今や男女の恋愛の始まりも顔の見えないLINEで始まるという事も多い時代です。

いつでも気軽に連絡が取り合えたり、面と向かっては言いにくいことも文章で伝えられたりと、とても便利です。

しかし、直接お話をしておらず、文章でのやりとりだからこそ、相手に自分の気持ちを思うとおりに伝えるのは難しいのです。

実際に好きな人のLINEはしれたものの、恋愛になかなか発展しないという方も多いのではないでしょうか。

もう少し近よった関係になりたい、あわよくば付き合いたい、そんな思いはありながら、なかなか上手くいかない方へ、相手に好きにならせるLINEテクニックをご紹介します。

LINEで相手も好きにさせる8個のテクニック

LINEで相手も好きにさせるテクニックは、意外とすぐに実践できる簡単なものが実はたくさんあるのです。

読んですぐに試すことができますよ。

人間の心理を利用して、相手も好きにならせてしまいましょう。

1. 相手の生活ペースを思い遣る


まずは相手の生活ペースを思い遣るという事はとても大切です。

詳しいポイントをご紹介する前に、1つ知っておいてもらいたいことがあるのです。

LINEについてどのような意識を持っているかという事です。

LINEについてただの連絡を取り合う手段であり、それ以上でもそれ以下でもないと考えているタイプの人と、コミュニケーションを超え、直接たわいもない話をするようなツールととらえている人が居ます。

大きく分けて2つのタイプに分かれるという事です。

傾向としては、男性や男っぽい性格の女性は、単なるコミュニケーションツールだと認識している場合が多く、女性の多くはコミュニケーションを超え、自分をアピールできるようなツールだととらえている場合が多いのです。

この両者がLINEでやりとりをすることになった場合、後者は重要な連絡方向以外にも、たわいのない内容のLINEを送るでしょう。

一方前者はそんなLINEの使い方に、疑問を抱いたり、うっとおしいとまで感じてしまいます。

その為、相手の生活ペースを考えることが大切になります。

では、具体的にどんなことに気を付けると良いのでしょう。

送る時間を考える

相手の生活のペースを踏まえ、相手が暇そうな時間にLINEを送りましょう。

仕事中、学校、習い事、バイト中、帰宅途中、帰宅直後、そんな忙しい時に、大事な用ならまだしも、たわいものない内容のLINEが来たらどう思うでしょうか。

きっと「こんな忙しい時に・・・」と思われ、素っ気ない返事が返ってくるか、既読無視なんてこともあり得ます。

でも、監視カメラを付けている訳でもありませんし、同じ職場や同じ学校など、相手との近い共通点がなければ、相手がこの時間に何をしているか詳しくはわかりませんよね。

大体この時間なら暇かなという時間帯に送ってみましょう。

すぐに既読が付き、しっかりとした返事が来れば、大体毎日その時間帯がベストでしょう。

なかなか既読が付かない場合は、既読が付き返事が来た時間帯が比較的暇な時間帯であると予想できます。

仲が良くなってきたら、この時間帯何をしているのかというのを探るのも良いですが、あまり仲良くない時期に、暇な時間を知りたいからといって聞きだすのはおすすめしません。

夜の仕事をしていなければ、比較的夜は暇な時間が出来ると考えてよいでしょう。

朝は出社・登校の準備などでバタバタしがちなので、麻よりは夜のほうが良いですね。

もし相手が不規則な生活で暇な時間帯が全く分からないという場合は、LINEの1文目に、
「お忙しい時間帯だったらごめんなさい。」と言った文章を入れることで、うんざりされてしまうことは避けられるでしょう。

