現在、日本には様々な住居の形があります。

一軒家やマンション。

アパートと呼ばれる物もあるでしょう。

そこに一人で暮らしている人も居れば、家族や恋人と暮らしている人もいます。

誰がどんな人と暮らして居ようと問題はありません。

最近では、近所付き合いが少なくなった事もあり、近所にどんな人が住んでいるのか知らないという人も珍しい事では無いかもしれません。

様々な暮らし方があるこの街では、最近若者たちを中心に新しい暮らしの形が出来て居ます。

それは、シェアハウスです。

シェアハウスとは元々海外の方々が始めた暮らしの形です。

これは、見ず知らずの人々が同じ家にすむ事を指します。

そうする事によって、家賃や光熱費の負担を減らす事が出来て居るのです。

自分の為に使う事が出来るお金が限られている若者にとっては、それらの負担を減らす事が出来る事はとても魅力的な事であり、多くの方が興味を持っている形です。

日本でも、最近ではシェアハウスが多く登場していますがそれでも海外の数と比べればまだまだ少なく、都心にしか無い場合もあります。

その為、シェアハウスに興味が合ったとしてもなかなか物件を探す事が出来ないと言う事もあるでしょう。

一方で、本場の海外では至る所にシェアハウスがあります。

その為、利用したいと考えている人にとってま魅力的な環境と言えるでしょう。

海外に留学を考えている人にとって、向うでかかる費用はとても大きな負担となります。

例え、家からの仕送りがあったとしても、日本のように簡単にアルバイトを探す事も出来ないので大きな負担を感じる事にもなるでしょう。

その為、留学を考えている人は、是非シェアハウスの制度を使う事をおすすめします。

留学先のルームメイトはとっても重要!

