五感を研ぎ澄ます、と言われた瞬間にどのようなことを思うでしょうか。

五感というのは私たちに最初から備わっている昨日の一つですから、何の問題もなく生きてきている人にとっては「研ぎ澄ます必要がない」と思うものでしょうか。

ですが、実は現代的な生活の中では、自然の中で暮らしてきた先祖の時代よりも五感が鈍ってしまう状態にあるのです。

五感を研ぎ澄まさなくても殺される危険性が少ないのですから、当たり前ですよね。

ですが、五感を研ぎ澄ませることにはいくつかのメリットがあります。

また、五感は皆さまが想像しているよりもずっと簡単に研ぎ澄ませることができるものなのです。

五感の研ぎ澄ませ方について見てみることにしましょう。

️五感を研ぎ澄ませてみませんか?

 五感を研ぎ澄ますというと、何となく自然の中で生活している昔の人間が思い浮かぶでしょう。

ですが、それは本当でしょうか。

現代的な生活の中では確かに、五感を研ぎ澄ますような機会は失われてしまっています。

ですが、自分の持っている素敵な能力である五感をきちんと研ぎ澄ませてみると、世界が変わって見えることもあるのです。

ここではまず、五感とは何かということについて見てみることにしましょう。

五感とは


 五感とはそもそも何かわかりますか?第六感が「霊的な勘」のような使い方をされるのに対して、五感は私たちの感覚器官に根差したものです。

実際に感覚的に信号を脳が受け取って、それを感じていることになるものが五感です。

実際に何が五感に含まれているのか上げてみろと言われると、意外と途中で何があったか分からなくなってしまう人もいるかもしれませんね。

視覚

 視覚は誰もが知っている五感の一つだといえるのではないでしょうか。

目という感覚器官を使って、自分の周りに広がっている景色がどのようなものであるのか、状況がどのように動いているのかという情報を送っています。

感覚器官の中でもかなり大きなものを担っており、生きていく上では目の持っている役割はかなり大きいといえるでしょう。

目がなければ、自分の前の世界を見ることができません。

一方で、視覚は脳による補完が大きな機関でもあります。

見えていないものを見てしまったり、見えるものが見えなくなってしまったりということも容易に起こります。

視覚を鍛えることは、目の前のある偽物をきちんと見分けるためにも必要になります。

さらには、視覚機能を鍛えるということは、集中してそれを見るような注意の能力を鍛えることにもなるかもしれませんね。

嗅覚

 嗅覚は鼻を感覚器官とする五感の一つです。

この嗅覚に対しては、あまり鋭敏ではない現代人も増えています。

そして鈍りやすいのが特徴ですね。

鼻風邪をひいているときや花粉症の時などには、なかなか嗅覚が効かない状態になってしまうことも珍しくありません。

また、嗅覚歯順応が早いという特徴もあります。

嗅いだ匂いに対してすぐに慣れてしまうので、一瞬の感覚がとても重要になるのです。

とても臭いものであっても、嗅ぎ続けると慣れてしまうので、すぐに気付くことができなければいけないというものですから、鍛えておく価値はありますね。

聴覚


 聴覚も五感の一つであり、耳を感覚器官としています。

耳の役割は目の次にとても大きなものだといえるのではないでしょうか。

耳には色々な音が一度に入ってきています。

それを聴覚的な期間がきちんと分類して正しい「サウンドスケープ」を作り出しているのですから、すごいですよね。

しっかりと聴覚期間を鍛えていることで、サウンドスケープを作りやすくなるというのがメリットとなります。

また、かすかな音にも気づくことは行編を察知する上でもとても重要なことになりますし、視覚だけでは補うことのできない世界の全体像を作り出すうえではとても大切な情報となっているでしょう。