送る頻度を考える


送る頻度も重要です。

自分が相手の事が好きで相手にも好きにならせたいという関係性の時は、相手から連絡が来るという事は少なく、大体いつも自分から送るという感じになるでしょう。

まずは相手の恋愛に対するスキルを確認しましょう。

それに合わせた頻度がベストな頻度となります。

恋愛に対して高いスキルを持っておらず、慎重に進めていくタイプの相手に好きになってもらうためには、LINEを1日1回送ってみましょう。

ポイントとしては相手の暇な時間を狙って1通送ります。

もし返事が来なくても焦って2通目を送るのではなく気長に待ちます。

文章的には挨拶を入れ、短すぎず長すぎないを意識します。

恋愛に対して多少の免疫はあり、ノリが良い相手の場合は、LINEを1日数回送ります。

相手もノリ良く返事をしてくれたら、その良い流れを崩さないように、素早くレスポンスしましょう。

長文ではなく、短文をポンポン返し合うという関係性になれると良いですね。

少し適当感ある文章だからこそ、相手も深く考えず適当に返してくれるものの、多くの回数やりとりが出来るので意外と早い段階で距離が縮まります。

恋愛経験豊富な相手に好きになってもらうためには、相手の頻度に合わせます。

相手が恋愛豊富な人だと、上手な頻度でLINEが来るでしょう。

相手が自分のペースに持っていこうとするので、そこに乗っかっちゃえば良いのです。

2. 相手の好みを思い遣る

LINEを送る時間帯、頻度が大体把握できて来たら、次は相手から好感を持ってもらうための内容をやりとりする必要があります。

相手との話題が盛り上がらなければ、いつまでもダラダラとあいさつ程度のLINEを繰り返したり、ただの暇つぶしの友達どまりになっていまいます。

そこで相手の趣味を思い遣るという事が大切です。

相手が乗ってきやすい話題にする

相手の趣味を思いやり、相手が話題に乗ってきそうなことをLINEで送るのです。

例えば、スポーツ系が趣味の相手には、最近あった試合の話くをしたり、選手の移籍やグッズについて、そのスポーツを始めるために必要な物などを聞いたりすると良いですね。

食べることが好きな相手には、近場の美味しいお店をおすすめしたり、話題の食べ物を食べてみたという話も良いでしょう。

相手が好きなことについて少々調べ話題を提供するだけで、相手は大抵自分から色々話してくれるので大丈夫です。

相手が話し込んで来たら、もっと知りたい!もっと聞きたい!と言う意欲的な反応をすることで、より話題は大きく膨れ上がり盛り上がります。

そこから、今度一緒に・・・。

なんて展開も見込めますね。

3. 相手を支える

相手に好きにならせるためには、相手を支える内容の文章を送るのも効果的です。

少しあざとい考えかもしれませんが、相手が落ち込んでいるときこそチャンスともいえます。

誰しも落ち込んでいるときに優しくしてもらうと、なぜか相手に好感を抱きますよね。

恋愛にも活用していきましょう。

では、具体的にどんな風にLINEをすることで、支えることが出来るのでしょう。

困っていることの相談にのる

まずは困っていることの相談に乗りましょう。

LINEでなんだか元気がないように感じたり、噂で落ち込んでいると聞いた時、「なんかあった?元気なさそうに感じるよ。」こんな感じの文章で、相手の話を聞きだしましょう。

人は困っているとき、落ち込んでいるとき、話を誰かに聞いてもらい、相手に理解・共感・納得してもらえるだけで、気持ちが晴れます。

相談にのり相手の気持ちが少しでも晴れると、話を聞いてくれた人をなぜか特別な人、自分に優しくしてくれた人だと思うようになるのです。

上手くいけばこの時点で好きになられる可能性も十分にあります。

実際にみなさん経験したことがあると思うのですが、具合が悪くなり病院へ行き、診察までは時間があり、薬も何も飲んでいないのに、看護士さんの問診を受け、納得理解してもらい、辛いですよね。

