1月~12月までの月に合わせて誕生石があります。

自分の生まれた月の誕生石を持つことで災いから守ってくれたり、またパワーを与えてくれると言われています。

誕生石のパワーストーンブレスレットやネックレスを持ち歩く方も多いですよね。

パワーストーンは年齢、男女問わず好かれるアクセサリーですね。

石がブレスレットになっていることで男性も抵抗なくつけられます。

でも、ローズクォーツなどになるとピンク色になる為、男性としては抵抗ありますよね。

今回は11月の誕生石に注目してみたいと思います。

通常、誕生石と言われるものは代表的な石が1つあげられますが、11月に関してはシトリンとトパーズが代表的な誕生石になります。

知られざるシトリンとトパーズの魅力を徹底的に解説していきます。

11月生まれの性格

星座占いや血液型占いに続き、もっと詳しく調べる誕生月占いがあります。

その中で注目されるのが、誕生月ごとに異なる性格です。

今回は11月生まれの性格について説明しますね、11月生まれは基本的に思慮深く意思がとても強い人が多いです。

少し言い方を変えれば隠れ頑固者かもしれませんね。

ガツガツとオレがオレタイプではないけれど分かってもらえるまで話す。

妥協することはあまりにないと言えるでしょう。

学生時代もオトナになっても勉強家の性格は変わらないままです。

11月生まれの男性は物静かで地味目、あまり華やいだ人生ではない、恋愛関係は特に派手なこともなく前途多難が待ち受けている。

11月女性も同様に派手な付き合いは望まない。

浮気願望もなく一度この人と決めたらずっと連れ添うような古風な女性です。

シトリンとは

11月の誕生石の1つ目はシトリン。

このシリトンは商売の繁盛と富をもたらす幸運の石として大切にされてきました。

これから新しく事業を始めようとする人にとっては、商売運や財運をアップさせてくれるのでおすすめと言えます。

また失敗したり、何か問題に悩んでいる時もシトリンを身につけることで、克服する勇気や知恵を与えてくれる言われています。

太陽のエネルギーを持つと言われるシトリンは積極性、希望、勇気など、エネルギーをもたらしてくれます。

ネガティブ思考を持つ方にもおすすめと言えますね。

コミュニケーション能力を高まりやすくなりますよ。

会社をもっと拡大したいと思う男性にも心強いサポートをしてくれるでしょう。

困難や壁が出てきても、それを克服する勇気や知恵を与えてくれるといわれています。

『太陽のエネルギー』をもつシトリン。

希望や勇気、明るいエネルギーをもたらしてくれます。

ネガティブな考え方におすすめと言えます。

シトリンの宝石言葉

宝石には宝石言葉というものがあります。

11月の誕生石のシトリンの宝石言葉 は 友愛、潔白、希望 を意味します。

このシトリンを身につけることで日々のストレスをやわらげ心身のバランスを安定させます。

コミュニケーション能力を高めることで友人関係を円滑にしてくれることでしょう。

真実の愛、純白の心を育てて感情をおだやかにしてくれます。

落ち着きと冷静さを身につけることで確かな判断力も強くなると言われます。

仕事や勉強、人間関係でイライラするときに、プレッシャーを感じやすい人にとっては勇気づけ、サポートしてくれる石です。

「黄水晶」と呼ばれる

1月の誕生石であるシトリン。

何故、シトリンと呼ばれるか?それはフランス語が由来になっています。

フランス語でレモンはシトリンと言われます。

レモン色のような色が由来となりシトリンと呼ばれるようになりました。

和名では「黄水晶」と呼ばれています。

これはシトリンに限らず全ての宝石に和名があります。

シトリンは黄水晶の名前の通り黄色や黄金色をした水晶石です。

透明感があるハチミツのようなキャンディーカラーは地中深くに結晶したアメジスト石がマグマ などによる熱干渉を受けて黄色く変化したものと言われます。

