“ちゃらんぽらん”っていう表現って、最近はあまり耳にすることが無くなったように思います。

若い人の間で使われなくなると、その言葉に触れる機会も少なくなり…知らない言葉っていうのも増えていきます。

その代わり、新しい言葉が生まれていくんですけどね。

ちゃらんぽらんは、その人となりを表わす表現ですが、もしかしたら聞いたことが無い人もいるかもしれませんね。

筆者はもちろん知っていますが、なんだか懐かしく感じるほど、「聞かなくなったな~」って思う言葉のひとつです。

それでも、ちゃらんぽらんって、何となくどんな人の事をいうのか、イメージがしやすい言葉ではありますよね。

響きはなんだか楽しいですが、“ちゃらんぽらんな”に真面目さや誠実さを感じる人はいないと思います。

ちゃらんぽらんな人は、その言葉の響きから感じる“イメージ通りの人”と言ってもいいと思います。

ですが、今回は、ちゃらんぽらんな人がどんな人なのかについて、深堀してみたいと思います♪

ちゃらんぽらんって?

実は筆者も、ちゃらんぽらんってどういう意味なのかって聞かれると、自信を持って答えることが出来ません。

ですのでこの機会に、この言葉の意味をちゃんと把握しておきたいと思います!

筆者が思うちゃらんぽらんな人は、一言で言うと“テキトーな人”というイメージです。

適当という言葉には、時に良い意味も含まれますが、ちゃらんぽらんのテキトーさは、悪い部分のみが前面に出ているという印象があります。

ですので、筆者が最も苦手としているタイプです(笑)

この筆者の理解でも間違ってはいないと思いますが、ここではまず、辞書的な意味もしっかり確認していきましょう。

また、この不思議な響きのちゃらんぽらんは、一体どこから来た言葉なんだろう?って、思いますよね。

由来については全く考えたこともなかったので、この言葉の成り立ちについても調べてみましたよ!

いい加減なこと

辞書ではちゃらんぽらんの意味を、“いい加減なことやそのさま”と解説しています。

『いい加減』も『適当』と同じく、良い意味と悪い意味とが含まれている言葉ですよね。

言い方やニュアンスの違いで、意味合いが大きく変わってくる言葉です。

「いい加減な人だ」と使われれば、“(仕事などを)途中で投げ出す人。投げやりな人。”を表わします。

「いい加減にしてくれよ!」と怒っていたら、“ほどほどのところで終わりにして欲しい”ことを表わしています。

いい加減は漢字にすると、良い加減。

“程よく適当、丁度良い”というような意味にもなりますが、ちゃらんぽらんの意味は、もちろん悪い方の意味になります。

『ちゃらんぽらん』も、『いい加減』も、人に使われる場合は大抵、不快感や嫌悪感を表わしているんですよね。

無責任なこと

また、ちゃらんぽらんの辞書的な意味にはもうひとつ“無責任なこと”も挙げられています。

無責任は、“責任を持つという自覚がないこと。

責任感が無いこと”ですよね。

つまりちゃらんぽらんな人は、いいかげんで無責任な人。

仕事をする上でも、社会生活を送っていく上でも…致命的な性質ですよね。

だけどちゃらんぽらんな人って、そんな自分に悩んでいるようにも見えません。

もしかしたら、悩んだり苦しんだりしているのかもしれないけど、なんだかふわふわしていて心ここにあらず…適当に人生を送っていることについても、何も考えてい無さそう。

これもかなりの偏見かもしれませんが、そう感じさせる人に、“ちゃらんぽらん”と言う言葉がしっくり当てはまるような気がするんですよね。

由来は「ちゃらほら」が変化したことが妥当とされている

いいかげんで無責任であることが、ちゃらんぽらんな人。

では、この楽しそうな響きの言葉の由来は?ちゃらんぽらんには、どんなルーツがあるのでしょうか。

ちゃらんぽらんの由来は諸説あるようですが、「ちゃらほら」という言葉が元になっているようです。

「ちゃらほら」の「ちゃら」は“嘘、でまかせ”の意味。

「ほら」は「ホラを吹く」から来ていて、こちらも「ちゃら」と同じように“でたらめを言う”という意味があります。

「ちゃらほら」が「ちゃらんぽらん」に変化したというのが有力な説のようで、どうしてこんなに楽しそうな響きに変化していったのか、不思議ですよね(笑)

