CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ハイテンションになれる10個のこと

皆さんは自分から「もっとハイテンションになりたい!」と考えることがありますか?

なんだか気分が落ち込んでしまってやる気が出ない…なんて言う時は、自らハイテンションになってモチベーションをアップさせていきましょう!

ハイテンションになれる10個のこと

あなたがハイテンションになる時は、どんなシーンでしょうか。

人によって気持ちが盛り上がる要因は様々なので、ハイテンションになる時と場面は異なると思います。

テンションを上げたいのに、どうしたらいいのか分からない…という人は、自分に合った方法でハイテンションになれる状況を自ら作り出してみましょう!

テンションが上がっている時というのは、脳内が興奮状態になっているということなので、自分のコンディションをかえるキッカケができれば、うまくテンションをコントロールすることができるんです。

テンションを上手くコントロールできるようになると、ストレスの解消や心のバランスを保つコツを知ることにも繋がりますよ!

1.思い切り笑う

手っ取り早くテンションを上げたい時は、思い切り笑ってみるのが一番!笑っている時は、気持ちが楽しくなって自然とテンションが上がりますよね。

『笑う』という行為には、ストレスを軽減したり、プラス思考になるなど、人体にとって良い効果が沢山あることが証明されています。

精神的なケアのほかにも、アレルギーを改善させたり、癌への免疫を高めるというような効果があるとも言われておりますので、正に『笑う門には福来る』と言うことわざの通り、いいことづくし!

笑うと気分は高ぶる

笑うとなぜテンションが上がるのかというと、その理由は笑うことによって脳内に分泌されるホルモンによるものです。

笑顔になると、脳内には多幸感を感じさせる『エンドルフィン』・やる気を惹きだす『ドーパミン』・心地よさを生み出し『セロトニン』が分泌されます。

こうしたホルモンの効果から、笑うことで気分が良くなり、前向きなプラス思考になることができるのです!

【笑うことのメリットについては、こちらの記事もチェック!】

2.テンションの高い人と絡む

笑顔になることで気分が高まるということが分かったところで、さらにハイテンションになるためのポイントとなるのが『テンションの高い人と一緒に絡む』ということ。

実は、笑顔は『あくび』のように周囲に伝染していくという研究結果があり、笑っている人を見ていると周りの人も自然と笑顔になっていくのだといいます。

こうした『つられ笑顔』によって笑顔が広がっていけば、その場全体が幸せで楽しい雰囲気に包まれていくということです!

つまり、テンションが高く、いつも笑っている人の傍に居れば、つられてハイテンションになることができるでしょう。

一緒に気分を上げていこう!

ただ楽しく過ごしながら笑顔になることで、周囲にも同様にプラスの影響を与えながらハイテンションになることができるなんて、とても素敵なことですよね。

とはいえ、テンションがなかなか上がらなかったり、周りのテンションについていけないという時は、まず初めは『つくり笑顔』であっても構いません。

たとえ、つくり笑顔だったとしても、脳は楽しくて笑っているのだと勘違いして、ハイテンションになるための各種ホルモンを分泌してくれます。

そうしていくうちに、本当に気分が高揚して楽しい気分になっていけるということも多分にあります。

3.ノリノリの曲を聴く

テンポが速く楽しい雰囲気のノリのいい曲を聴くことで、テンションを盛り上げることができます。

本当にそんなことでテンションが上がるのか?…と思うかもしれませんが、BGMというのは、イメージを誘導する効果や、感情を誘導する効果があるものなんです!
例えば飲食店でかかっているBGMを想像してみてください。

あの音楽の雰囲気ひとつでお店から感じる印象というのは大きく異なるはずです。

あれはただ、お店が好きな音楽を流しているという訳ではなく、BGMによってお店の印象をお客さんに植え付けるイメージ誘導を計ったものになっています。

お客さんはBGMの印象から、お店に対して「賑やかなお店だ」「落ち着いた雰囲気だ」というようなイメージを持つのですが、これは無意識的に聴覚から得た情報を脳内でインプットしているんですよ。

こうした聴覚の効果を利用しているのは、なにも飲食店だけでなく、デパートなどの販売店でも使われています。

ゆったりとした心地いいミュージックを流すことで、穏やかな気分で店内をじっくり見て回れるように働きかけたり、病院ではスローテンポで落ち着いた音楽で患者さんの気持ちを鎮静化させ不安を和らげたりするようなヒーリングミュージックを用いたりしているんです。

このようにBGMの効果はイメージだけでなく、感情さえも誘導する働きがあり、BGMとして聴覚から得た情報によって人の感情は変化していくとされています。

落ち着いた音楽を聴くと心が和らぐということは、賑やかでノリのいい音楽を聴けばどうなるかは、おおよそ想像がつきますよね。

ノリのいい音楽を聴くことで、人の気分は明るくなってテンションも上がっていきます。

これを証明するためにロンドンの大学で実施された研究でも、被験者にあらゆる音楽を聴かせた結果、明るい曲を聞かせた人達は幸せを感じていて、暗い音楽を聞かせた人は悲しんでいる傾向があることが証明されています。

好きな曲だと更にテンションアップ!

この研究をしたロンドンの博士によると、こうした効果は『自分で選んだ曲』だと尚更効果を発揮するということです。

つまりテンション上げたいと思って、自ら選曲した音楽であれば、よりテンションを上げやすいということ!

逆に悲しい気持ちの時に、あえて自分の気持ちに同調した暗い曲を選んでしまうと悲しみが倍増してしまうということになります。

失恋した時なんかは、ついつい失恋ソングというようなジャンルを選んでしまいがちですが、これはあえて自分の中の悲しみをひきだしているということです。

ページトップ