一斉を風靡した懐かしいカルチャーの一部として大流行した“ボディコン”。

今やめっきり廃れてしまった為、最近では、「聞いたことが無い」「どんなものかわからない」なんていう人も多いと思います。

今回は、ボディコンを知らない人にもボディコンの魅力や文化に是非とも触れてもらおうと思います!

ボディコンを知らない世代のあなたへ

昭和の終盤から平成生まれ以降の方は、ボディコンと聞いても、いまいちピンとこないかもしれません。

それもそのはず、このボディコンはいわゆるバブル世代と呼ばれた時代に流行したものです。

1980年代のファッションの象徴的存在でもあるので、それ以降に生まれている人には馴染みが薄いと思います。

1. ボディコンとは?

まずは、そもそもボディコンとは一体何なのか?どんなものなのか?という所から解説しましょう。

ボディコンは、80年代に流行った女性向けファッションスタイルの一つです。

80年代、いわゆるバブル時代に栄えた独特のファッションはさまざまあり、人気アイドルだった松田聖子さんのヘアスタイルをリスペクトした『聖子ちゃんカット』や『肩パッド入りジャケット』などがこの時代のお洒落最先端のファッションとして知られています。

『ボディコン』もそんな80年代ファッションの象徴の一つです。

バブル景気と呼ばれている1986年から1990年ころは、日本は経済が泡(バブル)のように膨らみ本当に好景気でした。

景気が良いことから、人々の生活やカルチャーはとても派手で煌びやか。

実に華々しいものでした。

この時代に流行っているファッションはその景気に表すように華美なものが多くなっています。

バブル時代の流行や人々のライフスタイルについては、後に詳しく紹介したいと思います。

2. ボディコンは何の略?

まずは『ボディコン』の基本中の基本から見てみましょう。

はじめに、ボディコンという言葉の意味やその特徴について紹介していきます。

1. 日本語に訳すと?


ボディコンの語源は、英語の『body consciou(ボディ コンシャス)』。

これを略したものです。

『body consciou(ボディ コンシャス)』は訳すと、体を意識している・体に注意がいく、というような意味合いになります。

ボディコンは、1981年に開催されたミラノコレクションにおいて、アズディン・アライアというデザイナーが発表したドレスで、正式名称がボディ コンシャスとなってるのですが、日本ではその略称のボディコンで浸透しています。

ボディ コンシャスと言うと逆に通じづらいかもしれません。

3. 見た目の特徴とは?

ボディコンの特徴は、名前の意味からも分かるように体を意識して作られたデザインのタイトドレス。

ボディラインを強調するように、ピッタリとしているので体のラインがくっきりです。

シェイプなデザインなので、スタイルが良い人が着ると一層そのスタイルの良さが際立つようになっています。

体形のコンプレックスを誤魔化せるようなデザインではないので、女性としての魅力や自信を惜しみなく披露するスタイルと言えます。

2000年代でこのボディコンを着ている人が街中に居たらそれはもう目立つだろうな、と言うデザインなのでボディコンという文化からはバブル時代の女性たちの堂々たる自己主張精神がうかがえます。

4. 素材は?


