あんなこと、言わなければ良かった……と後悔したことは、誰しも何回かはあるものです。

普段気を付けていても、気を許した友人などとの会話で楽しくなってしまうとついつい言葉もきつくなってしまったり、逆にあまりよく思っていない人との会話でそれが表に出てしまったり、その時は良くても後から考えると酷いことを言ってしまったと落ち込みますよね。

言葉というのは本当に大事です。

自分の発言の意図をすべて相手が汲んでくれるわけではありません。

何気ない一言で誤解されたり、嫌な人だと思われたりしてしまいます。

そしてそれだけでなく、あなたの人生にも影響が及ぶかもしれないのです。

たかが発言一つで…と笑わずに、一度言葉について考え直してみませんか?
この記事では、発言に気を付けるべき理由や避けるべき言葉、逆に積極的に発していきたい言葉などについて考えていきます。

言葉には霊が宿る!

日本では古くより、言葉には魂が宿るとされてきました。

「言霊」という言葉、なんとなく聞いたことがあるはずです。

いい言葉を発すればその通りにいいことがあり、逆に悪い言葉や不吉な言葉を口にすればいやなことが起こるという考え方です。

そのため、自分のやりたいことをはっきりと口にして宣言すればそれは達成されるけれど、それが自分のおごりによるものであるなら失敗するという「言挙げ」なる言葉もあったそうです。

今でも結婚式のスピーチで言ってはいけない、「忌み言葉」というものがあります。

おめでたい場で終わりや繰り返しを意味する言葉を使ってはいけないという考え方で、気にする人はかなり気にすることのようです。

とはいえそんなのは迷信だと思うでしょうか?言霊に関しては決してそうではありません。

そのことは日常のあらゆる場面で実感できるはずです。

例えば何を言っても否定してくる、常に愚痴っぽい人が職場にいるとイライラしますし、その人一人のせいで全体の空気がすごく悪くなりますよね。

またそれとは正反対の、些細なことでも周りに感謝したり、ポジティブな言葉を口にしている人がいればこちらもつられて明るくなりますし忙しい時でも元気をもらえますよね。

このように、言霊というのは何も特別な力ではなく、私たちの発する言葉すべてに宿るものなのです。

あなたの使う言葉には、どんな霊が宿っているでしょうか?

発言に気をつけなければいけない理由


とはいえ、自分はそこまできついものの言い方をしたり、愚痴ったりしているつもりはないし…と思われるかもしれません。

それでも知らず知らずのうちにマイナスな発言を重ねていたりすることは誰にでもありうることです。

しかし物事をよくないほうに考えてしまったり、くよくよしたりすることがあるのは人間である限り仕方のない面もあります。

また、リスクを考えたり危険を事前に予測して回避できたりもするので、ネガティブな考えも悪いことばかりではないのです。

しかしそれを口に出してしまうことはあまりいいとは言えません。

どうしてそこまで気を付ける必要があるのか、考えてみましょう。

思考にも影響を及ぼす

人の脳というのは案外単純なもので、「どうせダメ」「無理だよ」なんて発言したとするとそれが刷り込まれ、いつしかますますマイナス思考になってしまうそうなんです。

ついつい独り言で「だるいー」「疲れたー」「やりたくなーい」なんて言っていませんか?余裕がなくなったときなどは特に、そういった言葉を頭に浮かぶと同時に吐いてしまいがちです。

そういったマイナスの事って頭を過るだけでも憂鬱な気分になりますよね。

それを何も考えないままに口に出していたら、脳に決定的にその言葉が刻み込まれてしまいます。

そして「わたしは今だるくて疲れていてやる気がしない」という思考回路に自然となってしまうわけです。

何だか最近何をするにも張り合いがなくて憂鬱だなあと感じている人は、自分がいつの間にか頭に刷り込まれてしまうとまずい言葉を発していないか、一度見直してみてください。

発した言葉で影響力が変わる


そしてもちろん、あなたがどうのような発言をするかによって、あなたがどのような影響力を持つ人間かもおのずと変わってきます。

私なんかの発言に影響力はない…と思っていませんか?そんなことはありません。

人間は発言をすることによってなんらかの影響力を持ちます。

それは時に威圧的なものだったり、悲観的なものだったりします。

それによってあなたの周りの人は、あなたが一緒にいて安心できる人か、信用に足る人かを判断しますし、そうではないと感じさせてしまったなら自然と離れていってしまいます。

