人間の一生は他の生物と違い、かなり一生が長い生きものだと言われています。

身近にいる生物を考えると、犬や猫などがいると思いますが、彼らは人間ほど長くは生きられません。

人間の一生は国によって違い、日本は最も長寿の国だといわれています。

男性の場合は2016年時点では80.98歳、女性の場合は87.14歳となっています。

つまり、男性の場合は約80年、女性の場合は約90年生きられると考えられます。

これだけ長い期間生きられるとなると、人生においては様々な事を体験するという事になります。

中には楽しい経験もあれば、辛い経験などをする事もあると思いますが、様々な体験をしていく中で、時には違和感を感じるような事もあったりする事があります。

日常生活の中で違和感を感じるような事はたくさんの方が経験していると思いますが、例えばある出来事に対して違和感を感じたり、相手の話している内容に対して違和感を感じたりといったように、様々なシチュエーションでそれは起こりうる可能性があります。

そんな違和感という事を今回はテーマにして、違和感を感じる事についてご紹介していきたいと思います。

あなたが普段日常生活を送っていく中で感じているような違和感を、自分の頭の中で想像しながら読み進めて頂くとより楽しめると思いますよ。

違和感とは?

そもそも違和感という事は一体何なのかという事を考えた事がありますか?
日常的に用いる頻度が高い言葉ですがではありますが、改めて説明をしてみろと言われるとうまく説明できない場合もあったりするので、上手く説明できない方も中にはいると思います。

違和感とはどちらかといえばある程度ざっくりした意味合いで使われている事なども多かったりするので、深く考えずに使用している人は分からなくなる傾向がある言葉です。

違和感のある事についてご紹介していく前に、まずは違和感という言葉がどういう風な言葉の意味を持っているのか正しい知識を学ぶ必要があります。

なので、違和感という言葉の意味から間違いなく理解する事から始めていきましょう。

意味

違和感と言う言葉は日常生活の中で使う場合もあれば仕事をしているときに用いられることもあります。

比較的様々な場面で使われることから利便性が高くたくさんの人に浸透している言葉でもあります。

違和感という言葉を使う際には、何らかの物事や行動に対して指し示す場合が多いです。

その点を踏まえた上で、違和感という言葉は本来どういう意味を持っているのか細かく考えていきましょう。

生理的、心理的にしっくりこないこと

まずはじめにご紹介する違和感という言葉の意味は「生理的・心理的にしっくりこないことを」表している言葉です。

この言葉の意味を考えた時に日常生活で使う例を考えてみると、例えば相手がなにかの言葉を使っていた時に、その言葉が本来正しい意味合いとして用いられていない場合に使われる可能性がとても高いです。

例えば、 あなたがコンビニなどで買い物をしていたとして、1万円を出したとします。

そうすると店員さんがよく言いがちなのが、1万円からでいいですか?というような事を言ったりします。

よく耳にする言葉ですが、からの意味が分からないと感じるような方もいるはずですよね。

このように、普段使われている言葉や行動などに対して自分自身の心があまりしっくりこない場合などに「違和感を感じる」という言葉で表現することが出来ます。

つまり、何らかの事に対して納得できないような状況などを指し示す時に使ったりすることが出来る言葉です。

基本的には違和感を感じるという事は物事に対して否定的な意味を持っているととらえてください。

周囲の雰囲気にそぐわないこと

次にご紹介する違和感という言葉の意味は「周囲の雰囲気にそぐわないこと」という意味です。

例えば違和感という言葉を使う場合、周囲の雰囲気にそぐわない状況で用いられる言葉や行動に対して指摘する際や状況を説明するときに用いられる場合があります。

これはどういう事かといいますと、例えば最近は若者言葉などが広く用いられている時代です。

若い世代の方ならば特にそうですが、若者言葉に関してはついつい会話の中で用いてしまうような人などもたくさんいらっしゃいます。

若者言葉に関しては普段使わない人からすれば用いられると違和感を感じる様な言葉がたくさんあります。

それに、若い方の中には会社などのいわゆる上下関係がしっかりと発生している場でも使ったりしている方もいるので、場にそぐわないような言動だと認識される場合などもあります。

例えば、相手に対して敬語をつかわないといけないような場面や、相手が上司であるにも関わらず、相槌で相手に対してなるほどですね、などと口走ってしまうような人がいたりします。

なるほどですね、という言葉は普通に使われている場合が多いのですが、もともとは若者言葉です。

本来であれば「なるほどですね」ではなくて、「さようでございますね」という言葉を用いなければいけません。

なので、このようにその場に適していない言葉遣いを行っている場合などに対して違和感を感じるという言葉で表現することが出来ます。

食い違っていること

次にご紹介する違和感という言葉の意味は「食い違っていること」という意味です。

これはどういうことかと言いますと、相手の説明に対して納得がいかなかったり、説明している意味がよくわからない様な場合などに用いることができます。

つまり簡単に言えば、単純に間違っているような時などに対して用いることが出来るという意味です。

元々食い違っているという意味自体が異なるという意味を持っていますので、間違っているという風にとらえれば意味を大きく間違える事はありません。

普段日常生活をしている中で、時には間違ってしまうような事や勘違いをしてしまっているような事が誰でもありますよね。

その時に自分は気づけないかもしれませんが、相手からすれば間違っている事や勘違いしているんだろうな、と考えることがある場合が多いです。

そのような時に相手の取った行動や話している内容に対して違和感を感じたと説明すれば、食い違っているという意味として用いることが出来ます。

また、それ以外に一般的に起こりうる場合を考えてみると、例えば政治家などが不祥事を起こした場合は、その不祥事に対して説明を行ったりするのですが、説明が不十分であったり政治家の話してる内容と実際に起こってることに何らかの相違があったりする場合が考えられます。

