たまに泣いてすっきりしたいという人もいると思います。

しかしどうやったら泣けるのでしょうか?嫌な気持ちにさせられて泣くのではなく、自発的に泣きたいときはやはり感動できる場面を見るということです。

これなら手軽で簡単に泣くことができます。

映画や小説にはそんな感動シーンが盛りだくさんであるので、泣きたい時にお勧めのものがたくさんあります。

泣ける映画をジャンル別で紹介

泣ける映画は様々ありますが、どのようなジャンルがあるのでしょうか?
やはり泣ける映画ならヒューマンドラマ、恋愛の2つが強いです。

その他にも内容さえしっかりしていればジャンルを問わずに泣けるものがあります。

映画

映画は、自分が体験できないような世界を疑似体験させてくれたり、同じような境遇にあったら共感したりもできるリアルな映像です。

人が実際に演じてやっているからこその世界観なので純粋に感動したりもできます。

しかしみんなが泣いた映画だから泣けるかどうかは、その人次第です。

洋画

洋画は年間出される本数が邦画とはけた違いに多いです。

そのためジャンルも様々、内容も良いものから悪いものまでずらりと勢ぞろいしています。

しかしそれだけの数が出ているということは当たりもたくさんあるということです。

難点としては言葉がダイレクトに伝わらないということです。

字幕で見るか、吹き替えで見るかになるので、しゃべっている本人の言葉がはっきりと伝わらないというのがあります。

次に文化の違いがあるということです。

日本と西洋では共感できる暮らしだったり環境ではないこともあるので、そこに違和感を感じたりもすることがあります。

そういった点もありますが、いずれも見慣れると解消される問題とも言えますのでそこまで気にすることではないでしょう。

1.最強のふたり

重度の身体障害を持つ大富豪の男と、お金はないがそれを介護する明るく陽気な男の話しです。

大富豪の男は自らの介護をする人間を面接するのですが、その陽気な男には他の者と違ったものを感じて採用します。

貧富の差があるものの介護というものを通して二人には奇妙な関係が生まれていきます。

今まで自分が歩んできて得たものを互いに教え合うことで、新たな発見や体験をすることになります。

しかし互いの関係もひょんなことから進展していき、そこからお互いを思う気持ちにも変化が出てきます。

そんなふたりの信頼関係や葛藤が感動するポイントにもなっています。

2.アルマゲドン

隕石の衝突によって地球滅亡という危機に立ち向かう内容になっていますが、ただのパニック映画ではなく、恋人や家族との強い絆がある中で地球滅亡という危機に何を犠牲にするのか?ということを選択しなくてはならない映画になっています。