どうせならほかの人が優しい気持ちになれたり、自信を持って動けるような影響力を持ちたいですよね。

発言で第一印象が決まる

初めて会う人にもどんな発言をするかは重要になってきます。

初めて誰かと会う時は緊張しますよね。

それは相手も同じです。

特にこれから深く関わっていかなければならない仕事仲間だったりする場合特にそうだと思われます。

どんな人なのか気になって仕方ないでしょうし、その分あなたの発言から人柄を読み取ろうと注目しているはずです。

そんな時に早く距離を縮めたいがために必要以上になれなれしい口を利けば信用できない人と思われますし、過剰に謙遜すれば自信がない人だと思われどちらにしてもこの人とはあまり関わりたくないという決断を下されてしまうかもしれません。

もちろん同じくらい見た目の清潔感、声の大きさなども大事にはなってきますが、人柄がダイレクトに反映される発言が与える影響力は決して小さいものではないのです。

もし第一印象で悪印象を与えてしまったなら、相手にもよりますがそれはなかなか覆りません。

一緒に働いていかなければならない中で、挽回するにはもしかすると半年や一年、それ以上の時間を要するかもしれません。

たった何秒かの第一印象でそこまでの苦労をしなければいけないなんてなんて割に合わないのでしょうか。

それを回避するためには、普段から自分の思っていることを迷いなくはきはきと発言できるようにしておくことが大切だと言えます。

周囲に大きな影響を及ぼす

ここまで書いてきたとおり、発言は周囲に多大な影響を与えます。

私の職場では、一時期誰もがピリピリし、休憩時間になればみんなで誰かの悪口を言い合ったりしていました。

正直に言うと私自身もとても居づらかったですし、出勤したくないなあと思う日が続いていました。

少し前まで笑いの絶えない職場だったのになぜだろうと疑問に思っていたある日、一人の女性社員が辞めました。

彼女がいなくなった途端、職場はもとに戻りました。

思い返せば、私はさほど関わりがなかったものの、彼女は部下に威圧的な物言いをする人でした。

かなりきついことを言われてへこんだり、中には泣いてしまう人もいたようでした。

そして傷ついた人たちは彼女に言われたことへの愚痴を他の人に話す、負の発言のループだったのです。

自分に向けられた言葉ではないにせよ、そんな会話が毎日耳に入れば悪い影響を受けるに決まっています。

つまりはその人一人の発言で、職場全体が大きく揺れ動いていたのです。

これはあなたにも無関係なことではありません。

周囲があなたと一緒に働く日が「楽しくて働きやすい日」になるか、「イライラしてストレスがたまる日」になるか、それはすべて言動次第なのです。

どこかへ行ったとたん、ああ、あの人がいなくなってよかった……とほっとされる。

そんな人として生活するというのはとてもむなしいものだと思いませんか?