大抵の場合は自分の身を守るために世間体が良いような言い訳をしたりする場合が多いのですが、 そのような説明を受けた時に有権者からは違和感を感じるという言葉で表現されたりしますので、そのような使い方なども出来る、非常に広範囲の場合に用いることが出来る言葉です。

普段と様子が違うこと

次にご紹介する違和感という言葉の意味は「普段と様子が違うこと」という意味です。

この意味は言葉通りのそのままの意味で普段の相手の対応と今回の相手の対応が全く違ったり様子がおかしい様なときに用いる事が出来る言葉です。

例えば、Aさんという男性がいたとして、昨日Aさんに会った時には普通だったのに、今日Aさんに会った時にはいつもと様子がおかしかったという事などがあります。

そんな時に「今日のAさんなんだか違和感を感じたなぁ」という風に違和感という言葉を使うことが出来ます。

これに関しても様々な場面で用いることができ、いつもと様子が違うことを表現するのは日常生活でも会社においても、ニュースなどでも広く表現される事などがあります。

よくニュースなどで事件を行ったとされるような犯人の特徴などを第三者が説明したりするときに違和感を感じたなどと表現しているような場面があると思います。

この意味も広い範囲で使うことが出来る利便性の高い言葉です。

「異和感」と言われることもある

ちなみに違和感と言う言葉に関しては、「異和感」と表記される事などもあります。

これに関しては漢字表記によって辞書によっての説明が違うということなども存在していますが、本来違和感という言葉を使う場合は、違和感が正しいので、「異和感」という言葉は間違っていると認識する必要があります。

使い方

ここまでは違和感という言葉の基本的な意味についてご紹介をしていきました。

違和感という言葉の基本的な意味を理解いただいた所で、ここからは違和感という言葉がどの様にして使われるのかということについてご紹介をしていきます。

普段の日常生活で違和感という言葉をよく使用している方については今更という感覚の方もいるかもしれませんが、普段あまり違和感という言葉を用いていない方や、年齢などが幼い方などは使い方が分からない方も当然いらっしゃると思います。

違和感という言葉の意味を知り、使い方を知る事で正しい知識に結び付くようになりますので、この機会に正しい使い方についても簡単に理解しておきましょう。

違和感を覚える

まずはじめにご紹介する違和感という言葉の使い方は「違和感を覚える」という例文です。

この例文を考える場合はまず違和感という言葉の意味をもう一度思い出していただく必要があります。

違和感の意味は「①生理的、心理的にしっくりこないこと②周囲の雰囲気にそぐわないこと③食い違っていること④普段と様子が違うこと」という意味があると先ほどご紹介しました。

それではこの例文に対してどの様な意味が一番合うのかということを考えてみると、基本的には全ての場面で使用することが可能であると理解することができます。

なぜなら、違和感を覚えるという言葉であれば、それぞれその前に付く状況を項目別に設定することでそれぞれの意味として活用することが出来るからです。

つまり、この言葉をそれぞれ該当する状況に当てはめて、そのあとにこの言葉をくっつけるだけで別々の意味を使い分ける事が出来るという事です。

例えば、政治家の釈明に違和感を感じたのであれば、あの説明には違和感を覚えると表現できますし、普段とAさんの様子が違えば、Aさんの様子に違和感を覚える と説明することが出来ます。

なので、様々な意味や広範囲の状況で使用する事が出来る便利な例文であると考えることが出来ます。

違和感がある

次にご紹介する違和感という言葉の使い方は「違和感がある」という例文です。

この例文に関しても先ほどご紹介した違和感の意味ある程度全てを用いることができます。

先ほどご紹介した違和感を覚えるという言葉と違和感があると言う言葉を比較しても、そこまで言葉自体も変わっていないですし、意味も同じなので、ほぼ同一の意味として用いることが出来ます。

先ほどご紹介した状況に違和感があるという言葉を当てはめてみても、意味が変わる事はないのが同じであるという理由に繋がります。

単純に語尾がちょっと変わっただけで、意味が大きく変わるわけではないという事を理解していただければわかりやすいと思います。

違和感を感じる5個のこと

ここまでは違和感の使い方について簡単にご紹介をしていきました。

違和感という言葉が具体的にどういう風に使われるのかという事を理解していただいた所で、ここからは現実の世界で違和感を感じるような事に関してご紹介していきたいと思います。

人生を生きていると様々な日常生活の中で違和感を感じる出来事や場面に遭遇すると思います。

おそらくここからご紹介していく中には、今までの過去の経験の中で一度は経験した様な事が一つは紹介されると思います。

なので、あなたが日常生活で違和感を感じるような事を思い浮かべながら、見ていただくとより楽しめると思いますよ。

今回は「違和感を感じる言葉」と「違和感を感じる行動」について分けてご紹介していきたいと思いますので、それぞれ該当しているものがないか確認してみてください。

違和感を感じる言葉

まずはじめにご紹介するのは違和感を感じるシチュエーションのうち、言葉で感じる場合です。

言葉で違和感を感じる場合という事は日常生活の中でも比較的多く存在しています。

さらに、感じる場面はある程度大人数の方が同じことで感じている場面などもありますので、この点に気が付ける事によって、自分自身が恥ずかしい失敗などをしなくする予防効果などもありますので、早い段階で知っておいて損になるような事はありません。

間違った日本語を使わない事などにも関連していますので、ここからご紹介する中でひとつでも間違っているような事があれば、早めに自分自身の中で改善できるように工夫する必要があります。

自分が間違って使っているような事がないか確認しながら見てみてください。