どちらにしても、でたらめを表わしていて、いい加減で無責任という意味になっていったんですね。

因みに、ちゃらんぽらんと似た響きのある言葉に、「ちゃらちゃら」もありますよね。

この「ちゃら」も「ちゃらほら」と同じなのかな?と思ったのですが、調べても関連性は見つけ出せませんでした。

ちゃらちゃらの意味は“ベラベラとしゃべる多弁なさま。

うわついた態度や軽薄なそぶり”で、どちらかというと音の響きから来るイメージから、意味も定着しているようですね。

だけど、「ちゃらんぽらん」と「ちゃらちゃら」ってちょっと似ていると思いませんか?

このふたつの言葉の響きが与える印象から、意味も少し混同されているようにも思います。

どちらにしても、印象の悪い人に使われる言葉ですよね。

ちゃらんぽらんな人の10個の特徴

いいかげんで無責任なちゃらんぽらんな人。

あなたの周りにもいませんか?

もしかしたら、あなたが「ちゃらんぽらんな人」なんて言われていたりも…?

ちゃらんぽらんな人とまでは言われていなかったとしても、そう感じさせていることもあるかもしれません。

意味は”いい加減で無責任“ですが、この意味に当てはまる特徴は、意外と多いものです。

いい加減にしているつもりはなくても、無責任なつもりはなくても…ちゃらんぽらんな人の特徴に当てはまっているとしたら、周囲の人はあなたを「ちゃらんぽらんな人」だと思っている可能性があります。

それはつまり、周囲の人に迷惑をかけていたり、不快に思われていたりするということ。

仕事でも家庭生活でも、もちろん友達付き合いだって、あまりちゃらんぽらんだと信用を失います。

生きていく上では、人付き合いが何より大事!

信用を失ってしまったら、いくらちゃらんぽらんな人だって、生きづらくなっていくのです。

というわけでここからは、『ちゃらんぽらんな人の特徴』をご紹介していきます。

この機会に自分を振り返ってみましょう!

ちゃらんぽらんな所があったのなら、ちょっと心を入れ替えてたほうがいいかも。

「ちゃらんぽらんな人」なんてレッテルを貼られてしまうことがありませんように…。

1.責任感がない

ちゃらんぽらんな人は、その代表的な意味にもあるように、“責任感が無い”のが特徴となっています。

仕事も人生も、何においても責任感をもつことは、大人としての使命。

大人と子供を区別するのもまた、責任感があるかないかだと、筆者は思っています。

責任能力は、大人が身につけるべき、必要最低限のスキルなのです。

ですので、年齢は大人でも、責任感が無い人は大人になれなかった子供。

子供のころは親が責任をとってくれるけど、大人になったら自分の責任で生きなければならないのです。

それに、大人になれば普通、責任感は自然と芽生えてくるものですよね。

いつまでも責任から逃げ、無責任な態度をとるのが、ちゃらんぽらんな人の一番の特徴なのだと思います。

言動や行動に責任を持たない

大人になったら、自分の言動や行動に自分で責任を持たなければなりません。

でも、責任を持たないちゃらんぽらんな人がいますよね。

そういったちゃらんぽらんな人は、責任から逃げ、楽をしようとしているようにも見えます。

だけど実は、そうではありませんよね?

