「働かないと生活出来ないのは分かっているけど、人との関わりが苦手」

「出来るだけ人と関わらずに仕事がしたい」

そんな考えを持っている人は多いと思います。

単純に人とのコミュニケーションが苦手な人もいれば、精神的な問題を抱えているため、働きたくても社会で働き辛い人もいるでしょう。

そんな人たちのために、極力人との接触がない、一人でできる仕事をご紹介します!

一人でできる仕事って何?おすすめ16選

「生きていくだけでも人と関わらなければいけないのに、一人で仕事なんて本当に可能なの?」と疑ってしまうのも仕方がないと思います。

しかし、実際に一人だけで、誰にも会うことなく仕事をすることは可能です。

インターネットの普及している近年では、外へ出ずとも在宅で仕事を請け負うことが出来ます。

また外へ出るとしても、運送業のような職種を選べば、極力人と関わる機会を減らすことが出来ます。

今回はそんな職種の中から代表的なものをいくつかご紹介していきます。

「これなら自分にも出来そう!」と思えるものがあれば、この機会にぜひチャレンジしてみて下さい。

①トラックドライバー

トラックドライバーの仕事は、比較的人との関わりが少なくて済む仕事の一つです。

荷物を積んで届ける仕事内容の場合、長距離を走らなければならないことも多いです。

ですがその間、自分一人だけで過ごせるため、気が楽だという人もいるでしょう。

また、黙々と荷物を運んで届けるだけです。

配達先に余計な気づかいやおしゃべりをする必要もありません。

接客業のようにお客さんと接する機会もありません。

夜中の走行や長時間労働など、体力的にきつい仕事ではあります。

しかし、一方で精神面では気が楽なことが多いため、トラックドライバーを目指すというのも一つの手段と言えるでしょう。

トラックドライバーの仕事を見るには

  • 正社員・契約社員の仕事を見たい場合 : リクナビNEXTで確認できます。
  • バイト仕事を見たい場合 :LINEバイトで確認できます。

②事務仕事

事務仕事も比較的人と関わりの少ない職種と言えます。

受付業務や接待などの仕事がある場合もあります。

ですが、基本的にはパソコンと向き合って与えられた仕事をこなしていきます。

いちいちおしゃべりや会話をする必要もありません。

とはいえ、会社に自分の居場所を作るためには、最低限社内の人とコミュニケーションを取る必要はあります。

しかし、自分から積極的に絡んでいく必要はなありません。

話しかけられた時にのみ愛想を良くしておくと良いでしょう。

事務仕事の中でも本当にほとんど人と関わりたくないという人は、予め淡々と書類の作成やデータ入力などを行う仕事を選ぶようにしましょう。

事務の仕事を見るには

  • 正社員・契約社員の仕事を見たい場合 : リクナビNEXTで確認できます。
  • バイト仕事を見たい場合 :LINEバイトで確認できます。

③エンジニア、プログラマー

エンジニアやプログラマーといった職種は、よく耳にするけど実際にはどんなものなのかあまり想像がつかないという人もいるでしょう。

エンジニアとは、専門知識とスキルを持った技術職を指します。

一口にエンジニアといっても、その仕事内容は航空関係から生活に関する製品、IT関係までさまざまです。

情報分野を含む工学系の職種になります。

専門の学校を出ている人は就職にも受かりやすいようです。

また仕事内容も黙々とこなすことが多いため、対人関係が苦手な人でもそこまで苦痛に感じることなく働くことが出来ます。

一方のプログラマーは、コンピューターのプログラムを作成する仕事です。

ソフトウェアの仕様書を基に、プログラミング言語でソースコードを作成する仕事が主です。

仕事中はほとんどパソコンに向き合って作業をします。

そのため、エンジニア同様に個人で黙々と仕事を行います。

作業中に、余計なおしゃべりや気を遣ったり、コミュニケーションを取ったりする必要がありません。

対人関係が苦手な人でもスキルさえあればやりやすい仕事と言えるでしょう。

エンジニア・プログラマーの仕事を見るには

  • 正社員・契約社員の仕事を見たい場合 : リクナビNEXTで確認できます。
  • バイト仕事を見たい場合 :LINEバイトで確認できます。

④クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネット上で不特定多数の人材に対して仕事を発注し、仕事を行った人材は対価として報酬を得るという仕組みのことです。