触覚

 触覚もとても大切な五感の一つです。

これがなければ、なかなか人間的な生活を送ることもままならないのではないでしょうか。

視覚や聴覚は世界を知るうえでとても大切な情報ですが、触覚は世界とつながる飢えでもとても大切になる五感の一つです。

世界に触れて、それについて直接的な情報を得ることができるのか触覚が一番なのです。

しっかりと鍛えておかなければ、自分が世界とつながるための大切な感覚情報を逃してしまっているということになるかもしれません。

味覚

 味覚はもちろん大切な五感の一つです。

世界を知る、世界とつながる飢えでももちろん大切ですが、味覚は自分に喜びを与えるものの一つとなるでしょう。

自分自身を養う「食事」という行為を楽しくするための味覚は、人生の喜びの一つともなります。

しっかり鍛えておけばおくだけ、楽しく生きることができるのだと考えると嬉しいですよね。

もちろん、味覚も世界を知る飢えではとても大切なものですし、視覚や聴覚よりも直接的な情報を与えてくれるものには違いありません。

そういった意味でもきちんと鍛えておくべき五感だといえるのではないでしょうか。

️五感を研ぎ澄ますことの11個のメリット

 五感を研ぎ澄ますとはいっても、そこにメリットがなければする意味がありませんよね。

現代では五感を研ぎ澄ま差なくてもできることはたくさんありますし、そうしたものを使って行動する必要はなくなっています。

また、現代的な生活は均一であまり五感を使うようなものではありませんから、鍛えようと思わなければ研ぎ澄まされることもありません。

素意味では、本当に五感を研ぎ澄ますことにメリットがあるのかということについて考えて見なければいけませんね。

五感を研ぎ澄ませることによってどのような良いことがあるのか、五感の研ぎ澄ませ方について見てみることにしましょう。

小さな幸せを味わえる

 五感を研ぎ澄ませるということは、世界について些細な情報でも知ることが駅るようになるということです。

五感が働いていない時には、自分の周囲で起きていること、自分の周囲を取り巻く世界に鈍い状態になっているということになります。

ですが、五感がきちんと働いている状態では、今まで見逃していた小さな情報にも気づくことができるということになりますよね。

それは、自分を幸せにする大切な情報かもしれません。

小さな幸せを感じながら毎日を過ごしているような人が時折いますが、そうした人々は、人よりも五感が研ぎ澄まされた状態にあるということになるのかもしれませんね。

小さな変化に気づく

 自分の周りの世界にある小さな幸せに気づくことができないと言うことは、自分の周りの小さな変化にも気づくことができないということになります。

元々、人間はとても変化に敏感な生物だといわれています。

五感の働きも、どちらかというと変化に気づきやすくするためのものでしょう。

たとえば、静かな世界の中で少しでも音がしたら分かるように、少しでも動きがあったら見えるように、というように五感が研ぎ澄まされていれば、変化が手に取るようにわかるのです。

