あなたの周りにもクチャラーがいますか?

もしかしたら、あなた自身も周りの人から指摘された経験があるかもしれません。

クチャラー本人が自覚しているか、していないかにかかわらず、周りの人にとってそのクチャラーの行動は不愉快な気持ちの原因となってしまい、一緒にいるとイライラがMAXになってしまうこともあるこの問題。

とにかく、一刻も早く直したい&直してほしい癖ではないでしょうか?
では、どうしてクチャラーになってしまうのでしょうか?
そして、それを改善または治していく方法とは??

とにかくうるさい!クチャラー

よく、家族同士でも恋人同士でも、友人同士でも、一緒にいる人のマナーのなさにイライラさせられることってありますよね?
その中でも、クチャラーに対しては多くの人からの非難の嵐がおきています。

クチャラーとは、よく食事をするときなど何かを口に含んでいるときに口を「くちゃくちゃ」と言わせている人のことです。

「くちゃくちゃ」という擬音語に「○○する人」という意味の「-er」をつけて「クチャラー」という呼び方になったようです。

この、人が何か口にものを含んでいるときの「くちゃくちゃ・・・」という音。

一度気になりだすと、もう居ても立っても居られないほどイライラさせられますよね!?
とにかく、音を立てて何かを食べている人って周囲の人から嫌われるのです。

それも本人はその自覚がないのことが多いのが恐ろしいところ。

いくら好きな相手であっても、こお「くちゃくちゃ」という音を聞かされるとムカッとしてしまい、汚い人、非常識な人、そしてそれがいつか嫌悪感にまで到達してしまうことがあるのです。

音を立てて何かを食べている、ということは常識的にもよくありませんし、決して品のある行為とは言えません。

このクチャラーの音が「生理的に一番苦手な音!」と感じる人もいるくらいですから、周りの気持ちを考え自分が嫌われないために、気を付けていきたいものですね。

クチャラーが気になるのはこんなとき

ものを食べるときに「くちゃくちゃ・・・」と音を立てている人、これってもしかしたら本人は気づいていないのかもしれませんが、周りの人はその音でかなり不快な思いをしている可能性があります。

では、特にどんな時にこのクチャラーたちの音が気になっているでしょうか?
もしかしたら、自分もこんな時にクチャラーになってしまっているのかも!?

食事中のとき

やはり、一番クチャラーの存在にイライラするのは食事中ですよね。

おいしい食事を好きな人と一緒に食べることって、とても楽しい時間になるはずです。

でもそんな時にも相手が終始、「くちゃくちゃくちゃ・・・」と音を立てながら食べているのに気が付いてしまった時から、いっきに食事がおいしく感じられなくなってしまったりします。

その音があまりにも不快だったり、汚くて、食事がこちらまでおいしく感じられなかったりします。

好きな人との食事でないなら、そのイライラはなおさら加速します。

それも、外食などをしていると、たまたま隣に座った人がクチャラーだったりして最悪…ということもありますよね。

たまたま隣に座った他人がクチャラーだった場合、こっちはどうにもこうにもならないこみ上げるイライラと不愉快な気持ちをぶつけることができなくて、食事が終わるまでずっと耐え続けなければいけなかったりします。

勉強のために来ていたのなら、クチャラーが来ただけで勉強どころではなくなりますね。

授業中などのガムの音

そしてさらに多くの人が、どうしても我慢できない!という時は、クチャラーがガムを食べているときです。

よく、ガムなどをくちゃくちゃと音を立てながら食べている人いませんか?
口さみしさがあるとき、眠気覚まし用に、または食後にガムを食べる習慣がある人は結構いることでしょう。

でも、その時口をちゃんと閉じて音をたてないように意識しながら食べているでしょうか?
ガムって口に入れると、無意識のうちに噛んでいますが、実はちょっと意識しないと自分では無意識のうちに音が出てしまっていることがあるんです。

職場の人間関係の悩みなどでも、隣の席の人のガム等をくちゃくちゃと食べる音に我慢ができない!という悩み相談があるくらいです。

毎日会社で自分のデスクに座っている間中、目の前の人から「くっちゃくっちゃ・・・」と音がしているなんて耐えられませんよね!?
もし、このガムのくちゃくちゃという音が、電車の中などの席の移動が可能なところならまだ対処のいようがあるのですが、これが職場や学校などだったらどうしようもなく困ってしまいます。

電車でも、満員電車の中なら移動のしようもなかったりして、むしろ人との距離がちかいものだから、耳元でくちゃくちゃという汚い音を聞かされるの時には、もう耐え難いものを感じる人も多いのでしょうか?