簡単に言えば、仕事を依頼したい会社側と、仕事をしたい個人がインターネット上で集まり、契約して仕事を行う方法です。

会社にとってのメリットは、社外の人材に手軽に仕事が依頼できる上、比較的安価な報酬で依頼出来ることです。

また、会社側が契約期間や仕事上でのルールなど多くのことを指定出来る上、仕事を受注したい人材は多いため、いつでも替えが利きます。

一方で、仕事を請け負う個人にとってのメリットもあります。

ネット環境さえあれば、家やカフェなど、どこでも仕事が出来ることと、自分の好きな時間に仕事が出来ること。

そしていつでも手軽に仕事に応募が出来ます。

そのため、同時に複数の仕事をこなすことも可能なことなどです。

クラウドソーシングは、会社にとっても個人にとってもメリットが多い仕事です。

職務内容もライティングやwebデザイン、ネーミングやブログ記事の作成など。

素人でも簡単に出来て資格が不要なものから、資格を活かした仕事までさまざまです。

自分に合った仕事を見つけたい人にとってもおすすめです。

クラウドソーシングの仕事を見るには

⑤フリーライター

フリーライターは、その名の通りフリーのライターです。

どこの会社にも所属せず、個人で会社と依頼をしてライターとしての仕事を受注します。

ひと昔前までは、フリーライターと言えば日本全国や世界中のあちこちを旅していました。

そして、自分で直接取材した内容を記事にして会社に持ち込み、報酬を受け取っているというイメージが定着していました。

そのため、フリーライターになるには、ある程度ライターとしての下積みを経なければなりませんでした。

また自分のスポンサーとなる会社を見つける必要があるため、素人がおいそれとなれる職業ではないという印象が強かったです。

しかし近年になって、インターネットを経由して誰でも簡単にフリーライターになることが出来るようになりました。

会社の求める記事のレベルが高くなければ、ある程度ネットの情報から抜粋したものをオリジナルの文章にするだけで報酬が得られます。

文章を書くのが得意な人ならば誰でも気軽にチャレンジ出来るようになっています。

文章を書くのが得意な人や、調べものをするのが好きな人にはおすすめの職種と言えるでしょう。

フリーライターの仕事を見るには

  • アルバイトの自宅仕事の場合 :LINEバイトで確認できます。
  • 業務委託の自宅仕事の場合 :クラウドワークスで確認できます。

⑥転売

転売は、一言でいえば自分が購入したものを第三者に販売することです。

しかし、購入した金額のままで転売しても一円の儲けにもなりません。

自分が購入した金額よりも、多少高めの値段に設定して売るのが転売の基本です。

転売の多くは、ヤフオクやメルカリなど、大手企業が運営するオークションサイトで行われています。

転売する商品は、世間の流行やその時の売れ筋商品などをリサーチして決定します。

そして、安く仕入れることが出来る内に、ある程度の数を仕入れておきます。

その後でそれをオークションサイトへ出品し、買い手が付くのを待ちます。

転売は誰でも出来る作業な上に、コツさえ掴めば短期間で高額を稼ぐことも出来ます。

しかし、誰にでも出来る仕事だからこそ、競争も激しく価格の設定などもシビアになります。

商品の流通にセンスのある人ならば、短期間で一気に転売して稼ぐことも可能です。

しかし、そうでない人は、コツコツと安価な商品の転売から始めていくのが良いでしょう。

転売は一気に稼ぐタイプと、塵も積もれば山となるタイプに別れます。

自分に合った手段で行うようにしましょう。

⑦ネットショップ運営

ネットショップの運営も、基本的には転売と似ています。

ただし転売がヤフオクやメルカリなどのオークションサイトを経由して個人で行われるものに対し、ネットショップはインターネット上に自分でお店を出し、大量の商品を販売しながら運営していきます。

