毎日、朝になると「会社に行きたくない・・・」。

そんな憂鬱な気持ちで目が覚めることがありますか?

もしかしたら、毎日そうだ!という人もいるかもしれません。

夜寝るときにさえ、朝起きて会社に行くことを考えると悲しくなって「目が覚めなければいいのに・・・」なんて考えてしまうこともあるかも。

仕事は生きていくために必要不可欠なことだし、充実している仕事ができていれば幸せなことだけど、世の中そんなに簡単でもありませんよね。

きっと、多くの人が”仕事行きたくない病”にかかった経験があると思います。

では、どうして仕事に行きたくない、と思ってしまうのでしょうか?
その原因と解決方法は!?
少しでも憂鬱な気持ちを和らげて、前向きになれるような方法を見ていきましょう!

会社に行きたくない病は誰しもあります

「明日会社に行くことを考えると憂鬱」これって誰にでもあることみたいです。

仕事に満足とか充実した気持ちを持てる時もあれば、逆に仕事が毎日のストレスでとにかく辛いということもあります。

もしかしたら、あなたの場合どちらかというと、仕事がストレスになっていることのほうが大きいかもしれません。

仕事でストレスを感じない人なんて、きっとこの世にほんのわずかいるのか!?といったところで、みんなが何かしらストレスを抱えているものです。

でも、「会社に行きたくない!」
こんな気持ちでいっぱいになるときって、本当にしんどいですよね。

でも、安心してください。

そう感じているのは、あなただけではないみたいですよ!

サザエさん症候群という言葉もあるくらい

日曜日の夜6時半。

ててってれて~、ててってれて~、ててってれて~てん!
あの国民的アニメ「サザエさん」のテーマ曲を聞くと、いっきに憂鬱になることってありませんか?
もしくは、あのエンディングテーマをきいたとたん、悲しくなったり・・・。

それはいわゆる「サザエさん症候群」と呼ばれるものです。

日曜日の夕方ごろになると「明日から仕事に行かなくては!」ということを思い出させられて、悲しくなったり倦怠感を感じることを言います。

これは、「サザエさん」自体が悪いのではないのですが、「サザエさん」がいわゆる日曜日の終わりを象徴するもので、休みの終了を感じさせるからそのようになるらしく、この時、倦怠感や体調不良を訴える人って多いんだそうです。

同じような症状として「ブルーマンデー症候群」というものもありますが、いずれにしても、「明日から仕事だ~」と思い出させられることによって、精神的に圧力を感じ、それが体の調子にも悪影響してしまうほどらしいのです。

やっぱり、みんな仕事に行かなくてはと思うとかなり憂鬱になって、「行きたくない!」っていう気持ちと戦っているのですね。

まずはなぜ会社に行きたくないのか原因を考えてみよう

でも、なんでそんなに会社って行きたくないのでしょうか?
本来なら、仕事って毎日を充実させるものであるべきですが、そんなのって理想であって現実は難しいですよね・・・。

多くの人が会社に行きたくない、と思ってしまうその原因を調査してみました。

会社行きたくない原因1:仕事内容が大変

毎日フルに仕事をしても、仕事は片付くどころかどんどんと増えて、毎日追われている状態の人たちもいます。

何日も溜め込んでしまった仕事などがあると、どうしても先が不安になるし、憂鬱になって逃げたくなったりもしますよね。

残業は当たり前、だからと言って、すぐには結果も出ないなんてこと結構あります。

自分にとって、好きな仕事についている人なんてごくわずかで、大体の人は好きか嫌いかにかかわらず頑張っています。

好きなことなら、多少大変でも乗り越えることができるかもしれませんが、自分にとって苦手だったり、好きではない仕事ならなおさら取り組むのが大変ですね。

「仕事内容が辛すぎる」、「この仕事から逃げたい」。

こんな風に思ってしまうと、もう会社に行くのが嫌になって、精神的にどんどんと落ち込んだりやる気がなくなってしてしまいます。

会社行きたくない原因2:出勤してもすることが少ない

逆に、会社に行っても何もすることがない、という状況も耐え難いものです。

暇な時間が多いということでも苦痛に感じる人もいますが、もっと深刻なことに、出勤しても自分には仕事が何も回ってこない、一日中席に座って終わる、こんな毎日が続くなら会社に行く意欲なんてなくなりますね。

