人間の一生は他の生物と違い、かなり一生が長い生きものだと言われています。

身近にいる生物を考えると、犬や猫などがいると思いますが、彼らは人間ほど長くは生きられません。

人間の一生は国によって違い、日本は最も長寿の国だといわれています。

男性の場合は2016年時点では80.98歳、女性の場合は87.14歳となっています。

つまり、男性の場合は約80年、女性の場合は約90年生きられると考えられます。

これだけ長い期間生きられるとなると、人生においては様々な事を体験するという事になります。

中には楽しい経験もあれば、辛い経験などをする事もあると思いますが、様々な体験をしていく中で、時には違和感を感じるような事もあったりする事があります。

日常生活の中で違和感を感じるような事はたくさんの方が経験していると思いますが、例えばある出来事に対して違和感を感じたり、相手の話している内容に対して違和感を感じたりといったように、様々なシチュエーションでそれは起こりうる可能性があります。

そんな違和感という事を今回はテーマにして、違和感を感じる事についてご紹介していきたいと思います。

あなたが普段日常生活を送っていく中で感じているような違和感を、自分の頭の中で想像しながら読み進めて頂くとより楽しめると思いますよ。

違和感とは?

そもそも違和感という事は一体何なのかという事を考えた事がありますか?
日常的に用いる頻度が高い言葉ですがではありますが、改めて説明をしてみろと言われるとうまく説明できない場合もあったりするので、上手く説明できない方も中にはいると思います。

違和感とはどちらかといえばある程度ざっくりした意味合いで使われている事なども多かったりするので、深く考えずに使用している人は分からなくなる傾向がある言葉です。

違和感のある事についてご紹介していく前に、まずは違和感という言葉がどういう風な言葉の意味を持っているのか正しい知識を学ぶ必要があります。

なので、違和感という言葉の意味から間違いなく理解する事から始めていきましょう。

意味

違和感と言う言葉は日常生活の中で使う場合もあれば仕事をしているときに用いられることもあります。

比較的様々な場面で使われることから利便性が高くたくさんの人に浸透している言葉でもあります。

違和感という言葉を使う際には、何らかの物事や行動に対して指し示す場合が多いです。

その点を踏まえた上で、違和感という言葉は本来どういう意味を持っているのか細かく考えていきましょう。

生理的、心理的にしっくりこないこと

まずはじめにご紹介する違和感という言葉の意味は「生理的・心理的にしっくりこないことを」表している言葉です。

この言葉の意味を考えた時に日常生活で使う例を考えてみると、例えば相手がなにかの言葉を使っていた時に、その言葉が本来正しい意味合いとして用いられていない場合に使われる可能性がとても高いです。

例えば、 あなたがコンビニなどで買い物をしていたとして、1万円を出したとします。

そうすると店員さんがよく言いがちなのが、1万円からでいいですか?というような事を言ったりします。

よく耳にする言葉ですが、からの意味が分からないと感じるような方もいるはずですよね。

このように、普段使われている言葉や行動などに対して自分自身の心があまりしっくりこない場合などに「違和感を感じる」という言葉で表現することが出来ます。

つまり、何らかの事に対して納得できないような状況などを指し示す時に使ったりすることが出来る言葉です。

基本的には違和感を感じるという事は物事に対して否定的な意味を持っているととらえてください。

周囲の雰囲気にそぐわないこと

次にご紹介する違和感という言葉の意味は「周囲の雰囲気にそぐわないこと」という意味です。

例えば違和感という言葉を使う場合、周囲の雰囲気にそぐわない状況で用いられる言葉や行動に対して指摘する際や状況を説明するときに用いられる場合があります。

これはどういう事かといいますと、例えば最近は若者言葉などが広く用いられている時代です。

若い世代の方ならば特にそうですが、若者言葉に関してはついつい会話の中で用いてしまうような人などもたくさんいらっしゃいます。

若者言葉に関しては普段使わない人からすれば用いられると違和感を感じる様な言葉がたくさんあります。

それに、若い方の中には会社などのいわゆる上下関係がしっかりと発生している場でも使ったりしている方もいるので、場にそぐわないような言動だと認識される場合などもあります。