発言したとおりの人生になる

このように、自分の発言がひいては自分を作っていきます。

謙遜しているつもりかもしれませんが、「私なんてブスでデブだから……」などと必要以上に自分を卑下してしまう癖のある人は注意してください。

そんなつもりはなくても、ブスでデブな人生に片足を突っ込んでいることになります。

とあるアイドルは、毎朝鏡を見て「よし、今日もかわいい!」と自分に言い聞かせていると聞いたことがあります。

もともとかわいいに決まっているアイドルとはいえ、きっと万全な日だけではないはずです。

肌荒れしている日もあれば、むくんでしまって目が小さく見える日もあるでしょう。

しかしそこで気落ちせず今日もかわいいと自分に言い聞かせることで、彼女は365日ずっとかわいくいられるんだなあと感心した覚えがあります。

そこまでするのは無理……という人でも、少しずつ自分の発言を考え直してみることはできるはずです。

思いついたままに発言してしまう前に数秒、その言葉が自分をどういう人にしてくれるか考えてみましょう。

ではどんな言葉が自分の人生を豊かにしてくれ、または貧しいものにしていくのかを次から考えていきます。

発してはいけないこと

ここではマイナスなパワーを振りまく、できれば胸のうちにしまっておきたい言葉を挙げていきます。

誰かのふとした独り言に、いらっと来たり気持ちが萎えてしまったりした経験があなたにもあるはずです。

しかしそういう人に限って、あとから尋ねるとその発言そのものを忘れていた……なんてことが多いものです。

つまり、いやなことを言っている人は本人にその自覚がないことがすごく多いのです。

そう考えると、「私も言っているかも…」と少し怖くなりますよね。

それに、そういったマイナスワードは先述の通り、自分の気持ちも後ろ向きで暗いものにしてしまうのでいいことがありません。

ここに挙げた言葉や、それに似た言葉が口癖になっていたりふと独り言でつぶやいたりしていないかチェックしてみてください。

もしよく言っている言葉があったなら、どうポジティブに言い換えられるかどうかも考えてみたのでよかったら参考にしてみてください。

楽しくない

あわただしく過ごす毎日の中で、疲れ切ってしまいふと口をついてしまいがちな言葉がこれです。

そういう方は、今日も楽しいことなんて一つもなかった、と不満に思う毎日なのかもしれません。

kれど「楽しくない!」と口に出してしまえば、頭には「私はつまらない人生を過ごしている」ということが事実として刻まれてしまいます。

だって本当に楽しくないんだもん、と思うでしょうか。

しかし、どんなについていない日や平凡な日でも、よく思い起こせば楽しかったことがあるはずです。

それは誰かにやさしくしてもらったり、褒められたり、コンビニでちょっとした景品が当たったというような些細なことかもしれません。

「楽しくない」と言ってしまう人は、そういったせっかくの良い記憶を自分で「くだらないもの」として片づけてしまっているのです。

「褒められたっていったって、あの人みんなに同じこと言ってるし」「絶対お世辞なんだろうなあ」「たかが缶コーヒーなんて嬉しくない」こんな具合です。

それは癖になっている場合とても無意識で、自分でも気づかないうちに楽しかったことや嬉しかったことが「つまらない」というレッテルを貼られていたりします。

些細なことでも、嬉しい楽しい気持ちを受け取ったら、それを大事にしてみてください。

一日の終わりにそれを思い出せたら、「楽しくない」なんて口癖とはお別れできるはずです。

もしこの言葉を言いたくなったら、「今日も楽しかった!」「なんかいいことありそう!」と無理やりにでも楽しいほうに意識を向けてみてはいかがでしょうか。

面白くない

人間は大人になるにつれて、悲しいことではありますが新しいものやことに対して感動したり新鮮に感じたりする心を失っていきます。

子供のころは何もかもが初体験ですし、変に経験を積んでいない分素直ですから特に意識せずともわくわくすることや楽しいことを見つけられるものです。

しかし大人になると知識も経験も増えます。

衝動的に行動することは少なくなるでしょうし、刺激より安定を求め始めます。

服を見ていてこれかわいいなあ、と思っても、その気持ちを抑えて「年相応」な服を買ったことがありませんか?いつのまにかいつも自分が若いころの音楽だけを聴いていませんか?惰性だけで仕事をしていませんか?もしそうだとしても、それは悪いことではありません。

刺激を追い求めてジェットコースターのような人生を送るより、安定した穏やかな生活を送るのが好みの方もいるでしょう。

しかし、あなたがしばしば「面白くないなあ」とつぶやいてしまっているようなら話は別です。

もしそれが口癖になれば、何にも心が動かされない、無感動で魅力のない人間になってしまいます。

そんなつまらない生活を変えるためには、「面白くない」という言葉をいったんぐっと飲み込んで、いろんなことに興味を持ってみてください。

対象は人でもものでもなんでもかまいません。

今までよく知りもせず面白くないと鼻で笑っていたことについて、少しでいいので興味を持ってみるのです。

もちろん自分も大好きになれるとは限りません。

けれど、少しは理解できるかもしれません。

得体のしれないものを目の前にしたとき、「面白くない」「さっぱり理解できない」と心を閉ざしてしまわず、まずは興味を示してみる癖をつければ、いつか楽しいことが見つかるはずなのです。

この言葉が口癖になってしまっている人は、「面白そう」「それいいね」と、いったん肯定する言葉を口にしてみるといいかもしれません。