突然ですが、あなたは最近誰かに感謝の言葉を伝えましたか?

そう言われると、意外と答えに詰まってしまうのではないでしょうか。

気軽に「ありがとう」という言葉を伝えることはあっても、きちんと感謝を伝えたかというと、それはまた別の話でしょう。

まずは「誰に感謝するか」という点があるでしょう。

また次には「何を感謝するか」という点があり、さらに「どのように感謝するか」という問題もあります。

特に「どのように感謝するか」というのは難しい問題を含んでいますよね。

面と向かって感謝の気持ちを伝えるのは恥ずかしいという方も多いでしょう。

しっかりと伝えなければと思っていても、つい、恥ずかしくて伝えていないということもあるのではないでしょうか。

ですが、それでは伝わっていると思われた感謝も伝わっていないこともあるのです。

それでは、感謝の気持ちをはっきりと相手に伝えるためには、いったいどのような方法を使えばよいのでしょうか。

また、どのようなポイントを押さえて感謝の気持ちを伝えるようにすれば良いのでしょうか。

ここでは、できるようでなかなかできない「感謝の方法」についてご紹介いたします。

感謝を伝えるための10個の感動的な方法

感謝を伝えるためには、普段はどのような方法を使っていますか?

意外と、「ありがとう」とあっさり伝えるだけになってしまってはいないでしょうか。

確かに、ありがとうという言葉をかけられるだけで、普段の苦労が報われたという人も多いでしょう。

ですが、本気で感謝をしていることを伝えるためには、ちょっと特別な方法を利用してみた方が良いかもしれません。

どうせ伝えるのなら、相手に感動してもらいたいですよね。

特別に感謝を伝えるための感動的な方法のいくつかをご紹介します。

できそうだと思うものがあれば、それを実行してみてくださいね。

1. 感謝の気持ちを込めた歌を作る

音楽的なセンスを持っている方なら、感謝の気持ちを込めた歌を作ってみるのも良いのではないでしょうか。

特に、自分で作って自分で歌うことができるような人なら、相手に対する気持ちをメロディに乗せて伝えることができます。

何もなしにかしこまって伝えるよりも伝えやすいかもしれませんね。

最近ではオリジナルの曲を作ってくれるようなサービスもあります。

歌詞を作って相談してみると良いのではないでしょうか。

ただしこれは、自分で演奏ができなくては意味がありません。

せっかく作った曲が伝わらなくては意味がありませんから、自分でギターやピアノで伴奏できる人におすすめの方法です。

2. カラオケで替え歌にして感謝を伝える

自分で曲を作るよりもずっと簡単な方法がカラオケで替え歌にして伝えるという方法です。

相手が好きな曲を使っても良いですし、何か雰囲気に合う曲を選んでも良いでしょう。

ただし、相手が夢中になっている曲を使ってしまうと「この曲を汚さないで」などと言われてしまうこともありますから気を付けた方が良いかもしれません。

3. オムライスにケチャップで書く

とても簡単な方法ではありますが、オムライスを作ってケチャップで文字を書くのも良いのではないでしょうか。

もちろん、とても気軽に伝えられる方法ではありますが、相手の注意を引くきっかけができます。

「ありがとう」と書かれたオムライスを出して、相手が自分を見たところで、言葉を使って相手に感謝の意持ちを伝えることができます。

きっかけがなくて何も言い出せないという方は、ぜひこの方法を採用してみてください。

自分の料理を振舞うことができるような父親や兄、彼氏に仕えそうな方法ですよね。

4. レストランでサプライズで伝える

最近では、レストランでサプライズを行ってくれるところがありますよね。

そうしたところでサプライズを行ってみると良いのではないでしょうか。

例えば誕生日などの記念日のサプライズと共に、普段自分が感謝していることを伝えるのです。

レストランの中の視線が集まってしまって恥ずかしいかもしれませんが、そんな中で伝えてくれた感謝の気持ちは忘れられることがないでしょう。

ただ面と向かって言うよりもハードルが高い感謝の伝え方ですが、その分だけ「頑張った」ことが相手に伝わりやすくて良いかもしれません。

5. 感謝の言葉を書いた日めくりカレンダーをプレゼント

毎日定期的に感謝の言葉を伝えたいと思ったときには、感謝の言葉を書いた日めくりカレンダーをプレゼントしてみて下さい。

これは、作る方は大変ですね。

365日分の感謝の言葉を考えなければいけないのです。

しっかりと心がこもっていることが分かるプレゼントであることは確かだといえるでしょう。

もらった方にとっては、毎日ワクワクしながらめくることができるので良いかもしれませんね。

6. タイムカプセルで10年後に感謝を伝える

恩師などに感謝を伝えるような機会があるのなら、タイムカプセルを利用することも良いでしょう。

中高生のころにはタイムカプセルというものもありますから、簡単にできますね。

ただ、大人になってからはそう簡単にタイムカプセルをできないのが問題です。

また、あまり年齢が上になってからのタイムカプセルでは、開けるころには死んでしまっているということも考えられますので、自分の年齢とできる場所、相手の年齢をしっかり考えましょう。