この水晶石は放射線を浴びることで黄色く変化していきます。

水晶と言えばクリアな透明感ある石をイメージしますよね?
シトリンは水晶の透明感にエネルギーをプラスすることで黄色に変化。

とても美しく優わらかな色合いを生み出しているのです。

代表的なのは黄色系統のカラー

宝石は自然に本来できたもの、ですので同じ色を生み出すことはできないのです。

まったく同じ色を作り出すことは人工的に加工しないと作ることはできません。

実はシトリンは大変希少価値の高い石です。

一般的に流通しているシトリンと言われる石は人の手によって、黄色に着色されたものが多いと言われ手います。

シトリンが黄水晶と呼ばれていますが、石によって色合いは異なります。

一般的にはアメジストに加熱処理を施し黄色いもの、これは少し赤みを帯びた黄色になっています。

もう一つはスモーキークォーツに加熱処理を施したものです。

こちらは黄色でも緑色を帯びた色になります。

別名、レモンクォーツ、ゴールデングリーンクォーツと呼ばれているものになります。

基本的には黄色系統のカラーのシトリンですが、濃淡黄色、帯緑黄色、帯褐黄色などが存在するのですね。

天然採取されたシトリンの美しい黄色の味わいを目で見てみたいものです。

シトリンの特徴

シトリンの特徴は何ていってもキラリと光る黄色の水晶です。

ハチミツをイメージさせる色味はキャンディーカラーとも言われます。

そしてなによりも「太陽の石」と言われているだけあり、太陽のエネルギーを取り込んだ石です。

水晶系の石の中でも明るく温もりを感じることができる石です。

シトリンを身につけると心をほぐし、希望を与えて元気づけてくれるでしょう。

黄色やオレンジカラーは本来、気力を高め、物事に前向きに取り組む力を与えてくれる色。

疲れた気持ちの緊張を和らげ、自然な活力を与えてくれるのです。

社交性を高める石ですので、人と会うことが多い接客業や営業職の方にもおすすめです。

シトリンはネガティブな気持ちを排除しつつ、水晶ならではの厄除け効果も期待できる石です。

男女問わず人気がある

シトリンは黄色系のカラーですので男女問わず身につけることができます。

基本的に石は男女問わず身につけることができますが、石によっては男性に不向き、女性に不向きなどがあります。

例えばローズクォーツであればピンク色の石になることと、美容や恋愛にパワーある石と言われていますので断然に女性向きですね。

その点で考えてもシトリンは男女どちらも身につけることがある石。

また商売や仕事に金運に優れているので男女共におすすめと言えるでしょう。

色あせに注意が必要である

シトリンを身につけていると色あせしてきた・・・という声も聞かれます。

シトリンは太陽の石と言われているだけあり、太陽光に浴びさせる人もいます。

もちろん、太陽とは相性良くエネルギーを石に注入することはできるかもしれませんが、長時間、シトリンを太陽光に浴びさせることはNGです。

太陽浄化をするのであれば2~3分でエネルギーをチャージできます。

人によってはシトリンを1~2時間太陽浄化しますが、長時間太陽の光に浴びさせることで色あせしてしまうことがあります。

これはほとんどの石に言えることですね。

1度色あわせしまうと同じような輝きは戻ることはできなくなります。

色あせてしまったからパワーがなくなったということはありませんが、やはりキラキラとして美しい黄色は保ちたいですよね。

シトリンとアメジストの関係

シトリンとアメジストの関係はとても深いものです。

シトリンもアメジストも水晶に鉄イオンを含むことで独特の色味を発します。

またアメジストを加熱すると鉄イオンの状態が変化して、シトリンに変化 。

シトリンの中にはアメジストが混在したものを「アメトリン」と言います。

シリトンの中にスモーキークォーツが混ざった物もあります。

