あなたは、怠惰な人のことをどのように感じますか? 怠惰とは、しなくてはならないことをせずにだらけていること。

生きていれば、そのような人に出くわすこともあるでしょう。

約束していたことを守ってくれなかったりすると、とても困ってしまうもの。

そのような人がいることで悩んでいるのでしょう。

はたまたあなた自身が自分の怠惰さに悩んで、このページを開いてくれたのかもしれません。

自分が怠惰かどうかを判断するのってなかなか難しいですよね。

また、身近な人のあのだらしなさは怠惰なのかと疑うこともあるでしょう。

そのような方たちのために、今回は怠惰である人の行動や特徴をご紹介します。

その他にもどうして怠惰な性格の人が出来上がってしまうのかの原因についてもお伝えしています。

この記事をチェックして、怠惰さを手放し、そしてシャキッとした人生を送ってみませんか?また、身近に怠惰な人がいる場合は怠惰さを治すきっかけを与えてあげましょう。

怠惰は人生をダメにする!

毎日だらけて、そしてやるべきことを放置する…そのような生活は、人をダメにします。

そして、人生までもをダメにします。

なぜかといいますと、だらけてばかりいるとそれが身にしみつき、いざやろうと思った時にスタートダッシュを切れなくなるからです。

それにだらけてばかりいるその姿は、他人からはとうてい良いものには見えません。

誰しも頑張っている人を応援したくなるもの。

なまけてばかりいれば、味方さえも失う可能性があるんですね。

また、やるべきことをやらないでいるということは、誰かに迷惑がかかります。

自分だけならまだしも、他の人まで迷惑をかけるなんて人生がダメになると思いませんか? 人間は誰かと協力しあうことで生きていけます。

怠惰な生活を過ごしていれば、協力してくれる人も失い、今現在の地位なども失う可能性があるのです。

その先になっているのは、真っ暗な人生のみ。

明るく楽しく生きたいのであれば、怠惰な生活ではいけません。

しかし、毎日気をはりつめて活動するのもストレスになりますよね。

なまけるのは悪いことではありません。

永遠となまけ続けるのがよくないのです。

そうならないためにやるときはやる、休む時は休む…といったメリハリが重要になってきますよ。

それでは、怠惰とはいったいどういうことなのか?について、詳しく見ていきましょう。

また、どうして怠惰な性格になってしまうのかもチェックしていきましょうね。

1. 怠惰とは?


怠惰とは、なまけてばかりいて、やるべきことをやらない様を意味します。

いつもダラダラと過ごして、やるべき家事や仕事を全くしない人のことといってもいいでしょう。

生きていれば仕事であれ、勉学であれ、家事であれ、やらなければならないことが発生します。

たしかに全てをこなすのは、疲れるような気持ちがするかもしれませんね。

しかし、怠惰な生活ばかり送っていると、いざ自分自身で何かやろうと決断したとしても重い腰が上がらなくなってしまうものです。

何もせずに誰かがなんでもあなたのことをやってくれるのであれば、あなたは動く必要はありませんね。

今現在はそれでいいかもしれません。

しかし、あなたが動かない分、誰かの負担になっていることは確実。

それに将来的に当たり前に出来ることが出来ずに恥ずかしい思いをすることになるでしょう。

怠惰な性格をしていると周りに迷惑をかけるだけではなく、怠惰な性格をしている人自身にも被害がやってくるのです。

2. 怠惰になってしまう原因とは?

では、なぜ怠惰になってしまうのでしょうか? 普通に生きていれば、そのような性格にはならずにやらなければならないことはやるという気持ちが身に付くものです。

保育園や幼稚園、小学校、中学校…などは、決まった時間に行かなければなりませんね。

それに期日までに宿題などを提出しなければなりません。

その中で怠惰にならないような精神力を鍛えている…ハズなんです。

しかし、そのような社会で育ってきても怠惰な性格になってしまう人はいます。

いったい何が原因なのでしょうか。

主に親御さん、周囲の人、周りの怠惰な人の影響が考えられます。

それは一部の原因にすぎません。

一番の原因は、自分をコントロールすることが出来ない自制心がないことでしょう。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. 親の育て方が悪い


