CoCoSiA(ココシア)

搾取をされない人生を歩むための7個の注意点

あなたは人に裏切られた経験ってありますか?

今までの人生で人に裏切られた事があるという経験がある程度の方が経験があるのではないでしょうか?

人に裏切られるという事は非常に悲しい事ですし、出来ればそんな体験はしたくないですよね。

また、裏切られるというよりかは、人に嫌な思いにさせられる事などは日常茶飯事で起こっている事だともいえるでしょう。

これに関しては、人によっては悪意がないという人も中にはいるかもしれませんが、やられた側はたまったものではないですよね。

悪意がない分、相手に対してもこちらの対応方法などが難しい所になりますし、かといってこちらが我慢ばかりしてしまうのは嫌ですよね。

ただ、こちらが何もしないでいるとそれは相手の言いなりになってしまっている事と同じことになります。

だからこそ、自分が損な目に合わないためにしっかりと行動する事が大事であるといえるのではないでしょうか。

搾取されない人生を送るために

相手から搾取される事は、やはり嫌な事ですし、そんな事はされたくないですよね。

ただ黙っていれば、相手の思うつぼですし、先ほどお伝えした通り、相手が悪いと思っていない場合は一番質が悪いです。

相手が遠慮なくどんどんとこちらに対して嫌な思いをさせてくるからです。

それに気づきさえしない相手は、こちらが嫌な思いをしている事なんて微塵にも感じていないのです。

だからこそ、搾取されないための人生を送る為に、自分自身が行動し、しっかりと対策を練る事が大事であるといえるのではないでしょうか。

今までの人生で、何かしらの形で相手から搾取されたことがあるという経験がある方は、是非ともこの対策方法などをしっかりと把握しておくことが大事であるといえるのではないでしょうか?

対策方法を身に着けておけば、相手から搾取される可能性は当然低くなります。

今回ご紹介する内容を見て頂き、対策法であったり、気を付けるべき点などを理解しておくことが大事であるといえるでしょう。

搾取とは

まずは、搾取という言葉についてですが、あまり聞きなれていないという方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

搾取という言葉は、そのままの意味ですが相手から奪われる、搾り取られるというような意味合いになっています。

これが何を意味するかと言いますと、相手から都合よく利用されたり、犠牲にされるというような意味合いになります。

それは多岐にわたる場面になりますので、なかなか限定的な状況ではないので想像しづらいかもしれませんが、これまでの人生で相手から都合よく利用されたり、犠牲にされたりした経験がある方はいらっしゃるのではないでしょうか?

経験がある方は、その状況を思い出してみてください。

それがまさに相手から都合よく利用されたり、搾取されている場面になります。

経験がある方は、詳しく状況を考えることができるのではないでしょうか。

搾取とは?を詳しく知りたい人はこちらをチェック! →

搾り取ること

相手から搾り取られるという事は、相手から都合よく利用されたり、相手の思うように行動させられていたりもします。

そう考えると、非常に腹立たしい気持ちになりませんか?
こちらの意思など関係なく相手の思うようになってほしいからこそ、こちらの希望を無視されているんです。

冷静に考えると嫌な気持ちになりますよね。

こういう事を意図して行っている人もいれば意図して行っていないような人もいます。

意図している場合は、それは性格がすでに悪いですが、それは意識しているので、ある程度の範疇ないで行ってくる可能性などが高いといえるでしょう。

ただ、意図していない場合などは、相手はそれに気づいていないので、継続的に行ってくるような事もあります。

そういった場合などには注意が必要ですし、こちらも何かしらの行動が求められるようになるかと思います。

搾取されるとは

実際に、搾取されるという状況について考えてみましょう。

先ほどご説明した通りですが、多岐にわたる場面などが存在するので、限定的な説明などは多少難しいかもしれませんが、それでも一般的な認識として、ある程度みなさんが想像できる範囲内での搾取されるという事についてご紹介していきたいと思います。

意味合いはたくさんあり、どれの意味合いでも正解になるかと思います。

あまりこういう表現方法を聞きなれていないという方には、それぞれの意味合いについても理解していただきたいと思います。

都合よく利用されること

まずは、搾取されるという意味合いで多い事例からご紹介すると、都合よく利用されるという状況を指している場合が多いといえるでしょう。

例えばこちらの意思に反して、相手の思うように行動してほしいからといって命令してきたりだとか、こちらがいやだと思っても都合よく頼み込んできたりだとか、自分の事だけを考えて行動をしてきたり、もしくはこちらの事を考えない行動をとってきたりする事だといえるのではないでしょうか。

親しき仲にも礼儀ありという言葉があったりもするので、どんなに親しい中でも、最低限の礼儀などはわきまえないと人間関係にひびがはいってしまいます。

都合よく相手に利用されているなと感じている場合は、それはこちらが相手に対してもそれくらいの関係までしかできていないという事にもなります。

例えば、相手が昔からの親友であれば、許せるけれども、付き合って浅い関係の人のされたらいやな事などはありますよね。