新人社員をちゃんと教育する人がいるような制度がしっかりとしている会社なら、そのようなことは少ないかもしれませんが、教育制度が不十分だったり、もしくは自分の能力不足のために、何もできない社内ニートや窓際族となってしまう人もいます。

会社に行っても何もしないで一日が終わる。

このことに慣れてしまって、それでもいいと思える人なら、「これで給料がもらえてラッキー」開き直ることもできるかもしれませんが、周りの目、自分の浮いている立場、そしていつまでたってもロクに仕事ができない自分、というものに押しつぶされてしまうなら、会社に行くのはかなり苦痛ですね。

会社行きたくない原因3:朝起きるのが辛い

仕事の日の朝早く起きるのってしんどいですよね。

でも朝に起きるのが辛い、という人はたくさんいますが、特に「起きられない」という問題を抱えている人もいます。

何個も目覚ましをかけたり努力はしているのに、朝に起きられなくて遅刻をしてしまう、という人はどんどんと自信を無くしてしまうでしょう。

会社からも信用が落ちて、周りからも自己管理のできない人として見られてしまいます。

そうすることで、会社に居づらくなったりすることもあります。

”起きられない”原因には体調やストレス、病気といったものがあるようなので、一度専門家に相談したりするのもいいかもしれませんね。

会社行きたくない原因4:人間関係が良くない

職場の人間関係って、仕事を楽しめるか、それともいやになるかを決める大きな要素の一つですよね!
というか、会社に行きたくない、と思う原因の一番はここにあると言えるかもしれません。

仕事自体はけっこうやりがいがあったり、楽しいこともあっても、職場での人間関係に悩むと、会社に行くのが辛くなることは多いですよね。

逆に、仕事内容が大変でも、仕事仲間との関係が良くて協力しあって頼れたりする人がいると、負担は軽減されて何とか頑張ろう、という気持ちになれたりします。

それだけ、人間関係というのは、仕事への意欲や能率の良さに大きく関係するものです。

どうしても、人間同士のかかわりになると、性格が合わない人や自分を理解してくれない人っています。

そのような人が自分の上司になって、うまくコミュニケーションが取れないと感じているなら、会社に行くのが苦痛になってしまうことでしょう。

さらに、職場では縦の関係だけでなく、横の関係にも気を遣わなくてはいけなくて、どうやって職場の人と気持ちよくやっていくか、どのくらいの距離感を保てば円満にいくか、などを見極めていかなければいけません。

きっと、自分にとって苦手な人って誰でもいるとおもいますが、学生時代にはただただその人を避ければよかったわけです。

でも社会人になると、そうもいかず、嫌でも一緒に仕事をしなければいけないし、何かトラブルを起こしたくもない、と思うでしょう。

もし、会社でいじめにあっているならなおさら職場という環境は辛く恐ろしいものになるでしょう。

ですから、人間関係で大きなストレスを溜め込み、休み明けになると会社に行くのが怖くなったり人はとても多いんです。

会社行きたくない原因5:他人と比べてしまう

会社の同僚と自分を比べてしまい、落ち込んだりイライラしたりすることもよくあることですよね。

一緒に仕事をしている仲間だから、その人の仕事内容や取り組み、結果などを気にするなと言われても無理なことです。

それに、会社自体も社員を比べれて競争させることってあります。

人と自分を比べることによって、メリットも少しはあるかもしれません。

他人から学んで「もっと頑張ろう」とか「あの人みたいになろう」と向上心をもったり、自分を磨く材料にできればいいのですが、比べることによるデメリットのほうが大きくなることは少なくありません。

自分が他人より劣っていると感じてしまう

例えば、自分より仕事ができる人と自分を比べることによって、「自分はダメだ」って思うことありますよね?
自分だって精一杯頑張っているのに、うまくいかない、結果が出ないということが続き、さらに能率が良かったり自分よりも周りから評価され、かわいがられている人を見ると、どんどんと自信をなくしてしまうかもしれません。

そこで、あなたの良さや取り組みを評価してくれる人がいればいいのですが、そうゆう人がいないともっと辛くなってくるかも。

いつも自分よりすごい人と比べられて、認められす卑下されるような環境にいるなら、頑張る意欲なんてなくなってくるかもしれませんね。

なんで仕事できないあんな人と同じ給料しかもらえないの?