留学とは、海外に行き英語などを直接学ぶと同時にその土地の文化を体験する事で多くの事を学ぶ事が出来る制度の事を指します。

日本も、海外から見れば優れた教育環境は整っています。

しかし、日本は他の国の言語に弱い所があり日本語以外はテストに使う言葉しか学ぶ事が出来ません。

その為、実際に話をする事が出来る国際社会から取りに越されてしまうと言う事も十分に考えられます。

使える言葉を学ぶ為にも、留学し実際に生活で使用する事が一番の勉強になります。

言葉は生き物であり、常に進化しています。

その為、机の上でじっくり考えて学ぶようでは日常的に話す事が出来るようにはならないでしょう。

例え、多少言葉のニュアンスや文法がおかしかったとしても伝わる言葉を身に付けることが出来る方が、将来役に経つ武器となってくれるのです。

その為、夢を持っている方には是非留学という形を取る事をおすすめ致します。

留学すると言っても、方法は沢山あります。

全て自分で手配をして現地に向かう方法もあれば学校の制度を利用して行く事もあるでしょう。

学校を通じて海外に行く場合には大抵シェアハウスなどに居住する事になります。

その為、留学先ルームメイトの存在はとても大きなものとなります。

上手く行けばお互いに支え合って日々を過ごして行く事が出来まずが、なかなか性格が合わなかった場合にはお互いに辛い気持ちになると言う事も考えられるうでしょう。

その為にも、どんな相手と一緒の部屋になるかどうかは、留学が上手く行くかどうかがかかっていると言っても過言ではありません。

ルームメイトに求める条件


シェアハウスとは、他人同士が一つ屋根の下で暮らす事になります。

それによって、家にかかる費用を押さえることが出来より効率的に過ごす事が出来ます。

海外での生活は、日本とは全く違うので戸惑う部分も多々ある事でしょう。

そんな中、ただでさえストレスが多きい中でお金の負担もあると留学自体が辛い物になってしまいます。

お金が無いのであれば稼げばいいという考え方もあるかもしれませんが、言葉をきちんと話す事が出来ないような状況だとすると働く事もそう簡単な事ではありません。

ですから、押さえることが出来る出費は出来るだけ押さえておくに限ります。

また、学校の制度を利用して海外に留学している方は自分の意思によって家を決めることが出来ない場合も多々あります。

そのような場合でも多くの学生を収容する為に、多くの学校ではシェアハウスの形を取っており、多くの学生が一つの建物の中で暮らしています。

言葉が通じない者同士が同じ環境で過ごすと言う事は、想像以上に大変な部分がありお互いに我慢しながら過ごしていく事しか出来ません。

しかし、その環境に段々と慣れていく事が出来れば言葉を理解しあう事が出来るだけでなくお互いの勉強としても役立つ時がやって来るでしょう。

その為、シェアハウスにも利点は沢山あり、留学先できちんと勉強したいと考えている人にとってはとても効果のある方法と言えるでしょう。

ですが、人間には好みと言うものがあります。

その為、どんなに素晴らしい制度だとしてもルームメイトによってはどうしてもいやだと感じる事もあるかもしれません。

ルームメイトを選ぶ事は出来ないかもしれませんが、どうすればより良い生活をする事が出来るかを考える為のも、ルームメイトの条件をある程度考えておく事も必要です。

自分の中でその条件を決めることが出来たらそれを今度は自分に置き換えて考えてみてください。

人にされて嫌な事は、自分もしてはいけません。

当たり前の事ですが、ついつい忘れがちになってしまっている部分なのかもしれません。

その事をしっかりと頭の中に入れ、真面目な留学生活を過ごして行きましょう。

〜学校編〜

留学に伴うシェアハウスの場合は、基本は学校で勉強をする事にあります。

その為、どんなに私生活が充実していようときちんと学ぶ環境が出来て居なければ何の意味もありません。

ですから、自分が学ぶ環境をきちんと作る事が出来るかどうかも、ルームメイトを選ぶ際には重要なポイントでしょう。

人によっては、必要以上に干渉されたくない場合もあるかもしれません。

ですから、お互いの話をっする事も相手の様子を見ながら慎重にすすめて行きましょう。

なれない環境の中で、知っている顏があると、ついついそちらに干渉してしまいます。

ですが、一人に固執する事は、決して良い事とは言えず、せっかく留学をしているのであれば多くの人と関わる事がいい勉強になる事もあります。

その為、視野を広げる為にもルームメイトに固執する事はおすすめ出来ません。

〜生活編〜


自分に出来ることは自分でする。

これはシェアハウスの基本です。

例え、相手が善意でやってくれたとしてもそれに甘えてはいけません。

やって貰ったら自分もやってあげるというような考え方が必要であり、それをする事が出来なければ相手に嫌がられる可能性も大いにあります。