なんて言葉をかけられると少し安心し、何の治療も受けてないのに、自宅で苦しんでいるときより大丈夫だと思えてきますよね。

実際に何もしてあげられなくても、話を聞いて貰えるだけで、人は楽になれるのです。

しかし、注意点があります。

思い出したくないほどのショックな出来事で元気がないとき、自分のプライドがあり、話したくないというときは、無理に聞きだすのはやめましょう。

相手にとって困っていることが重大であれば重大であるほど、無理やり聞き出した時の傷は大きくなります。

実際に精神科の医師も、悩み事は自分から言い出すまで待ち、聞きだそうとしたり探ることは無いのです。

聞いてあげることはとても良いことですが、話したがらない時は相手が自分から話してくれるまで催促せず待った方が良いです。

励ます

励ますことは簡単そうでとても難しいことなのです。

励ますという言葉を聞くと、相手に対して、つい「頑張れ!」という言葉をかけてしまったり、頑張れという心意気で出る言葉をかけてしまいます。

しかし、落ち込んでいる、困っている人に対しての頑張れは良くありません。

性格上中には頑張れと言われて頑張れる人もいますが、精一杯頑張っているのにも関わらず、頑張れと言われると複雑な気持ちになりますよね。

では励ます時はどんな言葉をかけるとよいのでしょうか。

まず強がりタイプで「大丈夫?」と問いかけると「大丈夫!」と弱さを隠そうとするタイプの方には、自分で解決できるなら頑張って!と言いたくなるところですが、実は強がりなだけで実際内面は弱々しく、非常に落ち込んでいる場合が多いのです。

でも、プライドは高い・・・。

そんな時はいつもあなたが頑張っていることを知っているよ。

と言う事を伝えてあげましょう。

頑張って評価されたい負けたくないという気持ちが強いので、誰かに評価してもらうことで
その人の励みになります。

次に、自分は何をやってもダメだと自分を責めてしまうタイプの方には、褒めましょう。

貴方はこんなことが出来ていて尊敬する、勉強になる、頼りにしているなどを伝えてあげると、自分にも出来る事がちゃんとあるんだと励みになります。

頑張ってと言う言葉以外にも相手の気持ちを励ます言葉は実はたくさんあるのです。

相手に自信を持ってもらえるような言葉を掛けるという意識で言葉を選ぶと良いでしょう。

長文になっても一生懸命さが伝わる

一生懸命相手を励まそうと思うと、ついLINEが長文なってしまうことがあるでしょう。

うっとおしいと思われてしまうのではないか、もっと簡潔にまとめたほうが良いかなどと送るのを躊躇してしまうこともあるでしょう。

しかし、そういう場合の時は長文でも大丈夫です。

長文がうっとおしいなどと思うことなく、自分の事をしっかり考えてくれたのだと相手に一生懸命さが伝わります。

その内容が正しい正しくないという事は関係なく、相手は自分の事を真剣に考えてくれているあなたを特別な目で見るようになるでしょう。

こちらの弱い面も見せる

相手に自分の弱い面を見せるのも良いことです。

常に弱い部分ばかり見せてしまっているのは良くありませんが、いつも元気な人が急に弱い面を見せることで、相手は自分が何とかしてあげたい、ほおっておけないと思うようになります。

また、自分だけに打ち明けてくれたんだという優越感や頼りにしてもらえているという点で好きになられることもあります。

自分の弱い部分は好きな人には見せたくないという気持ちもあるでしょう。

人間は自分の弱みを相手に握らせることを嫌います。

しかし、たまには見せても良いのです。

相手に弱いところを見せることで、自分自身も相手も、警戒心が無くなり距離が縮まり、恋愛の後押しをしてくれますよ。

4. 相手の気持ちが上がるようにする

相手の気持ちが挙がるようにするには、相手を褒める事が効果的です。

人は承認欲求というものがあり、誰かに自分を認めてほしい、尊敬されたいという気持ちを持っています。

相手に自分が認められている、尊敬されていると感じると、相手の気持ちは満たされ、更に相手は自分の頑張っていることや、それに伴う辛さを理解してくれていると感じ、褒めてくれる人に心を開きます。

心を許してしまえば、どんどん距離は縮まり、印象が良くなり好きにならせることが出来るのです。

人間だれしも必ず自己表現をするために努力しています。

その中で相手はどこを努力している人間なのかを見極め、褒めるようにしましょう。

ルックスを褒める

ルックスを褒める際は、単刀直入に、「センスが良いですね。」「カッコイイ!イケメン!可愛い!」などという言葉で伝えて 構いません。

ルックスにこだわり良く見せようとしている人は、持ち物や服、髪型や化粧など、可なり高いこだわりを持っている傾向があります。

そこを褒められると、とてもうれしく、こだわりのものを共感してくれる人を自分との相性が良いと感じるのです。

また、常に使用している持ち物や服にブランド品の統一感があれば、ブランドについても触れると、更に相手は自分の好きなものを良く知っている人だと感じ、嬉しくなりますよ。

