ビジュアルが悪いと、やっぱり損なのでしょうか…。

人は見た目じゃなくて、ハートが大事!なんて言う人もいますが、それもなんだか腑に落ちませんよね。

ハートが大事なのは間違いないとしても、やっぱりそれだけじゃないと思えてなりません。

そんな筆者の疑問を払拭したのが、竹内一郎さんの著書『人は見た目が9割』という、インパクトのあるタイトルだったように思います。

あからさまに事実を突きつけられてショックをうけると同時に、「やっぱりビジュアルか!」と思わせられた人も多いのではないでしょうか。

事実、「ビジュアルで損をした」と感じた経験がある人は多いのです。

ただ、この本でいう“見た目”は、美人かブスか、イケメンかブサメンかという、ルックスの良し悪しのビジュアル面を指しているのではありません。

ブスやブサメンだと損をする。

という話ではないんです。

竹内一郎さんは、顔つきや仕草、色や匂い、さらには温度や距離等々…言葉以外の様々な視覚情報を、“見た目”としています。

私たちは、ビジュアルや見た目というと、ルックスの良し悪しをイメージしがちです。

でも本来ビジュアルは、“視覚に訴えかけるもの”という意味の英語であり、視覚的な要素全てを指しています。

つまり『人は見た目が9割』も、ビジュアルの本来の意味に寄り添ったタイトルなんですよね。

様々な視覚的情報が、どれだけ人の印象を左右するか…それが、9割にも及ぶほど重要であることを示しているのです。

もちろんルックスの良し悪しも、印象を左右するビジュアルのひとつでしょう。

だけど、ビジュアルとして受け取る情報はそれだけではありませんよね。

ルックスの良し悪しは、ビジュアルのほんの一部に過ぎないのです。

ですので、いくらルックスが良くても、それ以外の視覚的要素がマイナスだったら、総じてマイナスの印象にしかなりません。

むしろ、ルックスがいいだけに「美人なのに性格が悪くて残念」と、ちょっと性格がキツイだけでもクローズアップされ、損をする場合もあるのです…。

ビジュアル(いわゆるルックス)が悪くて悩んでいる人にとって、ビジュアルで損をするという事実は、知らされたくない事実でもあるでしょう。

しかし、ビジュアルはルックスの良し悪しだけではないということが分かれば、希望を見出すことも出来るのではないでしょうか。

それに、これまで「ビジュアルが悪くて損をした」と感じてきたという場合、それは単なるルックスの悪さだけが原因ではなかったということにもなります。

ルックス以外にも、人に悪い印象を与える要素があるということです。

ですので、「ビジュアルが悪いから損」と、生まれ持ったルックスばかりを悲観し嘆くのではなく、一度自分が損をしている本当の原因を探るべき!なのではないでしょうか。

というわけで今回は、「ビジュアルが悪いと損」なことについて、様々な角度から検証してみようと思います。

ビジュアルが悪くて損をしていると思っている皆さんは、今一度自分のビジュアルを見直すキッカケにしてくださいね。

️ビジュアルが悪いと損をする9個のシチュエーション

最初に『人は見た目が9割』を取り上げて解説させていただいたように、ビジュアルは、人に与える印象を大きく左右します。

つまり、ビジュアルが悪いと…やっぱり損をすると言わざるを得ません。

ただ最初にもお話したように、ここでいうビジュアルは、視覚に訴える情報全体を指しています。

ですので、「ビジュアルが悪い」ということは、単にルックスの良し悪しだけではなく、表情が暗い、肌が汚い、服がシワシワ、スタイルが悪い、体臭が臭い、ヘアスタイルがボサボサ等々…視覚的に悪い印象を与える要素があるということになります。