そのため当然規模も大きくなり、また運営資金もかかります。

とはいえ、そこまで大きなショップでなければ自分一人だけでも仕事は回せます。

実際に土地を購入して、そこにお店を建てるよりもはるかに低コストでお店を開くことが出来ます。

認知度を上げるまでは、あちこち広告を出したり、検索結果の順位を上げる努力をするなど、労力や時間、そして資金はかかります。

ですが、ある程度最初に運営資金を蓄えておけば、しっかりと時間を使って自分のネットショップをインターネット上に浸透させていくことが出来ます。

また、自分のネットショップですので、販売するものも自分の好みのジャンルで揃えることが出来ます。

流行の商品を安く仕入れて転売することももちろん可能です。

自分で作った小物などを販売することもできます。

自分だけのお店を開きたいという人にはぜひおすすめの職種です。

⑧投資(株、FX)

投資というと、お金持ちにしか出来ないイメージを持つ人もいると思います。

しかし、実際には素人でも簡単に投資を行うことが出来ます。

例えば株取引の場合、自分が応援したい、これから伸びる見込みがあると思う会社に投資します。

上手くいけば、一日で億万長者にもなることも不可能ではありません。

もちろんそうなれるように誰もが夢見ています。

実際に株で稼ごうと思ったら、専門的な勉強をするなり、ある程度自由に動かせる資金を持っておくことは必要です。

購入した株をどのタイミングで売るかによって大儲けも出来れば、大損することもあります。

投資の中でも株はハイリスク・ハイリターンではありますが、冒険好きな人は一度手を出してみるのも良いかもしれません。

いきなり株の投資を行うのは怖いという人の場合は、まずはFXから手を出してみると良いでしょう。

FXとは、「外国為替証拠金取引」のことです。

ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買して、その差益が自分の儲けになります。

FX業者は「外為オンライン」や「DMM FX」など多く存在しています。

素人にも分かりやすく優しい業者から、本格的にFXを行っている人向けの業者までさまざまです。

一口5千円からでも始められる気軽さがあるため、初めて投資を行うという人は、株取引よりもまずはこのFXから始めることをおすすめします。

⑨コンテンツを売る(出版、素材)