性格や能力を褒める

性格や能力を褒める場合は、少々工夫した褒め方をおすすめします。

性格や能力を褒められるという事は嫌な気分にはなりません。

しかし、性格や能力が長けている人間は、結構他の人にも褒められた経験があります。

仕事が出来る相手に「仕事が出来て頼りになります。」
優しい相手に「とても優しいですよね」
お金持ちの人に「お金持ちで尊敬します。」
という率直な言葉をカかけるのはあまりよくないのです。

性格が良かったり、能力が高い人は、それなりの努力をしていることが多く、その良さを保つために努力していることが多い傾向があります。

目に見える部分だけを褒めると、こいつもそこしか見えていないんだな・・・。

とうんざりされてしまうことがあるのです。

では、どのように褒めたらよいのかというと、「大変では無いですか?」「お疲れですよね。」「苦労もありますよね。」という言葉を使用するのです。

褒める言葉とは、あえて逆の言葉です。

一見褒めていないように思えますが、遠回しに褒めています。

相手の努力や苦労を察知するような言葉で褒めることで、相手は自分の頑張っていることを尊敬してくれているだけではなく、苦労や努力も見てくれているんだと感じ、日々のプレッシャーや疲れから、一息置ける存在だと認識します。

そこに嬉しさを感じ、いつも素晴らしく見えている人の本音を聞きだすことができ、本音を離せる相手には好意も芽生えます。

面白い情報をあげる

何かを極めている人間は、その分野の新しく面白い情報をリサーチしています。

相手がまだ気づいていない面白い情報を提供することで、相手はもっと話を聞きたいという風に思います。

会話が弾み、自分と同じ分野に詳しい相手だと思うと、より距離を縮めたがります。

面白い情報を手に入れたら、相手に伝えてあげましょう。

5. スタンプを工夫しよう

LINEのように実際に声を聞き、表情を見て話すとは異なり、活字で会話をやりとりする場合、自分の感情を性格に伝えることはとても難しいことです。

自分の思いを伝えきれないこともあるでしょう。

そんな時に大活躍してくれるのがスタンプです。

LINEのスタンプ機能は相手との会話に良い影響を与えてくれるので、是非使用してみましょう。

有料のものだと、スタンプが音声つきになっていたり、自分の気持ちを伝える手助けをしてくれます。

また、無料のものでもクオリティーの高いものがたくさんあり、無料スタンプでも十分活用できるでしょう。

気持ちが和むスタンプを送る

相手の気持ちを和ませてあげたいなと思うときってありますよね。

悩み事を聞いた後、なんだか疲れているような時、そういう時は気持ちが和むスタンプを送ると良いです。

たとえば可愛くて癒されるような動物が「お疲れ様」という文字とともにスタンプになっているものなどが良いでしょう。

比較的、見て可愛いと思えるスタンプを送ることで気持ちが和みます。

元気が無い時は笑えるスタンプを

相手の元気がない時には、スタンプを見てクスッと笑ってしまようなスタンプを送りましょう。

面白いイラストのスタンプも数多くあります。

スタンプを送るときのポイントとしては、会話の終わりです。

次は相手から返信が来なくなり、LINEが終わるだろう、と思ったときにスタンプを1つ送ることをおすすめします。

会話の最中に送るのも良いのですが、相手があまりスタンプを使わないタイプの人の場合、うっとおしいと思われてしまう場合もあるので気を付けましょう。

また、スタ連・スタ爆と言われるような、何個ものスタンプを次々送るような使用方法は、本当に嫌がられてしまう可能性があるのでやめましょう。

6. 返信の速度を工夫する

返信の速度は意外と恋愛に大きく影響します。

良い展開で恋愛につなげるための駆け引きになるという事です。

ではどんな速度で返信したら良いのでしょう。

相手の返信ペースに合わせてあげる

まずは相手の返信ペースに合わせましょう。

連続でポンポン返信がくる場合は、その流れを崩さないように返信をテンポよく行います。

相手は自分のペースが崩されず、どんどん会話が続くため、とても気持ちが良くなります。

あなたとのラインをとても楽しい時間だと感じるでしょう。

また、1時間に1回、半日に1回くらいのペースで返信が来るという場合も、すぐに返信したくなってしまうかもしれませんが、同じような間隔をあけてから返信することをおすすめします。