そんな愛に満ちた状況で困難な決断を迫られることがたびたびあり、感動が生まれる場面もたくさんあります。

3.グリーンマイル

死刑を宣告された男が、様々な奇跡を見せるストーリー。

奇跡の力を目の当たりにした看守やその力を見た人たちはその男が本当に死刑されるような罪人なのかと疑問を持ちます。

男の人柄やその奇跡の力から看守たちとも信頼関係が生まれ、その男の罪についても調べるようになります。

あまりにも純粋すぎる男の貫き通す意思が周囲の人間を巻き込んで感動を生み出しています。

4.アイ・アム・サム

知的障害を持つ男がホームレスの女性と関係を持ち、子どもが生まれてしまいます。

しかしその女性は子どもを生むとそのまま姿をくらまして、知的障害の男がその子を育てていくことになります。

流石に男一人では子どもを育てていくことは無理だと周囲の人間が助けてくれます。

たくさんの愛をもらってその子どももどんどん大きくなりますが、やはり父親が知的障害ということでその子やその周りを取り巻く環境はいろいろな目で見てきます。

そんな境遇や親子愛やたくさんの人間がその親子を助けてあげようとする姿に感動してしまいます。

5.グラン・トリノ

頑固な老人と仕事もしない、学校に行かない少年のストーリーです。

頑固な老人は自ら所有しているしているヴィンテージカーだけを大事に考え、家族や他人には心を閉ざしていました。

しかしある日、隣に引っ越してきた少年一家の登場で状況が一転する。

頑固だった老人の心が少年の取る行動によって徐々に動き始めていきます。

そこから老人と少年の関係はどんどん深まっていくのですが、老人の少年を想う心やそれに伴って取る行動が感動を巻き起こします。

6.きみに読む物語

認知症を患った老女に同じ施設内の老人がいつも同じ物語を聞かせていました。

その物語はひと夏の恋の話しで、青年と少女の物語でした。

青年と少女は互いに愛を育んでいこうとしますが、様々な障壁があり思うように上手くいきません。

しかし運命と時間が二人の間を導いてくれるような形になっていきます。

恋の障壁や掛かった時間、そして結末に心が震えてしまいます。

7.ショーシャンクの空に

無実の罪で収監された銀行員の男はそのままここで一生を終えるかもしれないという絶望を抱くことはなく、脱獄というものに希望を抱いていました。

銀行員という立場も利用しあらゆる人脈を巻き込んで、刑務所内でも着々と自分の有利に運ぶように動いて回ります。

脱獄は不可と言われているような刑務所でその男は脱獄が成功するのか?そして何を求めて脱獄をするのか?そんな男を取り巻く環境と脱獄に向かう姿勢が見どころです。

8.ビッグフィッシュ

話しが巧みで息子にも昔からたくさん奇想天外な話をしてきた男がいました。

息子は幼心に楽しんで話を聞いていましたが、それも大人になるとそんな話はあり得ないと感じ次第に親子間で溝ができてしまいます。

人を楽しませるために様々な話しをしてきた父親とそれを次第に嫌うようになる息子の絆やどうしてそのような話を聞かせていたのかなど意味を知ることにもなる話しの展開で感動の場面が待っています。

9.あと1センチの恋

幼馴染の男女の恋物語ですが、そのきっかけは18歳の時のキスから始まります。

そこから2人のすれ違いが始まり物語はどんどん膨らんでいきます。

互いに成長し、付き合う人間や環境も劇的に変わる中で互いのことを想う気持ちや必死に求めようとするのですが、そこがなかなかうまくいきません。

そんな恋の障壁やすれ違いが生んでしまう悲しい出来事に切なく感じつつ、結末に向かって進む話に感動することができます。

邦画

洋画とはまた違った雰囲気を出しているのが邦画です。

同じ日本人の描く日常だったり、恋愛、家族愛なので親しみやすく、すっと入ることのできる作品が多いです。

洋画では伝わらない日本人独特の間だったり、多くを語らない姿勢が逆に考えさせられたり感動的なシーンになっています。

10.永遠の0

祖母の死がきっかけで、自分が祖父と血が繋がっていないことを知った大学生の男がいました。

その男は祖父がどんな人だったのかを探ることをしました。

そこで分かった本当の祖父の物語になっています。

戦時中、生き残ることが難しく、自らの命を投げ出す覚悟がなければならない特攻隊に所属していた本当の祖父は、家族を守ることを必死に考えていました。

戦争という異常な状況下で、死ぬことは当然という精神が崩壊してしまいそうな中で、ただ家族のことを考えて行動する姿に感動します。

11.世界の中心で、愛をさけぶ

婚約していた女性が相手の男性の荷物にあった17年前のカセットテープを見つけることから話が始まります。

17年前、高校生だった男性は別の女性に恋をしていました。

その女性は難病である白血病を患ってしまうのですが、そこからカセットテープを使った交換日記をスタートさせます。

過去と現在の話しを織り交ぜて、それぞれの人物の交錯する想いや心の叫びに感動します。

12.海猿 BRAVE HEARTS

ある日、ジャンボジェット機が片翼のエンジンが爆発をして不時着を余儀なくされる状態となりました。

しかし飛行機の車輪が出ないというアクシデントも重なり、東京湾に着水させることになったのですが、ジェット機が海面に浮かんでいられる時間はたったの20分しかありませんでした。

その間に乗客364人の命を救わなくてはならないのですが、特殊救難隊に所属する主人公の男たちが救助に向かいます。

ジェット機が半分に分裂してしまう事態があり、同じ部署に所属する隊員も命の危険さらされたりして、この先どうなるの?といったどきどき感もあります。

しかし命を救うことに懸命に動くその姿勢に心を動かされます。

13.聖の青春

実在する棋士である村山聖の生涯を描いた作品です。

難病を患いながらも数々の名棋士との勝負を繰り広げる姿や死についても考えさせられる物語です。

14.そして父になる

病院の子どもの取り違いが生んでしまう家族愛がテーマとなっています。