責任から逃げると、信用を失ってしまうのです。

例えば仕事上で、自分の言動や行動に責任を持たず、トラブルを起こしてしまったとします。

無責任だからこそ起こしたトラブルにも、当然責任を取ることはありませんよね。

そうやって信用を失ったら、仕事を失うかもしれません。

仕事を失ったら、お金もなくなりますね。

生活が出来なかったら、家庭も失うかもしれません。

無責任だったばっかりに、色んなものを失っていくことになるのです。

大人になったら、自分に責任を持つのはもちろんのことですが、立場によっては会社の責任も担わなければなりません。

家庭があれば、子供の責任は自分が背負わなければなりません。

生きていく以上、責任はつきまといます。

でも、それを受けて立つのが大人としての姿勢です。

それをなくして、大人は語れないのです。

2.締切や期日が守れない

“締切や期日が守れない”のも、ちゃらんぽらんな人の特徴ですよね。

これも結局は、責任感がないからこそ。

無責任なことは、別に誰に迷惑をかけることもないと思うかもしれませんが、締切や期日を守らなかったら明らかに迷惑をかけていますよね?これも無責任さが招いた結果なんです。

締切や期日は、その日までに終わらせること、提出することが必要だから決まっているものです。

特に仕事では、これを守るのは最低限のお約束。

内容も大事ですが、まずは締切や期日を守ることが、一番に守らなければならないルールなのです。

これを守れなければ、やっぱり信用を失うことになりますよね。

いちいち覚えていない

締切や期日が守れないような、ちゃらんぽらんな人は、その締め切りの重要性を感じていなかったりもするのでしょう。

「その日じゃなくても間に合うし」とか、「その日までに終わらせるのは無理だし」とか、自分の勝手な都合で動いてしまうのです。

日付の重要性が分からないから、締切や期日をいちいち覚えていなかったりもするのでしょうね。

自分のことで、本当に誰にも迷惑をかけないのなら、それでも構いません。

だけど、締切や期日が決められているのは、仕事や生活をスムーズに、円滑に進めていくために設けられたみんなで守るべきルールなんです。

みんながみんな、自分勝手に自由に行動したら、社会はまわっていきません。

社会秩序を守り、お互いに気持ち良く生活していけるような社会を作るのだって、大人の責任なんだと筆者は思います。

3.金銭管理ができない

また、ちゃらんぽらんな人は、“金銭管理ができない”のも特徴として挙げられています。

ちゃらんぽらんのいい加減さが、影響してしまっているのでしょうね。

こういう人も、やっぱりたまに出会います。

そういう人から筆者が感じるのは、お金に対する価値観の違いです。

もちろん、人によって多少お金の価値観は違うでしょう。

でも、ちゃらんぽらんな人って、明らかに価値観がズレているって思うんです。

お金がお金であることは分かっているけど、その重要性や、他の人がお金に持つ価値観が全く分かっていないような…。

説明は難しいですが、気持ち悪いほどの違和感を感じるのが、ちゃらんぽらんな人の金銭感覚だったりするんですよね。

お金を借りたり、何かに使い込んだりする

ですので、お金を借りたりすることが平気で出来たり、何かに使い込んでしまったりするのだと思います。

人にとってお金って、生きていく上で重要なものです。

それが生活を支え、その為に働いてもいるのですから。

それが分かっていれば、人にお金を借りるのってそう簡単には出来ません。

借りて返せなければ信用を失うし、貸す方だって本当は不安でいることも分かるからです。

その辺の感覚が無ければ、人からお金を借りる時にも何も感じないですよね。

相手が身を切る覚悟で、人の為を思って貸してくれたのだとしても…それが分からなければ、返さなければならないことにも意識が薄いでしょう。

それに、生活のため、将来のためにお金を貯めておかなければならないという感覚が無ければ、お金を使い込んでしまったりもするんですよね。

かといって、自分がお金を使い込んでしまったことの重大さも分かっていない。

それが、ちゃらんぽらんな人だったりすると思います。

お金の貸し借りは特に、人との縁の切れ目。

どうしても困った時でも、人間関係が壊れる覚悟を持って借りるのが普通です。

もし返したとしても、借りる前と後では同じ付き合いが出来ない事は、理解しておかなければなりませんよね。

4.自分に甘く、他人に厳しい

ちゃらんぽらんな人は、“自分に甘く、他人に厳しい”のも特徴だったりするようで…

筆者が感じるように、自分の都合が優先されるという、ちゃらんぽらんな人らしい特徴だと思います。

これも、いつまでも責任感を持てずにいるからこそ、自分には甘くなってしまうのでしょう。

まさに子供のような人なんです。

よほど甘やかされて育ったのか、責任は親が取ってくれて、全てが自分の思い通りになると思っているのです。

よく居ますよね!

