が知りたいという人もいるでしょう。

そこで今回は、妹を可愛がるためにやってあげるべきことや典型的な妹の性格の特徴をご紹介します。

この記事を参考に今後妹と接するときの参考にしてみてください。

妹に対して兄・姉がやってあげるべき8個のこと

母や父にとって「娘」という存在はかけ甲斐のないものであることに違いがありません。

ですが、兄や姉にとって「妹」という存在はどのようなものでしょうか。

どこか甘えっ子で扱いに困ったなどということもあるかもしれませんが、年の離れた兄や姉にとっては「育ててあげる」存在であったかもしれませんね。

両親よりも年が近くて、自分と同じような遺伝子を持っている違う存在というのは、親子間とは違う関係が成り立っています。

それでは、そんな妹に対して、兄や姉がやってあげるべきことには何があるでしょうか。

いくつかをまとめてみました。

1. いじめから守る


いじめられているとき、なかなか子供は親にその事実を言うことができません。

親に嫌われたくない、恥ずかしいという想いが先立ってしまうからです。

ですが、それは姉や兄にはすぐに分かるのではないでしょうか。

年が近いからこそ、同じような学校というコミュニティに属しているからこそ、妹がどのような状態にあるのかを気づきやすいはずです。

親には言えないことでも、姉や兄が気づいてくれるとたくさんの相談をできるのではないでしょうか。

いじめから守ってくれるのは、意外と母親や父親ではなくて兄や姉であるかもしれません。

妹が学校のことで悩んでいる様子を見せていたら、年の近い兄弟として話を聞いてあげると良いでしょう。

また、助けてほしいと思っていることが分かったら、助力を惜しまずに助けてあげましょう。

妹から言いにくいようなら、姉や兄から両親に告げてみても良いかもしれません。

2. 勉強を教える

勉強を教えてあげることができるのも、兄や姉だからこそでしょう。

兄や姉は年が近いため、勉強の内容もよく理解しています。

年の近さによっては、同じ先生に教わっていることもあるかもしれませんね。

もちろん、兄や姉が勉強を不得手としている場合には役に立たないかもしれませんが、妹にとっては、一番身近にいる先生が兄弟です。

どのようなことをすれば勉強ができるようになるのか、教科ごとのコツにはどのようなものがあるかなど、兄弟に聞いてみると、自分に役立つ知識を手に入れることができるでしょう。

3. 損得勘定なしに気前よく物をあげる


妹に対して姉や兄ができることといえば、損得勘定なしに気前よくものをあげることもできるということです。

これは、年が離れていなければ難しいかもしれません。

年が近い兄弟では取り合いになってしまうこともあるのではないでしょうか。

もし年が離れている兄弟なら、何の損得勘定もなしに、自分の持っているものをあげることができますよね。

それで妹の喜ぶ顔が見られるなら、とついつい甘くなってしまう人もいるでしょう。

4. 感謝の気持ちをきちんと言うように教える

感謝の気持ちは、たとえ親しい中であっても欠かすことができない大切な礼儀です。

それを教えるのは親もそうですが、兄や姉なのではないでしょうか。

自分に一番近い位置にいて感謝の気持ちをきちんと言えなくても、何となく相手の言動で伝わってしまう関係性なのが兄弟です。

だからこそ、きちんと感謝の気持ちを伝えるということを教え込まなければいけません。

親しい中であっても「ありがとう」は大切だということは、一番近い位置にいる姉や兄から言われるからこそ、何となく説得力を持って聞こえるものです。

5. 謝罪の言葉をきちんと言うように教える

感謝の気持ちと同様に、謝罪の言葉をきちんと言うように教えるのも兄や姉の役割と言えるでしょう。

兄弟間で謝るようなことはあまりないかもしれませんが、親から怒られている妹に「お母さんにごめんなさいって言えば良いんだよ」と教えてあげるのは兄弟の役割です。

家族にはどこか役割分担のようなものがあり、兄弟の年が離れているときには両親も姉や兄に教育邸な部分を任せることもあるでしょう。