CoCoSiA(ココシア)

自愛の正しい使い方は?正しい例・間違った例を紹介します

皆さんは「自愛」という言葉を使われますでしょうか?

「自愛」?自分を愛するという事?

そんなに自分の事が好きなんだ、と簡単に解釈される方もいらっしゃるかもしれませんね。

自愛という言葉は実際に使う場面に遭遇しないとあまりピンとこない言葉かもしれません。

それでは「自愛」についての正しい使い方やその例文、そして間違った使い方の例文などをご紹介していくことにいたしましょう。

この記事の目次

自愛という言葉、知ってますか?

まず「自愛」という言葉の意味を考えてみましょう。

自愛とは、「自分の身体を大切にしてください」というように他者から自身に対して受ける一種の話しの結末に使われる言葉の事を言います。

だから自分で自分の事を「自愛してください」とは言わないのですね。

自愛は日常生活においてもあまり頻繁に使用する言葉でなないためどのような場面でどのような局面の時に使用されるのか、はっきりと把握されている方は案外少ないかもしれないという事が言えると思います。

手紙やメールなどで使われる

まず、「自愛」が使用される場所についてご紹介致します。

自愛は基本的に手紙やメールなど、文章で相手に自分の意思を伝えた後の結び言葉として使う、といった印象を持ってもらったらいいでしょう。

また手紙の時だけでなく電話で遠方の方や久しぶりに話をされる方などに対しても違和感のない使い方でしょう。

なので頻繁に会っている人や家族間で使うとちょっとおかしな意味合いに取られてしまう可能性のある言葉だという事が言えそうですね。

間違った使い方を覚えている人が多い!

さて、この自愛、結構使い方を間違っている方も多いのです。

そもそも相手の身体の事を心配する意味合いの言葉、という意味合いを忘れてはいけません。

そこを勘違いして重複するような印象を受けてしまう使い方をしている方が結構、多いということなのです。

という事は、簡単そうで案外難しいのがこの「自愛」という表現なのでしょうね

マナーとして使い方を覚えよう

「自愛」はビジネスのシーンにおいてよく使われる言葉でしょう。

相手の健康状態を気遣った意味合いが込められているのですからマナーを守って適所に使っていけばこれほど相手の事を労わっている気持ちを正直に伝えられる言葉ないでしょう。

しかし、自愛という言葉の本当の意味を正しくマスターしていなかったら、相手に対して礼を逸する事態を招いてしまう事も無きにしも非ずの言葉なのです。

ビジネスシーンにおいて恥ずかしくない正しい使い方をマスターしておくべきでしょうね。

自愛の意味とは?

ではここからは「自愛」という言葉の意味を徹底的に解剖していきましょう。

普段何気なく使っている言葉でも、その本当の意味合いは案外全然別の事であったりするのが日本語。

自愛という言葉ももしかしたら深い意味合いのあるややこしい言葉なのでしょうか?

自分を大切にすること

自愛は自分を大切にする、というのが最初の意味合いです。

自愛の「自」は「お体」という意味合いが、自愛の「愛」には「大切に」という意味合いが込められているようです。

そういった意味合いを考えると、「自分を大切にすること」=「自分の身体を大切にすること」という解釈に行き着きますね。

しかし、自愛という言葉はあくまで相手に対する敬意を表する言葉です。

自分自身の事を言っている言葉ではありません。

「自愛」という言葉の中に「自」という感じが含まれていますから紛らわしいですが、この「自」は相手の「お体」という意味合いが正しい、という解釈でいいと思いますよ。

身体を労わること

自愛は、相手の身体の事を労わる意味合いが最も相応しい意味だと理解してもらっていいでしょう。

「自愛」はあくまで相手の事を気遣う意味合いの言葉です。

よって自身の健康状態を気にして使う、といった意味合いにはなりません。

そこのところを間違えないよう、注意しましょうね。

健康に気をつけること

「自愛」はあくまで相手の身体と健康状態を気遣う言葉です。

自己愛という意味合いでは決してありません。

そこのところさえ間違っていなければ大きく意味を踏み外す、という事はないだろうと思います。

たまに電話などで得意先のお客様に対して話の最後の方で「お体、ご自愛ください」などという言い方を聞く機会もあるかと思います。

この場合の使い方は「×」に鳴なるわけなのですが、前にも触れましたように自愛の「自」は「身体」問う意味になるのですよね。