CoCoSiA(ココシア)

愛とは何か?女性として、男性として、親として

突然深い話になりますが、あなたは「愛」について考えたことがありますか?

女性として「愛」を考える場合、男性として「愛」を考える場合、また親として「愛」を考える場合…。

それぞれ立場が違えば、「愛」の考え方や感じ方、捉え方も違うのではないでしょうか?

さらに、「好き」や「愛してる」の違いについても考えていきたいと思います。

今回は、そんな深いテーマである「愛」についてそれぞれの立場から様々な方向で、考えていきたいと思います。

「愛」とは何だろう?

そんな疑問にもお答え出来る記事になればと感じています。

さてあなたは、どの立場から「愛」について考えていきますか?

この記事の目次

愛とは何か…考えた事ありますか?

「愛」とは何でしょう?

「好き」や「愛してる」の違いなど、様々な考え方や捉え方がありますよね。

初恋の相手なら、「恋」なので「好き」なんじゃないか?

と、いう意見がある一方で「好き」な気持ちは「愛」に変わる場合があるから、「好き」と「愛してる」は全くの別物ではない。

など、人により「愛」は捉え方や感じ方も様々なようです。

しかし、「愛」とはそれでいいのではないでしょうか?

あなたが感じる全ての事を、「愛」に変換できてしまうのです。

憎しみや苦しみも、「愛」から生まれる場合もありますし、また「愛」を分け与えたくなる場合もあります。

さらに、存在する方ばかりに対する「愛」ばかりでなく、この世に存在しない人物にも「愛」は存在するのです。

上手く説明できない愛というもの

「愛」というテーマは、奥が深いのと幅も広い捉え方が出来るため、一言では片付けられないのです。

「愛」の感じ方やテーマも、その人が踏んで来た人生にもよるため、「愛」についての捉え方も人それぞれだと言えるのです。

このように、「愛」についてもなかなか一言でまとまる内容でもないので、上手く説明することが難しいとされています。

しかし「愛」とは感じる事が大切で具体的な説明は要らないのかもしれません。

あなたは「愛」と言われた時に、誰の顔が浮かびますか?

きっと、パッと思い出した人こそ今のあなたに必要な人であり、また、その人を大切に愛してるのでしょう。

愛ってなに?

そもそも「愛」って何でしょう?

与えるばかりが「愛」でもありませんし、いただくだけでも「愛」だとは言えません。

愛し愛され、初めて「愛」だと感じられる場合もありますし、また一方的な「愛」も、その人によっては「愛」だと感じる場合もあります。

これもまた、「愛」を一言では言いにくい、また表現しにくいのかもしれません。

様々な概念や外的要素が重なり、また内的要素により感じたことの重なりが「愛」につながる場合もありますし、ただ、何も無く漠然と「愛」を感じる場合もあります。

このように、人の感情とは不思議でその人が「愛」だと感じれば「愛」になってしまうのかもしれません。

学問的には感情の一種

「愛」とは、学問的には感情の一種になります。

怒りや悲しみ、楽しみや嬉しいなどの仲間になるんですね。

しかし、様々な感情があるからこそ、人間としての素晴らしさや感動があるのではないでしょうか?人は感情を持たなければ、機械やロボットと同じです。

「愛」があるからこそ、人は頑張れたり努力できたりするのかもしれません。

悲しみや怒りがあるからこそ、不安な気持ちや備える気持ちに繋がるのかもしれません。

このように、様々な感情が生まれる中、「愛」とは生きていく上で人を最も幸福にさせる感情でもあり、また間違えた扱いをしてしまうと不幸になってしまう感情なのかもしれません。

快く感じたりする気持ち

「愛」とは、あなたが感じる感情ではどの感情だと思いますか?

不快に感じますか?足取り軽くウキウキワクワクするような感情ですか?そうなんです、「愛」とは快く感じたりする気持ちなのです。

誰かを愛する事で、幸せなどの幸福な気持ちを感じることが出来たり、また愛を受け止めてもらえない事で、悲しみや孤独感、さらには愛が大きければ、大きいほど憎しみに変わってしまうのかもしれません。

このように、快く感じたりする気持ちと「愛」は連動しているのかもしれません。

それにより、様々な感情にかわったり、また新たに感情が生まれて来るのもしれません。

そのように考えると、「愛」という感情は不思議ですね。

様々な”愛”が存在する

これまでお伝えしてきましたように、愛には様々な形が存在するのです。