最近では、主にインターネット上で個人が自分の特技や趣味を活かしてコンテンツを販売する新たな仕事が出てきました。

例えばwebデザインやイラストを作成するのが得意な人の場合。

自分の作品をインターネット上で掲載して、それを第三者が購入することで報酬が得られるというものです。

この仕事は一つでも得意分野があれば、誰でもそれを「商品」として売り出すことが出来るのが最大の魅力です。

もし写真を撮影するのが趣味な人の場合。

自分が撮影してきた映像をインターネット上に載せて、それを誰かが利用したり、購入したりすることで自分の収入へと繋がるのです。

さらには、人の長所を見つけることが得意な人が、初対面の人と数十分話をします。

後日、その相手の良いところばかりをまとめた手紙を送り、喜んだ相手から報酬を貰うという仕事も実際に存在しています。

まさにどんなことでもお金に換えられる世の中になっているため、一つでも特技がある人はぜひそれを活かしてみると良いでしょう。

⑩プロブロガー

プロブロガーとは、ブログを書くだけで生活を賄えるだけの収入がある人のことを指します。

ブログを書く「ブロガー」は世の中に大勢います。

しかし、それが収入になる「プロブロガー」ともなると、そこまで多くはありません。

プロブロガーになるためには、最低でも1年は努力を行い続けなければなりません。

その1年の間で人から読まれるためのブログを書けるようになったり、また固定の読者を得たり、認知度を上げていったりします。

ブログだけで収入を得られるとは言っても、ただ書いていれば稼げるかというと、そういうわけではありません。

ブログの中に広告を貼りつけて、広告収入を得ることで初めて自分の収入となります。

広告収入は、広告をクリックするだけで収入になるタイプや、実際に広告の品が購入されて初めて収入になるタイプなどさまざまです。

より多くの収入を得たいと思ったら、まずは自分のブログの認知度をそれだけ上げる必要があります。

プロブロガーになるには特別な資格もなく、自分で自称して名乗っていることがほとんどです。

また実際にブログだけで収入を得るまでにはかなりの時間を要します。

ですが、ある程度の収入を得られるようになれば、会社に所属していない分も時間を自分の好きに使うことが出来ます。

自由に生活していきたいという人は、今のうちからコツコツとプロブロガーを目指して努力するのも良いかもしれませんね。

⑪個人経営の教室の先生

華道や茶道、書道や料理など自分で得意分野があれば、それで個人経営の教室を開くという手もあります。

教室を開いたら自分が先生となり、さまざまな年齢層や性別の生徒を相手にするため、多少のコミュニケーション能力は必要とされます。

しかし、自分の得意分野であれば、比較的人との関わりを持ちやすいです。

会社に所属することもないため、自分の好きなように教室のスケジュールを組むことも出来ます。

ただしある程度認知度が高くなり、コンスタントに生徒が入るようにならなければ、教室の収入だけで生活をしていくことは難しいでしょう。

そのため、夫婦であればパートナーは仕事をしている状態で教室を開く。

または自分が仕事をしながら片手間に教室を開くところから始めるのが良いでしょう。

⑫サロン経営

エステやネイル、美容師などの専門的な知識とスキルがある人は、サロンを経営することも可能です。

サロンを経営するには運営資金がそれなりに必要です。

本職の片手間に行うことは難しいでしょう。

スキルや知識を磨きながら、運営資金を貯めて開業するのが一番確実で最適な方法と言えます。

小さなサロンであれば、サロンの種類によっては自分一人だけでも運営は可能です。

ですが、それなりにお客を抱えるようになったら、最低限の人数は雇う必要があります。

そうなったときには、従業員とのコミュニケーションは必須だと考えておいた方が良いでしょう。

とはいえ、サロンは接客業の一種です。

ある程度のコミュニケーション能力がある人でなければ、サロンの経営は中々手が出しにくいかもしれません。

⑬自宅教室運営

自分の自宅で教室を運営する場合には、土地や場所の確保をする必要がないため、そこまで運営資金はかかりません。

今でも時々、個人の自宅でそろばん教室や塾を開いているところを見かけることがあると思います。

自宅で教室を運営している人の場合、趣味が高じてや、善意で教えている内に教室にまでなった場合が多いです。

料理教室にせよそろばん教室にせよ、基本的な材料や道具は生徒自身に揃えてもらいます。

後は教える見返りとして、それなりの授業料を貰う形になります。

授業料が安ければ口コミで生徒が集まりやすいです。