平均的に職場などで野つながりがある間柄の人には約11時間で返信をする、
親しい友人には約7時間、好意を抱いている相手には約1時間程度という結果があります。

相手と自分との関係良好になればなるほど返信のスピードも上がってくるという事で、最初はなかなか返信が来ないという場合も焦らず、距離が縮まり返信までの時間が短くなるのを楽しみにしておきましょう。

なるべく早く既読にする

なるべく早く既読にするとい事で相手に好感をもたれる場合もあります。

すぐに既読がつくと、相手は自分からの返信を待ってくれていたのだと感じます。

とても楽しみにしてくれていると感じさせることで、自分の好きという気持ちが少し相手に伝わるでしょう。

すぐに既読を付けたいが、携帯をずっと見ていられない時の裏技として、画面が自然に暗くならないように設定しておき、LINEを開き相手のページを開いておけば、実際に画面を見ていなくても、相手から返信が来た時にすぐに既読を付けることができます。

返信が来るだけましだと思っておくと、気持ちが楽になるでしょう。

7. 押してみてダメなら引いてみる

一向に待っていてもなかなか返信が来ない、返信が来ても自分が忘れたことろに素っ気ない返信という場合は、堂々とアピールしてみましょう。

貴方ともっとLINEがしたい、LINEの返信を待っている、もっと話したいという事を率直に告げます。

相手の返信にすぐに返し、自分はすぐに返すのだというアピールも良いでしょう。

しかし、それでも相手の返信が遅い、素っ気ないという場合は、それ以上アピールし続けると、ウザイ・面倒くさいと思われてしまいます。

ここで恋愛の駆け引きです。

一度押してもダメなら引いてみましょう。

思い切って賭けにですのです。

すぐに返信が来ていて、自分とLINEがしたいと言ってきた相手から、急に返信が来なくなったり、返信が異様に遅くなったら、相手は気になってしまいます。

すぐに返信が来ていたのに来なくなったから、なんだかおかしいな・・・。

LINEをしたいと言ってこなくなったと感じると、上手くいけば今度は相手が返信を早くし出したり、もっとLINEがしたいと思うようにjなります。

ここでポイントは、返信の速度を遅らせて、相手に気にかけさせるというのは良いのですが、あくまでも駆け引きなので、LINEの内容は素っ気なくしないという事が、相手に嫌われたり興味をなくさせたりせずに済みます。

8. プロフィール写真を工夫する

モテる女子は実はLINEのプロフィール画像を工夫しています。

どんな工夫をしているのでしょうか。

その傾向を知ることで、あなたも好きな人にプロフィール画像でアピールできます。

自分の写真

自分の写真をのせる時は、自分の顔がアップになっているものや自撮りしたものは避けましょう。

自分の顔を主張しすぎると、自分の顔に自信があり過ぎてなんだか嫌だなという気持ちを抱かせてしまう場合があります。

載せるのであれば何か作業しているときに撮られた横顔や後ろ姿だけのほうが相手の気持ちを揺さぶります。

もっと正面から見たいな、前から見たいなと思うでしょう。

主張しすぎないほうがよいのです。

また、プリクラで可愛く撮れた写真を使用するのもあまりおすすめしません。

プリクラは目が大きく見えたり美肌に見えたり、すたいるが良く見えたりする機能のおかげでいつもよりかわいく・かっこよく・綺麗に見えるものです。

見た目だけで好きになられるという訳ではないと思いますが、せっかくLINEで距離が縮まって、ついに2人で出かけるという事になった場合、プリクラと全く違う実物に引かれてしまう可能性があります。

