兄弟姉妹がいる方は、下の子の面倒を見てあげなければいけなくて大変だったということもあるかもしれません。

ただ、年の離れた兄弟であったなら、思いきり可愛がることができて楽しいと思ったこともあるかもしれませんね。

それでは、兄や姉にとって妹とはどんな存在でしょうか。

また、妹にはどのようなことができるでしょうか。

妹という存在は妹を持っている人でなければ、その可愛さが分からないでしょう。

また、どのような存在であり、どんなことをしてあげたいのか理解してもらうことができないかもしれません。

妹の方にしてみれば、兄や姉がどんなことを思って自分に接してくれているのか分からなくて不安等いうこともあるかもしれませんよね。

ここでは、「妹」という存在について詳しく取り上げたいと思っています。

まず、姉や兄がどのようなことをしてあげることができるのか、妹というのはどのような特徴を持っているのか、兄や姉がしてあげたいと思っていること反であるのかなど、徹底的に妹という存在について解説してみたいと思います。

妹に対して兄・姉がやってあげるべき8個のこと

 母や父にとって「娘」という存在はかけ甲斐のないものであることに違いがありません。

ですが、兄や姉にとって「妹」という存在はどのようなものでしょうか。

どこか甘えっ子で扱いに困ったなどということもあるかもしれませんが、年の離れた兄や姉にとっては「育ててあげる」存在であったかもしれませんね。

両親よりも年が近くて、自分と同じような遺伝子を持っている違う存在というのは、親子間とは違う関係が成り立っています。

それでは、そんな妹に対して、兄や姉がやってあげるべきことには何があるでしょうか。

いくつかをまとめてみました。

1. いじめから守る


 いじめられているとき、なかなか子供は親にその事実を言うことができません。

親に嫌われたくない、恥ずかしいという想いが先立ってしまうからです。

ですが、それは姉や兄にはすぐに分かるのではないでしょうか。

年が近いからこそ、同じような学校というコミュニティに属しているからこそ、妹がどのような状態にあるのかを気づきやすいはずです。

親には言えないことでも、姉や兄が気づいてくれるとたくさんの相談をできるのではないでしょうか。

いじめから守ってくれるのは、意外と母親や父親ではなくて兄や姉であるかもしれません。

妹が学校のことで悩んでいる様子を見せていたら、年の近い兄弟として話を聞いてあげると良いでしょう。

また、助けてほしいと思っていることが分かったら、助力を惜しまずに助けてあげましょう。

妹から言いにくいようなら、姉や兄から両親に告げてみても良いかもしれません。

2. 勉強を教える

 勉強を教えてあげることができるのも、兄や姉だからこそでしょう。

兄や姉は年が近いため、勉強の内容もよく理解しています。

年の近さによっては、同じ先生に教わっていることもあるかもしれませんね。

もちろん、兄や姉が勉強を不得手としている場合には役に立たないかもしれませんが、妹にとっては、一番身近にいる先生が兄弟です。

どのようなことをすれば勉強ができるようになるのか、教科ごとのコツにはどのようなものがあるかなど、兄弟に聞いてみると、自分に役立つ知識を手に入れることができるでしょう。