例えば、相手に対して敬語をつかわないといけないような場面や、相手が上司であるにも関わらず、相槌で相手に対してなるほどですね、などと口走ってしまうような人がいたりします。

なるほどですね、という言葉は普通に使われている場合が多いのですが、もともとは若者言葉です。

本来であれば「なるほどですね」ではなくて、「さようでございますね」という言葉を用いなければいけません。

なので、このようにその場に適していない言葉遣いを行っている場合などに対して違和感を感じるという言葉で表現することが出来ます。

食い違っていること

次にご紹介する違和感という言葉の意味は「食い違っていること」という意味です。

これはどういうことかと言いますと、相手の説明に対して納得がいかなかったり、説明している意味がよくわからない様な場合などに用いることができます。

つまり簡単に言えば、単純に間違っているような時などに対して用いることが出来るという意味です。

元々食い違っているという意味自体が異なるという意味を持っていますので、間違っているという風にとらえれば意味を大きく間違える事はありません。

普段日常生活をしている中で、時には間違ってしまうような事や勘違いをしてしまっているような事が誰でもありますよね。

その時に自分は気づけないかもしれませんが、相手からすれば間違っている事や勘違いしているんだろうな、と考えることがある場合が多いです。

そのような時に相手の取った行動や話している内容に対して違和感を感じたと説明すれば、食い違っているという意味として用いることが出来ます。

また、それ以外に一般的に起こりうる場合を考えてみると、例えば政治家などが不祥事を起こした場合は、その不祥事に対して説明を行ったりするのですが、説明が不十分であったり政治家の話してる内容と実際に起こってることに何らかの相違があったりする場合が考えられます。

大抵の場合は自分の身を守るために世間体が良いような言い訳をしたりする場合が多いのですが、 そのような説明を受けた時に有権者からは違和感を感じるという言葉で表現されたりしますので、そのような使い方なども出来る、非常に広範囲の場合に用いることが出来る言葉です。

普段と様子が違うこと

次にご紹介する違和感という言葉の意味は「普段と様子が違うこと」という意味です。

この意味は言葉通りのそのままの意味で普段の相手の対応と今回の相手の対応が全く違ったり様子がおかしい様なときに用いる事が出来る言葉です。

例えば、Aさんという男性がいたとして、昨日Aさんに会った時には普通だったのに、今日Aさんに会った時にはいつもと様子がおかしかったという事などがあります。

そんな時に「今日のAさんなんだか違和感を感じたなぁ」という風に違和感という言葉を使うことが出来ます。

これに関しても様々な場面で用いることができ、いつもと様子が違うことを表現するのは日常生活でも会社においても、ニュースなどでも広く表現される事などがあります。

よくニュースなどで事件を行ったとされるような犯人の特徴などを第三者が説明したりするときに違和感を感じたなどと表現しているような場面があると思います。

この意味も広い範囲で使うことが出来る利便性の高い言葉です。

「異和感」と言われることもある

ちなみに違和感と言う言葉に関しては、「異和感」と表記される事などもあります。

これに関しては漢字表記によって辞書によっての説明が違うということなども存在していますが、本来違和感という言葉を使う場合は、違和感が正しいので、「異和感」という言葉は間違っていると認識する必要があります。

使い方

ここまでは違和感という言葉の基本的な意味についてご紹介をしていきました。

違和感という言葉の基本的な意味を理解いただいた所で、ここからは違和感という言葉がどの様にして使われるのかということについてご紹介をしていきます。

普段の日常生活で違和感という言葉をよく使用している方については今更という感覚の方もいるかもしれませんが、普段あまり違和感という言葉を用いていない方や、年齢などが幼い方などは使い方が分からない方も当然いらっしゃると思います。

違和感という言葉の意味を知り、使い方を知る事で正しい知識に結び付くようになりますので、この機会に正しい使い方についても簡単に理解しておきましょう。

違和感を覚える

まずはじめにご紹介する違和感という言葉の使い方は「違和感を覚える」という例文です。

この例文を考える場合はまず違和感という言葉の意味をもう一度思い出していただく必要があります。

違和感の意味は「①生理的、心理的にしっくりこないこと②周囲の雰囲気にそぐわないこと③食い違っていること④普段と様子が違うこと」という意味があると先ほどご紹介しました。

