最近、おもわずドキッとした瞬間ってありますか?びっくりした時のドキドキ、怖かった時のドキドキなどなど…ドキドキの種類は沢山あります。

特に世の中の人たちが求めているのは胸がキュンとするような、ときめきから沸き起こるドキドキじゃないでしょうか。

「もっとドキドキしたい!」「なんだかドキドキが足らない!」なんて、刺激が欲しい時って誰にでもあるものです。

今回はつい思わずドキッとしちゃうシチュエーションを集めてきました。

まるで漫画やドラマのワンシーンのような憧れのシチュエーションや、実体験したことのあるシチュエーションがあるかもしれません。

誰かをドキッとさせてみたい、なんて願望がある人も、この記事を読んで勉強してみてくださいね!

ドキドキしちゃう10個のシチュエーション

まずは、ドキドキしちゃうシチュエーションを10個ピックアップ!これを知ってさえおけば、意中のあの人に何気なくアピールすることもできちゃいますよ。

ぜひ、自分の身に置き換えて想像してみてくださいね。

お気に入りのシチュエーションを脳内にストックしておきましょう。

ドキドキを仕組む恋のテクニックをとくとご覧あれ!

1.距離が近くなったとき


やっぱり、ドキッとする時のポイントは「不意打ち」ですよね。

思いがけない場所で、思いがけないタイミングで、思いがけないドキドキが生まれると印象に強く残ります。

一緒に話し込んだりしているうちに、距離が縮まっていて気付いたら肩が触れ合いそうになっていたり、知らず知らずのうちに接近していてぶつかってしまったり…。

こんな時はときめきよりも先に、ビックリしてドキッとするかもしれませんね。

でもそれが、ちょっと「いいな」と思っている相手だったらラッキーかもって思いませんか?
意図していない時に何気なく接触することは、仕組んで起こしたアクションではないので、互いにドキッとしますよね。

わざとじゃないからこその、ナチュラルな反応が、さらに互いを意識させるってこともあるんですよ!

意識していなくて気づいたら近くに居たとき

意識していないのに、いつの間にか距離が近づいているということは、相手に対して変な緊張感や嫌悪感が無いということですよね。

苦手な相手や嫌いな相手であれば、逆に意識して近づくことを避けるでしょう。

そうではないからこそ、自然と距離が縮まっているのだと思います。

特に、飲み会など互いがリラックスしている状況だったりすると、心がまろやかになっているので本心が現れやすいはず。

そういった状況でいつの間にか近づいていると言うのは、相手を信頼をおいていたり、どこか憎からず思っている心の表れだと言えるでしょう。

2.女性から行動される

最近は男女共に、恋愛に対して無関心な人が増えていて、草食系という言葉が流行りましたね。

なかなか自分から行動が起こせない消極的なタイプの男性が増えているため、最近では恋愛経験があまり豊富ではなかったり、無関心だという人も多いんです。

そうすると自ずと、異性と接触する機会も減少して、ちょっとした触れ合いでもドキッとして、恋愛感情と勘違いしてしまうようなことも…。

男性は女性からの行動でドキドキする


特に男性は、女性よりも恋愛対象の範囲が広く寛容だと言われているので、あまり意識していなかった相手だとしても女性から触れられたり、優しくされると「もしかして…」と期待してしまうケースもしばしば。

最近では男性が消極的な分、比例して積極的な女性が増加しているとの噂もありますので、積極的にアピールしてくる女性の行動力にドキッとさせられることが増えるかも!

とはいえ、男ならば気になる相手が自分に好意を示してくれているのに、ただただ受身に徹していたらいけません。

ドキッとさせてくれる魅力的な女性が近くにいるのであれば、あなたもその気持ちに応えるため努力をしたり、喜んでもらえるような行動を起こしてみましょう。

ドキドキさせられっぱなしでいてはいけませんよ!