3. 損得勘定なしに気前よく物をあげる


 妹に対して姉や兄ができることといえば、損得勘定なしに気前よくものをあげることもできるということです。

これは、年が離れていなければ難しいかもしれません。

年が近い兄弟では取り合いになってしまうこともあるのではないでしょうか。

もし年が離れている兄弟なら、何の損得勘定もなしに、自分の持っているものをあげることができますよね。

それで妹の喜ぶ顔が見られるなら、とついつい甘くなってしまう人もいるでしょう。

4. 感謝の気持ちをきちんと言うように教える

 感謝の気持ちは、たとえ親しい中であっても欠かすことができない大切な礼儀です。

それを教えるのは親もそうですが、兄や姉なのではないでしょうか。

自分に一番近い位置にいて感謝の気持ちをきちんと言えなくても、何となく相手の言動で伝わってしまう関係性なのが兄弟です。

だからこそ、きちんと感謝の気持ちを伝えるということを教え込まなければいけません。

親しい中であっても「ありがとう」は大切だということは、一番近い位置にいる姉や兄から言われるからこそ、何となく説得力を持って聞こえるものです。

5. 謝罪の言葉をきちんと言うように教える

 感謝の気持ちと同様に、謝罪の言葉をきちんと言うように教えるのも兄や姉の役割と言えるでしょう。

兄弟間で謝るようなことはあまりないかもしれませんが、親から怒られている妹に「お母さんにごめんなさいって言えば良いんだよ」と教えてあげるのは兄弟の役割です。

家族にはどこか役割分担のようなものがあり、兄弟の年が離れているときには両親も姉や兄に教育邸な部分を任せることもあるでしょう。

母親や父親が怒っているときには、それをフォローして謝るということを教えるのが兄弟の役目です。

きちんと謝らなければいけないということをうまく教えてあげるようにしましょう。

6. 悪い友達から上手く引き離す

 親はなかなか把握することができないような交友関係も、年が近い兄弟なら何となく把握することができるのではないでしょうか。

年が近い兄弟なら、余計に妹の交際範囲について知っていることもあるでしょう。

妹があまりに悪い友達と付き合っているようなら、それをそっと引き離してあげるのも兄や姉の役割です。

自分ではどうしようもなくなってしまっているようなら、手助けをして正しい道に戻してあげることも大切ですね。

兄や姉自身の手に負えないことが分かったのなら、親にそっと告げて、親が出てくるのを待っているだけでも構いません。

一番近いところにいるからこそ、悪い友達と付き合っているようなときにしっかりと道に戻してあげることが大切なのです。

7. 間違った考えを正してあげる

 妹が間違った考えをしていたら正してあげることも大切です。

大人にとっては可愛いと思えるような間違いかもしれませんが、子どもにとっては大きなことかもしれないこともありますよね。

そういったことは、年が近いところにいる兄弟だからこそ「それは違う」と教えてあげることが大切なのです。

間違った考えを正すのは簡単なことではありませんが、それでは子どもの世界の中で生きていくのが難しくなってしまう、というような間違いをしているようなときには、同じ目線で教えてあげることができるのが姉や兄の役割です。

8. 困った時に相談し易い包容力を持つ

 母親や父親は自分の一番の味方であるからこそ、なかなか相談をしにくいというところもあるでしょう。

必ず自分を守ってくれると分かっているからこそ、そこまで大事にしなくても良いと思うようなことを相談できないのが問題なのです。

ですが、姉や兄ならそこまで大袈裟にならなくても相談することができるはずです。

また、妹を可愛いと思ってくれている兄弟なら、相談しやすい雰囲気を作ってくれるでしょう。

困ったときには、年が近い相手であり、親よりも厳しいことを言ってくれるような兄弟の方が良いかもしれません。

兄や姉は、相談しやすいような雰囲気作りをして、どんな相談でも包容力を持って相手のことを見てあげることが大切です。

可愛い妹を大事にしたい!

 可愛い妹を大事にしたいと思う気持ちはみんな同じです。

稀に、折り合いが悪い兄弟というものもいますが、特に都市が離れているような場合だと、姉や兄にとっては妹はとても可愛い存在であり、守りたいと思ってしまうに違いありません。

ある意味では母や父よりも近い存在となるので、ついつい甘やかしていしまうこともあるかもしれませんよね。

それでは、兄や姉にとっては妹はどのような存在なのでしょうか。

また、どのような点に気を付けて妹と接しなければいけないのでしょうか。

妹という存在を可愛いと思っているからこそ気を付けなければいけないこと、妹にとっては兄や姉がどのような存在であるかなど、妹との関わりについて見てみることにしましょう。

1. 妹は兄や姉をどう思っている?