わがままで、親には厳しく当たり、言うことを何でも聞いてもらっちゃうような人。

親の甘やかしが、次第にワガママすぎる人に育て、親がまるで執事の様になってしまってうんです。

甘えとワガママをはき違えた、残念過ぎる結果ですよね。

辛いことは他人任せ

こんな風に、何でも自分の思い通りにならないと気が済まない、わがままで自己中な人になると…社会に出ても、辛いことは他人任せをするような大人になってしまうのです。

当然自分で責任を取れるような大人になれるはずもなく、自分が中心に世界が回っているような感覚で社会を見てしまうのです。

となれば、自分が辛いことをするはずもありません。

親が辛いことや面倒なことは何でもしてくれたように、社会でも他の人が、自分のために何でも引き受けてくれると考えているのです。

ちゃらんぽらんな人は、自分中心に物事を見ているんですよね。

これも、一般的な価値観とズレが起きてしまう原因だと思います。

広い視野を持てず、全てが自分の思い通りになる小さな世界の住人。

こう考えると、ちゃらんぽらんな人がちゃらんぽらんになってしまった原因も、何となく納得しちゃいますよね。

5.口だけのことが多い

“口だけのことが多い”というのも、ちゃらんぽらんな人。

ちゃらんぽらんな人は大抵、口だけは達者。

これも共通する特徴だったりするんですよね。

口先だけのうわべ人間。

何故か、立派なことを言える能力だけは発達しているのです。

口だけになってしまうのも、やはりいい加減で無責任だからですよね。

自分の言動に責任を持つという意識が無ければ、怖いものもありません。

何でも言えてしまいます。

他の人がそうならないのは、言った以上責任を持たなければならないと思っているからです。

だから、軽率な発言は控えるようにし、慎重に言葉を選ぶんです。

また、ちゃらんぽらんな人の口だけは達者と言う特徴は、最初にご紹介した「ちゃらちゃらした人」の特徴と少し似ているんですよね。

多弁、だけど軽薄な態度は、軽々しく物を言うちゃらんぽらんな人の特徴もよく表わしているように思います。

責任を感じることが無いからこそ軽々しい言葉を並べ、その軽薄な態度は周囲の人に不信感を与える。

信用されないのも、この“口だけ”であることがひとつの原因ですよね。

実行に移さない

そういった口だけ人間は、口からはぺらぺらと色んな言葉が出てくるけど、それを実行に移さないことも多いのです。

「わかりました」と言っても分かってない。

「やります」といってもやっていない。

周囲の人はそんな態度にイライラさせられるんです。

ちゃらんぽらんな人は、口では引き受けた姿勢を示し、結局は実行しない。

なので、余計に人を腹立たせるし、期待させて裏切るという、とてもヒドイ裏切り方をしてしまうんです。

だから、ちゃらんぽらんな人は一度信用を失うと、何があっても信用を取り戻すことはないでしょう。

それだけ、深く人を傷つけているということです。

6.言い訳が達者

口だけ人間のちゃらんぽらんな人にイライラさせられるのは、口が達者なだけに言い訳も達者であることが一番の理由かもしれません。

言い訳が達者。

とにかくベラベラと多弁で、ちゃらちゃらした人と同じなのです。

だけど、その内容に中身はないんですよね。

「やります」と言って期待させ、やらずに期待を裏切り、やらなかった理由をペラペラと並べることで、イライラさせる。

このパターンは非常に多いです。

自己中でワガママ。

自分が楽をしたいがためにやりたくないことはやらないのだけど、怒られるのを最も嫌う。

だからこそ言い訳をするんですよね。

ちゃらんぽらんな人がこうなってしまうのも、やはり親に甘やかされたことが原因ですよね。

怒られるということに対しての免疫が無いので、怒られることが怖く、受け入れられないのだと思います。

言い訳が達者だと余計に人をイラつかせるので、逆効果なんですけどね…。

それでも言い訳の言葉を言い続けるのが、ちゃらんぽらんな人なんです。

できなかった時の言い訳ばかりを考える