逆に、仕事が全然できない人と一緒に仕事をすると、それもかなりのストレスになりますよね!
仕事量は確実に自分のほうが多く、自分は走り回って苦労しているのに、あんなに何もしないあの人とどうして同じだけの給料しかもらえないの!?って思うと、むなしくなるかもしれません。

仕事ができないくせに偉そうなことばかり言われたり、仕事しないくせに上司にだけはいい顔をしていたり、その人がしない仕事が自分のほうにまで回ってきて、自分だけいつも仕事に追われているような感じだと、ストレスはどんどんと溜まっていきます。

職場は、みんな均等に仕事が与えられたり、要求されるわけでもありませんよね。

仕事ができる人はたくさん要求されたり、できない人はそれなりにしか扱われません。

でも、あなたが仕事ができる方の立場なら、何もしていないような人と自分の苦労を比べて、それでも同じ給料だということに納得がいかないかもしれません。

そんな不公平に思える職場や、仕事をしないあの人を片目に頑張らなきゃいけないことに
大きなストレスを感じて「もう行きたくない!」と思う人も多いようです。

仕事を頑張る解決方法

人によってさまざまな理由がある「会社行きたくない病」。

でも、だからといって会社を辞めるわけにもいかないし、仕事はしなくてはいけません。

では、どうやってこれからも仕事を頑張っていくことができるのでしょうか?
まずは、なぜ自分が会社に行きたくないのか、という理由をはっきり理解することから始まります。

行きたくない理由が原因を見極めて、認めることによって、それにどうやって対応していくことが必要なのかが見えてくるからです。

あなたは、先ほど上げた”仕事に行きたくない原因”の中で、どれが一番共感できましたか?
もし、先ほど取り上げた中にすべての理由がないとしても、自分を見つめることで、先に進むことができるので、まずはちょっと自分の気持ちの裏にある原因を探ってみましょう。

そのうえで、これから考える”仕事を頑張るための方法”を読んでみて、自分にとった役に立ちそうな点をチェックしてみてください♪

仕事を頑張った自分にご褒美を!

「会社に行きたくない」そんな気持ちを乗り越えて、仕事を頑張るために、自分へのご褒美をすることも気持ちを前向きにすることに役立ちます。

つまり、他の人がどんな反応や評価をしようとも、自分で自分をねぎらってあげるのです。

今、欲しいモノやしたいことなどで、でもどうしようかな・・・と悩んでいるものがあるなら、「あの仕事が片付いたら買う!」とか、「○○できたらあそこに行く!」と決めて、そこを目標にしてみるのです。

ご褒美があることでストレスが発散される

仕事をしてご褒美をもらう、って自分がしなければあまりないことかもしれません。

でも、自分で自分にご褒美を上げることでストレスが発散できたりします。

「今日はがんばったからエステに行こう!」とか、「一週間がんばったからちょっと奮発してあのおしゃれなレストランに行こう」というように、ちょっと特別なことを用意しておくのはどうでしょうか?
ご褒美をすると、自分が頑張ったことを自分でちゃんと認められます。

そうすることで、気持ちも切り替えられたりする機会にもなります。

仕事をいくら頑張っていても、何も楽しみがないなら、それは単なる苦痛になるかもしれません。

だから、自分のための時間や自分のためのプレゼントを用意することで、頑張る意欲や理由を見つけたり、自分の労をねぎらってあげることができるますよ。

ご褒美を楽しみに仕事が頑張れる

さらに、何か楽しいこととか嬉しいことなどの目標があると、もうひと踏ん張り頑張れることもありますよね。

「週末に○○に行くために、金曜日までにこの仕事を片付けよう!」
などと目標を掲げていると目指すものも見えてきます。

そのようにして、楽しいことをゴールにして頑張るのです。

いくら頑張っても、先にあるのは仕事だけ、というのであればただただむなしくなっちゃうかもしれませんので、定期的に自分の前にご褒美をおいて、楽しい目標をおいてあげてみてください。

