社会人として働いている方は、会社に所属しているので、自分で何事も判断できる立場にありませんよね。

会社に所属しているという事は、一個人の判断ではなく、会社の上司や会社の社長の意向に従って判断を下す事が求められ、ある程度決裁権がなければ自由に判断する事はできません。

大きな決断に関しては当然ながら、勝手な判断をしてしまうと後々に問題になるので、仕方がないとしても、小さい事やそこまで大きな問題に繋がらないと感じているような事でもルールはルールなので、承認を得たり、伺ってその後に判断をするような場合が多いです。

人によっては確認をする事で安心感を得る方もいますが、中には面倒だと思って承認をもらう事を嫌っている人もいるのが事実です。

確かに細かい事を判断してもらうのに、いちいち呼び止めて承認を得て、というような事をしていると時間がもったいないと感じてしまいます。

しかしながら、私たちが思っている以上に承認を得るという事は深い意味も存在しており、会社に所属する会社員としては必ず行わなければいけません。

今回はそんな承認をテーマにして、会社である面倒な承認の是非を問いたいと思います。

会社員として承認関係でストレスを抱えている人こそ、承認という事の大事さを感じて頂きたいと思います。

承認をもらうのにてこずっていませんか?

社会人として会社員の一人として働く中で必ず上司が会社の社長の承認を得る場面は遭遇すると思います。

そのような場面に遭遇した時に承認をもらえればスムーズに自分の望み通りの状況が実現するのに、なかなか会社や上司から承認を得られない場合などを経験したことはありませんか?

承認さえ入れれば良い状況に移行するのにどうして承認をくれないのだろうとストレスに感じたり、内心では承認をもらうことが面倒だと感じる人はたくさんいると思います。

承認をもらうと言うことはとても大事なことですがスムーズに承認を得られない場合も存在しており状況によってはどうして承認を得らなければいけないのかと疑問に思う方もたくさんいると思います。

誰もが一度は疑問に思う承認ですが、この商品に関して理解するためにはまず承認の正しい意味を理解することが大切です。

簡単に承認と言う言葉についてご紹介し、承認がどうして必要なのかということを合わせてご紹介します。

承認とは?

承認という言葉の意味がわからないという方はあまりないと思いますがこの機会に正しい意味を理解してください。

承認と言う言葉はそのことが正当である若しくは事実であるということを認める意味合いを持っています。

その他には他人の行為に対して肯定的意思を表示することとされており、簡単に言えば承認をすることによって、自分が行おうとしていることを正しいことだと認めてもらう事です。

例えばあなたが取引先の話をする中で、新しい取引の話が生まれたとします。

内容によってはこちらの会社にメリットがある話であればその場ですぐ決断することができるかもしれませんが、中には一旦持ち帰って上司や会社の社長に話しを通して、その内容を正しいと認めてもらいその後に取引の話をするという場面が生まれる場合があります。

会社員という立場であればあくまで会社の一員として所属しているだけであり決裁権を持っているわけではありません。

基本的に決裁権を持っているのは会社の社長であったり若しくは会社の役員などのいわゆる幹部、そして内容によっては自分の上司などが当たります。

役職を持たないような一般の会社員が判断できる内容ではない場合、一旦持ち帰って、立場のある人間に相談する事が必ず必要になるため、その場合にその内容を正しいかどうか認めてもらう事がつまるところの承認をもらうという言葉の意味であり、状況によってはそれが必須になります。

しかし、一般の会社員からするといちいち持ち帰るのが面倒だと感じてならないのは事実です。

なぜ承認が必要なの?

毎回毎回判断をするたびにいちいち上司から承認をもらっていると時間がいくらあってもきりがないと思う方もいると思います。

大切な判断であれば承認をもらうことは理解できるかもしれませんが承認を得るに値しない小さな物事や判断に関してはあるけど決裁権を持たせてほしいと感じている方も多いです。

ではどうして上司や香芝なる人間から承認を得なければいけないのかということを考えた時に必ず理由が存在します。

承認をもらうことが面倒だと感じていたりその必要性を感じていない方は承認の本来の目的であったり意味を正しく理解していない人も多いです。

これを機会に承認を得る事の大切さや意味を理解し、どうして承認を得なければいけないのか、正しく理解してください。

1. 内部統制のため

まず承認を得ることが必要な理由として内部統制のためと言うことが考えられます。

例えば承認を得ることが必要だったと仮定して会社のあり方を考えた時にどんな話に関しても自分の判断で話を進めてもよいとなった時に、会社として所属している会社員はたくさん存在しているので、存在している人の数に比例してたくさんの話が出現します。

本来であれば発生した話は全て上司に報告してその調子はさらに上の上司に報告するなど段階を踏んで、話しをある程度全て理解した上で、問題なければ承認が出ますが、これをなくしてしまうと一個人で勝手に判断をして収拾がつかなくなります。

自分の判断で物事を決定してしまえば当然ながら話を聞いていないということで、後々に問題につながってしまったり組織のあり方としてまとまりがない組織になってしまい最終的には崩壊してしまいます。

たった一つの判断で会社が崩壊してしまうのかと考える人もいるかもしれませんが、内容によっては不利な状況に立たされて会社の業績にも悪影響が生まれる場合もあるので、やはりどんな内容についてもある程度判断が必要なものについては必ず報連相が必要になります。

会社を存続させていくにはたったひとつの決定が会社の運命を左右すると言っても過言ではありません。

また会社は結局たくさんの人が集まってできるものなのでその中に所属している人間がルールを守って行動しないと会社自体がバラバラになってしまうので内部統制のために承認を得ることが大切なんです。