本格的なものを目指しているのであれば、授業料が高い分もしっかりと時間を使って生徒に教えていく必要があります。

何にせよ教室を開くということは、不特定多数の生徒を抱えることになります。

一人で仕事をしたい人には向いていますが、対人関係が苦手な人には不向きかもしれません。

⑭イラストレーター

専用のソフトなどを使って、依頼主の要望通りのイラストを描き上げるのがイラストレーターの仕事です。

美術関係の学校に通っていた人や資格を持っている人などにはおすすめの仕事です。

専門的な分野になりますので、報酬も一般的な在宅ワークの中では比較的高めです。

フリーのイラストレーターの場合、まずは依頼主である会社や個人から仕事を受注します。

次にメールや電話、もしくは直接会ってどのようなデザインのイラストを作成するのか、詳しい打ち合わせを行います。

打ち合わせの後でサンプルを作成して依頼主に送り、OKが出れば本格的に制作を開始します。

イラストが描きあがったら提出し、修正依頼や指摘があれば必要な個所を手直しして完成させます。

完成したイラストを納品したら報酬を受け取ります。

もしこの時に依頼主に気に入ってもらえれば、引き続き仕事を受注する可能性もあります。

イラストレーターはチラシのような広告から雑誌、カタログ、パンフレットなど、さまざまなところで活躍出来る機会があります。

イラストレーターとしての実績がある人ほど仕事を依頼されやすく、また報酬の交渉も優位に進めることが出来るようになります。

そのため、まずは制作の数をこなして自分の存在をどんどんアピールしていきましょう。

イラストレーターの仕事を見るには

  • アルバイトの自宅仕事の場合 :LINEバイトで確認できます。
  • 業務委託の自宅仕事の場合 :クラウドワークスで確認できます。

⑮アフィリエイト

アフィリエイトは、自分のブログやHPなどに広告を貼って広告収入を得る仕事です。

先に挙げたプロブロガーも、要するにこの広告収入を行っているというわけなのです。

分かり難い人は、You Tubeの動画を思い出してみて下さい。

ひと昔前まではそのまま再生出来たのに、最近ではやたらと動画再生の前に広告が流れていませんか?

この広告、早く動画を観たい人にとっては邪魔ものでしかありません。

ですが、動画をアップしている人にとっては貴重な収入源なのです。

クリックするだけで収入が得られるタイプもあれば、実際に商品を誰かが購入したらそこで初めて収入が入ってくるタイプもあります。

動画やブログ、HPなどアフィリエイトはどこでも可能です。

しかし、共通して言えることは「直ぐには稼げない」ということです。

もしあなたが自分のブログで広告収入を始めた場合に、毎日ブログを読みに来てくれる人が10人いるとします。

しかし、この中の一体何人が広告を見て、実際に商品を購入してくれるでしょうか?

たった10人程度では、1人も購入してくれなくて当たり前です。

100人ブログを見にきて、そこで初めて1人購入してくれるかも、といったところでしょう。

このように、購入される確率がかなり低いとすれば、なるべくたくさん収入を得るためには、ブログの存在がより大勢の人の目に触れることが必要になります。

そうなると、広告収入を得ようとする以前に、まずはその媒体となるものの認知度を上げる必要があるのです。

プロブロガーは毎日更新して、たくさんの人に読んでもらうことによって広告収入がなりたっています。

そのため、実際に収入を得るまでには時間がかかります。

毎日コツコツとまめに努力をする必要があります。

地味な努力が苦ではないという人は、本業の片手間に始めてみましょう。

そして、収入を得られるようになったら、本業をそちらに切り替えるというやり方が良いでしょう。

⑯陶芸家

陶芸家として働くのはかなり個性的な道です。

選択している人はそう多くはないでしょう。

陶芸家として名を馳せることが出来るようになるまでには、かなりの時間を要します。

人に認めてもらうほどの腕前も必要になります。

ちょっと手先が器用なだけの人では、陶芸家として食べていくのはほぼ不可能でしょう。

陶芸家として生きていくのなら、まずは陶芸に対して並々ならぬ情熱を持っていること。

そして実際に時間をかけて技術を磨くことが重要です。

いきなり作品を作って売れる人などほとんどいません。

陶芸家一本でやっていこうと思うのなら、他で働く必要がないくらいの貯えは必要になります。

陶芸家としてやっていくのはかなり困難な道ではあります。

ですが、一度売れてしまえばその後は一気に収入を得ることも夢ではありません。

対人関係が苦手な人は一人でできる仕事がオススメ!