期限を決めてそれまで頑張って考える

会社がとてもきつくて、行くのが毎日苦痛に感じているときに、この状況が永遠に続くことを考えると、もっともっと憂鬱になりませんか?
でももし、「あと一年間だけの辛抱だ」と知っているならどうでしょうか?
それなら、今だけちょっと我慢して頑張っていこうと思えるかもしれません。

もしそうなら、あなたなりの期限を決めてそれまでの期間だけがんばってみる、というもの一つの手です。

1年間頑張ってみよう

もし、「最近仕事のことで愚痴や不満ばかりだ・・・。

でもこのままやめちゃって後悔しないかな」と悩んでいるなら、「一年間だけがんばってみよう」と決めてみるのはどうでしょうか?
特に、もし今の仕事は始めたばかりで、まだ慣れていない環境で仕事がやりづらい、ということであれば、一年後はどう感じているかわかりません。

一年後、職場環境だって変わっているかもしれないし、自分も仕事に慣れてきてもっと上手にできるようになり、やりがいも感じ始めているかもしれません。

このまま辞めて後悔するのが嫌だ、と感じているということは、まだちょっと今の会社に希望を持てているということですね。

そのような人は、もう一年だけやってみることだけを目標にすると気持ちがちょっと軽くなるかもしれません。

ここでずっと働くんだと思うと気が重くなり余計いやになりますが、一年後には辞められるんだと思ったら、ちょっと気が楽になって、うまくいくようになるかもしれません。

そして、その一年という期間にもっと自分にある仕事について考えたり探したりすることもできるかもしれませんね。

1年後も同じ気持ちなら本当にやりたい仕事を探す

そして、一年後今と同じように「会社を辞めたい!」と強く思っている状態が続いているのであれば、本当に退社し、もっと自分がやりたいと思える仕事に転職することもできるでしょう。

会社が嫌だった、もしくは仕事内容が合わなかったのに、それでも一年続けたということで、きっと辞める時にも後悔をしないで決定ができるでしょう。

それに、嫌だと思ったらすぐに辞めるのではなく、一年頑張った自分にも自信を持つことができるでしょう。

そして、もし一年後に自分の気持ちや職場環境が変わっていて、この仕事続けたいと思えるようになっているのなら、すぐに辞めなくてよかったと思うことでしょう。

行きたくない原因はセロトニン不足かも

”仕事行きたくない病”にかかっている人は、もしかしたら「セロトニン」が足りていないのかもしれません!
最近よく聞く「セロトニン」。

よく、うつ病患者さんが足りていない物質として取り上げられますが、仕事のこと、会社のことを考えると憂鬱になったり、体調が悪くなったりする人にも足りていないということがあります!
では、「セロトニン」とは一体何なのか、どうしたら増やすことができるのか、チェックしてみましょう。

幸せホルモン「セロトニン」とは?

「セロトニン」とは、生理活性アミンの一つで、脳の神経伝達などに作用するともに、精神を安定させる作用のある物質です。

セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンと並んで「三大神経伝達物質」と呼ばれていて、気分や感情のコントロールに欠かせない物質なんです。

この3つの分泌がバランスがいいときは、精神的に健康な状態とされ、怒ったり、笑った理といった感情がバランスよく出てきます。

脳神経系に存在するセロトニンは、うつの原因とされるドーパミン不足の調節に関与していて、不安や恐怖を感じさせるノルアドレナリンが過剰になると、それをコントロールするために働きます。

つまり、セロトニンがしっかりと分泌されていると、大きなストレスがかかった時にも不安や怒りといった感情(ノルアドレナリンや)ドーパミンの暴走)にブレーキをかけて、心身を安定させてくれるのです。

それで、セロトニンは幸せに感じさせてくれるホルモンなので、わたしたちにとってとても助けになり、必要な神経伝達物質なのです。

しかし、残念ながらストレスなどが原因でそのセロトニンが不足してしまうと、精神の安定がうまく保てなくなります。

その結果、うつ病になったり不眠症などの症状が現われたりします。

やる気や興味を失ってしまったりするのも、セロトニンの減少を関係があるようです。

セロトニンを補ってみるのも一つの手

ストレスを避けられない現代人にとって、セロトニンは感情的に精神的に安定して、バランスを保つために欠かせない物質なんですね。

このセロトニンがうまく分泌されていないと、不安や怒りややる気の減少などのマイナスな感情が止められなくなってしまい、うつ状態を引き起こしてしまうということなので、とても重要です。