一緒に住むと言う事は、部屋も全て共有です。

自分としては綺麗にしているつもりであっても、相手から見れば汚いと感じることだってあるかもしれません。

その為、自分の基準だけでは無く相手の気持ちに立って考える事もとても大切なポイントです。

友達として仲良くする事が出来たからと言ってルームメイトとして仲良く出来るかどうかは別問題です。

それと同じように、友人にはなる事が出来なかったとしてもルームメイトとしては良い距離間で付き合う事が出来るという事もあるかもしれません。

それだけ、ルームメイトには距離間の考える方が重要なのです。

ルームメイトと約束すること

ルームメイトとは、一緒に暮らしていく人の事を指します。

単なる友人であれば、お互いさほど気にならなかったような事も、一緒に暮らす事によって目に付くようになる事もあるかもしれません。

相手に怒りを感じ、嫌いになってしまう事だって十分に考えられるのです。

その為、そうならない為にも、最初にルールをきちんと作っておく事は大事な事です。

ルールをきちんと決めて置けば、後から困る事も無くお互いに納得した上で生活をして行く事が出来ます。

とりあえずで生活を開始してしまうと、後から必ず後悔する事が出てくるかもしれません。

また、実際に起きてからではお互いに言いにくい事も多々あるでしょう。

その為、そうならない為にも、るルールは最初に決めておきましょう。

勝手に人のものは使わない

シェアハウスの中で、意外と一番大きな問題に発展してしまう事の中に相手の物を勝手に使用すると言う事があります。

仲の良い友人であればある程『ちょっと貸して』と気軽に物を借りてしまう事もあるでしょう。

相手に了承を得ているのであれば、多少の事はありかもしれません。

ですが、余りにも借りることに慣れてしまうと、自然と何も言わずに借りるようなことがあるかもしれません。

自分にとっては悪気の無い行為なのかもしれません。

しかし、なんでも感でも借りられている人から見れば、それは大きなストレスであり不快感を感じているかもしれません。

更に、そんな状況なのにも関わらず、今度は無断で使用されたとしれば間違いなく怒りを感じる事でしょう。

借りている本人に悪気は無いのかもしれません。

しかしながら、勝手に借りられている人からすればそれは大きなストレスになります。

相手がどう思っているのかもきちんとくみ取る事が出来なければ関係は悪化して行く事でしょう。

他人と一緒に住むと言う事は、楽しいことばかり出はありません。

自分の常識が通用しない事も多々あり、我慢をしなければならない事もあるでしょう。

ですが、それは相手が家族であっても同じ事です。

誰にも気を使わず、自分の思った通りに生活したいと考えているのであればそれは一人暮らしをする以外に方法が無いでしょう。

どんな相手に対しても、きちんと気を使いお互いが生活しやすい環境を目指して行動して行きましょう。

それをする事が出来れば皆が皆気持ちよく過ごす事が出来る空間を維持する事が出来るでしょう。

生活費は半分

シェアハウスとは互いに同等の立場で過ごす事が基本です。

その為、生活費は折半となります。

例え、収入差があったとしてもそれは同じ事です。

差を付ける事に対して両方が了承していたり多く出す代わりに出さない方が、家事を余分にするなどの取り決めがある場合には、それでもいいかもしれません。

しかし、それ以外の場合は、揉める原因になるだけです。

その為生活費は基本的に全てを半分にする事を最初に決めて起きましょ。

相手が多く使っている。

半分なんて平等では無いと感じるのであれば、それを話し合う事も大事な事かもしれません。

ですが、完全に半分にする事は不可能であり、本当の意味での平等はありえないでしょう。

どうしても、生活費をきっちり分けたいと思うのであればそもそもシェアハウスが向いていないのかもしれませんね。

お互いの友達を否定しない

人間には様々なタイプの人がいます。

その中には、合う人も入れば合わない人もいます。

子供の頃は、どんな人とでも仲良くなりましょう。

と言われた物です。

ですが、それはあくまでも建前であり実際はそんな事は出来ません。

わざわざ喧嘩を売る必要はありませんが、嫌いな人には関わらないようにすることが一番です。

ですが、あなたが嫌いな人であったとしてもその人の事を好きだと感じている人は居るかもしれません。

それがルームメイトとして一緒に住んでいる人の可能性だってゼロ出は無いのです。

自分が大事だと思っている友人の悪口を言われて、良い思いをする人は居ません。

大概が、腹を立て怒りを感じる事でしょう。

その為、自分が好きで無いからと言って相手の友人を貶すような事を言ってはいけません。

中には、どんな相手と関りがあり仲良くしてるか分からないという時もあるかもしれません。

そんな時は、悪口を言わない事が一番です。