こういったビジュアルの悪さがあれば、確かに損をするシチュエーションがあるでしょう。

「人を見た目で判断するなんて、それは相手の心が狭いからだ!」なんて言いたくなる気持ちもあると思います。

だけど、ハートはビジュアルに表れるものなんですよね。

清潔を心掛けていれば服装もピシッとするものだし、温かい心を持っていれば、柔和で優しい表情となって表われます。

ビジュアルには、気持ちや心掛け、信念や生活スタイル等が反映されるもの。

「ビジュアルが悪ければ内面にも問題がある」と判断されても仕方がないのです。

ですから、「内面で勝負だ」と、頑なにビジュアル面での心がけや努力を怠る人は、ビジュアルを良くしようと努力をする人に比べ、間違いなく損をすると言えるでしょう。

では、ビジュアルが悪いと一体、どんな損をすることになるのでしょうか。

ここからは“ビジュアルが悪いと損をするシチュエーション”を見ていきます。

第一印象があまりよくない


まず、ビジュアルが悪ければ「第一印象があまりよくない」ことになります。

人の印象は、出会ってから3~5秒で決まってしまうとも言われています。

そしてその印象を左右するのが、ビジュアル等の視覚情報なのです。

それ以外にも、声色や話し方などの聴覚情報も第一印象に影響してくるそうですが、ビジュアルは実に55%の割合で、第一印象に影響を与えており、最も重視される部分なのです。

つまり、ビジュアルが悪ければ第一印象も悪くなってしまうということですよね。

しかも、一度印象が決まってしまったら、それを覆すのは難しいとされているのです。

これは、損をしているとしか言いようがありませんよね。

人との関係性を築くことを考えた時…第一印象が悪ければ、自らハードルをあげたことになってしまいますよね。

そこから悪い印象を良い印象に変えようと思ったら、それは長い長い道のりになるでしょう。

そもそも、悪い印象を持たれている場合、コミュニケーションをとってもらうことすらままならず、内面を知ってもらう機会すら、簡単には与えてもらえないはずです。

たとえビジュアル意外に良い部分を持っていたとしても、それを知ってもらうことが出来なかったら…宝の持ち腐れになってしまいますよね。

視覚情報だけで判断され、他の面を知ってもらうことなく人格を決めつけられるなんて、悔しいと思いませんか?
ここが、ビジュアルが良い人と悪い人の差であり、悪いと損をするシチュエーションなのです。

