CoCoSiA(ココシア)

感謝を伝える10個の方法。友達にありがとうを伝える時にも使える

突然ですが、あなたは最近誰かに感謝の言葉を伝えましたか?

そう言われると、意外と答えに詰まってしまうのではないでしょうか。

気軽に「ありがとう」という言葉を伝えることはあっても、きちんと感謝を伝えたかというと、それはまた別の話でしょう。

まずは「誰に感謝するか」という点があるでしょう。

また次には「何を感謝するか」という点があり、さらに「どのように感謝するか」という問題もあります。

特に「どのように感謝するか」というのは難しい問題を含んでいますよね。

面と向かって感謝の気持ちを伝えるのは恥ずかしいという方も多いでしょう。

しっかりと伝えなければと思っていても、つい、恥ずかしくて伝えていないということもあるのではないでしょうか。

ですが、それでは伝わっていると思われた感謝も伝わっていないこともあるのです。

それでは、感謝の気持ちをはっきりと相手に伝えるためには、いったいどのような方法を使えばよいのでしょうか。

また、どのようなポイントを押さえて感謝の気持ちを伝えるようにすれば良いのでしょうか。

ここでは、できるようでなかなかできない「感謝の方法」についてご紹介いたします。

感謝を伝えるための10個の感動的な方法

感謝を伝えるためには、普段はどのような方法を使っていますか?

意外と、「ありがとう」とあっさり伝えるだけになってしまってはいないでしょうか。

確かに、ありがとうという言葉をかけられるだけで、普段の苦労が報われたという人も多いでしょう。

ですが、本気で感謝をしていることを伝えるためには、ちょっと特別な方法を利用してみた方が良いかもしれません。

どうせ伝えるのなら、相手に感動してもらいたいですよね。

特別に感謝を伝えるための感動的な方法のいくつかをご紹介します。

できそうだと思うものがあれば、それを実行してみてくださいね。

1. 感謝の気持ちを込めた歌を作る

音楽的なセンスを持っている方なら、感謝の気持ちを込めた歌を作ってみるのも良いのではないでしょうか。

特に、自分で作って自分で歌うことができるような人なら、相手に対する気持ちをメロディに乗せて伝えることができます。

何もなしにかしこまって伝えるよりも伝えやすいかもしれませんね。

最近ではオリジナルの曲を作ってくれるようなサービスもあります。

歌詞を作って相談してみると良いのではないでしょうか。

ただしこれは、自分で演奏ができなくては意味がありません。

せっかく作った曲が伝わらなくては意味がありませんから、自分でギターやピアノで伴奏できる人におすすめの方法です。

2. カラオケで替え歌にして感謝を伝える

自分で曲を作るよりもずっと簡単な方法がカラオケで替え歌にして伝えるという方法です。

相手が好きな曲を使っても良いですし、何か雰囲気に合う曲を選んでも良いでしょう。

ただし、相手が夢中になっている曲を使ってしまうと「この曲を汚さないで」などと言われてしまうこともありますから気を付けた方が良いかもしれません。

3. オムライスにケチャップで書く

とても簡単な方法ではありますが、オムライスを作ってケチャップで文字を書くのも良いのではないでしょうか。

もちろん、とても気軽に伝えられる方法ではありますが、相手の注意を引くきっかけができます。

「ありがとう」と書かれたオムライスを出して、相手が自分を見たところで、言葉を使って相手に感謝の意持ちを伝えることができます。

きっかけがなくて何も言い出せないという方は、ぜひこの方法を採用してみてください。

自分の料理を振舞うことができるような父親や兄、彼氏に仕えそうな方法ですよね。

4. レストランでサプライズで伝える

最近では、レストランでサプライズを行ってくれるところがありますよね。

そうしたところでサプライズを行ってみると良いのではないでしょうか。

例えば誕生日などの記念日のサプライズと共に、普段自分が感謝していることを伝えるのです。

レストランの中の視線が集まってしまって恥ずかしいかもしれませんが、そんな中で伝えてくれた感謝の気持ちは忘れられることがないでしょう。

ただ面と向かって言うよりもハードルが高い感謝の伝え方ですが、その分だけ「頑張った」ことが相手に伝わりやすくて良いかもしれません。