それではこの例文に対してどの様な意味が一番合うのかということを考えてみると、基本的には全ての場面で使用することが可能であると理解することができます。

なぜなら、違和感を覚えるという言葉であれば、それぞれその前に付く状況を項目別に設定することでそれぞれの意味として活用することが出来るからです。

つまり、この言葉をそれぞれ該当する状況に当てはめて、そのあとにこの言葉をくっつけるだけで別々の意味を使い分ける事が出来るという事です。

例えば、政治家の釈明に違和感を感じたのであれば、あの説明には違和感を覚えると表現できますし、普段とAさんの様子が違えば、Aさんの様子に違和感を覚える と説明することが出来ます。

なので、様々な意味や広範囲の状況で使用する事が出来る便利な例文であると考えることが出来ます。

違和感がある

次にご紹介する違和感という言葉の使い方は「違和感がある」という例文です。

この例文に関しても先ほどご紹介した違和感の意味ある程度全てを用いることができます。

先ほどご紹介した違和感を覚えるという言葉と違和感があると言う言葉を比較しても、そこまで言葉自体も変わっていないですし、意味も同じなので、ほぼ同一の意味として用いることが出来ます。

先ほどご紹介した状況に違和感があるという言葉を当てはめてみても、意味が変わる事はないのが同じであるという理由に繋がります。

単純に語尾がちょっと変わっただけで、意味が大きく変わるわけではないという事を理解していただければわかりやすいと思います。

違和感を感じる5個のこと

ここまでは違和感の使い方について簡単にご紹介をしていきました。

違和感という言葉が具体的にどういう風に使われるのかという事を理解していただいた所で、ここからは現実の世界で違和感を感じるような事に関してご紹介していきたいと思います。

人生を生きていると様々な日常生活の中で違和感を感じる出来事や場面に遭遇すると思います。

おそらくここからご紹介していく中には、今までの過去の経験の中で一度は経験した様な事が一つは紹介されると思います。

なので、あなたが日常生活で違和感を感じるような事を思い浮かべながら、見ていただくとより楽しめると思いますよ。

今回は「違和感を感じる言葉」と「違和感を感じる行動」について分けてご紹介していきたいと思いますので、それぞれ該当しているものがないか確認してみてください。

違和感を感じる言葉

まずはじめにご紹介するのは違和感を感じるシチュエーションのうち、言葉で感じる場合です。

言葉で違和感を感じる場合という事は日常生活の中でも比較的多く存在しています。

さらに、感じる場面はある程度大人数の方が同じことで感じている場面などもありますので、この点に気が付ける事によって、自分自身が恥ずかしい失敗などをしなくする予防効果などもありますので、早い段階で知っておいて損になるような事はありません。

間違った日本語を使わない事などにも関連していますので、ここからご紹介する中でひとつでも間違っているような事があれば、早めに自分自身の中で改善できるように工夫する必要があります。

自分が間違って使っているような事がないか確認しながら見てみてください。

1.ら抜き言葉

まずはじめにご紹介する違和感を感じる言葉は「ら抜き言葉」です。

若い方であるほど自然に使ってしまっている言葉になりますので、若い方は違和感を感じずに当たり前の様に使ってしまっている場合があります。

しかしながら、「ら抜き言葉」を使わない年配の世代に関しては違和感を感じてしまう場合が多くなりますので、日常生活で使っている場合は注意をする必要があります。

では具体的に「ら抜き言葉」という言葉はどの様な言葉を指し示すとかと言うことを簡単にご紹介します。

「ら抜き言葉」という言葉はその名前の通りらの文字を抜かしている言葉のことを指し示しています。

例えば私たちは生きるために食事をしなければいけませんが、食事をすることを本来は食べられる、という言葉で表現していました。

しかし、現代においては食べるという言葉のみで表現しています。

これは食べられる→食べる という風にらとれが抜けている状況になり、これはもともと動詞の可能性である言葉かららを抜いた言い方とされています。

本来であれば「ら抜き言葉」に関しては誤った日本語として認識されていますが、 テレビに出てくるような芸能人家タレント若しくは評論家に関しても謝った日本語としてら抜き言葉を平然と使っている状況になりますのでたくさんの方が当たり前の様に使ってしまっている状況となっています。

