通学や通勤列車の中で、混み合っているのに一人で二人分の座席を堂々と占領する人。

コンビニでみんなが順番待ちをしているのに、横から割り込んでくる人。

周りの迷惑なんて考えないで自分勝手な行動をしている人って、時々見かけますよね。

実はそれ、傍若無人な人の可能性が高いんです・・・。

あなたの周りにもいるかもしれない、傍若無人な人の17個の特徴をご紹介します。

傍若無人ってどんな人?

「傍若無人(ぼうじゃくぶじん)」とは、直訳すると「傍らに人無きが若し(かたわらにひとなきがごとし)」です。

要するに、「人前をはばらからずに、自分勝手に振舞うさま」という意味で、

他の人のことを考えずに平気で迷惑行為をする人のことを指します。

子どもでもあるまいし、まさかそんな人がいるのかと思うでしょうが、

「そういえば・・」とあなたの周りでもこの言葉に当てはまる人はいませんか?

もしもいるとしたら、残念ながらその人は「傍若無人」な可能性が高いかもしれません。

常に自分中心の考え

傍若無人な人は、「人前をはばからずに」という直訳通り、人目があろうと全く気にせずに自分勝手な振る舞いをします。

なぜならその人は、常に自分のことしか考えていないからです。

自分中心の考え方が悪いというわけではありません。

むしろ、自分のことなのだから自分で考えて行動するのは人間として当たり前の姿です。

ただし、好き勝手に振舞ってもいいのは、あくまでも「自分一人だけ」の空間でのみです。

周りに人がいる状態で自分勝手に振舞われては、少なからず周囲に迷惑がかかります。

人間は社会生活を送る生き物ですので、学校の中や会社の中、公共の場において誰とも関わらずに過ごすことは不可能です。

例えあなたが「誰とも話さないし、コミュニケーションも取らないから自分のことだけ考えて過ごしてもいい」と思っていたとしても、

必ずあなたの行動は、他の誰かに繋がっているのです。

そしてあなたが原因で周りが迷惑を被れば、余計に社会生活が送り辛くなるのはあなた自身なのです。

人は自分がなるべくストレスを感じずに社会生活を送りたいと思っていますので、自分が困らないように、周囲にもある程度の気を遣って生活しています。

しかし、傍若無人な人は、例え後に自分が困ることになろうとも、あらゆる場面で自分のことしか考えていないのです。

傍若無人な人の17個の特徴


傍若無人な人が、「人前でも平気で自分勝手に振舞う人」ということはもうお分かりになったと思います。

それでは、他にはどんな特徴があるのでしょうか?

