誰かを好きだという気持ちは、小さな子供から大きな大人まで誰にでもあります。

でもその伝え方で、その先二人の関係がうまくいくか行かないかが分かれ道になってしまいます。

みなさんの「好き」の気持ちが良い方向に進むように、アプローチの仕方を教えちゃいます。

想いを伝えて付き合うためにすべき12個のアプローチ法

「好き」と相手に告白してしまうのも正攻法ではあるのですが、その前にいくつか踏むべきステップがあります。

その方が後々、告白すあれ?この気持ちは何だろう。

ほんのり温かくてジーンとして優しくなれる。

そしてあの人のことを思えばワクワクしたり、ニヤニヤしたり時にはがっかりしたり。

その気持ちはズバリ「恋」です。

その気持ちに気づいてしまったらどうしたらいいのでしょう。

どうにかしてその熱い気持ちを昇華させたいと思うのは誰もが思うことです。

でもどうしたら良いのかわからない人が多いのも事実です。

また、こうすればいいのだろうと分かったつもりでもいざ実践してみたら思ったようる時に有利かもしれません。

なるべく自然に時には大胆にあの人の心にアプローチしてみましょう

1. ボディタッチをする


ボディタッチというとどんなイメージを持ちますか。

馴れ馴れしいと思ってしまうでしょうか。

確かに過剰なボディタッチはよくありません。

ちょっと間違えればセクハラですし、女性は好きでもない男性からタッチされたらそれはもう大騒ぎするでしょう。

そんな最悪な事態は避けたいものです。

ちゃんとTPOをわきまえて 誠実に行えばとても強い恋の味方になってくれるのがボディタッチです。

そのために注意してほしいことがいくつかあります。

1.二人の関係が親しくなってからにする。

あんまり話したこともない人からボディタッチされてしまったらきっとビックリするでしょう。

何度も話したことがあって、その話をしている間二人の距離が近くなってからにしましょう。

2.ボディタッチする場所をわきまえる。

男性はいきなり頭をポンポンしてはいけません。

女性もいきなり男性の太ももにタッチしてはいけません。

軽々しく触っては自分が軽く見られていると思われてしまいます。

相手の自尊心を傷つけてしまってはこれからの関係が気まずくなるので十分に注意しましょう。

3.思わず触ってしまった時は

誰だって楽しくなった時や心が高揚してしまった時には思わず隣の人の腕を触ってしまったりするものです。

しかしこれこそが理想のボディタッチなのです。

自然に相手に触れてしまいまったく違和感がない状態。

この自然さを出すには普段からの信頼関係や仲の良さが必要になります。

2. 軽い態度はとらない


明るく明るく、相手に嫌われないようにと務めるばかりに、「明るい性格」ではなくて「軽い性格のやつ」となってしまう事もあります。

そうなってしまっては男女ともに悲しい気持ちになってしまいます。

ヘラヘラしていたり無用にニヤニヤしてては軽く見られてしまいます。

それではあなたの魅力が半減してしまいますし、素敵な恋にならない可能性が出てきてしまいます。

そうならないようにいくつか気を付けましょう。

何でも言いなりにならない

相手に好かれようと思いなんでも「はいはい」と言いなりになってはいけません。

もしあなたが、なんでも男性の言うことを聞く女性なら今すぐやめてください。

「はいはい」と言いなりになる女性はあまり魅力的ではありません。

尽くす女性になりたいならそれでも良いのですが、相手の言うことをなんでも聞いてしまってはあなたの個性の色が薄くなってしまいます。

それに「はいはい」と言いなりにならないような女性にしか興味ないような男性なら要注意です。

DV気質がある男性かもしれません。

男性も女性に対してハイハイといいなりになっていると痛い目に合います。

女性の欲求は底知れないものがあります。

もちろん女性みんながそうではありませんが、言うときは言う!メリハリある態度の男性の方が女性には魅力的に見えるでしょう。

簡単に二人きりの状況に身を置かない

早く二人きりになりたい気持ちはよくわかります。

誰だってそう思うのは当然です。

好きな人と一緒にいたいですよね。

でもそんなに急がないでください。

恋は焦らずじっくりするもの。

と言いたいです。

よく考えてみてください、まだ恋の段階なのに二人きりになって楽しくお話できる自信はありますか。

これがまだ相手に自分を少しでも思っていてくれているだろうと手ごたえがあるならいいのですが、そうでないのならあまりお勧めできません。

二人きりで緊張してしまい、ベラベラと余計なことを一生懸命喋ってしまったり挙動不審になってしまっては、せっかく普段は素敵なあなたなのにここでボロを出すことはありせん。

