大好きな彼と別れた時や、辛いことがあった時、あなたはどうやって気持ちの整理をしていますか?

心の中が辛い気持ちでいっぱいになり、何も手につかなくなってしまう人も多いでしょう。

そんなどうしようもなくなった時には、ぜひこれからご紹介する9つの対処法を参考にしてみて下さい。

なぜ辛いと感じてしまうのか?

辛いことがあった時、人はなぜそれを「辛い」と感じてしまうのでしょうか?

ある出来事に対してもしもあなたが「辛い」と感じていたのなら、その出来事はきっとあなたにとって、とても大切なものであったはずです。

例えそれを日頃から意識していなかったとしても、何かあった時にあなたの心が「辛い」と訴えたならば、それはすなわちあなたが自分の心を痛めるほどに大事なものであるということ。

なんの関心もなく、どうも思っていないものに対しては、決してあなたが心を痛めることなどありえないのですから。

その時の心の状態はどうなっているのか?

あなたがもしも「辛い」と感じている時、あなたの心の中はきっと大変なことになっているでしょう。

予期せずに辛いことがあった時、心の中ではまず大きなショックがあります。

そして驚愕の事実をあなたが受け止め始めると、今度は悲痛な感情が心の中には渦巻きます。

それはまるでパニックにも似ていて、「この辛さを一体どうしたらいいのか」と、あなた自身困惑してしまいます。

例えその辛さを予期していたとしても、現実としてそれが訪れると、やはり辛くて苦しい感情が、胸の内を支配します。

それはあなたの心が落ち着くまでの間、あなたの中のあらゆる感情を抑え込んでずっとグルグルと渦巻いているのです。

とにかく早く心を整理しなきゃ!

