CoCoSiA(ココシア)

ハイグレとはどういう意味?クレヨンしんちゃんでよく見かけたその言葉の意味とは

ハイグレ?それってハイグレードの略?って思ってしまった筆者です。

クレヨンしんちゃんで登場する言葉のようなので、そんなに単純では無さそうですね(笑)

いや、ある意味単純なのかな?

子供脳になれば、分かるのかも…。

だけど、アラフォー女性の筆者としては、クレヨンしんちゃんが考えることなんて想像もつきません。

でも良く考えたら、クレヨンしんちゃんを作っている人って大人なわけですよね!

一体どんな人なんだろ~。

クレヨンしんちゃんはもちろん知っていたけど、作者の事は全く知らなかったので、ちょっと調べてみました。

クレヨンしんちゃんの作者は、臼井儀人さんという方。

静岡市生まれの春日部育ちなんですね!

確かに、クレヨンしんちゃんの舞台も春日部でしたよね。

自分の幼いころを反映させて作ったのかな?

それより、今調べてびっくりしたのが、臼井儀人さんは51歳で亡くなられているんですね。

趣味の登山中の、不慮の死だったそうです。

クレヨンしんちゃんも絶賛連載中、TVでも放映中の現役漫画家さんが亡くなられたということで、2009年当時話題になっていたそうです。

なので、クレヨンしんちゃんの発表期間は1990年~2010年3月を持って終わっているんですね。

だけど今でもTVアニメはやっているし、クレヨンしんちゃんは現役って印象ですよね!

ハイグレってなに?

そんな作者の遺志を受け継いで?クレヨンしんちゃんは、今も子供たちに大人気のアニメなんだと思います。

ただしんちゃんの問題発言?が多いので、子を持つ親としては賛否両論あったりするっていうのもよく聞く話ですよね。

だけど、子供心をくすぐり、心を掴んで離さない!

どこかそんな魅力が、クレヨンしんちゃんにはあるのでしょうね。

それも、作者の臼井さんの中にずっと、童心があったからなのかもしれません。

そんな子供心を忘れない作者さんが発信した、ハイグレ。

クレヨンしんちゃんに出てくる、ハイグレって何?って話です。

それが実は、ハイレグのことらしいんです。

ハイレグって…あのハイレグですよ(笑)

ハイグレ=ハイレグ

ハイグレはハイレグのことだった!

レグがグレになっちゃっただけで、結構単純でしたね(笑)

因みにハイレグは、皆さんご存知ですよね?

ハイレグ水着のハイレグです。

足の付け根部分まで深くカットが入って脚が長く見える、あのハイレグ水着です。

正式名称は、ハイレグカット(High-leg-cut)水着。

ハイレグは略称ですね。

そしてその略称をさらに俗称?にしたのが、しんちゃん。

ハイグレは、しんちゃんならではの言い間違い??だったのでしょうか。

「ハ・イ・レ・グね!!」ってみんなに突っ込まれちゃいそうですね。

まぁ最近では、水着と言えばセパレートタイプが主流だし、ハイレグ水着はあまり見かけなくなりましたよね。

でもクレヨンしんちゃんでハイグレって使われるお蔭で、今の若い子たちもハイレグの存在を知っているのかもしれませんね。

ハイレグ水着とは?

最近はあまり馴染がなくなったハイレグ水着ですが…。

日本では、ビートたけしさんの「コマネチ!」と、ハイレグを強調するポーズのギャグで、お馴染みだったりするのかも。

これも最近はあまり見ないけど、今もたま~にやりますよね!

あのコマネチのギャグって、筆者はずっと意味が分かっていなかったんですけど、コマネチさんがいるんですよね!

実在の人物がいるって、皆さんご存知でしたか??

それが、体操選手だったナディア・コマネチさん。

1976年モントリオールオリンピックで、体操のナディア・コマネチ選手が、ハイレグタイプのレオタードを身につけていたのだそう。

それを真似たのが、ビートたけしさんの「コマネチ!」だったんです。