そして問題はこれだけではありません。

男女が二人気になるということは何が起こるかわかりません。

もし女性の片思いで好きな男性と二人きりになるのは嬉しいかもしれませんが、そんな恋心を利用する男性だって中にはいます。

そうなってしまっては悲しい結末になりかねないので、二人きりになるのは二人がもっともっと仲良くなって信頼関係が生まれてからにしましょう。

3. 真剣に相談にのる

男女間だけでなく、同性も同志も相談に乗ってくれる人は頼もしいですし、自分には頼れる人がいるんだと安心しますよね。

女性同士で悩みを打ち明けるのも良いですが、男性ならではの解決方法が聞きたい時もあるし、男性だって女心がわからないから女性に聞きたいことだってあるでしょう。

好きな人が悩んでいたら、そっと声をかけてあげてください。

でも「なぁに?何か悩んでいるの?聞いてあげるよ」といきなり言ってしまうのはよくありません。

そう声を掛けてあげられるのは本当に近しい間柄の人でしょう。

人はある程度警戒心を持っていますので、あんまり仲の良くない人には言わないものです。

なので、これもやはり普段からの信頼関係が必要です。

二人の間の信頼関係だけでなく、相談に乗ってあげるあなた自身の周りからの信頼も必要となってきます。

普段から周りに誠実に振舞っているか、誰かを傷つけていないかなどあなたの好きな人は必ず見ています。

この人ならきっと良い答えをくれると思える人になっていることが大事です。

そして相談に乗ってあげるからには真剣に一緒に悩んであげてください。

悩んでいる人は良い解決策が欲しいということもありますが、一緒に苦しみ悩んでもらうことでその人の苦しみが半減するのです。

特に女性はそうなので、ズバズバと正論を言うよりも、優しく言葉で包んであげた方が良いです。

4. 相手の好きなタイプを聞く

相手がどんな人が好きなのかはすごく気になりますよね。

でもそれを聞いたら相手が「ん?もしかして自分のことが好きなのかな?」って悟られるのは怖いですよね。

これを聞くには「話の流れ」を作る必要があります。

好きな芸能人の話から「好きなアイドルとかいるの?」とか聞いてみるのもいいですね。

それかもうザックリと「〇〇の好きなタイプってどんな人?おしとやかな人?可愛い人?」と無邪気に聞いた方が逆に冗談ぽくなって恋の重い話から解放されて明るく相手のタイプを聞き取れるかもしれません。

なので聞いている時も相手が自分と違うタイプの異性を言ったとしても、あからさまにガッカリしてはいけません。

あくまでも「ふぅんそうなんだ!」と明るく返すことに努めてください。

…でも、あからさまにガッカリしてみるのも良いです。

そんな様子を見て「え?なになに?なんでガッカリしてるの?」と聞き返してくれるかもしれませんからね。

そうなったら可愛く「えー別にぃ」拗ねるのも一つの手かもしれませんね。

好きなタイプに近付く努力ができる

好きなタイプを聞くことで、同じ人間にはなれませんがそのタイプに近づくことはできます。

例えば好きな男性から好きな女優さんを聞き出せたら、メイクを真似してみるとかもいいですね。

要するに雰囲気を似せればよいのです。

ざわちんみたいに全く似せたらなんだか怖いですが、美容室に行ったときに雑誌などを見せて「こんなふうにしてください」と相手の好きな女優さんの髪型を見せるのもいいです。