心の中が辛い気持ちでいっぱいになってしまうと、もう何もかも手につかない状態になってしまいます。

どこにいても、何をしていても、辛い気持ちばかりが心を支配してしまって、目の前のことにまともに集中出来なくなってしまいます。

そんな風に、「心ここにあらず」な状態では、学業も仕事も家事も疎かになってしまいますよね。

だからこそ、少しでも早く心の整理をする必要があるのです。

辛いと思った時に見て欲しい、おすすめの対処方法9選

人は自分の中の辛い感情を、どうにかして忘れたい、消し去りたいと思うものです。

例え自分が辛くなることで自分を戒めていたとしても、あなたの心は無意識の内にあなた自身を守ろうとします。

辛い気持ちを忘れたい時、人はさまざまな行動を取ります。

思い切り遊んだり、愚痴を聞いてもらったり、人によって違いますが、もしも気持ちを切り替える方法が分からないという人は、ぜひ次のことを試してみて下さい。

きっと少しは今の辛い気持ちから逃れることが出来ると思います。

1.思い切り泣く

泣く、という行為は最も単純で、そして最も手段を問わずに気持ちの切り替えが出来る方法です。

人は辛い時、誰しも悲しい気持ちになりますよね。

その感情に無理に逆らうことなく素直に従えば、グッと堪えていた涙が零れ落ちます。

そして一滴零れれば、あとは自然に涙が出てきます。

泣くという行為は、思った以上に体力を消耗します。

そして思い切り泣いた後には、まるで体を動かした後のように、すっきりとしていつの間にか気持ちが落ち着いているものです。

辛い時にはその気持ちを表に出して、まず泣きましょう。

中々泣き慣れていない人の場合には、感動ものの映画を観たりして、涙腺を緩める方法もあります。

あまり泣き過ぎると翌日瞼が腫れてしまいますが、気持ちはそれまでよりも、少しはすっきりしているはずです。

2.笑えるものを探す

泣くのが難しい、という人は、反対にたくさん笑って嫌な気持ちを吹き飛ばしてしまいましょう。

とはいえ、辛くて落ち込んでいる時には、中々心から笑うことは出来ませんよね。

だからこそ、いつもよりも真剣に、自分が笑えるものを探してみましょう。

日々の生活のふとした瞬間に、思わず笑ってしまうことがあれば、それをきっかけに大口を開けて笑ってみて下さい。

また、コメディ映画をたくさん観たり、友達と話したりしているうちに、段々と気持ちが落ち着いてくることがあります。

気持ちがリラックスすれば、自然と笑みも零れやすいものです。

そうやって自分が笑えることを探していれば、いつしか辛い気持ちも薄れていくはずです。

3.ヤケ食い

辛い時にはヤケ食いをするというのも一つの手段です。

これは元々、食べることが好きな人や、ストレスを感じた時に食欲に走る人には特におすすめの方法です。

心が辛いと感じている時には、美味しいものをとにかくたくさん食べることです。

味覚によって辛い気持ちを和らげて、また食欲を満たすことで気持ちを落ち着かせましょう。

また、日頃は体重の増加を気にしてあまり食事の量を取れない人も、こういう時には敢えてヤケ食いをするのも良いでしょう。

普段自分で抑えていることを解禁させることで、ちょっとしたリフレッシュ効果にも繋がります。

甘いものを食べる

心が辛い時や疲れている時には、甘いものを食べることをおすすめします。

脳に糖分が回ることで、少しは落ち着いて物事を考えることが出来ます。

そうすると、ただ辛いばっかりだった気持ちも、一度冷静になることで、「どうしてそうなったのか」「次からはどうしていけばいいのか」と気持ちを切り替えて考えることが出来るようになります。

また、辛い食べ物に比べると、甘いものはある一定量を食べると、それ以上の摂取は胸やけなどで気分が悪くなりやすいです。

そのため、例えヤケ食いしてもある程度の量で自然と食べられなくなりますので、ヤケ食いをする時にはなるべく甘いものを食べるのをおすすめします。

食べ過ぎには注意

ヤケ食いとはいっても、連日のように食べ過ぎるのは体に良くありませんよね。

ヤケ食いとは、ある特別な時にのみする行為であって、毎日食べまくるのはヤケ食いとは言いません。

そんなに食べ過ぎては体にも悪いですし、後々自分自身で後悔することになってしまいます。

一度食べ始めると歯止めが利かなくなる人もいますが、そういった人は反対にヤケ食い以外の方法で気持ちの切り替えを試みた方が良いかもしれません。

また、糖尿病や持病持ちの人など、摂取する食事内容や量を定められている人も、ヤケ食いはしないようにしましょう。

気持ちを切り替えることも大切ですが、もっと大切なのはあなた自身の体なのですから。

時々の方法としてヤケ食いは有効ですが、あくまでもその時だけにしておきましょう。

4.趣味の時間を作る

辛い気持ちを忘れるのには、何か趣味の時間を作ることが効果的です。

とはいえ、今は辛くて何もする気力が起きなかったり、日頃からこれといった趣味のない人には中々難しいですよね。

でもそんな時にこそ、新しいことにチャレンジしてみましょう。

何も思い浮かばない人は、まずは自分が何をすることが好きなのかを改めて考えてみましょう。

毎日やっていることでなくても、例えば時々凝った料理を作ったり、道を歩いている時に何かを観察していたり。

まったく無趣味の人というのは、実は意外といないものです。

あなたが普段、生活の中で何気なくしていることを、もう一度よく思い返してみましょう。

人と話すのが好き、外で食事をするのが好き、映画を観るのが好き、のんびり過ごすのが好き・・・よーく考えてみれば、別に「好きでやっている」ことでなくとも、自分にとって気に入っている行為は、無意識の内に何度もしているものです。

あなたは普段何をしていることが多いですか?

また、何をしている時間が長いですか?

この機会に一度深く考えてみましょう。

きっと何か一つは見つかるはずです。

また、初めから趣味を持っている人は、この機会にもっとそれを深めてみましょう。

辛い気持ちに考え込みそうになったら、その時間をサッと趣味の時間に切り替えましょう。

最初はあまり気分が乗らないかもしれませんが、やっていればその内没頭出来るはずです。

時間はたくさん有り余る

時間というものは一日で考えると、24時間と限られています。

その内の最低数時間を睡眠だと考えると、一日の内で自由になる時間はもっと短いと感じるかもしれません。

けれども、時間の速さの感じ方は、人によって違います。

何か夢中になることをしていれば、一日は本当にあっという間です。

しかし、特にすることがなければ「まだ〇時間しか経ってないのか・・」と長く感じてしまいます。

あなたがもしも辛い気持ちでいっぱいの場合、あなたにとって時間の経過は短いですか?