この場合は熱処理の段階で石に変化させた物が多いです。

天然シトリンが希少価値が高いですが、天然アメトリンも大変希少価値が高い石と言えます。

パワーストーンである

シリトンの特徴としては色は黄色系で希少価値の高い水晶石です。

シトリンのヒーリング効果として商売、仕事 、金運 、幸運 、希望 を
期待させてくれると言われます。

目的意識を高くもつことができると人生も満足感をかんじることができます。

充実した日々のサポートをしてくれると言われています。

体調面では視神経の働きを高め、不調を改善する力があるとも言われているのです。

本来パワーストーンと言われるものは身につけるだけで、全てが叶うという魔法の石ではありません。

パワーをくれる、精神的に落ち込んでいる状態でも、何となく気持ちが前向きになることをサポートしてくれるのがパワーストーンです。

よく、願いが叶うとか色々と言われていますが叶うことはありません。

もし結果的に商売繁盛や仕事で良い成績を出せたとすれば、それはシトリンによって魔法のように叶ったわけではない。

自分自身のチカラで結果に結びついたことです。

しかし、下を向いていれば前を向いて歩いて行くことはできません。

モチベーションを上げることは良い結果を出すことにおいて非常に必要なことです。

シトリンを身につけることで何となく普段よりも心のモチベーションが高くなる。

それはシトリンによるパワーかも知れませんね。

シトリントパーズとは

シトリントパーズという言葉を聞いたことがありませんか?

実はシトリンとトパーズは非常に良く似ている石です。

同じように黄色系カラーのトパーズであれば一瞬見ただけでは見抜けない。

それだけ非常に良く似ています。

シトリントパーズと言われるものは、そもそも天然のシトリンは希少価値の高い物で市場では気軽に購入できないものですが、シトリントパーズであればアメジストを処理して変色させ加工させたものでしょう。

シトリンとトパーズを詳しく言えば硬度に違いが見られます。

トパーズ硬度8、シトリンは7と言われてします。

擦り合わせるとトパーズよりもシトリンの方に傷がつきやすくなります。

比重にも違いが見られ、結晶の形であれば特徴的ですので分かりやすいかもしれません。

シトリンの効果

シトリンの効果は主に金運や商売繁盛になど勝負運としても効果があると言われています。

シトリンを身につけることで太陽のエネルギーが希望や活力を与えてくれるのです。

ネガティブな感情をなくすことで目標達成に導いてくれると言われています。

スポーツ選出、賭け事、営業職や接客職などに向いているとい言われています。

男女、どちらかと言えばシトリンの効果的に男性が身につける人も多いですね。

また勉強や人間関係のイライラをなくし、落ち着かせてくれる効果も期待できるので、受験前の学生さんにもおすすめです。

男女どちらにしても夢や目標を持っている人には、夢を叶えられるようにサポートしてくれる、前向きになれる石です。

ダイエットや美容に効果的である

シトリンは男性的なイメージですが、女性的にもおすすめの石です。

女性なら誰でも美容やダイエットに少なかれ興味がありますよね?

実はシトリンダイエットなんて言葉を聞いたことがあります。

シトリンがダイエットや美容に効果が期待できる理由は何でしょうか?
シトリンを身につけることによって、新陳代謝を活発にしてくれると言われます。

体内に溜まった毒素を排出する解毒作用が期待できるのです。

新陳代謝が活発になると冷え症も緩和して肌ツヤも改善して行くでしょう。

スポーツをすればキレイな汗をかくようになります。

体内の毒素を排出することでデトックス作用も高まり、便秘や冷え性による肌荒れ改善に効果的なのです。

また胃の粘膜を保護する作用もあることで美肌効果にも有効です。

是非、女性もシトリンアクセサリーを身につけてみては如何でしょうか?