悪口を言わなければ、相手に嫌な思いをさせることもない~です。

また、自宅に友人を呼ぶ際も相手には事前に話をし了承を取る事を忘れてはいけません。

部屋はあなたの部屋であると同時に、ルームメイトの部屋でもあるからです。

中には、部屋に他人を入れる事自体が嫌だと思っている人だって居るかもしれません。

そんな人の部屋に無理やり友人を招く事は、相手にとっても大きなストレスであり問題が起きてしまう可能性も多々あります。

トラブルに発展しない為にも、必要以上の干渉をさけ相手の友人の話をしないようにする事をおすすめします。

家事も平等に行う

人間には、向き不向きと言うものがあります。

その為、家事が得意な人も居れば苦手な人も入る事でしょう。

男性の中には、女性の多くが家事を当たり前にする事ができると勘違いしている人もいます。

確かに、女性の方が家事をする機会は多いかもしれません。

しかし、だからと言って家事が得意な人ばかりではありません。

みんな必要に迫られて行って居るのです。

その為、自分が家事が苦手だからと言って家事を行わないと言う事は出来ません。

家事の特異なルームメイトが居たとしても、家事は平等に行うべきなのです。

もし相手に甘えてしまうような事があれば、あなたは負担が減り楽になりますが、相手にとっては大きな負担となる事もあるでしょう。

その為、気が付いた時には相手が出ていく寸前なんてこともあるかもしれません。

結婚の場合には、それぞれの家の考え方があり家事は奥さんの仕事だと割り切ってしまう事もあるかもしれません。

しかし、ルームメイトと結婚相手は全くの別物です。

そこには完全に独立したそれぞれの人生があり、どちらがどちらかの面倒を見なければならないと言う事もありません。

一度甘えてしまうと、人間は楽な方にドンドンと流されてしまいます。

その為、家事などの生活に関わる部分は最初に決め、そのルールを破る事が無いようにお互いに意識して生活して行く事が、ルームメイトと上手くいつコツかもしれません。

ルームメイトの選び方

ルームメイトは、同じ部屋に暮らす存在の事を指します。

その為、まるで家族のような存在だと言っても過言では無いでしょう。

ですが、当たり前ですが、家族ではありません。

その為、合う人も言えれば合わない人もいます。

学校によって部屋割りがされてしまう時は、それに従う以外に方法が無くどうする事も出来ない事も多々あるでしょう。

ですが、中には友人同士で部屋を借りてシェアハウスを開始しようと考える人も居るかもしれません。

その場合には、自分でルームメイトを選ぶ事が出来ます。

ルームメイトは、友達なら誰でも良いと言う事ではありません。

一緒に楽しく過ごすだけの友人と一緒に暮らすルームメイトは全く違った存在です。

一緒に暮らすと言う事は、それだけ長い期間一緒に過ごすと言う事になります。

その為、より深くお互いが関わる事になるので普段は着にならない相手の性格がきになってしまうと言う事も多々あるでしょう。

その為、ルームメイト選びはなんとなく決めてはいけません。

きちんと条件を考え冷静に判断して行きましょう。

シェアハウスは、始める前より解消する時の方が明らかに大変です。

相手の事がもう嫌だと思ったとしても、それを相手に伝える事は難しくなかなか素直な気持ちを相手に伝えることが出来ない事も多々あるでしょうそんな事で気持ちが落ち着かない日々を過ごしていては、勉強に身が入らず貴重な時間を無駄にしてしまう事になるでしょう。

そうならない為にも、自分の意思をしっかりともっておくことをお勧めします。

気遣いができる人

一緒に暮らすと言う事は、どんな時でも一緒に居ると言う事になります。

その為、お互いにいい所ばかりを見せるわけではありません。

ですから、例え友達としては上手くいっていたとしてもお互いの性格をきちんと把握しておかなければ、生活をし始めてからトラブルに発展してしまうケースも多々あるでしょう。

親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、どんな相手にもある一定に気遣いは必要です。

それをする事が出来ないような相手とは一緒に過ごす事に嫌気が指したとしても仕方の無い事です。

世の中には、気遣いが出来る人という人がいます。

これは、誰かに言われて出来るようになるのではなく、今までの人生経験から自然と出来るようになっているのです。

その為、後から出来るようになるようなものでは無く、既にその人の能力として備わっている物です。

気遣いの出来る人は、一緒に暮らしていてもストレスを感じにくくリラックスした状態で過ごす事が出来るでしょう。

必要以上にお互いに干渉する事が無ければ、自分の時間を大切にする事も出来暮らしやすい環境を作る事が出来るので、気遣いの出来る人をルームメイトとして選ぶ事はおすすめの方法です。