きっと長いと思います。

辛い気持ちを抱えたまま、何時間も過ごすのは、あなたにとって苦痛でしかないでしょう。

それならば、その時間をいっそ自分の趣味や楽しみの時間に使いましょう。

そうすれば、気持ちの切り替えになりますし、時間の経過も速いでしょう。

一日で数えると時間は少ないと感じるかもしれませんが、それを人生で考えるととても長く、時間はたくさん有り余ります。

その長い時間をより長く感じるよりも、夢中になれることを見つけて楽しみましょう。

お金をかけよう

とても辛いことがあって気持ちが落ち込んでしまっている時には、思い切ってパーッとお金を使って気分転換をするという方法もあります。

お金の使い方はさまざまですが、どこかへ出かけたり、いつもならば高くて買えないものをここぞとばかりにたくさん購入したり。

男性の場合は豪遊することもありますが、女性の場合はお買い物で暗い気持ちを発散させることが多いです。

一晩だけ、ちょっと高級なクラブへ出かけて行って遊ぶのも良いですし、ずっと欲しくて我慢していたものを思い切って購入するのも良いでしょう。

また、一晩のみお金を使うことも良いですが、自分の趣味や好きなことに思い切りお金を使うと、一緒に気持ちもリフレッシュ出来ておすすめです。

例えばお金のかかる趣味といえば、ダイビングや乗馬だったり、会員制のスポーツクラブや、アウトドアなどですよね。

他にも豪華な食材を使った料理教室など、趣味と名のつくものには大抵ある程度の金額がかかってきます。

いつもならば月に一度程度しか出来ない内容でも、自分の気持ちを切り替えるために、その時はたくさんお金と時間を使って楽しみましょう。

お金がもったいないからといって、何もせずに一日家にこもっていては、中々気持ちは晴れません。

この時ばかりは「自分に必要な出費だ」と考えて、思い切ってお金を使って自分のことに没頭しましょう。

5.自分磨きに専念

自分磨きに専念することは、辛い気持ちを忘れたり、気持ちの切り替えをするにはピッタリの方法です。

例えば付き合っている彼氏と別れてしまったら、とても辛くて苦しい気持ちの中で、あなたはきっと「自分の何がいけなかったのか」と考え込んでしまうと思います。

彼から直接「〇〇が原因で別れたくなった」と言われない限りは、一体どうして二人の仲がダメになってしまったのか、あれこれと考えてしまいますよね。

自分の容姿に不満があったのか、それともわがままなところがあったのか、考えてもきりがないと思います。

そんな憂鬱な気持ちを晴らすには、自分が自分で良くなかったと思うところを直して、自信に変えていくしかありません。

辛い気持ちから立ち直るには、自分がそれ以上に「良くなった」と自分で思えることが一番です。

ですから、落ち込んでいる時にはとにかく自分磨きに没頭しましょう。

ダイエットに励んで外見に自信をつけても良いですし、本をたくさん読んで知識を蓄えたり、雑誌で流行のファッションを取り入れるのも良いでしょう。

自分磨きにはある程度のお金もかかりますが、必要ならバイトをして、お金を稼ぐと同時に人とのコミュニケーション能力を磨く方法もあります。

辛い時にはとにかく落ち込みやすくて、また自分に自信がない状態が多いです。

その気持ちを断ち切るためにも、自分磨きで自分に自信をつけましょう。

元彼を見返してやれ

もしもあなたが大好きな彼に振られてしまったら・・・想像するだけで辛くて悲しい気持ちになりますよね。

毎日のように彼との思い出に浸って、彼のことを思い出しては泣いて過ごしたり、しばらくは心が落ち込んだ状態が続くと思います。

しかし、そこで「なんでダメになったの?

」とうじうじしていては、一歩も先へは進めません。

振られた時こそ、「彼を見返してやるんだ」という気持ちで立ち上がり、積極的に自分磨きをしましょう。

もしもあなたが、元彼と復縁をしたいと思っているのならば、尚更あなた自身が今よりももっと魅力的になる必要があります。

自分で考えられるだけの自分磨きをして、必要ならば友人などの意見も取り入れながら、もっと素敵なあなたに生まれ変わりましょう。

そうすれば、元彼もあなたの変化に気付いて、戻ってくるかもしれません。

また、復縁は望まなくても、元彼を見返してやりたい!と考えている人にも、自分磨きは必須です。

精いっぱい素敵なあなたになって、元彼があなたと別れたことを後悔するぐらいに魅力的になりましょう。

6.旅行に行く

ストレス発散や気分転換にはもってこいの旅行は、もちろん辛い気持ちの時にも有効な手段です。

どんなに心が辛くても、まったく知らない土地で、知らない場所に泊まったり、そこで過ごしたりしていれば、いつの間にか少しはその辛さが薄れているはずです。

辛い時には何もしたくない、どこへも出かけたくないという気持ちになる人も多いですが、そんな時こそ無理にでも自分を動かして、ちょっとした旅行をしてみましょう。

両親や、友達同士で出来れば自分が行ったことのない土地へ旅行に出かけるのが良いでしょう。