傍若無人な人はどんな風に行動していて、周りにいつもどんな態度を取っているのか、どんな性格をしているのかなど、

具体的な例を17個挙げました。

この17例を参考にしながら、あなたの周りには当てはまる人はいないか、

もしくはあなた自身が当てはまってはいないかどうかを確認してみましょう。

1、自分の間違いは絶対認めない

傍若無人な人は、常に自分のことしか考えていません。

つまり、いつも自分にとって都合の良いようにしか物事を解釈しようとしないのです。

例え社会の一般常識が〇であっても、その人にとって都合の良い考え方が△ならば、その人は社会の一般常識とはかけ離れた行動を平気でとるでしょう。

そして、周りが「こういう時は〇なんだ」と言っても、「いいや絶対に△だ」と言い張って、自分の考えを曲げず、それが間違いだとは認めないでしょう。

単なる物の考え方であれば、周りに意見を全て合わせる必要はないでしょう。

けれども社会生活の中においては、協調性のなさは周囲に多大な迷惑をかけます。

会社の上司から「これはこうしてくれ」と大まかな指示を受けて、詳細を確認せずに自分で勝手に解釈してまとめたものを提出して、

上司に「これは違うぞ!」と注意を受けた時。

一般的な人は上司に細かい確認を取らなかったことを反省するでしょう。

しかし傍若無人な人は、「これはこうしろと言われたからその通りにやっただけなのに、

なんで自分が怒られるんだ!」と自分のやり方を顧みることもなく、内心で上司に文句を言うでしょう。

傍若無人な人は、どんなケースであれ、また相手がどんな立場であっても、決して自分の間違えや非を認めようとはしないのです。

それは傍から見ると、異常なまでに頑固で柔軟性のない人に映ります。

2、他者を貶める事で立場を高めようとする

傍若無人な人は、常に自分のことしか考えていません。

学校の中でなら、自分が目を付けた相手を堂々と、もしくはこそこそと貶めて自分の立場を高めようとします。

例えば校庭の花壇の世話を二人で任された時に、一人が一生懸命世話をしている傍らで、一人はぼんやりして怠けています。

しかし世話が終わった途端に、怠けていた生徒が先生に「終わりました!」と笑顔で報告して、何もしていないのに「自分は頑張りました」とアピールします。

こんな人は時々見かけますが、傍若無人な人はさらに、先生に「もう一人はサボってました」などと頑張っていた生徒を貶めるような嘘の発言をします。

そうしてもう一人の生徒を貶めることによって、先生から与えられる自分の評価を挙げようとするのが、傍若無人な人の行動パターンなのです。

会社の中でも時々見かけませんか?