 妹は兄や姉のことをいったいどのように思っているのでしょうか。

姉や兄にとってはいつの間にかできた自分より年下の可愛い存在というのが妹かもしれません。

年齢によっては、妹が生まれた日のことを覚えている人もいるのではないでしょうか。

ですが、妹にとっては生まれたときから近くにいてくれたのが兄や姉です。

家族として当たり前のようにそこにいた存在が兄であり、姉であり、そして、時には母や父よりも近い場所にいた存在です。

兄や姉にとっては可愛いと思える存在かもしれませんが、妹にとっては兄や姉はどのようなものだと見えているのでしょうか。

1. 頼りがいがある

 妹にとって、兄や姉は頼りがいのある存在のように見えているのではないでしょうか。

特に、年が離れていて自分のことを可愛がってくれているようなら、余計に頼れる存在のように思えるかもしれません。

何をするにしても兄や姉の後を突いて歩いていたような子なら、特に、姉や兄が見せてくれるような世界が新しいものばかりで「お兄ちゃんについていれば大丈夫」「お姉ちゃんと一緒なら大丈夫」と、いつでも兄・姉のことを頼りにしていたのではないでしょうか。

そういった頼りになる存在という認識は後になっても変わることがありません。

兄や姉を頼ってみると何か解決するのではないかと思っている妹もいるでしょう。

また、母や父を頼るのが恥ずかしいと思っているようなことでも、年の近い兄や姉になら言えると思っている人も多そうです。

頼りになって、何でも悩み事を気軽に相談することができる存在というのが兄や姉なのです。

2. 優しい

 優しいという印象を持っている人もいるでしょう。

外には厳しいところを見せる兄や姉も、身内である自分には優しくしてくれると思っている人もいるかもしれません。

年の離れた妹を可愛がっていた人は、特に、妹からは優しい存在であるという認識をされているかもしれませんね。

また、母親や父親に叱られたときにかばってくれる優しい存在だったという印象があるかもしれません。

母親や父親との間に立って仲介役をしてくれたという認識をしている人もいるでしょう。

また、人によっては、幼いころに自分のために我慢ばかりさせていた兄や姉に対して申し訳ない気持ちと共に、優しい人だと思っていることもあるかもしれません。

幼いころを振り返ったとき、時には意地悪なことをされたけれど、何だかやはり優しかったという印象を持っている人は少なくないのではないでしょうか。

3. 時には怖い

 時には怖く、厳しい存在だったという印象が強い人もいるでしょう。

それは、妹という存在だからこそです。

母親や父親は人生の中では大先輩にあたりますし、人生の厳しさを所によって教えてくれる存在です。

それでも娘の心を傷つけないように、そっと道を指示してくれるような存在であったことには違いないでしょう。

一方で、姉や兄はそういった遠慮がありません。

母親や父親に比べると、ほんの少ししか先に言っていない先輩は、同じ子どだからこそ、妹に世界の厳しさを教えるような存在であることもあります。

例えば、母や父に言えば優しく教えてもらえるようなこと、かばってもらえるようなことでも、姉や兄はかばってくれないということがあったかもしれません。

それは、自分自身も同じような道で人生の厳しさを学んでいるからこそ、妹という存在にも現実を教えようとしてのことなのです。

子どもだからという手加減が大人にはできますが、姉や兄にはそういった必要がありません。

そのため、時にはとても怖く、厳しいことを言ってくる人だったという印象が強く残っているという人もいるのではないでしょうか。

4. 手伝ってもらって当然と思っている妹も

 あまりに妹に甘くしているような場合には、姉や兄は自分のことを助けてくれて当然だと思っている人もいるかもしれませんね。

当たり前のように生まれてからずっと助けてくれていたので、これから先もそうだと思っている妹もいます。