なので、もしあなたが会社に行くことにとてもストレスを感じていて、そのことを考えると憂鬱になったり、怖くなったり、体調が悪くなったりしているなら、それは精神的なバランスを保つためのセロトニンが足りていないというサインなのかもしれません。

でも、「じゃあどうしたらいいの?」と思うかもしれませんが、セロトニンを補うために自分でできることがあるんです!
その方法は二つ。

栄養面と運動に気を配ることです。

食事で補う

まず、セロトニンを人間の体内で生成するのに日うような栄養素を取り入れることを心がけてみましょう。

複数の栄養素が関係してくるようですが、一番大事な栄養素は必須アミノ酸「トリプトファン」です。

トリプトファンは、人体では生成できないもので、食事から取り入れるしかありません。

どういった食べ物から摂取できるかというと、肉類や魚介類や乳製品です。

穀類にも含まれていて、特にパスタなどがおすすめです。

さらに、ビタミンB6も大切です。

ビタミンB6は、肉類や魚介類にも多く含まれているので、積極的に取り入れるといいですね。

さらに糖分も必要。

つまりは、食事はバランスよくいろいろな食材を摂取することが大切なんですね。

何事も偏っていたり、バランスを欠くと不調が出てくるわけです。

だから、無理なダイエットをしていたり、コンビニ食だけで終わっているような人は食生活を改善してみましょう。

適度な運動で補う

セロトニンを生成するための栄養素をしっかりと摂ることに加えて、適度な運動もセリと人の分泌に大いに効果があります。

特に、リズム運動といわれる一定のリズムで筋肉を緊張させたり弱めたりする運動が効果的なんだそうです。

例えば、ジョギングですが、無理して走るのではなくテンポよく走ることによってリズムを意識しましょう。

外に出るのはおっくう、という人であれば室内でできる踏み台運動もおすすめ。

これは、テレビなどを見ながらでもできるし、ステッパーなどを持っていればなお簡単で膝にも負担がかかりにくいですね。

自転車にのったり、水泳をしたり、ダンスを習ったりもいいですね。

つまりは、無理な運動ではなくリズムを意識してできる自分に合った運動をしてみるのがいいんですね!
軽く汗をかくぐらいで、一日に10分~30分程度でOKのようです。

そして、もう一つポイントですが、セロトニンを増やすためには日光に当たることが欠かせません!
ですから、いつも室内で仕事だったり、日に当たることが少ない人であれば、運動の際に外にでて、太陽の光を浴びるようにすれば一石二鳥で効果がありますよ!

自分に合った人間関係を築こう

人間関係で悩んでいるなら、自分に合った人間関係の築き方を見つけ、そして徐々に職場の人との関係をよくしていくことが、問題解決になるかもしれません。

もっと同僚や上司と距離を縮めたい

もし同僚は上司とうまくいかず、コミュニケーションがうまく取れていなかったり、理解しあえていなくて辛い思いをしているのであれば、もうちょっと距離を縮めることができればいいですよね。

距離が近くなって、自由に意見を交換できたり、お互いのことを理解できるようになればもっとスムーズにいくかもしれません。

食事や飲みに誘ってみよう

そのためにできることとして、自分から食事や飲みに誘ってみることもできます。

仕事場を離れて、ちょっとリラックスできるようなところで話してみるのです。

特にお酒が入ると、気持ちもリラックスできるので、距離間を縮めるいい機会になるかもしれません。

そのようなときに、話してみると会社で見るその人とはちょっと違った一面を知ることができたり、本音で話すことができたり、仕事場以上の関係ができて、よりお互いを受け入れやすくなることもあります。