しかし男性が好きな女性にタイプを聞いてそれに似せるのは難しいでしょう。

何故なら女性に好きなタイプを聞いても、「優しくて、頭がよくて、…」とあまり具体的には答えないからです。

まぁでもそのクセ、好きになる人は二枚目だったりするのですが…。

じゃあどうしたら好きなタイプに近づくことができるのかと困ってしまいますよね。

無難なのは、清潔感がある男性でいることが一番です。

そして明るく誠実にいることです。

もちろん、好きな女性に対してもです。

それこそが相手に好きなってもらうための礎となるので、普段からそうなれるように準備しておきましょう。

5. 食事に誘う

男女が食事を共にすると距離がぐんと狭まるといいます。

向かい合ってご飯をモグモグ食べるなんて恥ずかしいかもしれませんが、これをクリアすれば次へのステップに漕ぎ着きやすいのです。

逆にこの食事の誘いをする事であなたに少しでも好意を持っているかわかりますよ。

「美味しいお店が見つけたんだけど行ってみない?」とか、「気になるお店見つけたんだけど1人じゃ寂しいから一緒に行ってくれない?」とかさりげなく行ってみましょう。

もしここで、「いやちょと…」とか、「忙しいから」と言われたらいったん引きましょう。

無理強いをしたり、イエスと言ってくれるまで粘るのはNGです。

もしイエスと言ってくれたら、誘った方がお金を出しましょう。

時に男性はそうして下さい。

仮に相手がワリカンにしようと申し出たとしても、自分が多めに払うスタンスでいて下さい。

これが守られないと誘われた方は急に気持ちが冷めてしまう場合があります。

でもどうしても支払うと言った場合は、ありがとうと感謝しましょう。

6. 二人きりのドライブに誘う

ドライブのお誘いも同様、ある程度仲が親しくなってからにしましょう。

日常的にある程度話ができて、ちょっとしたジョークを言い合えるような中になったらお誘いしても大丈夫でしょう。

そうじゃないと、車中という狭い空間では息苦しい状況になるでしょう。

それとドライブデートは運転する側の細やかな配慮が必要です。

逆に言えばドライブはあなたの男っぷりをあげるボーナスポイントと言ってもいいでしょう。

ここでいくつかの気を付けたいポイントやこうすれば相手が喜ぶというポイントをお伝えしますね。

・車の中を清潔にしておく
車中は自分の部屋と同じです。

不潔にしておけば「この人の部屋もきっと汚いんだろうなぁ」と思われてしまいます。

掃除機をかけてマットなどもきれいにしておきましょう。

車の芳香剤もにおいのキツイものはだめです。

無臭の空気をキレイにするようなものにしてください。

・事前にルートを把握しておきましょう。

自分が何度も行ったような場所なら問題ありませんが、相手のリクエストで初めて行くような所であれば、事前にルートを把握しておき迷わないようにしておきましょう。

道が分からなくてオロオロするとハッキリ言って格好悪いです。

もちろんナビに頼ることもできますが、ある程度はルート順を頭のなかに叩き込んでおきましょう。

・おトイレ休憩を忘れずに
目的地行くまで遠いなら途中で音入れ休憩を忘れないでください。

コンビニでも道の駅でもいいでしょう。

「おトイレ休憩大丈夫?」などと直接聞いてはいけません。

さりげなく「俺、ちょっとトイレ行ってくる」とあなたがトイレに行きたくても行きたくなくても言ってあげてください。

そうして相手が恥ずかしくならないように促してあげるのです。

女性は異性の前ではなかなか「トイレに行きたい」と言えないものです。

ここはあなたが気を使ってあげてください。

・途中で立ち寄れる場所も確認
目的地にまっすぐ行くだけでは芸がないので、途中のルートで景色がきれいな場所やちょっと楽しめるポイントを見つけておきましょう。

例えばソフトクリームがおいしいお店だとか、観光地なのでのおいしいレストランを調べておくといいでしょう。

ソフトクリームが美味しいとかなりあなたのポイントがあがりますよ。

・いつでも平常心を
たまにハンドルを握ると性格が変わってしまう人がいます。

追い抜かれて「っチ!」と舌打ちしたり、モタついている車にイチャモンつけたり。

これでは相手に嫌われてしまいます。

どんなことがあっても冷静な判断が行えるようにしましょう。

・絶対に事故を起こさない
事故を起こしてしまっては楽しい時間が一転して地獄に変わります。

自己にもいろんな形があります。

運転している側がけがをする場合、歩行者と接触してしまう場合。

どちらも絶対に起こしてはいけません。

ドライブなら楽しく会話も弾むでしょう。

でも意識は前を向いて運転に徹しましょう。

相手も自分に気があると確信がある場合

ドライブに誘うなら相手も自分に気がるんじゃないかと思えたときに限ります。

そうじゃないと楽しいドライブになりません。

良い雰囲気にもなりません。

ドライブデートの良いところは誰にも邪魔されないところです。

この時に相手の気持ちを確認することは十分に可能ですし、あなたが気持ちを伝える絶好のチャンスでもあります。

どうかドライブデートを有効に使って楽しく過ごしましょう。