挑戦意欲がわく

シトリンはエネルギッシュな石です。

太陽の石というだけあり、エネルギーを高めると共に挑戦意欲がわく石なのです。

仕事にしても勉強にしても挑戦意欲なしに結果を高めることはできません。

シトリンを身につけることで内側からヤル気がみなぎってくるのです。

「自分は失敗してしまう」「きっと成功しない」などの感情を抑えてくれます。

逆に「成功する」「失敗しない」と心の中のポジティブ感情が勝ります。

最近では男性やスポーツ選手、芸能人の人も多くパワーストーンブレスを身につけていますよね?
やはりパワーストーンを身につけることで自分の中の何かが変わるのかも知れません。

身につけることで前向きになれるシトリン。

ここぞ!という時こそ、シトリンをつけてみるのも良いかもしれませんね。

シトリンの歴史

シトリンの語源は、柑橘類であるシトエンの果実に似ていることが由来です。

先ほども申し上げましたが、フランス語ではレモンをシトロンと言いますよね、やはりどちらも柑橘類のような独特な色合いを意味していますね。

中世ヨーロッパではトパーズと呼ばれ上流階級の人々に非常に愛好された石。

シトリンとトパーズが似ていることで判別ができなかったのでしょう。

そこからシトリントパーズ』と呼ばれていたのかも知れません。

現在、シトリンはシトリンとい透明感ある黄色い太陽の石として愛され続けています。

オススメの身につけ方

シトリンはパワーストーンブレスレットとして身につけることが多いでしょうか?

シトリンのピアスやネックレス、ブローチなどアクセサリータイプも様々です。

オススメの身につけ方ですが基本的に特に決まりはありませんが、身に付ける位置によっては働きかけ方が変化するようですね。

例えばブレスレットとして身につける場合であれば、感覚、感情、精神に効果的に働きます。

ペンダントやブローチは胸の位置に近いことからハートにエネルギーを送ることができます。

美容やダイエット目的であれば、ペンダントやブローチがおすすめですね。

ピアスはインスピレーションを高める場所です。

判断力、集中力を高めたいときにおすすめです。

トパーズとは

ここでシトリンと間違えてしまいそうなトパーズについても説明しますね。

トパーズもまた11月の誕生石です。

シトリンよりもトパーズの方が馴染みがある名前かもしれませんね?

