CoCoSiA(ココシア)

マネージャー向きだなと思う人の16個の特徴


あなたは、マネージャーという仕事をしたことがありますか?もしかしたら、そのよう仕事をやったことがないかもしれないですね。

そのような方とっては、マネージャっていったいどのような仕事をするべきなのかも、想像できずにあやふやな場面があるのではないでしょうか?

また、マネージャーに向いている人ってどんな人なんだろうって悩んでいるかもしれないですよね。

既にマネージャーとして活動している人にとっては、その仕事がうまくいかなくて周りと協調することができずに悩んでいるのかもしれないです。

どのような状況にある人であっても、一度は考えるのが「マネージャーになるにふさわしいのは、どんな人なんだろう?」ということなのではないでしょうか。

今回は、マネージャーとはいったいどのような仕事なのか、またマネージャーに実際になっている人や継続してその仕事を行なうことの出来ている人はどのような特徴があるのかも、ご紹介します!
これからマネージャーになろうとしている方は、それらのことを頭に入れて行動するだけでも立派なマネージャーになることができるかもしれません。

それにどうしてマネージャーという存在がいなければいけないのかも、あまり分からないですよね。

この世の中に存在するものは、それなりに存在する”意味”があるものです。

その意味についてもご紹介します。

マネージャーという仕事に興味がある方には、特にオススメの記事となっております!

マネージャーとはどんな仕事?

あなたは、マネージャー業務をどのような仕事として捉えているでしょうか?マネージャーときくと学生時代の部活のマネージャーを想像する方も多いですよね。

仕事におけるマネージャーとは、そのような学生時代にあったような・体験したようなマネージャーではありません。

そのような学生時代のマネージャーというのは、多くはその部活に属する人たちを助ける作業をする人のことでした。

しかし、仕事上におけるマネージャーとは、仕事を行なうように直接的にサポートするというよりは、その管理する人々が仕事をしやすいように体系づけてあげたりすることを指します。

そうするためには、マネージャーが管理する人々の特性を知っていたり、自分の気持ちだけに振り回されることなく冷静な判断をすることも必要になってきますよね。

マネージャーというと親しみやすさを感じている人もいるかもしれません。

でも実際にマネージャーになると、自分自身を鬼にして色眼鏡をつけずに状況を読み取る必要性が出てくるのです。

それは、日ごろから冷静に生きている人にとっては、なんともなく感じずにこなすことができます。

しかし、日ごろから自分自身の気持ちにふりまわされているのであれば、その立場をこなすのはむずかしいかもしれませんね。

マネージャーの基本的な意味


次にマネージャーという言葉、そして仕事上におけるマネージャーとはいったいどのような意味を持っているのかをご紹介していきます。

さきほどもお伝えしましたが、マネージャーという言葉をきくと学生時代の部活を支えるマネージャーを想像してしまう方がいます。

そのようなままにしておくと、部活のマネージャーさえも全く違う意味として捉えることになりかねません。

そのようにならないように、マネージャーという言葉の、仕事における意味を確認しておきましょう。

ここに書いてある文章を理解するだけではなく、その意味を理解しそれなりの自分の言葉で説明できるようになったのであれば、あなたはこの言葉を理解したことになります。

ぜひそうしてみてくださいね!

管理者

マネージャーといえば、そのなかでも大きな意味を持つのは管理者という意味になります。

まずマネージャーという言葉の英単語を見てみましょう。

それはManagerですよね。

これは、Manegementという単語の名詞形になります。

マネージメントとは、お金や人などあらゆるものを使いこなして、なにかを運営したり経営することをいいます。

経営するために管理をすることなんですね。

その意味のものが名詞形になったのですから、必然的に管理者になるのです。

この管理とは、ビルやマンションなどにいる管理人とはわけがちがいます。

経営レベルで、その仕事をうまくいかせるにはどうしたらいいのか?どのようにこれから戦略をたてて、この会社を変えていこうか?なんて会社そのものを変えたり、自分のしたい姿、お客様が求めている姿を提供することのなります。

そのために、そのような思い描いたものにするために管理をしているのです。

そのため、管理者という意味が大半をしめます。

支配人


管理者と共に、その仕事をまとめて支配する人でもあります。

そのため、支配人として理解している人もいるかもしれないですね。

支配人とは、その会社やその部署内を「支配」する人です。

皆が好き勝手に働いていたら、もしかしたらその会社が求めている到達点までにすぐにたどりつくことができないかもしれません。

それに到達点にたどりつける能力があるというのに、空回りや遠回りをしてしまってせっかくの能力を使い果たすことが出来ないかもしれないのです。

そうもなると大変なことです。

だって、せっかくのパワーを出し切れていないことになるのですから。

会社の人間が好き勝手動くのではなく、意味のある目的のために働くことが出来るのは、それなりの指標がその人に与えられているからです。