仕事とプライベートは分けたい

プライベートと仕事が混ざったりすると、ストレスを発散するところがなくなってしまうこともあります。

だから、仕事は仕事。

プライベートはプライベートと割り切りも大事にすることが、自分の安定に不可欠だと感じている人もいますよ。

仕事が終わったら気持ちを切り替えて、仕事のことは忘れることができたらいいですよね。

そんなこと無理、という方も多いとは思いますが、プライベートな時間を守ることは自分しかできないことなので、自分である程度切り替えて行く必要があります。

距離感を保とう

仕事の関係として、飲みに行ったり食事に行ったりすることは、確かに大切なことですが、だからと言って、自分のプライベートをすべて犠牲にしてまで仕事上の付き合いをしていると、それはそれでストレスが溜まってしまいます。

ですので、適度な距離感と自分の時間を大切にすることも忘れてはいけません。

断る勇気や自分のペースを保つ強さも時には必要なのかもしれませんね。

職場の人間は敵ではなく仲間

職場の人がみんな敵に見えてくる、ってことありますよね!?
そうなると、会社に行くのが怖くなったり、かなり憂鬱になります。

でも実際、同じ会社に勤めている人はチームです。

同じ目的のために前に進んで、いろいろと取り組んでいくための仲間でなければいけません。

だから、ライバルとか敵ではなく、仲間として認識することがまず自分の気持ちを変えるきっかけになるかもしれません。

自分にしかできないこと自分ができないことはカバーしあう

人はみんな得意なことが違います。

気づくことも、観点も、考えもいろいろです。

その多様性が会社を大きくするともいわれています。

ですから、自分は自分にできることを行い、そして自分ができないことは周りの人にサポートやカバーをしてもらいながら、仲間として成し遂げていきましょう。

自分のできることを認識し自信を持つとともに、同僚の人のサポートにも感謝したり、働きを認めたりする気持ちをもって、お互いにカバーし合える関係を築けると、もっと職場の居心地がよくなるかもしれませんよ。

頑張りすぎない

心身ともに疲れて「もう会社に行きたくない」と思う人の多くは、頑張り屋さんです。

いつも頑張っているからこそ、疲れてしまっているのでしょう。

でも、頑張ることって素晴らしいことだし、会社もあなたが100%、いや120%くらいをいつも発揮して働くことを求めてくるかもしれません。

でも、頑張りすぎると、それはあなたの心身の健康を壊してしまうことになりかねませんので、頑張り”すぎる”ことはやめましょう。

無理をすると心身ともに壊れてしまう

会社はあなたがどれだけ仕事ができるかを試すようにして、もっともっと仕事を増やしたり、要求を多くしてくることがあるかもしれません。

でもそこで”無理”をしてしまうと、心身ともに壊れてしまいます。

仕事は生きるためにしています。

だから、心も体も壊れてしまうほど無理はしてはいけません。

たまにはリラックスして休むことも大事

たまには、仕事のことを忘れて自分のための時間を取りましょう。

リラックスして、自分の好きなことを楽しむようにしてください。

そうやって、適度に休息をとることによって、また仕事を頑張る力がでます。

休む理由に困ったらこういうように会社に言ってみて!

「仕事が休めない!」
そんな風に思って、無理をしている人も多いでしょう。

でも、自分の心と体のために休息をとることも大事。

「でもどうやって休もう・・・」そう思ったらこんな理由を使ってみてください。

熱が出てしまった

「熱が出たので休みます」
これは体調不良ということで、会社側もしょうがなく承諾してくれるはずです。

承諾してくれないブラックな会社もありますが、それでも熱が出てるんだからしょうがない!と自分で割り切る強さが必要なのかもしれません。

女性の場合は生理痛も

女性の場合、「生理痛」という理由は、男性上司に何も言えなくさせる方法です。

女性特有の生理現象としてしょうがないことなので、会社側はどうしようもありません。

いやな顔をされるかもしれませんが、それでもそこも割り切って休みましょう。

ただ、無闇矢鱈に休むのではなく「あくまで自分の心を整える」ために!

会社を休むということは、周りの人に迷惑をかけることになったり、自分も気持ちが落ち着かないということがあるかもしれません。

でも、ただただ休みたいから休むというのではなく、自分の体と心の健康のために休むということを忘れないでください。

必要な休息をとるために、せっかく会社から休みをもらったのですから、自分の好きなことをして、心をケアしてあげましょう。