3.ツンデレをされたとき

ツンデレとは、普段はツンツンとしていて敵対する態度の人が、時折見せるデレっとした好意的な態度を見せること。

ツンデレの魅力はその二面性ゆえのギャップ!
文章の説明だけ見ると、何が良いのかと不思議に思うかも知れませんが、想像してみてください。

本当は甘えたいのに、人前では強がって見せている人が、2人になると自分にだけ本当の姿を見せてくれる…なんて、ちょっと優越感を感じたりしませんか?その人の特別な一面を自分だけが知っていると思うと、心を許されているのではないか、頼りにされているのではないか、と意識をしてしまうものです。

こうなってくると、普段のツンツンした態度も「素直じゃないなぁ」と可愛く見えてきてドキッとしちゃうんですよね。

女性だけでなく男性がしても効果アリ

ツンデレというと、なんとなく女性のイメージが強いですが、男性のツンデレが好きだという人も多数!ツンデレだけでなく、クーデレという種類の男性の人気も高めです。

クーデレというのは、普段クールな人がたまにデレっとした可愛い一面が見えるというもの。

ツンツンした態度というよりは、寡黙であまりはしゃいだりしないようなタイプの人のことですね。

男女に共通して、普段クールな表情の人が、なにかの拍子に垣間見せる可愛い瞬間にドキッとしてしまうみたい!
しかしこの2つは、やってみようと思ってもなかなか簡単に習得できるものではありません。

その人の素質的な部分が大きいので、周りから「もう少し周りに甘えてみたら?」「いつもクールだね」なんて言われる人にはうってつけの手段カモ。

勇気を出して自分の本音を誰かにチラ見せしてみましょう!

【ツンデレの特徴については、こちらの記事もチェック!】

4.後ろからハグ

後ろから突然ギュッと抱き寄せられる…なんて、ドラマなんかでよくある憧れのシチュエーションですよね。

所謂、うしろから突然「だーれだ!」っていうやつと同じ原理です。

急に見えない方向から声をかけられて、体に触れられることに対する純粋な驚愕に加えて好きな人の体温を感じられるというダブルのドキドキが感じられます。

それに、後ろから抱きつかれると相手の首元や髪の毛などが、とても近くまで接近するので、シャンプーや香水などのフレグランスがフワリと香ってきたりすることも!その香りがいい匂いだったら、それはもうドキッとしちゃいますよね!

後ろからのハグは、意外にも同性の友達同士でやっても色んな意味でドキドキするので、タイミングや抱きつき方を勉強するために試してみるのもいいかもしれません。

男性にされるとドキドキする

実は、この後からハグという行動は「あすなろ抱き」と呼ばれる恋愛の鉄板のシチュエーションでもあります。

あすなろ抱きというのは、漫画家・柴門ふみによる「あすなろ白書」という作中に登場するもの。

テレビドラマ化された際に、元SMAPの木村拓哉がヒロインを後ろから抱きしめるシーンが話題となり「あすなろ抱き」という言葉が生まれたのです。

このあすなろ抱きは、恥ずかしいけど一度はされてみたい…と女性の憧れの抱きしめられ方として流行しました。

自分より身幅も背丈もある男性に後ろから抱きしめられるというのは、包み込まれているような雰囲気で包容力を感じるんだとか。

ただでさえ密着するとドキドキするものですが、このあすなろ抱きは、突然抱き寄せられたりする多少の強引さやサプライズ感がより一層ドキドキを高めるみたいです。

もちろんこれをする相手は、恋人や本当に親しい間柄の人でないとNG!微妙な距離感の人にやってしまうと、セクハラになりかねないのでやめましょう。

5.お店で同じものを手にとる

お買い物の最中、手に取ろうとした商品に同じように手を伸ばした相手とふいに触れ合ってしまったなんてことはありませんか?意外と「あるある!」という人も多いシチュエーションですが、こうしたほんの些細なことをきっかけにドキッとして相手を意識しはじめてしまうということもあるあるなんです。