ただし余りにも、相手の人が気を使ってくれるので自分がついつい大きな態度をとってしまうと言う事があるかもしれません。

そんな事をしていては、本人は暮らしやすいと感じていたとしても相手は一緒に暮らす事を苦痛と感じている事だってあるかもしれません。

その為、自分の事ばかりではなく相手の気持ちを考えて行動する事を忘れてはいけません。

【気遣い上手な人については、こちらの記事もチェック!】

文句を言わない人

ルームメイトに限らず、常に文句を言ってくるような人とは余り関わりたくありません。

もし自分自身も、同じ考えであったとしてもそれを口に出してしまう事によってより怒りが増幅する場合もあり、じっと自分の中にしまって置く事も大事な時もあるのです。

文句をいう人というのは、大した理由が無くとも文句をいうのです。

もう、文句をいうこと自体が目的となって居る場合もあり何に対してもつい文句を付けてしまうようになるのです。

それによって、本人の気持ちがスッキリする事もあるのかもしれません。

ストレス解消の一つとして文句を言っている事だってあり、そこには深い意味は無いのでしょう。

ですが、それをずっと聞かされている人はどうでしょうか。

決して楽しい思いをしていません。

言葉には力があります。

その為、自分はその事について何も思っていなかったとしても、ずっと門気を聞かされて続けることによっていつの間にか自分の気持ちもそちらに傾いてしまっていく事もあるかもしれません。