そこまで絶対に訂正しなければ失礼になってしまうという訳でもない為、注意する必要性はそこまで大きくないかもしれませんが、きちんとした場ではそれなりに正しい日本語を使う事が求められますので、「ら抜き言葉」などは場によっては使わないようにしなければいけない事を認識する必要があります。

【ら抜き言葉については、こちらの記事もチェック!】

2.○○でよろしかったですか?

次にご紹介する違和感を感じる言葉は「○○でよろしかったですか」という言葉です。

この言葉に関してはよく耳にするのは飲食店などやコンビニなどで注文や会計をする時などに耳にすることがとても多いと思います。

例えば「注文は以上でよろしかったでしょうか?」というような言葉は今では誰もが聞いたことがあるセリフです。

この言葉に関して、若い世代の方は問題ないと思うかもしれませんが、実はかなりの数の人間がこの言葉に違和感を感じています。

これはそもそも敬語ではないと考えている方もいるので、 人によっては間違った日本語であると認識してこの言葉で対応されると怒ってしまうという方も存在しています。

事実をして過去に行われたアンケートで2000人を対象に実施された輿論調査では半数以上が気になると答えています。

一般的には間違っているという言葉として認識されていますが、しかしこの言葉は実は丁寧な表現だとして認められています。

この言葉に関しては「あなたの判断はもう聞いたが、私の認識はこれで間違いないですか?」という言葉の意味で使われる言葉であり、 相手に対しての配慮が含まれた言葉であると判断されています。

なので一概に間違っていると一方的に判断することはできない言葉なのです。

しかしながら、年配の方に対しては怒られてしまう場合もあるので、年配の方に対してはよろしいでしょうか?といい方などを工夫するように使い分けると勘違いが起こらないのできをつけておきましょう。

3.1万円「から」お預かりします

次にご紹介する違和感を感じる言葉は1万円「から」お預かりしますという言葉です。

この言葉に関しても飲食店やコンビニなどでお会計をする時によく耳にする言葉だと思います。

この言葉に関しては「から」という言葉をつける意味が分からない方が違和感を感じる表現として口を揃えていると思います。

確かに「から」を付けているのに、一万円から「何を」預かるのかという事を名言しないで使っているため、奇妙な印象を相手に与えてしまっている文章の意味になります。

なので、多くの方からすれば全く持って理解しがたい言葉として認識されています。

しかしながら、間違っているといえば間違っているが、そうでもない言葉でもあるんです。

つまり、どういう事かといいますと省略という点に関していえば省略された正しい言葉として通用します。

つまり、この言葉の本来の意味は「一万円から八千円を預かり、二千円は返しますよ」という意味が略称された言葉なのです。

この表現をそのまますべて表現すると長ったらしくなってしまいますので、一万円からという言葉でこれらすべてを略称している意味になります。

恐らく初めて知ったという方や、知らないけど普段から使っていたという方もいると思いますが、本来の意味はこの意味が隠れています。

なので、人によってはこれらの一連の意味を理解していなければ意味が分からないと思われるのも無理はありません。

むしろここまで理解している人の方が少ないと思いますので、あまり普段は使わないようにするのが賢明な判断です。

4.させていただく

次にご紹介する違和感を感じる言葉は「させていただく」という言葉です。

させていただくと言う言葉に関しては様々な場面で耳にすることがある言葉です。

基本的には敬語として使われる場面が多いので職場や取引先なのでこの言葉を頻繁に耳にすることになります。

一見するととても丁寧な言い方として使われている様に見えるのですがよくよく考えるとさせていただくという言葉が起因になってトラブルに巻き込まれてしまう場合もあります。