ものは全てタイミングと相性。

どんなにたまたま偶然が引き起こしたドキドキであっても、どこか運命的なものを感じてしまいますよね。

手が重なってしまった時は驚きつつも「すみません」と相手の顔を見て言葉を交わすことが多いはず。

この時、相手の人がちょっとタイプだったりすると、「これはもしかして…」なんて夢みたいな運命を想像してしまうのもうなずけます。

漫画の世界のようなシチュエーション

現実ではこうした偶然のドキドキが恋愛に発展するというのは、なかなか難しい話ではありますが、ドラマなどに用いられる出会いの王道のシチュエーションの一つですよね。

たまたま接触しただけなのに、何故かドキッとさせられる相手ですから、なにかしら琴線に触れる部分がある人なのでしょう。

あとあとになって、ふとした時に思い出しては「あの時に思い切って声をかけてみればよかったな〜」と後悔したりするような経験がある人も少なくないはず。

その後またどこかで、たまたま出会うようなケースこそ稀ですがそれこそドラマティックな展開を期待してしまいますね!

6.お姫様抱っこ

お姫様な抱っこというシチュエーションは、恋愛漫画やドラマの中でも特に重要なシーンで描かれるようなロマンティックな演出です。

男性が女性の全身を抱き上げるお姫様抱っこは、男性側に筋力がなければできません。

人ひとりの体重を抱えあげるというのは、そう容易ではないからこそ、男らしさや頼もしさを感じさせるのでしょう!女性はやはり、どの時代にもマッチョが好きです。

ココ最近では細マッチョというジャンルが特に人気ですね。

細マッチョにせよゴリマッチョにせよ、やはり多くの女性が求めるのは自分よりも逞しく、力強さを持つ肉体。

女性のフェチシズムを見てみても、上位に挙がるのは女性にはなかったり、身につきづらい男性的な部分ばかりです。

女性的に自分より細い男性の隣に並ぶよりも、自分の女性らしさが際立つようなガッシリした体躯の人を好むことが多いのもこの理由でしょう。

女性としては一度はしてほしい!

お姫様抱っことは、その名称からも察せるように、お姫様のような扱いをして欲しいという女性の夢や憧れの部分が反映されたものです。

とあるアンケートで「彼にお姫様抱っこをしてもらって経験があるか」という調べに対しておよそ200人の女性のうちおよそ半数がお姫様抱っこの経験があると答えていました。

感想的には「安定感がなくて思っていたのと違った」「なんだか危なっかしかった」というイマイチな人と「力強い腕にときめいた」「軽々と抱き上げられて嬉しかった」という喜ぶ人に分かれていました。

やっぱり女性が求めるお姫様抱っこは、男性らしい力強さや多少の強引さを感じさせるようなシチュエーションだというのが分かります。

中にはノリでやってもらったという人もいましたが、ほとんどの人がエッチの前後など甘い雰囲気の時や結婚式などでお姫様抱っこをしてもらっているようです。

女性をドキッとさせるには、お姫様抱っこをする筋力だけじゃなく、タイミングも大切そうですね。

7.いい匂いがする

人は五感を通じてさまざまなことを見たり感じ取ったりします。

人を好きになる時にも、五感から感じるいろんな情報をトータル的に判断して好意を持つようになるのです。

目から見えるその人の容姿や行動が一番ですが、人は匂いから恋に落ちることもあります。

匂いというのは、人同士の相性を知る上でとっても重要なポイント!