できなかった時は、素直に反省してくれた方がよっぽど可愛い。

だけど、怒られるのも、上から指図されるのも嫌いなちゃらんぽらんな人にとっては、できなかったことを認め反省するなんて概念もないでしょう。

自分の非を認めたら、自分が悪者になっちゃいます。

反省してしまったら、相手の主張を受け入れることになっちゃいます。

自分中心に世界が回っていると思っているちゃらんぽらんな人にとって、それは有り得ないことでもあるのでしょうね。

やりたくないことはやらないし、怒られることも反省することも避け…とにかくのらりくらりと人をかわしていくんです。

筆者の昔の部下にもこういった人がいて、毎日のようにイライラさせられていました。

だけど、こういうちゃらんぽらんな人は、普通の人の価値観にハマるわけもなく…。

そんな相手にイライラしている方が負けってことが、後々分かりました。

ちゃらんぽらんな人と接する時は、もうこっちは無になるしかありません。

言い訳を聞いてあげるだけ無駄。

相手にしてイライラするだけ無駄。

関わって、ちゃらんぽらんな人を理解しようとするだけ無駄。

…って、思うんです。

結局、信用されないってことですよね。

7.時間管理ができない

お金の管理が出来なければ、時間の管理も出来ない!これも、ちゃらんぽらんな人の特徴なんですよね。

筆者の昔の部下も…まさに時間の管理をしない、とてもルーズな人でした。

遅刻常習者だったし、「明日は遅刻しない」という言葉に期待しては何度も裏切られ、その上毎日、見事なまでの言い訳があるのです。

よくそんなに毎日ストーリーが思いつくなぁってくらいに。

怒る気力も、注意する気力も、指導する気力も失わせていく…ちゃらんぽらんな人って、そんなところがあると思います。

時間を考えず、思ったことを行動に移す

時間の管理が出来ないのも、自分中心の世界の中で生きているからなのでしょうね。

世の中の時間枠にハマらず、社会が一定の時間の中で規則正しく生きていることも、自分がその中にいることも理解出来ていないのでしょう。

自分の思いのままに行動するので、人や社会に合わせるということができないんです。

ちゃらんぽらんな人は、ある意味社会への適応能力に欠けていると言えるのでしょうね。

それなのに社会に出ているから、ちゃらんぽらんだと言われてしまうのです。

8.義務を果たさず、権利ばかり主張する

“義務を果たさず、権利ばかり主張する”。

ちゃらんぽらんな人にはこんな特徴もあるのです。

これも、口だけは達者だからこその特徴かなって思いますが…周囲の人にしてみれば、とても面倒な人ですよね。

こんなこと言っちゃいけないんだろうけど、社会不適合者なんだと思います。

社会に出てきておきながら、社会的義務は果たさない。

だけど、自己の権利だけは主張するのですから、不適合者と言われても仕方がないでしょう。

社会では、みんなが社会的義務を果たしているからこそ、共存し成り立っているんです。

自分が作った自分だけの世界なら、人に合わせることなく自分の権利ばかりを主張していればいいですが、社会はひとりの世界じゃありません。

やはり価値観が人と違いすぎる…それが、ちゃらんぽらんな人なんですよね。

自分のことは棚に上げる

義務を果たさず、権利ばかり主張するということは結局は、自分の事は棚に上げているようなものです。

皆が義務を果たしている中で、義務を果たすことなく権利ばかり言うのですから。

よく、税金を払わない人の家に差し押さえの強制執行に行くシーンを、TVで密着していたりするのがありますよね。

あの時の税金滞納者の言い訳も、大抵自分のことは棚に上げたことを言っていますよね。

税金を払っていなかったことを棚にあげて、行政の在り方に文句をつけてきたりと…問題をすり替えようとしていたり。

でも本来、行政に文句が言えるのも義務を果たしているからこそ。

義務を果たさずに権利を主張するのは、社会では筋が通らない話なのです。

9.自分のことばかり考えている