7. 一緒に登山をして山頂で感謝を叫ぶ

登山を趣味としている人なら良いかもしれませんね。

一緒に登山をした山頂で叫ばれるという経験はあまりありませんから、相手の心にも響くでしょう。

ただし、この方法はかなり恥ずかしがられてしまう可能性がありますから気を付けてくださいね。

特に、友人や恋人同士の場合には「恥ずかしいからやめてくれ」と言われてしまうかもしれません。

誰もいないときなら、そういった関係性の相手でもおかしくはないでしょう。

また、家族に対しての感謝を叫ぶのなら、人の目があるところでも気にならないのではないでしょうか。

8. 手作りの陶芸に感謝の言葉を刻んでプレゼント

手作りの陶芸に感謝の気持ちを刻んでプレゼントするのも良いのではないでしょうか。

陶芸を作る人なら、それに感謝の言葉を刻むことは難しくないですよね。

何か手作りの品に感謝の気持ちがこもっていると、それはただのプレゼントよりもずっと気持ちがこめらたものになります。

感謝の気持ちを刻むことができるのなら、陶芸ではなくても構いません。

絵付けでも良いですし、何かそういったことをできる機会があるのなら、感謝しているということを伝えるためにも、そうしたものを利用すると良いのではないでしょうか。

9. 毎日感謝日記を書き、それをプレゼントする

一過性の感謝ではなく、毎日きちんと感謝していることを伝えたいと思ったときには、感謝日記を書くというのも良いかもしれません。

そして、それをプレゼントするのです。

毎日書かなければいけないのですから、並大抵の努力ではできないでしょう。

この方法は、普段から一緒に過ごしている家族に良いプレゼントかもしれませんね。

お母さんは喜んでくれるのではないでしょうか。

毎日書くということは、何か大きな出来事に対して感謝するわけではなく、日常的な細々したことに感謝をするということになります。

普段から自分の生活を支えてくれている家族にはとても良いでしょう。

ただし、これと同じことを恋人などにしてしまうと、重いと思われてしまうこともあるので注意してくださいね。

10. ずっと欲しがっていたものをプレゼントして感謝を伝える

相手に感謝の気持ちを伝えるときには、ずっと欲しがっていたものをプレゼントするというのはとても良い方法です。

この方法をとることを躊躇う人がいるのは、プレゼントというものに頼って感謝することが何となく、いやらしいイメージを持ってしまうからです。

精神的な「ありがとう」を伝えたいだけなのに、物に頼ってしまってはうまく伝わらないようなイメージを持ってしまう人も少なくないでしょう。

ですが、この方法はとても簡単なうえに、きちんと相手に感謝の気持ちが伝わる方法です。

ポイントは「相手が欲しがっていたものをあげる」ということです。

相手の欲しがっているものを見極めるのは簡単なことではありません。

相手が欲しがっていたものを探すためには、普段から相手のことを気遣っていなければいけません。

相手がふと零した言葉を拾ってリサーチしなければいけないのです。

また、店頭で自分のために選んでくれた時間があるということが大切なのです。

相手が自分のために時間を割いてくれたというのはもちろんうれしいですし、そのために自分の大切なお金を使ってくれたというのも嬉しいでしょう。

確かにお金に頼ってはいますが、そこに至るまでの過程を考えることで、プレゼントに本当の価値が生まれるのです。

また、渡すときにきちんと言葉で「ありがとう」と伝えることで、相手へさらにきちんと気持ちが伝わるのではないでしょうか。

感謝は思っているだけではダメ

感謝はわざわざ感動的な方法で伝える必要はないと思っている方もいるのではないでしょうか。

たしかにそれはそうです。

自分のために感謝を伝えるわけではなく、感謝をするときには、相手のことを第一に考えなければいけません。

ですが、だからと言って心の中で伝えれば良いというものではありません。

感謝は思っているだけでは絶対に伝わらないのです。

エスパーでもない限りは、感謝を思っているだけで伝えることはできません。

相手に感謝をしているのなら、相手にもはっきりとわかる方法で伝えるのが一番です。

ここでは、相手に感謝を伝えるときのポイントやコツについてご紹介します。

特別なこった方法を使わなくても伝わるような感謝の方法について考えてみましょう。

1. 感謝の言葉をしっかり口にしよう

感謝の言葉はしっかりと口にするようにしましょう。

口にしなくても伝わると思っている人は間違いです。