きっと誰にでも好みの匂いと苦手な匂いがあると思います。

人が発する体臭にはフェロモンが含まれているので、好みの匂いがする相手というのは遺伝子レベルで相性をがいいということです。

逆に、その人に何の非がなくても匂いが苦手な人というのは相性がよくありません。

そもそも匂いが苦手な人とは余計に近づいたりすることもなくなるので、恋愛などには発展しないことが大半ですね。

シャンプーやボディクリームのいい匂い

人の体臭というのは、生まれ持った体質やフェロモン的なものに加えて、使用しているシャンプーやボディクリームなどの香りとの相性も大きく影響します。

いつもいい匂いがする人だと感じる人は、清潔感がありお洒落な印象に映ることでしょう。

人の身だしなみとしての部分においても匂いは敏感にケアするべきところです。

異性と接近した時に、フワリといい香りがしてドキッとしてしまったという経験がある人も多いはず。

身にまとう香りをキッカケに、香水や柔軟剤の話になったりして、コミュニケーションにつながることもありますよ。

匂いを含め、身だしなみには常日頃から気を抜かないようにしましょう。

8.距離感が近い

人との距離感は、物理的な部分と心理的な部分が連動しています。

まだ心に距離がある人と一緒にいても、遠慮してしまったり緊張してしまって、あまり近づくことができませんよね。

それに比べて気心の知れた相手だと、自然と人同士の距離感も縮まって手を伸ばせば、すぐに触れられるようなスペースに居ることが多くなります。

距離感が近い相手は心を許している相手なので、共にいるとリラックスした状態になることが多いでしょう。

親しい親友や家族との距離感を想像してみるとイメージがつきやすいと思います。

しかし、単なる親愛や友愛ではなく、少しでも恋愛の情がある相手ともなると、その距離感の近さに時折ドキッとすることがあるはず!あまりに近づき過ぎると、その人に対する感情が友愛なのか恋愛なのか判断しづらくなることがありますが、家族や親友には感じないドキドキが生まれる場合はもしかしたら……。

何かを一緒にしているときに距離が近い

一緒に勉強をしたり、読書をしたり、同じスペースで時間を過ごす時。

食事に行って席に着く時や隣を歩く時など。

一緒に行動している場面で、肩が触れ合うほど接近していたり、顔が近かったりするような距離に居ても嫌な気分はしない。

むしろドキドキして楽しく感じるような相手はいますか?
あなたが近い距離だと感じるという事は、相手にとってもそれだけ近い距離ということ。

それにも関わらず、互いにあえて距離を取ることもせず自然とその距離を維持してるのは、とても良好な関係だと言えるでしょう。

人にはパーソナルスペースと言って、自分と周りとを区別する一定の距離感というのがあります。

パーソナルスペースの幅は人によって違えど、それを踏み越えても許せる相手は限られますから、そういう人がいるならば、できる限り大切にしてみてください。

9.普段見せない顔をされたとき

普段と違う一面を見てドキッとするというのは、ツンデレと似たような原理によるものです。

いつも元気で活発な子が、不意に見せる涙や悲しげな顔をみると、思わずドキリとしますよね。

これは普段の顔とのギャップが大きければ大きいほど、ドキドキとする確率は高まります。

他にも、いつも大人しくて、あまり感情の起伏が少ない人が、満面の笑みを見せてくれた時。

ボーイッシュでガサツな雰囲気の女性が、意外にも物凄い女子力を発揮した時。

男らしくて厳つい男性が、甘いものや小動物が好きだと分かった時など。

人は目に見えている部分と派違う、意外性を見つけた時「こんな一面があったんだ!」とドキッとすることが多いんです。

初めて見る表情にドキッとする

普段見られない表情というのは、単刀直入に言うと、とてもレアです。

人はありきたりじゃない新鮮なシチュエーションにワクワクしたりドキドキしたりしますから、いつもと違う表情が見られた時についドキッとしてしまうのでしょう。

一つのドキドキがきっかけになって、その人自身へ興味を抱くようになり、もっと色々な部分を見てみたいと考えるようになることが恋の始まりにもなりかねません。

10.不意に目が合う

心からドキッとするのは、やはり計ったような行為でなく不意に起こるような事態に限ります。

不意に誰かと手が触れ合ったりする物理的な刺激を伴うドキドキもあれば、視線と視線が合った時なんかにも、ドキッとすることがあります。

視線が合ったかもしれない…というのは、実際のところ本当に目が合ったのかどうかというのは不確かです。

よくアイドルのライブなんかでも「今、絶対に目が合った!」という人が同時に何人もいたりします。

でも、確証がない不確かなものだからこそ、どこか秘密めいた特別感があったりするのも事実。

視線が合ったことは、2人の間でしか分からず、誰に気付かれることもありません。

意識して見ていなくてもドキッとする

本当にたまたま視線が重なっただけというケースもあれば、互いに意識し合っている相手同士で丁度良く視線がかち合ってしまったというケースもあります。

しかしどちらにせよ、思いがけないタイミングでちょっと気になる相手と目が合うと、ドキッとしてしまいますよね。

視線が重なった後、そのまま視線を逸らすのもどこか不自然かもしれない、あまり親しくない相手だとどうしていいか分からない…なんていう葛藤も含めて胸中にドキドキが湧き上がって、なんだか互いにはにかみあってしまう…なんてことも。

一度たまたま目が合うと、なぜかその後から気にして視線を送るようになり、度々目が合ったり、意識し合うようになったりすることもありますよ。

どんな時にドキドキする?