具体的にどういう事かといいますと、 この言葉に関しては「他社の許可を得た上で自分が行うことについてその恩恵を受けることに対して敬意を払っている場合」に使用される言葉だと定義されています。

つまり、どういう事かといいますと、①相手に対して許可を受けているのか?②恩恵を受けているのか?という2つの項目をクリアしていないと使うことが出来ない言葉になります。

なので、相手が許可していないような事をさせていただくという言葉で表現すると相手に意向に関係なく一方的に行うということを表現している言葉になるので間違った使い方になるということです。

この言葉の様にきちんと言葉の意味が本来持っている定義を理解しておかなければ間違った日本語として相手に失礼な印象を与えてしまうという危険性が存在しますので、相手はある程度日本のなどに対して知識があったり、礼儀を重んじているような厳格な人だった場合は、言葉遣いもそれ相応に注意する必要があるという事を理解してください。

5.○○くない?

次にご紹介する違和感を感じる言葉は「○○くない?」という言葉です。

この言葉に対して違和感を持っている方はかなり多いと思います。

若者言葉として用いられている場合がかなり多いのですが、確かに利便性が高いのは事実です。

例えば、何かに対して違うという事を説明する場合は→「ちがくない」という言葉で表現できますし、何かに対して好きかどうかという事を説明する場合は→「好きくない」という言葉で表現できます。

この言葉はある程度若者が使う言葉としても認識されており、年配の方が耳にすると意味が全くわからないという方も多いです。

便利な言葉ではありますが、たくさんの方が違和感を持つ言葉でもありますので、使う場面は注意する必要があります。

ちなみに、この言葉の不思議なところは語尾を下げるか上げるかで意味が変わるという事です。

例えば語尾を上げると「好きくない?」と相手に質問を投げかける意味として利用できます。

しかし、語尾を下げると「好きくない」と相手に対して好きではないという事を表すことが出来ます。

しかし、間違った日本語としてあまり受け入れられてはいないので、癖になっている方は改善できるように努める必要があります。

違和感を感じる5個の行動

ここまでは「違和感を感じる言葉」についてご紹介をしていきましたが、ここからは「違和感を感じる行動」についてご紹介をしていきます。

違和感を感じる言葉もたくさんありますが行動に関しても違和感を感じるシチュエーションをたくさんあります。

違和感を感じるということは厳密に言えば間違っているということにつながっていますので、相手に対してあまり良い印象を与えられないという事になります。

なので、違和感を感じさせてしまうような行動をつい取ってしまっている場合は注意が必要です。

ここからご紹介する内容に該当してしまっている場合は、改善できるように工夫が必要です。

1.一緒にいるのに相手が携帯ばかり触っているとき

まずはじめにご紹介する違和感を感じる行動は「一緒にいるのに相手が携帯ばかり触っているとき」です。

昔に比べて携帯電話はとても便利なものになりました。

今ではスマートフォンと呼ばれるインターネットに気軽に接続して様々なサービスが楽しめる、生活には欠かせない道具になっています。

人によっては常に触っていないと落ち着かないという人もいるくらいなので、常にスマホを触っているような人を見かけますが、 友達同士で一緒にSNSなどを話題にして話しているのであれば問題はないかもしれませんが、初対面の方や年上の方などを目の前にしている状態でスマホばかり扱っている場合は違和感を感じると言われても仕方ありません。

ちょっと考えればわかることかもしれませんがスマートフォンをいじるのはいつでもできますが友達と一緒にいるのは今だけです。

なので、スマホをいじるという事を選択するよりも友達と楽しむ事を優先すべきですし、大前提として人と一緒に時間を過ごしているのにスマホばかり扱うのは相手に対して失礼です。

最近は先輩を目の前にしてもこのような態度を取る若者が増えているので、この様な事を日常的に行っている方は必ず相手から良い気はされていないので注意する必要があります。