トパーズは日本名「黄玉」と呼ばれています。

シトリンが「黄水晶」ですから、同じように黄色が付き水晶か玉の違いですね。

トパーズの名前はギリシア語の捜し求める、Topazosから由来されている説があります。

それ以外にも紅海に浮かぶ島「トパシオン」火を意味する「トパズ」など由来の諸説あり。

トパーズは古い歴史を持ちます。

黄色だけじゃなく青色や緑色、赤色やピンク、透明など様々な色があることも特徴的。

高い硬度を持ちます。

トパーズの原石はブラジル、スリランカ、ミャンマーなどです。

トパーズの宝石言葉

トパーズの宝石言葉は友情、希望、潔白です。

仕事や恋愛に不安を抱いている人にはおすすめですね。

誠実な心と勇気を持って未来に導くサポートをしてくれるトパーズ。

また 直観力や洞察力を高めてくれる石でもあります。

今の自分が何をすれば良いか迷っているときにトパーズを身につけると進むべき道が見えてくるかもしれませんね。

心が不安定な方や余裕がほしい人はトパーズをつけることで落ち着いた心を取り戻せるかもしれません。

仕事や恋愛で悩んでいる人にこそ、トパーズを身につけてほしいですね。

多彩なカラーバリエーションのある宝石

トパーズは多彩なカラーバリエーションのあることも特徴的です。

特にトパーズの色でオレンジイエロー、オレンジなどインペリアル・トパーズと呼びます。

和名で黄玉と言われるだけあり、代表的な色は透明感のあるオレンジかかった黄色の宝石です。

キラキラと輝くトパーズはキャンディのようにも見えるほど美しいですね。

この中で最も希少価値が高いトパーズは、インペリアル・トパーズ。

黄色かかった色味になります。

またピンク色などもインペリアルトパーズと認定されるようになり希少価値が高いものです。

夏の季節になると特に注目される透明感のあるブルートパーズ、天然のブルートパーズは少なく市場で見るブルートパーズはクリアな物に放射線照射されたものが多いです。

代表的なのは透明感のあるオレンジかかった黄色の宝石

トパーズと言えば、代表的なのは透明感のあるオレンジかかった黄色です。

実はトパーズは光や熱の影響で変化してしまいます。

原因は結晶のゆがみによって生じる変色と言われています。

加工してない原石は、注意深く保管する必要があるのです。

オレンジかかったトパーズは、ゆっくり加熱すると透明になります。

更にゆっくり温度を下げるとピンク色に変化します。

無色のトパーズは放射線照射することによりシナモン色に変わります。

 
様々な色彩のトパーズが作られて行くのです。

天然の透明感のあるオレンジかかった黄色のトパーズは非常に希少価値が高くインペリアルトパーズとして認定されている代表的な色です。

カラーによって様々な身につけ方ができる

トパーズのカラーによって様々な身につけ方ができます。

高級感あるオレンジかかった黄色のトパーズは希少価値も高く存在感も抜群です。

ブローチや指輪として楽しむことができますね。

友情、希望、潔白の宝石言葉を持つトパーズ、ここぞというときの商談やパーティーに向いているカラーです。

ブルートパーズはロンドンブルー、スイスブルーなど同じブルーでも、色合いは様々違います。

夏にピッタリの涼しげな色合いが特徴的です。

ブルーはカジュアルな服装にも合わせやすい、また価格もインペリアルトパーズよりもリーズナブルです。

若い女性でもピアスやネックレスなどにして楽しむことができそうですね。

トパーズの特徴

トパーズはとても硬度8もあり、その硬さはダイヤモンドに同じとも言われるほどです。

ですが、ある一定方向から圧力を加えることで非常に壊れやすい石でもあるのです。

産地 はミャンマー、ブラジルが多く採掘されています。

トパーズは日本名「黄玉」と呼ばれていることから、透明感のあるオレンジかかった黄色が代表的な色とされています。

トパーズの特徴と言えばカラーの多さとも言えます。

ブルー、ピンクなどを中心にクリアなトパーズを放射線照射することにより、様々なカラーを生み出します。

本格的な宝石から、カジュアルなジュエリーとしても楽しむことができます。

パワーストーン効果としては友情や恋愛、仕事にに効果が期待できると言われています。

日本産のトパーズもある

トパーズの原産地はミャンマー、ブラジル、パキスタン、エジプト です。

日本でも数は少ないですが、滋賀県大津市に田上山や岐阜県などからも採掘されます。

とは言え、原石は見つかっても国内ではきちんとした結晶は摂れないと言われていて、今となれば非常に希少価値の高い幻の石でもあるのです。

しかし20年以上前に日本一巨大な10cm超えトパーズ晶洞が発見されたことから日本は世界的にトパーズ産地とも言われていました。

晶洞はマグマが地下深くで固まるときに、マグマの体積が小さくなることに伴って生まれ、大半の宝石は晶洞の中で育ちます。

当時、トパーズを発見者の名前をとって中沢晶洞と名づけられ、トパーズが採取できなくなった今でも聖地といて一部の人に言われています。

パワーストーンである

トパーズはパワーストーンと言われています。

トパーズを身につけることで直観力と洞察力 が高まり、転職のお守りとしても人気です。