誰かを貶すことによって、自分の立場を有利に持って行こうとする人を。

自分は社長に媚びを売って、他の女子社員の悪口を吹き込む人や、他人の功績を

「あいつはひどい手口を使ったんだ」と貶して結果の出なかった自分の存在をアピールする人。

傍若無人な人は、案外あなたの周りに潜んでいるかもしれません。

3、「自分は正しい」と信じている


傍若無人な人は、常に自分を「正しい」と信じています

だからこそ、他者から指摘された自分の間違えを絶対に認めようとはしないのです。

もしも本当に間違っているという事実を突きつけられたら、「それはアイツが〇〇だって言ったから自分もそう思ったんだ」などと、

必ず誰かや何かのせいにして逃れようとします。

言い訳や責任逃れをするということは、「自分は悪くないし、自分は間違っていなかった」と思っている良い証拠です。

自分の行動を正しいと思うこと自体は悪いことではありません。

しかし人間は誰しも間違いを犯すものです。

その間違いを受け入れて反省し、次に活かすこともまた人間ですが、傍若無人な人は、そもそも自分が間違っているという事実を受け入れようとはしません。

受け入れないからこそ、「自分は正しい」と信じ込んでいるのです。

4、周囲の言葉に耳を傾けられない

傍若無人な人は、常に自分中心の考えで、いつでも自分が正しいと思っています。

だからこそ、周囲の人の言葉に耳を傾けられず、また他の人の考えや気持ちを理解出来ません。

例え周りがその人のためを思って口にする言葉も、当人の耳を右から左へと抜けていくばかりで、何一つ心には響かないのです。

それはその人自身が、周囲の言葉に耳を貸そうとは思っていないからです。

本人にその気がないのに、周りが何を言ったところで無駄なのです。

例えどんなに優しく諭しても、どんなに熱心に語り掛けても、まさに「馬の耳に念仏」状態で、終いには周囲が疲れてしまいます。

5、自分にとって耳の痛い話はスルー

例えどんなに傍若無人な人であろうとも、自分で自分の行いが間違っていることに気付く時はあります。

誰かと話をしている最中に、自分の主張が実はおかしいと気付いてはいても、それを認めずにそのまま押し通してしまうのです。

本人が口には出さないだけで、意外と本人が過ちや間違いに気づいていることも少なくはありません。

一般的な人であれば、そこで自分の過ちを正そうとします。

ですが、傍若無人な人はどこまでいっても傍若無人ですので、自分の間違いに気づいていようがいまいがお構いなしなのです。

そのため、周りの指摘を聞き流し、自分にとって都合の悪い話が出るとことごとくスルーします。

まるで聞いていなかった振りで、まったく別の話題へとすり替えたり、ふらっとその場からいなくなってしまったり。

こちらがいくら真剣に指摘をしても、当人はどこ吹く風といったように耳を塞いでどこかへ行ってしまうでしょう。

6、感情を我慢できない

傍若無人な人は、常に自分中心の考え方です。

そのため無理にそれを曲げようとすれば、カッとなって周囲に怒鳴り散らす人もいます。

自分の間違いを認めず、自分が正しいと思い込んでいる人は、「だから何をやってもいい」と考えている節があります。

そんな人は、自分の思うようにいかないことがあると、つい感情的になってしまいます。

「自分は割り込んでも良い」と考えていれば、割り込みをして、それを指摘されれば「自分はいいんだ!」と怒りますし、

他の人の都合も考えずに自分勝手な行動をします。

自分に都合の悪いことがあれば男性では怒る場合が多いですし、女性の場合は大げさに泣く人もいます。

そんな感情を我慢できない傍若無人な人は、傍から見ればまるで「いやいや時期」の2歳児のようでもあります。

冷静になって自分の今の姿を見つめてみれば、それが周囲からどんなに滑稽に映るのかが分かるでしょう。

けれども当の本人は、そんな冷静な物の見方など出来ないのです、残念ながら。

7、自己中心的


自分勝手な考え方というのは、つまり自己中心的ということです。

いつでも自分が一番で、周りがどんなに困っていても、自分のことだけしか考えません。

非常時ともなれば自分が最優先でもおかしくはありませんが、

日常的に社会生活を営む中で、常に自己中心的では、直ぐに周囲から浮いてしまいます。

会議の話をしているのに自分の話を持ち出したり、友達の話をしているのに、自分の話にすり替えたりと好き勝手にしていると、

誰からも「空気が読めない」「自己中心的な人」というレッテルが張られてしまいます。

そうしてそのレッテルが定着してしまうと、どこへ行っても周りからは冷たい対応をされることになります。

自己中心的な人は、結果的に自分にとって不利な状況を自分で作り出してしまうのです。

そしてまた傍若無人な人は、それが自分のせいだとは気づかずに、周りに対して「どうして自分がこんな仕打ちを受けるんだ」と憤慨するでしょう。

ただ自己中心的な人よりも、よっぽどたちが悪いのです。

【自己中については、こちらの記事もチェック!】

8、良好な関係を保とうとしない

傍若無人な人は、いつでも自分が中心です。

だから自分にとって都合の良い人間ばかりを周りに集めようとします。

ある程度立場のある人がそれをしてしまうと、周りにつく人たちは内心では嫌な顔をしながらも、一応はあなたに従うかもしれません。

けれども周囲との良い関係を築けなければ、いずれは手ひどいしっぺ返しを食らうことになるでしょう。

一般的な考え方の人であれば、社会の中で自分が生活しやすくするために、ある程度周囲と良好な関係を保とうとします。

特別親しくなくても、「無難な関係」になっていれば、問題もなく平和に日常を過ごすことが出来ます。

けれども傍若無人な人は、自分さえ良ければ周りの関係などどうでも良いという考え方をしていますので、当然周囲に気を遣うことなどしません。

向こうから媚びを売ってくるのなら受け入れるでしょうが、お偉いさんでもない限り、自分が嫌な思いをしてまで皆、媚びへつらったリなどしないでしょう。

9、身勝手な言動で周囲の人を振り回す

傍若無人な人は、自分の勝手な都合で度々周囲を振り回すことがあります。

例えばあなたが友達とデパートへ出かける約束をしていたら、当日あなたは当然買い物をする気で出かけますよね。

ところがいざ待ち合せたところで友達が「やっぱり遊園地へ行きたくなったからそっちに行こう」と言い出したら・・・もちろん困りますよね。

ちょっとした予定を「やっぱりああしたい、やっぱりこっちがいい」などところころと変えられては当然それをされる側は困惑します。

また、予め決めておいたスケジュールの中で、既に交通機関のチケットを買ってしまっていたり、

店やホテルを予約しておいた場合にそうして振り回されると、迷惑を被るのは自分だけではありません。

けれども傍若無人な人というのは、そんなこちらの迷惑もお構いなしなのです。

その時の気分だけであっちこっちと予定を変えて、自分の好きなように動き回ります

振り回している本人は良いでしょうが、それをされる側にとっては「もういい加減にして!」と叫びたくなります。

10、自分の話ばかりする

常に自分を中心に物事を考えている人は、どんな場においても自分のことを話題の中心に位置づけようとします

仲良く友達同士で話をしているのに、「そういえば私さ~」と自分の話を何度も持ち出し、

挙句誰かが「この間〇〇へ行ってきたんだ」などと言い出せば、「そこ私も行ったよ!私が行った時は~」とすぐさま自分の話題へとすり替えてきます。

当然それをされる方は面白くないですよね。