2.常に1人行動をしているとき

次にご紹介する違和感を感じる行動は「常に1人行動をしているとき」です。

何をするにしても常に一人で行動をしている様な人が時々見受けられますがこの様な方を見ると違和感を感じる方も多いと思います。

普通に生きていれば様々な場面でたくさんの人とコミュニケーションを取る機会が存在しています。

例えば学校やアルバイト先や職場などでもそうですが、様々な人と話をして自分のことを知り、相手の事を知ることで相手と親睦を深めて仲良くなり、行動を共にしたりする事は当たり前です。

しかし、常に何をするときも一人で行動するような人がいるとすれば違和感を感じてしまうのも無理はありません。

当然一人よりもたくさんの人と一緒にいた方が楽しいのに、どうして一人で行動しているんだろう?と疑問に思うはずです。

人によってですが、人間関係で煩わしい思いをしたのかな?とか、人と関わる事が苦手なのかな?などと思いを馳せる事があると思います。

本人からすれば一人で行動していることに関して何も違和感を感じないかもしれませんが、周りからすれば違和感を感じさせてしまう行動につながる可能性があるため、一人で行動するのが好きだったとしても、ある程度集団で生活する場面では最低限のコミュニケーションを欠かさないようにすれば、変な目で見られる事はないので、この点だけ注意しておくようにしましょう。

3.恋人が自分の趣味ばかりを優先しているとき

次にご紹介する違和感を感じる行動は「恋人が自分の趣味ばかりを優先しているとき」です。

恋愛において恋愛相手に違和感を感じる定番ですが、恋愛はそもそも一人で行うものではなく、二人で行うものです。

なので恋愛をするならばお互いの気持ちがお互いに向いていなければ意味がありません。

片方だけが抜いていても片方がそっぽを向いていては意味がないので、恋愛をするならばお互いに相手を思いやることが大切です。

大切にしたい趣味があったとしても、その趣味ばかりを大切にして相手のことを気にかけてあげられない様では恋愛をする資格はありません。

恋人が自分の趣味ばかりを優先して自分のことを優先してくれないという状況があった時、おそらく相手は違和感を感じて、時には別れを決断してしまう場合などもありますので、関係に亀裂が入る事を恐れている人は相手に対して思いやりの気持ちを持てるように努力する必要があります。

4.悪気もなくゴミをポイ捨てしている人を見たとき

次にご紹介する違和感を感じる行動は「悪気もなくゴミをポイ捨てしている人を見たとき」です。

この件に関しては違和感を感じて当然だと思いますが、ゴミをポイ捨てするような人は基本的に自分が良ければ周りのことはどうでも良いと考えてる人です。

なぜなら自分が手に持っているゴミが煩わしいからと言う自分勝手な理由で他の人達が困る様な行動を取るということなので、最終的に自分のことしか考えていないという判断で捉えることができるからです。

自分が良ければ周りのことはどうでも良いと考えている人は行動だけではなく、普段の言動などからもその性格が読み取れる場合が多いです。

人間的にあまり良い人間ではないと判断する事もできますので、違和感を感じる行動だと指摘されても文句は言えません。

正しい人間になりたいのであれば、周りに対する気遣いや、自分勝手な気持ちを優先しないようにする考えを身に着ける必要があります。

5.挙動不振でキョロキョロしているとき

次にご紹介する違和感を感じる行動は「挙動不振でキョロキョロしているとき」です。

この件に関してはもう言葉の意味の通り違和感を感じる行動でしかないのですが、普通に生きていれば挙動不審になる様な事はありません。

挙動不審になっている場合は自分の心の中で何かやましいことをしたりずるいことをしたりした場合にそれを自覚しているからこそ挙動不審になってしまうのです。

正しいことをして正しく生きている人間は挙動不審になることはありませんし周りを必要以上にキョロキョロするようなことはありません。

何かの病気で人に対して恐怖を感じているような方であれば別かもしれませんが、普通の人間はこのような事をしませんので、大抵犯罪や薬物などを行っている場合が多いので、違和感を感じて当然です。

このような人を見かけたら、すぐさま離れて警察などに相談する事が一番おすすめです。

関わってしまうと危ない目にあってしまう可能性がありますし、挙動不審な人は冷静さを欠いて予想不可能な行動を取ってくる場合などがありますので、十分注意してください。