生まれたときからずっと同じ環境で甘やかされ続けてきた妹にとっては、それが当たり前のことであって、それが普通ではなかったということに気づくことができないのです。

こうした考え方を持っている妹を持つと、姉や兄に結婚相手ができたときに苦労するかもしれませんね。

それまでと同じように姉や兄を頼ることができなくなり、姉や兄の伴侶との軋轢が生まれてしまう可能性もあります。

これに関しては、妹ばかりが悪いのではなく、甘やかしすぎていた姉や兄、そして母親と父親が悪いといえるのではないでしょうか。

2. ある程度距離感も大事

 いくら妹を可愛がっているとしても、ある程度の距離感も必要です。

妹という存在だからこそ可愛くて仕方ないというのは分かりますが、だからと言って、妹との距離感がなければ関係性が上手くいかなくなる時が来ます。

妹といえども、独立した違う人間だということを頭においておくことが大切ですね。

1. あまり干渉し過ぎると嫌われる

 妹が可愛いからと言って、あまりにも干渉をしていると嫌われてしまいます。

可愛い妹というフィルターがかかっていると、妹が小さなころのままのように思えるかもしれません。

ですが、妹だって成長しますし、自立して自我を持つようになります。

好きな人だってできるかもしれませんし、思春期に反抗期があったように、妹にも反抗期が訪れるでしょう。

また、一人の人間として尊重してほしいという想いが生まれてしまってもおかしくはありません。

親に過干渉されると嫌な思いをするように、姉や兄であっても過干渉の状態でいると、いつか嫌われてしまいます。

どうしてそこまで口を出してくるのかを考えたときに、まるで毒家族のように思われてしまうこともあるのです。

可愛い存在であることには違いがなくても、あまり干渉しすぎないように気を付けてください。

自分がされて嫌だと思えるような干渉はしないようにすることが大切です。

2. 甘やかし過ぎてもダメ

 つい妹を甘やかしてしまう人もいるでしょう。

もちろん、可愛い存在であることには違いがないのですから、甘やかしてしまうことがあってもおかしくはありません。

ですが、甘やかしすぎていると妹の教育になりません。

妹であったとしてもダメなものはダメだときちんと告げてあげることが大切です。

また、ある程度成長したのちには、兄弟でありながら友人のような関係を作ることが大切であり、いつまでも可愛らしい妹、大好きな姉・兄の状態を保っていると、お互いに結婚してから面倒くさい思いをすることになるかもしれません。

ま甘やかしすぎることなく、しっかりと常識のある妹に育てることが大切です。

育て方が悪いからと言って、妹はペットのようにいつまでも面倒を見ることができる存在ではないのです。

3. お金に関してはある程度シビアに

 甘やかしすぎないことが大切ですが、特に、金銭的な面ではある程度シビアに育てるようにしましょう。

誰かが管理していなければお金をまともに扱うこともできないような人間に育ててしまってはいけません。

また、経済的な援助を求められても断ることができるような関係性を作っておきましょう。

兄妹であるからと言って、経済的な面でもいつまでも支えられるわけではありません。

甘えてくる妹が可愛いからと言って、頼れば何でもしてくれる存在だと思わせてはいけないのです。

どんなことを言っても絶対に許さない境界線というのは定めておくべきであり、特にそれが金銭的な問題である場合には、他よりもシビアに線引きするようにしてくださいね。

典型的な妹の性格の特徴

 妹とひとくくりに言っても、世の中にはたくさんの「妹」という存在がいるはずです。

ですが、その妹たちの中でも、どこか共通する特徴を見出すことができるのではないでしょうか。

「妹」として兄や姉と関わってきたからこそ、何か共通する特徴が生まれるのだとすれば、それはいったい何なのでしょうか。

典型的だといわれるような妹の性格の特徴について見てみることにしましょう。

自分の妹にはいくつ当てはまるところがありましたか?