ボディコンは体のラインにフィットするよう、密着度の高い素材を用いています。

伸縮性の高いニットなどが使用されているものが主です。

また、伸縮性はありませんがツヤツヤしたレザーや合皮を使用したドレスもあり、それらは特にツヤがあり目立つデザインとなっていたため人気が高かったようです。

キラキラと輝く派手な素材が好まれる傾向が強かったんですね。

5. その他の特徴

ボディコンのデザインは、女性のアピールポイントでもある胸元とウエスト、そしてヒップラインが美しく見えるようにつくられています。

胸元が大きく開いているデザインが主流で、基本はノースリーブです。

スカートの丈は極端に短くミニとなっており、こちらもヒップラインに沿ってフィットするよう、とてもタイトに作られています。

ピッチリしすぎてパンティラインが出てしまうので、ボディコンを着る女性は基本的にTバックを着用しています。

肩も丸出しなので、ストラップが見えないようトップレスのブラジャーを着用したりと、ボディコンを着こなすにはそれ以外の部分も気を遣わなければいけないんです。

1. 髪型

バブル時代に流行した髪型には『ワンレン』や『ソバージュ』というものがあります。

『ワンレン』は髪型の種類である“ワンレングス”の略です。

髪に段を入れず、全体を同じ長さで揃えたロングヘアのことです。

80年代に人気を集めたアイドルの多くもこのワンレンスタイルでした。

『ソバージュ』というのは、毛先の方から細かくウェーブをかけたパーマのこと。

ソバージュはフランス語の“sauvage”のことで、“野生の”という意味を持ちます。

全体に細かなウェーブが入ったソバージュのロングヘアは無造作な雰囲気で全体的に広がりを持たせているので確かにどこか野性みがある印象です。

そして、これらの髪型に共通して『すだれ前髪』という前髪のスタイルも流行しました。

すだれ前髪は、前髪を軽くして、毛束にまとまりをもたせ、すだれのように下ろす独特のスタイルです。

今では前髪は重めに作って流すように作るのが主流ですか、バブル時代は薄く梳いた前髪をふわりと浮かせたすだれ前髪がセクシーだと人気だったんです。

松田聖子さんや中森明菜さんなどもこの髪型をしていました。

2. ボディコンの色

ボディコンの色は、とにかく派手!基本的に色は原色一択です。

赤・黄色・ピンク・青・白・紫…いずれにせよパキっとした色合いが人気の定番。

中にはヒョウ柄やスパンコールなどをあしらって、キラキラとさせたラメ製のゴールドやシルバーなどもありました。

2000年代では、淡いパステルカラーが流行っていることもあり、あまり原色そのものを使ったような派手なカラーのファッションは見かけませんね。

それに比べてボディコンは正に目が覚める様な色合いです。

ボディコンには模様や柄はなく、基本全体が原色ワンカラーとなっており、そこに一部レースやスワロフスキーなどをあしらっています。

3. 扇子

ボディコンに欠かせないアイテムの一つ『羽付き扇子』。

これもバブル時代のファッションの象徴的なアイテムです。

羽付き扇子なんていうのは、正直今やもう全く持って見かけないレアなものです。

ボディコンを着て、大きな羽付き扇子を持つというのが、バブル時代の象徴的な光景。

この羽付き扇子は、ほとんどが直径50㎝もある大きなサイズのもので、ボディコン同様、派手な原色カラーのふわふわしたファーで作られています。

通常の扇子のように涼を取るための用途ではなく、踊る際にかかげて目立つためのアイテムなのでいかに目立つかがポイントです。

フェイクファーで作られたものもあれば、正規の羽毛で作られたものなど種類も値段もさまざなだったようです。

今だと、催し物のネタでしか使わないような扇子ですね。

4. メイク

バブル時代のメイクの特徴と言えば、『太い眉毛』と『赤リップ』。

眉毛の細さや角度は、世代によって書き方に違いがあります。

2000年代に入ってからは細くて薄い眉毛が流行った時代もありますが、80年代と言えば、とにかく太く、シッカリした直線型の眉毛がポイントでした。

ペンシルタイプのアイブローではなくアイシャドウのようなパウダーで豪快に描いていき、眉頭から眉尻まで太さも濃さもほぼ一定。

ここ最近流行している太眉はナチュラルな雰囲気ですが、バブル時代の眉毛はだいぶ濃いめなので、今やると割と強烈なビジュアルです。

さらにこの時代の流行は『赤リップ』。

シッカリとした色合いでベタッと塗るのが主流でした。

この頃は主に色白というのが魅力的な女性の条件でもあったので、白い肌と赤いリップのコントラストが艶めかしい雰囲気でした。

赤い深紅のリップ、イコール大人の女性というイメージが強かったみたいですね。

ボディコンを着る人たちが好むアイシャドウやネイルもやはり色合いが派手で、目を惹くような明るいカラーのものが流行っていたようです。

今のようにグラデーションをかけたりせず、色がハッキリ分かるようにベタッの塗るのが肝でした。

5. 肩パッド

当時、ボディコンに次いで流行っていたファッションの一つに『肩パッド』というものがあります。

今でこそ、スーツなどに控えめについている程度ですが、80年代の肩パッドというのはとにかく広め。

肩幅を広めにして、ウエストにかけてキュッと絞る逆三角形のフォルムが女性らしいとされており、この頃発売されたジャケットやスーツはだいたい肩パッドが付いていて、ウエストが細めのデザインです。

もちろん出勤用のスーツもこのスタイル、この肩パッド入りのジャケットやスーツをボディコンの上から羽織るスタイルもよく見かけます。

6. ヒールの高さ

女性がヒールを履くのには、いくつかの理由があります。

ヒールを履くことで足を長く、身長を高く見せる効果を狙っていること、そしてヒールを履くことでウエストヒップが持ち上がり体形が補正して見えること。

さらに全体のスタイルアップがされることで、等身が高く見えて小顔効果が期待できます。

ヒールの靴は80年代でも女性らしさを惹きだすためのマストアイテムでした。

ヒールの高さはプライドの高さだ、と言い表すこともある位、ヒールというのは女性にとって重要なもの。

バブル時代のボディコンは、正に体形がバッチリ出るデザインなので、このヒール効果を最大限に活かそうと皆が皆高いヒールを選んだものです。

ヒールはヒールでも、主にピンヒールと呼ばれる類のものが特に女性らしいとされ人気が高かったようです。

ヒールの高さは少なくとも5㎝、高い人だと8㎝~10㎝越えのいかついヒールを履いていました。

その見た目はまるで竹馬…歩くのも大変そうです。

身長の低めの女性程、高いヒールを好みスタイルが目立つように工夫をしていたみたいですね。

6. 平野ノラのイメージ

バブル時代と言うと、最近ノリにノっている人気芸人『平野ノラ』さんが思い浮かぶのではないでしょうか。

ワタナベエンターテインメントに所属する平野ノラさんがネタに使用しているのはバブル時代のあるあるネタ。

これが意外にもバブル時代と全くかすりもしない年代の人たちからも支持を受けており、バブル時代の文化を世に広めるキッカケともなっています。