友達づくりがしにくい

また、ビジュアルが悪いと「友達づくりがしにくい」こともあるでしょう。

これも、“第一印象が悪い”ことが大きく影響を及ぼしていると言えます。

ビジュアルが悪いことによって、友達づくりのハードルを高くしてしまっているんですよね。

ビジュアルが悪ければ、相手に与える印象が悪いということです。

印象の悪い人と仲良くなりたいと思う人は…少ないですよね。

逆にビジュアルが良く、好印象を与えていれば、気になる存在になれるでしょう。

気になるので「話してみたい」と、興味を持たれるのです。

つまりビジュアルは、友達づくりの第一関門。

ビジュアルが良ければ、友達づくりの第一関門を突破でき、さらにそこから第二関門へと進んで行くことが出来るということです。

もちろん、友達になるには、ビジュアルの良さだけが条件にはなりません。

話してみて、相手の性格や考え方等を知り、友達になっていくものですよね。

だけど第一関門を突破できない限り、次へも進めないということ。

ビジュアルが悪ければ、友達をつくる上でも損をしてしまうのです。

合コンで除け者にされる


ビジュアルが悪いと損をするシチュエーションには、合コンの場も挙げられます。

「合コンで除け者にされる」なんてことも、起きてしまうのです。

合コンこそ、第一印象が勝負ですよね。

友達づくりよりも、第一印象が最重要視される場になると思います。

合コンでは、初めて会った人同士が、数時間で相手をジャッジしなければなりません。

次に繋げていくためには、合コンの限られた時間の中で、いかに相手に好印象を与えるかが勝負なのです。

友達づくりなら、同じクラス内で時間を共有する中で、徐々に人柄を知ってもらう機会もあり、第一印象が悪くても逆転するチャンスはあるかもしれません。

だけど合コンは、大抵その場限り。

その場で悪い印象を持たれてしまえば、もう逆転のチャンスは無いのです。

合コンが毎回不発。

周りの友達は次に繋がっていくのに、自分だけはいつも次が無い…のだとしたら、それはビジュアルの悪さが影響している可能性が高いということです。

それは、自分がイケメンや美人じゃないからということではなく、ビジュアルで悪印象を与えているからなんですよね。

努力できる所を努力せず、ビジュアルが悪くても改善しようとしないのなら、それは損をしているとしか言えません。

合コンという出会いのチャンスを大切にする気持ちがあれば、ビジュアルももっと変わってくるはずです。

恋愛が上手くいかない

ビジュアルが悪いと、もちろん恋愛面でも損をすることになるでしょう。

“友達づくりがしにくい”“合コンで除け者にされる”ことがあるのなら、まず人間関係自体が築けていないことになります。

恋愛は、人間関係の最たるもの。

ビジュアルが悪ければ「恋愛が上手くいかない」のも、自然の成り行きと言えるのです。

ですので、「ビジュアルが悪いから恋愛が出来ない」と諦める前に、もっとやるべきことがあるということです。

恋愛の基本である人間関係も築くことが出来ないのなら、ビジュアル面で与える第一印象を見直してみるべきです。

恋愛が上手くいかないのは、「ビジュアルが悪いから損をしている」というよりは、ビジュアルを磨く努力の差が、損得を生み出しているとも言えるのです。

就活や面接で不利になる

ビジュアルが悪いことで損をするシチュエーションには、「就活や面接で不利になる」ことも挙げられます。

就活では、ビジュアルよりも能力が大事だと思うかもしれませんが…そうではないんですよね。

もし就活がなかなか上手く行かないのなら、一度採用者の立場になって考えてみるといいでしょう。

仕事では、能力ももちろん求められます。

でも、採用の場で能力をはかるすべは、履歴書に書かれた経歴のみですよね。

学歴や職歴で能力の有無はある程度判断出来ますが、それが実際に役に立つものかどうかは、働いてみてもらわないと分からないのです。

また、たとえ頭脳が優れていたとしても、他のスタッフとの折り合いが悪ければ能力も発揮してもらえないかもしれません。

それに、能力があってもやる気がなかったら、採用しても会社にとって有益にはなりませんよね。

ですから、会社が人を採用しようと思ったら、第一印象の良さも重要な採用基準になるのです。

能力を発揮してくれそうな人かどうか。

トラブルなく働いてくれるかどうか…。

就活の際に面接があるのは、人柄を見たいが為です。

そうでも無ければ、履歴書だけで人材を採用するでしょう。

つまり、面接での印象が悪ければ、採用にもいたらないということです。

そしてその印象を左右するのが、ビジュアルなんです。

ビジュアルが悪ければ当然、就活も不利になってしまうのです。

知らない人から悪口を言われる

ビジュアルが悪いことによって、「知らない人から悪口を言われる」なんてことも、損だと感じさせられるシチュエーションですよね。

接点の無い人から、悪口を言われる筋合いはありません。

だけど人は、知らない人に対しても悪口を言うものなんですよね。

残念ながら…。

でも、「知らない人でも悪口を言う」ことを考えると、いかにビジュアルが印象を左右するものなのかも、実感出来るのではないでしょうか。

人は人を見た目のみで判断するということが、如実に表われているシチュエーションだと思います。

ビジュアルの悪さは、人柄を全く知りもしないのに“悪口”まで言いたくなる気持ちにさせてしまうということなんです。

もちろん、全く接点が無いのに悪口まで言ってしまうのは、それを言うほうの人間性も疑います。

しかしながら、ビジュアルの悪さで不快感を与えてしまっていることは、避けようのない事実。

正直筆者も、ビジュアルによって受ける第一印象で、人を判断してしまいます。

実際に悪口を言うまでには至らなくても、不快感を感じてしまったら、それ以上近づきたいとは思いません。

ビジュアルが悪いことだけで、人柄を知ろうともせず悪口を言われてしまうのは、理不尽にも思えるでしょう。

だけど、それを否定したいのなら、ビジュアルを良くして好印象を与える努力も必要なのです。