1. 甘え上手

 典型的な妹の性格の特徴としては、まずは甘え上手ということが挙げられるのではないでしょうか。

姉や兄がいたからこそ、どのように甘えれば人が喜んでくれるのかを熟知しているのが妹という存在です。

また、良い方は悪いかもしれませんが、どのように甘えれば年上の人が動いてくれるかを分かっているのが妹という存在なのではないでしょうか。

そのため、美人か可愛いかといわれると可愛い存在だといわれることが多いですし、年上から可愛がられるタイプだといわれるようになります。

彼氏にも甘え上手で可愛いと思ってもらえることができるでしょう。

これは末っ子ならなおさらですが、妹として兄や姉に可愛がられたからこそです。

2. 協調性がある

 妹は、協調性があるタイプだといわれています。

生まれたときには家族が揃ってしまっていますし、そういった意味では、集団生活に慣れているからと言えるでしょう。

また、どのように過ごせば角が立たないようになるかを、姉や兄の姿を見ることで学習しているため、協調性があるといわれるタイプになりますね。

集団の中でどのような立ち位置にいれば良いか分かっていますし、大勢の中でのコミュニケーションも苦にならないタイプに育つのではないかと思われます。

3. 自分に自信がある

 妹という存在は自分に自信があるタイプに育つのではないでしょうか。

上のこと下の子ではどちらかというと下の子の方が可愛がられるものですし、姉や兄からも可愛がられます。

そのため、常にちやほやされている状態なので、どこかで自分に自信を持っているのではないでしょうか。

家の中でも困ったことがあれば姉や兄に相談して慰めてもらうことができますし、母親や父親も常に自分の見方でいてくれるでしょう。

幼いというだけで親戚からも可愛がられるでしょうから、常にどこかで「自分は可愛がられる」「否定されない」という想いを持っているのではないでしょうか。

4. 構って欲しがる

 妹は構ってほしがるような特徴を持っていることがあります。

家の中では常に誰かにかまわれているような状態で育ったので、何か構われていない状態だと不安を感じるのではないでしょうか。

家の中では「一人にしてほしい」と思っていたとしても、誰も自分に注意を払わないような状態になってしまうと、それはそれで不安でたまらなくなってしまうというようなことがあるでしょう。

どこかで、自分に注目が集まっていないと嫌な思いをしてしまうような我儘なところもあるかもしれません。

どれくらい甘やかされて育ったかということに掛かっていますが、どんな妹でも甘え上手で構われていることが普通なので、あまりにかまってくれないような人を相手にしているとペースを崩されるということもあるかもしれませんね。