対人関係が苦手な人は、一人だけでできる仕事がおすすめです。

一人だけの方が気持ちが落ち着く人ほど、集団の中で仕事をするとミスが多くなってしまったりします。

コミュニケーション不足で周囲との関係が悪くなってしまうこともあります。

周りに気を遣うことなく自分のペースで仕事をするためにも、または精神的に安定して仕事を行うためにも、自分の性格に合わせた職場選びをしましょう。

一人でできる仕事の特徴とは?

一人でできる仕事には、どのような特徴があるのでしょうか?

大きく分けると、在宅のようにプライベートの空間を使って一人で仕事をする場合と、職場内でそれぞれ個人が仕事をする場合があります。

在宅で仕事をする場合には決まったシフトがなく、自分の生活スタイルに合わせて好きな時間に好きなだけ仕事を行うことが出来ます。

そのため、家事や子育ての合間に在宅ワークをするという女性も近年増えています。

一方で、会社に所属しているものの、仕事内容が完全に個人で分かれている場合には、黙々と一人で仕事を行います。

仕事中は余計な私語や周りに気を遣う必要もあまりないため、精神的に気楽で仕事に集中出来ます。

自分のペースで仕事ができる

在宅にせよ職場にせよ、自分一人だけで仕事を行う場合には、自分のペースで仕事ができるため精神的にはかなり気楽です。

周りの人と協力し合いながら仕事を進める場合には、人によってペースが異なるためストレスに感じることもあります。

また何かと気を回さなければなりません。

コミュニケーションと称して余計なおしゃべりにも付き合わなければなりませんよね。

そして、何かミスがあれば連帯責任になって、不満に思うこともあるでしょう。

しかし、自分一人だけで仕事が出来る環境であれば、それらの煩わしさからは解放されます。

思い切り仕事に取り組むことが出来ます。

生活リズムを保てる

在宅で仕事をする場合の最大のメリットは、やはり「いつでも好きな時に仕事が出来る」ということでしょう。

例えば夜型の生活スタイルの人の場合、昼間はしっかりと睡眠をとって、夜中に集中して仕事を行います。

普通の会社に所属していたら決してありえない時間帯での仕事を行うことも可能です。

いつでも自分の生活リズムを乱すことなく快適に仕事が出来ます。

専門職

一人で行う仕事の多くは、専門職でもあります。

先に挙げたような、エンジニアやプログラマーなどの専門的な知識やスキルを持った仕事の場合。

多くは一人ひとりに仕事が割り振られ、社員は自分の仕事だけを黙々とこなします。

もちろん余裕があれば他の人の仕事を手伝うこともあるでしょう。

しかし、基本的には一人だけで集中して作業を行います。

仕事中にあれこれと話しかけられたくない人や集中したい人。

そして対人関係が苦手に人にとっては精神的な楽な職種と言えるでしょう。

単純作業

例えば工場のラインや倉庫の荷物を積める作業など、単純な作業は大抵無言で黙々と仕事を行うことが多いです。

特に倉庫内の作業や軽作業、ライン作業などは余計なおしゃべりをせずにひたすらに時間いっぱい作業を行うことが多いです。

コミュニケーションが苦手な人が働いていることが少なくはありません。

人と関わらないで済む

一人でできる仕事の最大のメリットは、人と関わらないで済むということです。

在宅であれば依頼主とのやり取りは、メールや電話だけで済みます。

また例え会社であっても、個人プレイで仕事をする会社であれば人と関わる機会もそう多くはありません。

一人でできる仕事は、コミュニケーションが苦手な人はもちろん、何らかの理由で社会の中では働けない人にとっても非常に重要視されているのです。

一人でできる仕事に就くためには?

一人で出来る仕事の種類や特徴についてご紹介してきました。

では、一人でできる仕事に就くためにはどんなことが必要なのでしょうか?