「ありがとう」のたった一言で会ったとしても、それを実際に口にするのと、口にしないで相手に伝わっていると思うのでは大違いなのです。

伝えることで初めて意味を持つ

感謝の気持ちというのは口にして伝えることで初めて意味を持ちます。

言葉は形にしなければ相手に届きません。

相手の気持ちがすべてわかるような時代になったのなら良いかもしれませんが、今の時代ではきちんと口にしなければ相手に伝わることはないのです。

確かに、面と向かって相手に感謝の気持ちを伝えるのはとても恥ずかしいでしょう。

家族や恋人、友人などの親しい相手に感謝を伝えるのなら、「今更かしこまって相手に気持ちを伝えるなんて」と思うかもしれません。

いつも親しくしているのに、きちんと面と向かって何かを伝えるのは何となく気恥ずかしくなってしまうということもあるでしょう。

ですが、その気持ちを抑えてでも、きちんと面と向かって告げるということが何よりも大切なのです。

そんな恥ずかしさがありながらも相手に伝えることで、相手にもきちんと感謝の気持ちが本物であるということが分かるのです。

恥ずかしいからと思って伝えないようにするのではなく、恥ずかしいという気持ちを持ちながらも伝えることが何よりも効果的だということです。

相手の気持ちが大きく変わる

誰からも感謝の気持ちを伝えられないような状態の時には、どうしても気持ちが腐ってしまうものですよね。

自分がやっていることにやる気を失ってしまうかもしれません。

自分がやっていることは無駄なのではないかと思ってしまう人もいるでしょう。

そんな腐った気持ちを救うのが「ありがとう」という言葉です。

面と向かって感謝の気持ちと伝えるのが恥ずかしい子であるというのは、相手も同じ人間なのですから、分かってるはずです。

まして、良く知っている間柄なら、相手の性格も分かっていますから、どれだけそういうことを苦手としている人かということを分かってもらうことができるでしょう。

ですが、そんな中で面と向かって「いつも感謝してます」「ありがとうございます」と言われると、言われた方の心が大きく動くのです。

相手が恥ずかしい気持ちを抑えて言ってくれたことや、普段は苦手としていることを自分のためにしてくれたという感動がまずあります。

さらに、感謝されていないと思っていたことを、きちんと感謝して伝えてくれたということに感動するでしょう。

相手の気持ちをしっかり動かすことができるのは、感謝の気持ちを面と向かって伝えているからこそです。

相手の感情や気持ちをしっかりと動かすためには、自分がまずプライドや恥ずかしさを押さえなければいけません。

そして、自分自身の言葉で伝えなければいけません。

良いエネルギーで満ちている言葉

「ありがとう」という言葉や、感謝の気持ちには良いエネルギーが満ちています。

誰のことを不幸にすることもない言葉であり、ネガティブな意味がこもっていません。

しっかりと相手に気持ちを伝えることもできますし、短いのに、相手の気持ちを変えることもできるような魔法のような言葉ですよね。

感謝の言葉は、自分の独自のものでなくても構いません。

使い古されたように思われる「ありがとう」でかまわないのです。

ただ、自分自身でどんなことに感謝しているかということを伝えると、相手の心に届きます。

相手に伝えるときには、その良いエネルギーを自分の中からきちんと出すようにしてくださいね。

2. 感謝の言葉には凄い力がある?

 感謝の言葉である「ありがとう」にはすごい力があるといわれています。

魔法の言葉だといわれることもありますよね。

「ありがとう」という言葉が持つ効果について見てみることにしましょう。

病気が軽減することも?

病気と闘っている自分の身体に「ありがとう」と感謝することで、病気が軽減することもあるようです。

もちろん、その間に科学的なつながりが発見されているわけではありませんが、自分の身体に感謝することで、意識には昇らない身体のある部分が喜んでしまうのかもしれません。

また、温かい気持ちになることで神経系の動きに変化が生まれることが原因かもしれません。

科学的根拠があるわけではありませんが、病気に身体が負けてしまいそうなときには「ありがとう」と口にしてみるのも良いのではないでしょうか。

植物がよく育つようになることも?

「ありがとう」という言葉を口にすることで、植物ばよく育つようになるとも言われています。

これも特に科学的な根拠があることではありません。

ですが、「ありがとう」ということで植物の育ちが良くなったり、鼻が長持ちするようになるのだとしたら素敵ですよね。

動物にも伝わる?