5. 兄や姉の真似をする

 これは小さいころからの習慣のようなものではないでしょうか。

姉や兄の後をついて歩いて、それの真似をすることで成長していくという側面があったのです。

それが今でも残っていると考えると可愛らしい特徴だと思えるのではないでしょうか。

特に、同性の姉の場合だと、真似をしたくなってしまうのも仕方ありません。

例えば化粧品や美容などは、姉から教えてもらって真似をしてみるということもあるでしょう。

姉もそういった面で面倒を見てあげることが多ければ、真似をされていることに嫌な思いはしないのではないでしょうか。

どこか兄弟の雰囲気が似ているといわれることがあるとすれば、自分が妹に似ているのではなくて、妹が自分に似ているのです。

6. マイペース

 末っ子ということもあれば、特にマイペースなところがあるでしょう。

妹という存在はとても得です。

兄や姉、そして家族が、一番小さかった妹の存在に合わせて歩んでくれていたからです。

そのため、自分のペースにみんなが会わせてくれるというのが当たり前になり、マイペースに物事を進めてしまうような傾向が生まれます。

どんな時でもあまり焦ることがなく、当たり前のように自分のペースで何かの作業を進めているような様子があれば、それは妹だからなのかもしれません。

頑固に自分のペースを守っているというよりは、それが当たり前だから、自分のペースを崩すということを知らないというパターンです。

7. 要領が良い

 妹は姉や兄が失敗しているところを見てから学習するので、とても容量が良くなるといわれています。

誰かがしているところを観察してから、自分の中にうまく取り入れることができるのです。

どこかちゃっかりしているところもあるかもしれません。

小学校の中などでは、要領よく楽しく過ごすことができたのではないでしょうか。

要領が良くて得をしてきた場面は多く、社会の中でもどこかちゃっかりしているところがあるのではないでしょうか。

その半面で、そうしたちゃっかりした部分が嫌われてしまうこともあるので、そういった面では姉や兄のフォローが必要かもしれませんね。

8. おしゃべりが上手い

 妹という存在は家族の中では一番幼い存在であり、誰もがその気網との前では少し大人にならなければいけませんでした。

そのため、幼い姉や兄も、妹を相手にしているときは聞き手に回っていることも多かったのではないでしょうか。

自分が話すばかりではなく、妹が話すタイミングや、喜んでくれるような相槌など、姉や兄の方が聞き上手になって言ったかもしれません。

それは、妹が相談をしてくるときなどに、さらにスキルアップしていったでしょう。

その反対に、妹の方はおしゃべりが上手くなっていく傾向があったのではないでしょうか。

兄や姉、そして家族が聞き手に回ってくれていたため、自分はたくさん話すことができたからです。

色々なことをおしゃべりしていると、姉や兄がたくさん話を聞いてくれたため、どんどんと話すことが上手くなっていくのです。

その一方で、あまり聞き上手とは言えないかもしれませんね。

9. 自立心旺盛

 妹は幼いという点ではたくさんの得をしてきたかもしれません。

ですが、一人だけ押さなかったからこそ、早く自立したいという気持ちを抱えて生きてきたという特徴もあるかもしれません。

兄も姉も、もちろん母親や父親も大人になっていく中で、自分が一番成長が遅いというのは焦りにも似た心境になります。

いつまでも自分ばかりが子ども扱いされているのが嫌だと感じるかもしれません。

そのため、早く自立したいという気持ちが大きいかもしれませんね。

兄や姉からしたら、妹の方が可愛がれていたため何の不満も持っていないように思えたかもしれません。

ですが、妹は妹で、早く自分が一人で生活できるというところを見せられるように頑張ろうと思っているということもあるのではないでしょうか。

10. 喧嘩したらすぐ泣く

 喧嘩した時の容量も良いのが妹です。

家の中では、喧嘩をして兄や姉、そして妹が泣いていると、兄や姉の方が起こられたでしょう。

小さい妹を泣かせるなんてと言われていたかもしれません。

それを学習してしまっているため、妹は喧嘩をすると比較的すぐに泣いてしまう傾向にあるのではないでしょうか。

大人になってからは、姉や兄ばかりが叱られるわけではないことは分かっていても、そう簡単に習慣というものは抜けないのです。

口論を射ているときや喧嘩をしているときに、すぐに涙が浮かんでしまうのは、小さなころの「妹」としての戦術が残っているのかもしれませんね。

時には憎たらしい…けれど大切な存在、妹

 いかがでしたか?
 妹の存在を可愛いと思っている兄や姉は多いはずです。

ですが、自分と年齢が比較的近く、自分にとても近しい存在であると考えると、どのように接して良いか分からないということもあるのではないでしょうか。

自分が妹ならどんな兄や姉が欲しいのかを考えてみると、なかなかそんな理想の存在にはなれないと落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

年が近くて喧嘩ばかりをしていた兄弟なら、それはそれで、ある時期までは相手のことが憎たらしくて仕方ないということもあったかもしれませんね。

妹という存在がどのようなものであったかは、それこそ、人によってたくさんのエピソードがあって説明しきれないかもしれません。

妹の結婚の時に泣いてしまう兄や姉もいるかもしれませんね。

妹という存在がいない人には少し羨ましいと感じてしまうかもしれません。

どこか自分に近くて、どこか自分も育てたように感じる妹という存在は、大人になってからも振り回してくれることのある大切な存在だといえるのではないでしょうか。