さて、さまざまなシチュエーションを見ていただきましたが、あなたがドキドキするものはありましたか?ドキドキする基準や匙加減は人によって大きく異なります。

それは男女間の意識の差だったり、人との触れ合いやコミュニケーションに対する感覚の違いによるものです。

男女でドキドキする時は違う!?

特に男女間ではドキドキするシチュエーションに大きく差がありますね。

これは男性脳・女性脳によってそれぞれの感知する情報の捉え方の違いがあることが関係しています。

ですので、女性が求めるドキドキと男性が求めるドキドキにはどうしてもズレが生じてしまうことも…。

想像してみると、性別によって異性に向けた効果的なアプローチ方法も全く違うことがわかりますね。

男性編

男性がドキドキするタイミングというと、ちょっとエッチな気分になるようなシチュエーションが多いのではないでしょうか。

露出の多い女性との接近や、ふとしたチラリズムなど、女性の体的な部分にドキッとすると共に、ちょっとラッキーかも…と思うような下心満載な部分もあるはず!

男性はドラマティックなシチュエーションにドキドキすることより、本能的な部分で女性に惹かれることが多いんです。

出会ってスグという相手でも「もしかして、いけるかも?」と思ったら熱がぐんと上がって行くんです。

男性のこういった恋愛観は、一気に加熱する点を捉えて電子レンジのようだと表されることもあります。

男性がドキドキするシチュエーションの1位は、女性からのボディタッチという結果のアンケートもありました。

この他も、距離が近い時にドキッとするという声や、女性が脚を組み直すようなセクシーな仕草にドキッとするという声も多いようです!やはりどこか下心が隠せない結果になりますね。

女性編

男性に比べてみると、女性は理性的に恋をする生き物です。

ですから、男性ほど体や性的な部分への関心は強くないため、ドキッとするシチュエーションも全く異なります。

それこそ女性は、まるで映画やドラマのようにロマンティックで感動的なシチュエーションが大好き!女性は男性と過ごすことでオンリーワンの特別感や癒しを求めているのです。

ドキドキするポイントがこうも違うとなると、男性が女性のためにと思って自分が考えるドキドキを体現してみても相手に伝わらない可能性が十分にありますね。

それに、先ほど男性の恋愛観を電子レンジと表現しましたが、女性の恋愛観いわばオーブンです。

急激に熱することなく、オーブンのようにじわじわと外側から熱が浸透していくといったイメージです。

ですから、男性側が盛り上がっているからと言って、女性が同じペースで気持ちを高めているかというと、そうではありません。

また、女性は言葉で気持ちを示し、男性は行動で気持ちを示す生き物です。

この価値観のズレから、男女間ではすれ違いが生じやすいのですね。

異性をドキドキさせたい時はどうする?

さて、では異性をドキドキさせるためにはどういった行為が効果的なのか具体例を見てみましょう。

男性と女性の恋愛観の違いを知った上で実践してみると、おそらくこれまでとは違った部分が見えてくると思いますよ!

メールでドキドキさせる

恋愛上級者の基本テクニックはメールやLINEなどのやりとり!

一緒に過ごしている間に相手をドキッとさせることも大切ですが、離れている時でも相手に自分を意識させることができたら、より存在感を発揮できるはず!