動物にも伝わるといわれているようです。

こちらも科学的根拠はありません。

ですが、動物というと意識のある一個体を相手にしているのと同じですから、何だか根拠がありそうな気もしてきますよね。

特に、類人猿や犬など、表情を読むことに長けた動物なら、言っているときの人間の顔から理解してくれるのかもしれません。

もしくは音の響きを学習することで、感謝の気持ちを伝えているのだということを分かってくれるかもしれませんね。

3. 感謝を伝える時のポイント

 感謝を伝えるときには、しっかりとポイントを掴んで相手に気持ちを伝えるようにしましょう。

折角、感謝を伝える機会を持つことができたのに、相手に全く伝わっていなかったのなら、それは寂しいですよね。

感謝を相手に伝えるときには、しっかりとポイントを外さないように、相手に伝わるように口にするようにしてください。

それは「ありがとう」の一言を言うときでも同じです。

心をしっかり込めること

まずは、しっかりと言葉に心を籠めることです。

言葉に心を込めるというのは抽象的で具体的な方法ではないかもしれません。

ですが、人間はそういった心の動きにはとても敏感にできています。

相手が本気で心込めて伝えたのかどうかというのは、相手の顔や言葉の調子を見ればすぐに分かってしまうのです。

相手に嘘偽りのない感謝を伝えたい時には、まずは心をしっかり籠めることが大切です。

感謝している気持ちを全面に出して伝えるようにすれば、言葉は不器用であったとしてもきちんと相手に気持ちが伝わるでしょう。

選んだ言葉が綺麗かどうかなどは関係ありません。

口にした言葉に心がこもっているかどうかが大切なのです。

感謝の理由も伝えること

感謝の言葉を伝えるときには、感謝の理由も一緒に伝えるようにしてください。

ある意味では、その理由を説明するのが一番恥ずかしいかもしれません。

ですが、相手が何に感謝しているのかが分からないと、相手もいきなり面と向かって感謝の気持ちを伝えられて美栗してしまいますよね。

感謝の理由は簡単でかまいません。

詳しく説明しなくても、相手が分かっているような表情をしているのなら、途中で打ち切っても構わないのです。

相手が、「自分が何に対して感謝の気持ちを伝えたいと思っているのか」を理解している様子かどうかは、きちんと相手の顔を見てチェックしてくださいね。

笑顔で言うこと

感謝の気持ちを伝えるときには笑顔で伝えるようにしてください。

嫌そうな顔をして伝えてしまっては「誰かに言われてきているのかもしれない」「実は本心ではないのかもしれない」「何かしてほしいことがあるから感謝の気持ちを伝えようと思ったのかもしれない」と考えてしまいます。

笑顔で言うことで、相手に対して本気で感謝しているということが間違いなく伝わるのではないでしょうか。

恥ずかしさがあるのなら、満面の笑みではなくても構いません。

ただ、笑顔でいるように心がけていれば、それは相手にきっと伝わるはずです。

表情が大切

何よりも表情を付けることは大切です。

相手から、何を求めているのかと邪推されないように気を付けてくださいね。

特に普段そういったことをしない人は、相手がどのような思いで感謝の気持ちを受け取っているのかということも注意して見ていましょう。

相手が全く分かっていない様子なのに、自己満足で感謝を伝えても意味がありません。

自分の表情だけではなく、相手の様子もきちんと見ておけば、気持ちがすれ違ってしまうというようなこともないでしょう。

相手に伝わっていない様子なら言葉を足す、相手の気持ちを聞くなどのことをしても良いかもしれません。

4. 感謝の気持ちをきちんと伝えられる人の特徴

感謝の気持ちを伝えるのは難しいことであると説明しました。

面と向かって知っている人に対してかしこまって伝えるのは、そう簡単にできることではありません。

相手に対しては気恥ずかしさが生まれますし、「今さら何を」「よく知っている間柄なのにどうしてこんな風に」と思われるのではないか、と考えると、なかなか感謝の気持ちを伝えるというのは実行できないのではないでしょうか。