幼い頃から、親に甘やかされて育つとその世界が当たり前になります。

親が悪いことをしからなければ、そのことを悪いと思わずやり続けてしまうでしょう。

学校を休みたいといえば、理由もなく休ませる。

ご飯を食べたくないといえば、食べなくていいという。

欲しいものがあるとせがまれたら、買ってあげる。

子供から見たら、なんて”いい親”なんでしょう。

しかし、そのように甘やかすのはその子供の自制心を育てることが出来ないことにつながります。

悪いことは悪いとしかる、そして社会に出た時、人として自立する時に必要なスキルを持たせてあげるのも子育ての一環です。

もしも、これから親になるという立場になる方は、ぜひ気をつけて欲しいものです。

でも可愛い我が子をしかりたくないだとか、悪いことをしていても可愛く見えるからそのままにしている…なんていう親が増えています。

そのため、常識知らずの子供が増え、成人や新社会人が増えています。

幼い頃から甘やかされて育った子どもは、社会に出た時に痛手を必ず感じます。

大人になってしまえば、全ては自分自身の責任になるからです。

そうなってしまっては、親のせいにはできません。

というより、親のせいにしているようであれば、立派な大人とはいえません。

自分が怠惰な性格になったのはすべて親のせいだと思うのではなく、自分の怠惰さに気づいているのですから自分で改善しましょう。

2. 周囲が上手にモチベーションをあげてくれなかった

これまでに何かにチャレンジするときは、きまって誰かが応援してくれたかもしれません。

「がんばれ!」「応援してるよ」なんていう言葉は、誰もが嬉しいもの。

しかし、大人になるにつれてそのように応援してくれるとは限りません。

場合によっては、反対されることもあるでしょう。

バカにされることもあるかもしれません。

それってあなたの本当の力が試されている時でもあります。

そこで踏ん張りを見せることが出来れば、周りが応援し始めるんです。

幼いときから甘やかされ、誰かに応援されることでしか頑張ることをしなかった人にとっては、そうやって反対されるなんてありえない話。

周りの人が自分(様)のモチベーションをあげてくれるからこそ、行動できるんです。

要するにまだ周りに依存していることになります。

自立をするということは、自分で物事を決め、自分自身の力で人生を勝ち取っていくものです。

もしも、まだ周りの人が上手にモチベーションをあげてくれなかったから、なまけてるんだ!全て周りのせいだ!なんて感じているかもしれませんね。

そのように周りの人のせいにしていては、あなたは全く変わることが出来ません。

周囲の人にモチベーションをあげてもらうのではなく、自分自身で自分を応援し、モチベーションが上がるようにするべきです。

3. 周囲にも怠惰な人がいる

周りになまけてばかりの人がいると、それが移り、あなたまで怠惰になってしまうことがあります。

自分に軸や芯がないとたやすく、他人に影響されています。

それが災いしたのでしょう。

また「類は友を呼ぶ」ということわざがあるとおり、あなたには既に怠惰になっている部分があったのかもしれません。

誰かとお付き合いしたり、交流する際にそのような人と関係を持つと、悪いことになりかねないのです。

人として成長したいのであれば、怠け者の人とは付き合うべきではありません。

その人の友人を見れば、その人がどんな人なのかを見ることが出来ちゃうんです。

もしも怠惰な人と思われたくないのであれば、怠惰な人とは関係を絶つことです。

とても居心地の良い環境かもしれません。

しかし、そこにいてはあなたは一向に悪くなるばかり。

一度きりの人生ですから、なまけている暇なんてありませんよ。

4. 自分をコントロールする力が弱い

すべてに共通するのですが、怠惰な性格になってしまう最終的な原因は「自制心」にあります。

自分を抑制し、コントロールする力さえあれば、怠惰な生活を送ることはありません。

なぜなら、これをやったらこうなる…と未来を予測し、悪い状態にならないために行動することが出来るからです。

また、誘惑に打ち勝つことも出来るので、怠惰になることはありませんよね。

親に甘やかされて育ったとしても、周囲の人が応援してくれなくても、たとえ周りに怠惰な人がいるとしても、あなたの行動を決めるのはあなた自身です。