自分のハードルを上げてしまうと、後からじぶんが大変ですよ。

相手の好きな動物の写真

相手の好きな動物の写真をさりげなくプロフィール画像にするのも良いでしょう。

自分と同じ動物が好きなんだ。

動物について話してみたいな。

と思わせたり、好きな動物の写真というだけでなんとなく気を許してくれ、距離が一気に縮まることもあります。

直接聞いてからプロフィール画像にするのも良いのですが、相手の事をひそかにリサーチして、好きな動物の写真にさりげなく変えると尚良いでしょう。

自分の誇るべき特技に関連する写真

さりげなく自分の誇れる特技の写真にするのもおすすめです。

相手があなたの特技に興味を示してくれるでしょう。

誇れる特技の話なら聞かれてもしっかりとお話しできますよね。

また、その特技に詳しいという事を魅力に感じ、好きになられるきっかけになるかもしれません。

これまで相手の事を褒めたり相手の気持ちを考えて行うLINEという感じでしたが、プロフィール画像では、自分をアピールしてみましょう。

ありのままの自分を好きになってもらえたら、もっと嬉しいですよね。

LINEで好きな人の気持ちをつかもう!

ポイントを掴めば、実際に会って話し、アピールできなくても、好きな人の気持ちを掴むことは出来るのです。

緊張してうまく話せない、緊張すると余計なことをいってしまうという方は、もしかしたらLINEのほうがうまくいくかもしれませんね。

1. 文字には力がある

LINEは文字で気持ちを伝えるため、気持ちが伝わりにくいと冒頭でお話ししましたが、実は文字には文字の力もあるのです。

例えを挙げるのであれば、なぞり梵字というものです。

梵字という仏様のご利益であり、そのパワーをとり込む方法があるとされています。

方法は気持ちを込めて梵字をなぞり書きすることで、恋愛のパワーすらも取り込めて、恋愛運が上昇するというものです。

それだけ文字には力があるという事なのです。

2. 言霊を知っていますか?

言霊も文字の力に近いものがありますね。

言霊とは言葉に宿っている霊力の事で、良い言葉を使えば良い運気になる、悪いこと遣えば悪い運気になると言われています。

「絶対に無理だ」「もうだめだ」そんな言葉を使っていると、本当にその恋愛はダメになってしまいます。

ポジティブな言葉を使うことで、相手を好きにならせることができ、良い方向に
進むでしょう。

3. 文字は消えないで残ります

文字は消えませんよね。

いつ見返してもこの人にどんな言葉をかけられた、こんな時こう言ってもらえて助かった、いつでもこの文章を見れば頑張れるなんてことがあります。

相手を褒めたり悩みを聞いたり、一生懸命相手のために頑張ったあなたのLINEは功績です。

なかなか恋愛に繋がらないな・・・。

なんて思っている矢先に相手があなたとのラインを見返して振り向いてくれることだってあるでしょう。

その反面、嫌な部分も残ってしまいます。

消えないからこそ大きな影響力があるという事を良い意味でも悪い意味でも忘れないようにしたいですね。

4. たくさん工夫して気持ちを乗せよう

相手を好きだという気持ちだけが大きいだけでは残念ながら上手くいかない事もあります。

相手が自分の事を好きだと思っていない状態から振り向かせるという事は、意外と難しいことです。

ただ思うがままに行動してしまったり、何もしないで待っていてもドラマや恋愛小説のように上手くいく可能性はかなり低いでしょう。

素直に恋愛を楽しみたいという事はとても大切なことですが、時にずるく駆け引きして手に入れる必要があるケースも多くあります。

自分を偽ることをおすすめしている訳ではありませんが、努力して相手のきもちを掴むという事は良いことだとおもいます。

振り向いてもらうために出来る工夫は簡単で実践しやすいものがたくさんありましたよね。

自分の気持ちを工夫しながら相手に伝えることで、きっと良い結果に繋がりますよ。

応援しています。

【逆に好きな人とのLINEで絶対やってはいけないことは、こちらの記事をチェック!】