憂鬱を払い、明るい希望をもたらし、心に余裕を与えてくれます。

また自分自身の中に迷いがある場合は曖昧な物事をはっきりさせてくれます。

恋愛成就にもパワーをくれるトパーズ。

純粋な心を育てることで必要なものやチャンスを引き寄せると言われています。

そのことからトパーズで婚約指輪をつくる方もいます。

ブルートパーズとは

トパーズと言えばブルーという方も多いですね。

綺麗な透明感のあるブルートパーズは現在では無処理の天然ブルートパーズと言われます。

しかし現在では、ほぼ流通していないと言えるでしょう。

無処理のトパーズは薄い水色しかない為、宝石としては人気が無く全くなく、その為、価値も高くなりませんでした。

しかし現在では放射線照射X線と熱処理によって濃い青色を作れるようになりました。

その技術加工により青色を様々なバランスで変え、ブルートパーズと言われるよになる。

今となってはブルートパーズは人気の高くなり。

トパーズとしてばブルーとイメージする方も多いです。

ブルートパーズは 癒しの効果の高いと言われます。

自信を持たせて内面からの魅力を引き出す効果があるとされます。

インペリアルトパーズとは

トパーズの中でもインペリアルトパーズは非常に希少価値の高いものです。

いわゆる赤みを帯びた黄色のトパーズをインペリアルトパーズと呼ばれています。

トパーズの中で最高級の評価が与えられている石。

このインペリアルの名前の由来はアメジストを加熱すると黄色になることがわかり、それがゴールデントパーズの名で大量に売られました。

その時のブラジルを統治していた皇帝ペドロ2世にちなんで、インペリアルの名が使われたと言われています。

高級感あるシャンパンカラー、高貴なマリーゴールドは自然が生み出した色です。

恋愛面では絆を深め、関係を発展させる効果が期待できると言われています。

仕事では希望を掴み取るとも言われていますよ。

トパーズの効果

実はトパーズは夜に光ると言われています。

その神秘的な理由から「悪魔払の石」や「夜の恐怖心を取り除く石」と言われてきました。

トパーズを持つことで美と健康を促進するとも言われています。

女性は肌身離さず着けていると真実の愛を繋ぎとめられると言われています。

トパーズは仕事や恋愛にとって効果が期待できる石と言われています。

真実の友情、愛情、潔白など心をリセットしたいときにもおすすめです。

トパーズを持つことで落ち着いた心を取り戻すことができます。

縁結びや恋愛成就のお守りになる

トパーズは縁結びや恋愛成就のお守りになるパワー秘めています。

トパーズは婚約指輪としても選ばれることが多い石です。

その理由は真実の愛を掴み取る、一途な心、想いを強めて想いを掴み取る、このような効果が期待できることから恋愛の御守りとして身につける方が多いです。

片思いの方はトパーズを身につけることでより勇気をもらえるかもしれません。

とくに赤みかかった黄色のトパーズはコミュニケーション能力を高めるといわれています。

社交性を高めてくれる、幸運の石と呼ばれています。

ピンクやホワイトは愛情を強める色です。

ブレスレットやネックレスにして身につけておくと御守りになりますよ。

トパーズの歴史

トパーズの歴史は古代ローマから始まります。

トパゾスという名は古代エチオピアの言葉で「探す」という意味。

トパージンに由来すると言われています。

紀元前三世紀にトパゾス島からエジプト王家に一個の宝石か献上されトパーズと呼ばれたそうです。

しかし献上されてトパーズは実はトパーズではなかったという説がでています。

それはヤスリで加工ができたからです。

本来トパーズはダイヤモンドに匹敵する硬度 8です。

簡単にヤスリで削ることはできません。

エジプト王家に一個の宝石はペリドットだったといわれていますが、当時ではペリドットとトパーズを見分けることはできませんでした。

オススメの身につけ方

トパーズを持つと創造力や感受性を高めてくれると言われています。

精神的メンタル面での効果を期待するなら心や脳に近い場所がおすすめです。

例えばネックレス、ブローチ、ピアス等で身につけてみては如何でしょうか?

皮膚の新陳代謝を促進しすることで美肌作りに効果的と言われます。

ブレスレットやネックレスなど肌に直接ふれる場所が良いでしょう。

金運にも効果が期待できるので携帯ストラップなど常に持ち歩くものに、つけるとおすすめです。

まとめ

パワーストーンの種類はたくさんありますよね。

自分の誕生石を身につける方、色味や効能などパワーストーンとして選ぶ方。

ただ直感で身につける方など様々だと思います。

トパーズとシトリンは非常に似ている黄色の水晶です。

市場でもシトリントパーズとして販売しているところもあります。

トパーズとシトリンの識別は比重の違いで調べると良いでしょう。

裸石をヨウ化メチレンの液(比重 3.3 )に入れますと、トパーズは沈み、シトリンは浮くと言われています。

トパーズは加熱によって色が変化しやすいので要注意です。

パワーストーンは基本的に太陽の長時間さらさないようにしましょう。