やってみたいとは思うかもしれませんが、それを実際に面と向かって準備しようとできるかどうかは別の話ですよね。

ですが、そういった「感謝の言葉を伝える」儀式をしっかりとできる人が中に入るのです。

誰もが伝えたいと思っていてもなかなかできないことである「感謝を伝える」という行為は、以下に挙げるような人ならきちんと伝えることができます。

自分の周囲に以下のような人を見つけることができたら、感謝の気持ちを伝えるようなことをしているか聞いてみてください。

もし、相手が実行したことがあるようなら、アドバイスをくれるかもしれません。

人の優しさをきちんと理解できる人

人の優しさをきちんと理解できる人は、感謝の気持ちを伝えることに躊躇いがないでしょう。

感謝の気持ちを伝えるためには、まずは感謝の気持ちを持たなければいけません。

人は、相手の優しに気づいたときに感謝の気持ちを持ちます。

人の優しさに気づくことができる人は、心の中にたくさんの感謝が溢れているでしょう。

相手がどんな気持ちで優しさを見せてくれたのかを考えることができれば、感謝の気持ちを伝えずにはいられないのではないでしょうか。

良く気づいてくれるな、という人は、自分が優しい行為をできるだけではなく、周囲の人が自分に見せてくれる優しさに感謝をしなければいけないことにも気づいています。

その人自身が優しいからこそ、相手の優しさに気づいて、それを理解して感謝することができるのかもしれませんね。

人にも親切に出来る人

人に親切にできる人は、その人自身が誰かに感謝をすることを嫌がりません。

なぜなら、自分が人に感謝されることが多いからです。

人に親切にすることができる人は、感謝されることの嬉しさを知っています。

逆に、親切にした行為を感謝されなかったときの悲しさも知っているでしょう。

だからこそ、相手が親切にしてくれた時に、どんなことをすれば嬉しいと思ってもらえるのか、どんなことを言えば相手の親切に報いることができるのかが分かるのです。

相手に感謝を伝えるに躊躇いがない人は、自分自身が感謝されることが多いのではないでしょうか。

また、感謝されないことの辛さや、感謝をきちんと伝えてくれる人への好意を理解しているのです。

逆に、全く感謝されないことの悲しさや、感謝されることの嬉しさを知らない人は、他の人から感謝されるというような喜びを知らない人なのかもしれません。

プライドが高くない人

面と向かって感謝を伝えることができる人は、プライドが高くない人なのではないでしょうか。

感謝しているということの意味を考えてみることにしましょう。

感謝というのは、相手に対しての借りがあることを意味しています。

相手が自分に何かしてくれたという負い目に似た気持ちがあることを示しています。

感謝の気持ちを伝えるということは、相手が自分にしてくれた親切を認めるということであり、それによって自分が助けられたということを認めるということです。