家族だと毎日嫌気がさす…

自分の家族の中にクチャラーがいる、という人もいます。

それも自分以外の全員がクチャラーだ、という過酷な環境の方もいるのです・・・。

家族だと毎日食事を一緒にしますよね?
どうしても、一緒に食べる機会があるので、その音を気にしないようにしようと思っても難しいのが現実。

さらに、家族の絆としても、さらに主婦ならお皿洗い物も全部いっきにしたいということで、食事を別々にするということは難しい場合が多いです。

それで、毎日そのいや~な音を聞かされているので、もう本当に嫌気がさしてしまうということがあり得ます。

実際、クチャラーに囲まれて食事をしていて、「くちゃぁ」という音を聞いて吐き気がする、ということもあるようです。

気分が悪くなって食事もおいしく感じられない、となると家族の中の雰囲気も良くなくなってしまったり、気持ちの溝ができてしまったりもします。

クチャラー自身や、あまり気にならない人にとっては、食事の音なんて些細な問題だ、と思われる方もいるかもしれませんが、それでもクチャラーの音がどうしても苦手だと感じる人がいることを理解してあげてほしいものです。

せっかく家族で一緒に食事をする、という幸せな時間なのだから気持ちよくみんなでおいしく食べたい、というのがみんなの願いなのではないでしょうか?

なぜクチャラーになってしまうの?

こんなにクチャラーに悩まされている人たちがいる一方で、クチャラー自身は自分の音にあまり気づいていない、というのが現実です。

気づいていないからこそ、別に気を付けるわけでもなく、当然のようにいつでもどこでも「くちゃくちゃ・・・」と音を出しているのです。

自分の口の音に気を付けないなんて、クチャラー反対派の人たちにとっては、考えられないことなのですが、では、どうしてクチャラーはクチャラーになってしまったのでしょうか??
その原因というものを理解してみましょう。

親からしつけをされなかった

まずは、小さいころからの家庭環境が影響していることがあります。

現クチャラーの家では、親もそのような食事の際や何か口にものを含んでいるときに、音を出していることに何も感じないのかもしれません。

逆にクチャラー反対派の人の多くは、食事中などに親や祖父母から「ものを口に入れている時には話さない」とか「ものをくちゃくちゃ言わせて食べてはいけない」「お口を閉じて物を嚙みなさい」と教えされてきたケースが多いものです。

つまり、小さいころからものを「くちゃくちゃ」言わせて食べることは下品なことで、周りの人を不快にさせること、という認識を持たせてもらってきたのです。

でも、家によってはそのようなことはあまり気にしない家庭もあります。

そうなると、人から注意されたり指摘されない限り、自分の出している口の音というのが周りの人にどんな影響を与えているのか、なんて気づかないのです。

特に、小さいころから家でいつも一人でご飯を食べていた、という人たちもいます。

親はどちらも仕事でいないので、食事は一人っきりだったりすることってよくあります。

その場合、だれも自分の食事中の音を気にする人はいないので、自分が「くちゃくちゃ」と音を立てて物を食べていることに全く気付くチャンスがないのです。

さらに、子どもって口いっぱいにものを詰め込んで食べることがあります。

そうすると、口を閉じることができずに噛むときに音が出てしまうのです。

そして、このくちゃくちゃという音をわざと大きく出してみて遊ぶこともあります。

この時、この音を注意されるか、されないかということもその後の習慣に影響するようです。

鼻が詰まっている

さらに、子どもの時のしつけだけが関係しているのではなく、鼻が詰まっているという人も音を出してしまう傾向があるようです。

鼻炎もちだったり蓄のう症の人はいつも鼻が詰まっているので、食事中も鼻で呼吸することができなくて、口で食べながら呼吸もしています。

つまり、もぐもぐしているときにも息をするために口を閉じることはできません。

だから音も出てしまう、ということもあるのです。

口呼吸をしている

鼻が詰まっているわけではなくとも、口呼吸が習慣になっている人もいます。

口呼吸ってこれも自分ではなかなか気づけないことです。

だって、それが習慣だから無意識のうちにそうしているのです。

でも、口呼吸をしている人は鼻から息を吸うことを意識しないと難しく感じることがあり、結果食事中も口で呼吸をしようとして、口を常に開けてしまいます。