ここが鈍っていると、小さな変化に気づかないという問題ができてしまいますよね。

世の中で「きちんと気づく人」というのは重宝されるものです。

理屈などではなく、しっかりと変化を察知することができる人がいれば、次の行動を適切なものにすることができるからです。

五感を研ぎ澄ませることで、そういったタイプの人間になることができるというのは魅力的ですよね。

より感動できる

 より感動できるというのも、五感を研ぎ澄ませることのメリットだといえるでしょう。

感動というのは、自分が感じたことに対して心を動かすからこそできるのです。

感じたものが鈍ければ、当然、自分の心の動き方も鈍くなってしまうでしょう。

感覚器官がビンビンと働いている状態の時には、とても感じやすい状況になります。

五感が働いていればいるほど、鋭敏な情報が脳に届いて、それが自分を動かすことになるでしょう。

小さい頃は五感がきちんと働いている状態にあります。

だからこそ感受性が豊かで、感動しやすいのです。

一方で、大人になってくると、考え方がナナメになるというだけではなく、五感が鈍って情報が少なくなってしまうので、感動が少なくなります。

きちんと心を動かしたいと思っている方は、五感を鍛えるような方法を試してみると良いのではないでしょうか。

表現力がつく

 五感を鍛えていると、表現力にもつながります。

表現力というのは難しいもので、完全に自分の中にあるものをゼロから作り出して表現することばかりを表現力と呼ぶのではありません。

自分の周囲の世界から取りいれた知っていることを、自分の中で解釈して吐き出すのが表現力なのです。

自分の周りのことを知らなければ、自分の周りの世界を表現することができません。

そもそも、自分の中の世界が広がりようもないでしょう。

何か芸術的なものを目指して表現力を身に付けたいと思っているのなら、まずは表現するべきものをしっかりと取りいれましょう。

何よりも五感を鍛えることで、自分の周囲の世界を緻密に感じ取ることができるようになりますよ。

想像力が豊かになる

 想像力が豊かになるというのも良いですね。

人間は面白い生物であり、取りいれた情報に何の感情も抱かずにインプットするのは難しいのです。

しっかりと世界についての情報を取りいれるほどに、自分の中の世界が広がっていくのが分かるでしょう。

世界を知っていればそ、その世界について想像することも難しくありません。

つまり、五感を研ぎ澄ませて、きちんと世界についての詳細な情報を感じ取ることができれば、想像力を豊かにすることもできるということになりますね。

想像力が貧困で困っているという方は、まずは五感を鍛えて、自分の中の感覚や感情を育ててあげることにしましょう。

想像力というのは、何もないところから生み出すものではなく、何かの些細なきっかけが元となっていることが多いものなのです。

センスが高くなる

 センスが良くなるというメリットもあるかもしれません。

センスというのは難しいもので、独特なものが良いとされることもありますし、万人に受け入れらえるものが良いとされることもあります。

ただ、芸術を志しているわけではないのなら、独特なものを生み出す必要はないでしょう。

万人に素敵だといわれるものを身に着けることが大切なのです。

人は、自分の周囲にあるものほど受け入れやすいものです。

しっかりと五感を働かせて周囲を見てみれば、その情報がどのようなものなのかを知ることができます。

言葉では表現することはできなくても、そうした情報を自分のセンスに生かすことができれば、色々な人から受け入れられるデザインのものを作ることができるでしょう。

頭が良くなる

 頭が良くなるという特徴もあるかもしれませんね。

頭が良いというのは、しっかりと周囲を見ることができるというものもあります。

周りを見ることができない人は、周囲の世界のことを受け入れることが難しい人ということになります。

賢い人は、しっかりと周囲を見ているために、色々なことを受け入れられるようになっていきます。

頭が良いというのは記憶力だけの問題に見えるかもしれませんが、きちんと勉強すべき内容についての情報取りいれて、それを悉皆と自分の中にある世界や知識と結び付けられる人のことが本当の頭の良さとなります。

五感を鍛えておけば、常に色々なものを感じ取って、それを自分の中に受け入れることができるようになるので、結果的には頭の良さにつながるということもあるのではないでしょうか。

冴える

 五感を鍛えるということの中で、これが一番しっくりくるメリットのように聞こえるという人もいるかもしれませんね。

冴えるというのは、確かに、世界の情報の変化に敏感でなければいけません。

本当に霊的な「第六感の」勘でなければ、そう簡単に世界の情報について予知することはできませんし、予測することもできません。

また、問題点もそう簡単に見抜けないでしょう。

ですが、五感をきちんと研ぎ澄ませておけば、世界についての変化を身に着けることができるので、問題点を見抜くことが大切になります。

また、周囲の世界がどのように動いていくかということに関しても、しっかりと世界の情報を自分の中に取り入れることができるので、知識として身につけることができます。

これらの情報を重ね合わせることで「冴えた」視点を手に入れることができるのです。

五感をきちんと研ぎ澄ませることで、第六感に近いものを手に入れられるというのは不思議な話ですよね。

ですが、魅力的なメリットの一つであることには違いないでしょう。