2. 上層部の力を示すため

承認を得る必要性の一つとして上層部の力を示すためと言うことも考えられます。

例えば上司や幹部、社長に承認を取らずに話を進めても良いとなった時に必ず力の上下関係がバラバラになってしまうことが考えられます。

組織として基盤を作っていくためにはある程度の力の上下関係ははっきりさせておく必要があります。

時々見かけるのが気の弱い上司と気の強い部下と言う立場で気の強い部下の方が実質立場が上のような状況になってしまい上司としての威厳がなくなってしまうという場合が存在していますがこれは論外です。

会社としてたくさんの人をまとめて一つの方向に向かって目的を達成していく場合は必ず力を合わせる必要があります。

力を合わせて行くにはチームワークが必要であり、ある程度のチームワークを養うためには必ず組織のリーダーが必要です。

言ってみれば会社のリーダーが社長でありサブリーダーとして幹部や役職を与えられた部長や課長などが存在しています。

たくさんの人間をたった一人で管理することはできないので、それぞれの部署にそれぞれの適任な力のある人を立てることで内部統制をしっかりと図るとともに、上層部が力を持っているということを示すことができます。

力を持っているという事を下の人達に示す事で、立場の違いを意識させ、会社の手足となってしっかりと動いてもらう事が出来ます。

威厳のない、力のない上司が命令をしたところで命令を聞いてくれるはずもありませんので、会社として一つにまとまって生きていく為には必ずある程度の力を示す必要があると理解してください。

3. ある程度緊張感をもたせるため

承認が必要な理由としてある程度緊張感を持たせるということも一つの理由です。

例えば一個人でなんでも判断してもよいという事になってしまった場合、力の上下関係がバラバラになってしまうので上司に対して部下は舐めた態度をとってしまいがちになります。

それとは逆に常に上司からの承認が必要である場合は、上司に対して舐めた態度をとる人は誰もいなくなります。

力の上下関係がはっきりしていることと上司からの承認が必要なのである程度相手に対する態度をしっかりする必要性もあり、また自分よりも上の立場の人に確認をしてもらうということである程度の緊張感を感じてもらうことができるので組織として一番になりやすい性質があります。

緊張感がなく好き勝手自分の判断で行えるようになると、当然ながら緊張感もなくなってしまいますし、人間は本来怠けてしまう生き物なので緊張感がなくなると怠けて適当な仕事を行う人がでてきてしまうので、緊張感を持たせてあるけどピリピリした状況の中で仕事をする方が仕事の質は必ず上がります。

人間の本質を理解した上で緊張感を持たせることで会社としてのまとまりを維持しようという考えの一つです。

4. 記録をしっかり残すため

承認を得ることが必要なひとつの理由として記録をしっかりと残すためと言うことが考えられます。

会社として存続していくためには必ず不正を正す必要があります。

そして間違った決断をしないように正しい方向の判断を常に行っていく必要性があります。

間違った決断をしてしまうとどんなに小さい決断だったとしても後々大きな問題になれば会社の存続を揺るがす様な事態に発展する事も存在します。

そのため承認を得たことをしっかりと記録に残しておくことで誰がいつ承認を行ったのかということを把握すれば間違った選択をした時に今後間違えない選択をするための材料として利用することが出来ます。

また相談してもらった内容をいつ誰が許可したということを記録していなければ判断が曖昧になってしまい誰が許可したのかどういう考えをもって承認したのかということが曖昧になってしまいがちなので必ず記録を残すためにも承認を得るという作業が必要になります。

会社として存続していくためにはどんなに小さいことでも全てを把握しておく必要があります。

下した判断を忘れてしまったと言えばただの言い訳にしか過ぎませんしそれが信頼をなくしてしまう行為にもつながってしまうのでそういった意味で記録を残すと言うことは会社の信頼にもつながる行動なので必ず大切なことです。

5. 不正を防ぐため

承認を得ることが必要な理由として不正を防ぐための言うことも考えられます。

もしも一個人が承認を得ずに判断をしても良いとなった場合に、判断する人はその場のいる本人だけの判断になります。

会社にメリットがある話で一般的に見て不正がないようなことであれば良いとしてももしかしたらその個人にメリットがある話で会社は関係ないような内容である場合もあります。

そんな話を会社が認めるわけにはいきませんし認められる理由がありません。

一個人が全てを判断しても良いとなってしまった場合にこのような話が秘密裏にまかり通ってしまうことも十分に考えられます。

だからこそ不正を防ぐために必ず承認を得て、それが正当性があるものなのかどうかという判断を第三者が下す必要があると考えるので、承認を得るということは未然に防いを防ぐための一つのわけにも繋がっています。

6. 責任の所在を明確化するため

承認を得ることが必要な理由として責任の所在を明確化しておくためと言うことも考えられます。

これはどういうことかと言いますと一般的には例えば失敗をしてしまった人が存在するとしてその失敗の責任はその直属の上司にあたるものが取るべきであるという考えが一般的です。

確かに判断を行ったのが本人であれば本人の責任になるかもしれませんがそれを承認してしまったのか上司となると話は全く別になります。

上司に承認を取ったにもかかわらず、その上司の判断ミスによってそれを通してしまった結果、失敗になってしまったのであればその時点で認めた上司の責任という判断が一般的にされてしまうので、承認を行うという言葉責任の所在を明確化する上でも役立つ行いです。

会社の組織として一つにまとまって力を発揮していくには必ず守らなければいけないルールが存在しています。

そのルールを守れないようでは会社として一つにまとまって行動して行くことはできませんし、ある程度の基盤を作って適切な判断を常に行えるようにしていかなければいけません。

その中の一つに失敗をすれば誰かが責任をとらなければいけないということもありますのでその場合の責任の所在を明確化するための一つの材料だと理解してください。