ですが、これはプライドが高い人には難しいでしょう。

相手に何かしてもらったということを認めるのが嫌なのに、感謝の気持ちを伝えることなどできるはずがありません。

面と向かって感謝の気持ちを伝えるなどという行為は、自分のプライドが傷つくと考えてしまうのでしょう。

何となく損臭い考え方をしているように思えますが、プライドの高さを守るためには仕方ありません。

その意味で、プライドが高くない人にとっては、人に感謝をすることは難しいことではないのです。

相手に対して借りがある、相手が助けてくれたという事実を認めることが嫌ではないからです。

いろいろなことを大切にして生きている人

世の中には、色々なことを大切にして生きている人がいます。

物を大切にしている人もいますし、人間同士の繋がらりを大切にして生きている人もいます。

色々なものを大切にしている人、特に、人間関係を大切にして生きている人は、相手に対してきちんと感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。

なぜなら、相手との心を繋ぐものが感謝であるということは分かっているからです。

逆に、感謝しなければ、相手とのつながりが切れてしまうと言ことも知っているのです。

大切にしたい相手なら、きちんと感謝を伝えなければいけません。

そのことを知っていれば、感謝を伝えることを躊躇う必要などありませんよね。

生きているスタンスによっては、感謝を面と向かって伝えるというのは、自分の生き方を大切にすることにもつながるのではないでしょうか。

感謝は人間関係を素敵なものにする!

いかがでしたか?

感謝を伝えるというのは、意外と自分でしてみると恥ずかしいものです。

普段から一緒にいる家族や恋人、友人に改めて感謝の気持ちを伝えられる人はなかなかいないでしょう。

ですが、恥ずかしいと思っていると同時に、色々な人に感謝しなければいけないことにも気づくのではないでしょうか。

そして、それらの人々に、普段はあまり感謝の気持ちをきちんと伝えていないことにも気づくのではないでしょうか。

感謝の気持ちを持っているはずなのに、それが伝わっていないというのはもったいないですよね。

相手も、「頑張っているのに誰も感謝もしてくれない」「私は何をやっているのだろう」と思っているかもしれません。

そうしているうちに、どんどんと人間関係が悪いものになっていってしまうのです。

ですが、きちんと感謝を伝えていればそんなことは置きません。

いつでも恥ずかしい思いをして伝える必要はなく、何かの折に触れてきちんと相手に感謝を伝えていれば良いのです。

そうしていることで、本当に大切な人との関係を壊すこともなくなるでしょう。

感謝は人間関係を素敵なものにしてくれる大切なアイテムです。

伝えるのが恥ずかしい、今更伝えても意味がないと思っていないで、相手にきちんと自分が感じた感謝の気持ちを素直に伝えるようにしてくださいね。