そしてこれまでもお話してきたように、ちゃらんぽらんな人は“自分のことばかり考えている”、いわば自己中心的であるのが特徴となっています。

自分のことばかり考えているから、いい加減で無責任。

自分の事ばかり考えているから、約束事も守れないし、自分に甘く権利ばかりを主張するのです。

それで社会を生きていこうとするのは、あまりにも虫が良過ぎる話。

だけどちゃらんぽらんな人は、周りが見えていない分、自分が他人からどう思われているのかも、自分がいかに筋の通らない人間であるかも、全く自覚できずにいるのでしょう。

自分の態度がいかに、世の中の価値観とズレているかも気付くことがないので、ある意味幸せそうに見える。

それがちゃらんぽらんな人のイメージです。

相手のことは気にしない

自分の事ばかり考えているということは、相手のことは気にしていないことになりますよね。

ちゃらんぽらんな自分と接する相手が、どう思っていようとお構いなし。

相手が怒っていようが、傷ついていようが…相手の立場に立って考えるという概念が無いのですから、相手の感情を察したり思いやったりすることも出来ません。

筆者もちゃらんぽらんな部下に相当苦しめられ、傷つけられてきましたけど。

相手が傷つくことなんて気づきもしないでしょうね。

むしろ相手がイライラしていたら、自分の方が被害者だと思っているのでしょう。

社会で生きていくということは、人と関わって生きていくということです。

今この世の中において、人と関わらずに生きていくことなんて不可能です。

であるなら、相手のことを考えるようにもならないと、社会に適合できないと思われても仕方がありません。

ちゃらんぽらんな人というレッテルを貼られても、文句は言えないんです。

10.意図を理解できない

また、“意図を理解できない”のも、ちゃらんぽらんな人の特徴なんですよね。

ちゃらんぽらんな人は、世の中の価値観と大きくズレていることをお話しましたね。

だから、意図を理解することができないのです。

人の話の意図、態度の意図…普通人は、ある程度の共通の価値観を持っているから、相手の意図を読み取ったり、察したりすることが出来るのです。

でもそれも、共通の認識があってこそ出来ることなんですよね。

たとえ価値観が違っても、世の中の共通認識は理解しているものです。

それと照らし合わせ、相手の意図を読み取るんです。

だけど、共通認識に欠けていて、世の中の価値観と大きなズレがあるちゃらんぽらんな人は、当然意図を理解するなんてことが出来るはずもありません。

分かってほしいことが伝わらない

だから、周囲の人にとっては、ちゃらんぽらんな人にいくら話をしても、分かって欲しいことが伝わらないのです。

どんなに丁寧に話をしたって、価値観がまるで違ったら、噛み合うことはありません。

その噛み合わなさが人をイラつかせたりもするのですが、ちゃらんぽらんな人にとっては、なぜイラつかれるのかこそ、意味が分からないのかもしれませんね。

そういったちゃらんぽらんな人には、一般的な価値観を基準として話をしても、伝わることはないんですよね。

そんな人に話の意図を伝えようと思ったら、ちゃらんぽらんな人を理解し、ちゃらんぽらんな人の立場に立って話をするしかありません。

だけど、あまりにかけ離れた感覚の中で生きているちゃらんぽらんな人を理解するのは、簡単なことではないのです。

ちゃらんぽらんな人が自分の価値観を基準に生きているように、普通の人は世の中の価値観を基準に生きています。

である以上、一般的な価値観を捨てて人を理解しようとするのは、普通の人には出来ない事です。

訓練されたカウンセラーとか、卓越した人物でなければ無理な話。

普通の人は噛み合わなさにイライラするばかりで、お互いの価値観の溝が埋まることはほぼ無いと言えるでしょう。

筆者が「何をしても無駄」と思わされたのにも、こんな理由があるのです。

ちゃらんぽらんな人と向き合うには、自分が卓越した人物じゃなければならない。

そうでない凡人の筆者にとっては、ハードルが高すぎるのです。