一人で仕事をする上で大切な心構えや考え方について、以下に挙げていきます。

自由もあるけど責任もあることを自覚する

一人でできる仕事、特にフリーランス系の仕事はとても時間の融通を利かせることが出来ます。

いつでも自分の好きな時に仕事が出来ます。

ですが、その仕事には、普通の会社に勤める以上の責任があることを自覚することが大切です。

あなたが会社に所属していた場合、もし大きなミスを犯してしまっても、最終的にあなたがその全ての責任を負うことはないでしょう。

しかし、あなたが一人だけで仕事をしている場合には、あなたはいわば会社でいうところの社長の立場になっています。

そのため、適当に仕事をすればそれだけダイレクトに今後の仕事の受注率に影響が出てしまいます。

どんな仕事でも責任はつきものです。

ですが、一人でする場合にはさらに大きな責任があると自覚しましょう。

不安定であることを自覚する

一人でできる仕事は、すなわち自分一人だけしか仕事が出来る存在がいないということです。

もしあなたが風邪を引いて寝込んでしまったら、その間はもちろん仕事が出来なくなってしまいます。

仕事が出来なくなるということは、その月の収入が落ちるということです。

一人でする仕事には、替えの人材は一切ありません。

また、契約している会社がいつ依頼を打ち切るかも分からず、毎月の収入はとても安定しているとは言えないのです。

そのため、自分一人で仕事が出来る快適さだけでなく、収入は常に不安定なのだということもきちんと自覚しましょう。

まずは副業として始める

当面働かなくてもいいほどの貯えがある人でない限り、いきなりフリーランスに転職して稼ごうとするのは無謀というものです。

無知な人ほどおいしい言葉に乗せられて、うっかりと今の仕事を辞めてしまうことがあります。

しかし、その先に待っているのは地獄です。

退職して早々に再就職先を探す羽目にならないよう、収入が得られるようになるまでは、副業として始めるようにしましょう。

これと決めたらひたすら取り組もう

アフィリエイトにせよライターにせよ、稼ぐためには数をこなしてなんぼです。

自分が「これで食べていきたい!」と思うものを決めたら、よそ見をせずに真っすぐにそれに向かってひたすら取り組みましょう。

無我夢中でやり続けている内に、自ずと結果は出てきます。

それが良い結果であれ悪い結果であれ、まずはやってみないと分かりません。

これと決めたらひたすら取り組みましょう。

プロに教えてもらうのもあり

「稼ぎたければ、稼いでいる人に教えを乞え」という言葉がありますが、まさにその通りです。

自分が稼ぎたいと思ったら、その道で稼いでいるプロに教えを乞いましょう。

あなたが努力する気がある、もしくは現在努力しているのならば、プロにまで昇りつめた人はきっとどうすれば稼げるかを教えてくれることでしょう。

積極的に自分からプロにアプローチをして、教えを乞うのと同時に人脈を広げていくという方法もあります。

決断する

あれこれとご紹介してきましたが、最終的に大切なのは決断する気持ちです。

もし、あなたがこれから一人だけで仕事をしていきたいと思っているのなら、一人で仕事をすると決断することが重要です。

そして、決断したらすかさず行動に移しましょう。

フリーランス系を目指すのであれば、まずは副業として始めましょう。

また、一人で黙々と仕事をしたいのなら、それが出来る職場に思い切って移るために行動しましょう。

何事も、決断して行動に移すことが大切です。

一人でできる仕事は資格いらず!挑戦してみよう(まとめ)

一人でできる仕事は大抵、資格を必要としないものが多いです。

そのため、決断さえすれば誰でも気軽に取り組むことが出来ます。

職場で、一人で黙々と仕事をする場合には問題ありません。

でももし、フリーランスとしてやっていきたいと考えているのなら、気軽に出来る分競争も激しいです。

ある程度の時間と努力、そして資金が必要になります。

自分がどんなふうにこれから生活していきたいのか、ビジョンをきちんと思い浮かべた上で、決断して行動に移しましょう。

【人と関わらない仕事については、こちらの記事もチェック!】