また、文句という毒の強い言葉を聞く事によって心に疲労が溜まりストレスを感じる事に繋がるかもしれません。

その為、文句をいう人に関わる事は自分自身を疲れさせる原因になってしまいます。

友人ならまだ聞き流す事も出来まずが、ルームメイトの場合は家に帰ってからもひたすら話をされる事になるでしょう。

それは決して楽し時間とは言えず、自分の気持ちを暗くしてしまうきっかけになるかもしれません。

その為、そうならない為にも、関りを絶ってしまう事も重要です。

優しい人

一緒に暮らすうえで、大切な事は面白さや楽しさなどでは無く『優しさ』です。

友達として考えるのであれば、楽しいに越したことはありません。

毎日笑い転げるような話をする事ができる友達と一緒に居る事によって楽しい時間を過ごす事が出来る事もあるでしょう。

ですが、ルームメイトは単なる友達ではありません。

一緒に暮らす、家族のような存在です。

家族であれば、お互い本音で語り合ったとしてもそそう簡単に縁が切れる事はありません。

ですから、さほど気を使わずとも生活する事が出来ます。

ですが、ルームメイトは違います。

あくまでもお互いは他人であり、いつでも環境を解消する事が出来る環境にいます。

その為、そこに必要な事は、楽しいなどという刺激では無く心落ち着く優しさです。

優しい人は、一緒に暮らす面ではプラスの要素しかありません。

自分本位な考え方になる事が無く、自分の生活をしっかりと確保する事が出来るでしょう。

お互いがお互いの事を考え、行動する事が出来れば住みやすい環境を作る事が出来るでしょう。

その為にも、ぜひ優しい人と一緒にルームシェアする事をおすすめします。

金銭感覚がある程度ある人

例えどんなに親しい間柄の人であったとしても、お金の分野では甘えてはいけません。

甘えが出てしまうと、二人の関係が急激に悪化する事も考えられるのです。

金の切れ目が縁の切れ目と言う言葉があるように、お金の問題はとても起きなしこりとなり私たちの生活を大きく変えてしまう事が多々あるのです。

金銭感覚は、子供の頃からの性格によって培われて行きます。

その為、例え同じ年齢・同じ性別出会ったとしてもその感覚は人によって全く違います。

裕福な家庭で育った人にとっては当たり前の事でも、普通の常識から考えれば理解出来ないような事も多々あるかもしれません。

その為、その金銭感覚が違う人と一緒に暮らす事は、お互いにストレスの原因となる事があります。

お金の貸し借りが無かったとしても、お金に関する考え方の違いはなかなか埋めることが出来ない差を生み出す場合があります。

それは誰が悪いわけでも無いので、どうする事も出来ません。

金銭感覚が全く違う相手とは、友達に留めておきルームメイトに選ぶ事はおすすめ出来ません。

自己管理がしっかりしている人

一緒に暮らすと言う事は、相手の生活全てが見えると言う事になります。

友達の時には気にならなかった部分が気になってしまう事もあるでしょう。

それによって、自分の気持ちが変わったり相手を嫌いになってしまう事だって珍しい事ではありません。

その為、ルームメイトを決める際には相手の性格をきちんと把握しておく事も重要なポイントです。

例えば、自己管理が出来ない人は一緒に生活する上で迷惑に感じる部分が多々ある事でしょう。

自分の荷物を片づけることが出来ず、いつも部屋散らかっている。

提出物などの期限を守る事が出来ず、いつもそれを確認してくる。

自分の物と他人の物との区別がついていないので、自分の物を勝手に使われる事がある。

などなど。

上げだしたらきりがありません。

このような性格のひとは、そうそう治る事はありません。

自分がよっぽど変えなければと心を入れ替えるのであればどうにかなる可能性もあるかもしれませんが、そうでなければこういう性格の人は一生その性格でいくのです。

自分一人でその性格での被害を受けるのであれば、それはそれで問題無いでしょう。

あくまでも自己責任です。

ですが、その被害が自分に来た場合堂でしょう。

とても暮らしやすい環境とは言い難い状況にある事は目に見えています。

その為、そうならない為にも自己管理が出来て居ない人と一緒に暮らす事はおすすめできません。

ルームメイトで留学が充実するか変わる!(まとめ)

ルームメイトの存在は、留学の結果に直接関わってくるほど重要なポイントです。

素晴らしい仲間に出会う事が出来れば、お互いに励まし合いながら留学生活を送る事が出来ます。

しかし、もし合わない相手と一緒の部屋に過ごす事になれば、大きなストレスを感じる事になるでしょう。

ただでさえ、文化も言葉も違う社会で過ごす事は大きな負担となる場合が多々あります。

外で沢山の経験をして疲れて帰ってきたににもかかわらず、部屋でも気を使うような生活では気持ちが休まる時がありません。

その為、精神的な疲労が溜まり決して良い状態で過ごす事が出来る環境だとは言えないでしょう。

ですから、ルームメイトの存在は留学に大きく関わってくるのです。

ルームメイトを選ぶ事が出来るかどうかは、その学校によって異なるので一概には言えません。

自分の意思と全く関係ない人と過ごさなければならない事もあるかもしれません。

しかし、もし条件を伝える事が出来るのであれば、極力多くの事を相手に伝えてみてはいかがでしょうか。

日本人は、どうしても自分の気持ちをハッキリと伝えることが出来ない傾向にあります。

その為、ルームメイトの条件に関しても、文句をいうような方ちになってしまうのでなかなか本心を伝えることが出来ないと言う事もあるかもしれません。

ですが、そこで我慢をしたとしても何も良い事はありません。

そんな事に美徳を感じるのは日本人だけなので、あなたが気を使って言わなかった事も相手にとっては何も意見が無いんだと受け取られる事だってあるでしょう。

そのせいで、自分の意思とは真逆の人と同じ部屋になり、留学を台無しにしてしまっては勿体無いとは思いませんか?その為、言いたい事はきちんと言う事が大切なポイントです。

男女問わず、全く知らない相手といきなり暮らす事は苦労もあるでしょう。

ストレスが溜まり逃げ出したいと感じることだってあるかもしれません。

ですが、それでは苦労して留学してきた意味がありません。

どうして留学したかったのか。

留学先で、何を学び何を自分の物にしたいのか。

その事をしっかりと頭の中に再度入れる事が必要です。

納得の行く留学生活を行う為にも、時には自分の考えを伝える事も大事です。

その為にも、自分の要望をしっかりと考えてみてはいかがでしょうか。

いつか来る留学の日をより良い物にしてください。