それに、ちょっとしたメールやLINEのやりとりでマンネリを解消させることもできるんですよ。

メールやLINEは顔が見えない分、普段言えないことも言えるという利点があります。

とても些細なことですが、ちょっとしたやりとりの中に覗かせる気遣いや優しさが相手の心を掴むキッカケとなります。

例えば「今日も暑いから体調に気をつけてね」「次に会えるの楽しみにしているよ」「忙しそうだけど、仕事頑張って」などなど。

普通の会話に相手を思いやる気持ちを少し添えてみるだけで印象はガラリと変化しますよ。

相手を褒める

これは男性も女性も同じことですが、やっぱり誰かに気にかけてもらえたり、特別扱いをしてもらっている状況というのはとても嬉しいものです。

髪型を変えてみたり、新しい洋服を着てみたり、ちょっとした自分の変化に気づいてくれる人がいたら嬉しいですよね。

「それいいね!」「かわいいね」「かっこいいね!」なんて褒めてもらえて気を悪くする人は、そうそう居ないはず。

まず、どんな小さなことでもいいので、相手のいいところを見つけて口に出してみましょう。

そうしたやりとりの中で、相手のこだわりや大切にしている部分を知ることもできますよ!

しかし誰彼構わず褒めていると知られれば、特別感が薄れるので褒める場合はきちんと的を絞ってくださいね。

二兎を追う者は一兎をも得ず、です。

さらに、褒めてドキドキさせるには、「〇〇さんに似合っていますよ」「前のも良かったけど、それも素敵ですね」「いつもお洒落ですね」など、常日頃から意識してあなたを見ているのだと、さり気なく伝えることが出来ればなおグッドです!

はじめは焦らずに、あなたらしい言葉で、無理のない範囲で伝えてみましょう。

しぐさでドキドキさせる

異性をドキッとさせたいなら、ちょっとばかし相手の下心を擽るような仕草やモーションをしてみるというのが効果的な手段ですね。

男性であれば男性らしさを、女性ならば女性らしさをアピールできる部分を活かして大胆に行動してみるのも重要です。

ネットで調べてみると、女性が好きな男性のパーツや仕草、男性が好きな女性のパーツや仕草が沢山取り上げられています。

それだけ、異性をときめかせる為の情報を仕入れたいと考えている人が多いということです!

男性であれば、多少ベタではありますが、車道を避けるために女性を少し引き寄せてみたり。

体の大きさや逞しさをアピールできると良いでしょう。

女性は男性よりもアピールしやすいチャームポイントが多いので、ちょっと短いスカートで脚を出してみたり、胸元の開いた服で密着してみたりと、女の部分をいやらしくない程度に出してみると効果的ですね。

とは言え、あまり意識し過ぎるのも良くありませんので、自分磨きをする意識で日々魅力アップに取り組むのが良いでしょう。

匂いなどの五感でドキドキさせる

人は五感を通じて相手を感じていると、前文でも触れましたね。

特に匂いというのは、距離が縮まれば縮まるほど気になる部分です。

カップルに、彼氏・彼女の匂いが好きかと聞くと、大体がイエスと答えます。

匂いは相性を図り、距離を縮めるために通らなければいけない関門。

逆に言うと、匂いがクリアできなければ距離は縮まりません。

匂いを意識するなら、まず清潔感を第一に、自分に合うフレグランスを探して身につけてみてください。

意中の相手がいる場合は、思い切って相手の好みを聞いてみるというのも一つの手です。

「香水を買おうと思うんだけど、〇〇さんはどんな匂いが好き?」なんて言うふうに何気なく聞いてみるといいですね。

香水が苦手な人は、柔軟剤や洗剤、ボディソープといったナチュラルな香りでも好印象です。

接近戦でも自信を持って挑めるように、いつでも万全の体制でいることが大切!接近してドキドキさせようとしてみても、匂いがイマイチでは決まりませんよ。

まとめ

いかがでしたでしょう。

ドキドキさせたい相手に向けて、どんな策を使うか思い浮かびましたか?何度も言いますが人によってドキドキするポイントは違いますので、相手の好みやタイプを考察して、最も効きそうな手を選んでみてください。

こんな風に、その人のことを考えて行動しようと考えられる相手と出会えたのは素晴らしいことです、是非とも意中の人や大切な人をドキドキさせられるように頑張ってくださいね!