言葉に出して愛しているを伝えていますか?

海外では男性は女性に対して当たり前のようにこう伝えていますが、日本人は恥ずかしさからなのか、愛していると伝える事がとても少なくなっています。

そこで今回の記事ではそんな恥ずかしがり屋な日本人男性でも、愛情表現を上手く伝えられる方法を18個紹介していきます。

奥さんや彼女に「愛してる」を伝えるおすすめの方法18選

たくさんの項目をピックアップしています。

そのすべてが誰にでも当てはまるというわけではありません。

普通の男性なら、できない項目は捨て、これまでやろうとしたことはあるが、躊躇して思いとどまったというレベルの方法を選ぶとよいでしょう。

1.ギュッと抱きしめる


これは誰にでもすぐに始められる項目です。

お金もかかりません。

タイミングを間違えないように注意しながら、まずハグすることからいきましょう。

2.花を買ってくる


花束をもって電車やバスに乗って帰るのは、けっこう勇気がいります。

現在ではフラワーギフトの当日配達というサービスがあります。

便利な世の中になったおかげで、いろいろなやり方が考えられます。

かえってその使い方で迷うくらいです。

とにかく思い立ったらすぐにできる行為です。

花のプレゼントで叱られることはありません。

まずやってみましょう。

3.そっと手をつなぐ


筆者の中国人妻は、日本には老若を問わず手をつないでいるカップルがいない、とよく言います。

確かに男女の2人連れは中国の方が仲良く歩いてるようです。

特に中高年層では明らかにそうです。

日本は第三者の目を少し気にし過ぎる社会です。

日本女性は服装のTPOなどについて第三者をひどく気にしますが、パートナーとの仲の良さを示す行為では堂々としています。

腰が引けているの間違いなく男性側でしょう。

そのために人前でそっと手をつなぐだけの行為でも、大いに効果は上がるはずです。

4.手料理を食べながら何度も「美味しい!」と言う


これもすぐに始められます。

簡単で勇気を絞り出す必要も、テレもないでしょう。

男性が自分で料理をする、しないに関わらず手料理を褒めるのは効果的です。

ただし世界は広く、おとなりの中国では真逆です。

北京・上海などの大都市では、ほとんどの男性は料理を作ることができます。

それはなぜでしょうか。

答えは、料理ができないと結婚できないからです。

男性側はマンションを準備し、料理ができなければなりません。

そして中国女性は遠慮というものを知りません。

不味いものははっきり不味いと意志表示します。

これに比べれば日本の男性は環境に恵まれた温室にいます。

日本に生まれた幸運に感謝しつつ、パートナーの手料理を褒めて下さい。

5.サプライズを仕掛ける


一人ではできない大仕掛けなものは必要ありません。

普段何もしていない男性なら、何をしてもサプライズになリ効果的です。

例えば記念日は作ろうと思えばいくらでも作れます。

気の利いた記念日を創造し、どこかへ出かけるだけでも立派なサプライズになります。

ここはアイデア勝負です。

6.将来の大きなイベントについて話を持ちかける

男性の情熱的な話に、女性は生命力の強さを感じて心地よいのでしょう。

熱心に聞いてくれます。

女性がそういうモードに入っているときに、2人の共通イベントについて言及するのは効果的です。

思いのほか男性のペースでことが運ぶことがあります。

これはチャンスかも知れません。

7.手紙を書く


互いに自由業というある夫婦は同じ家にいても、メールで連絡しあうことが多いそうです。

互いの集中力を妨げないようにする配慮なのでしょう。

スマホの普及により多かれ少なかれこういう傾向は、拡がっているのだと思います。

そうした風潮の中、手書きで書いたものの価値には高いものがあります。

アイデア便箋のようなものもたくさん出ています。

達筆ではない人でも遊び心から初めてみるのもよいでしょう。

8.「ずっと側にいたいな」と言う


男性が安心仕切って側にいられる状況を作ってげましょう。

またおとなりの話になりますが、家族最優先の中国・韓国では、社会正義より家族の利益が優先ですから、迷うことなく妻は全力で夫や子供を守ります。

これは中韓の男性が女性の支配に抵抗できない大きな理由です。

日本ではどちらを優先させるか、悩み苦しむ姿は警察ドラマの定番になっています。

どちらが良いではなく、拘束される感覚を持たせない、居心地のよい環境を準備できればいいのだと思います。

9.「君がいるから頑張れる」と言う

奥さんの内助の功のおかげで、業績を上げている男性はたくさんいます。

スポーツ選手など勝負の世界にいる人たちが一番分かりやすいでしょう。

勝利の女神です。

ただしこれはよほどのスター選手でなければ家庭の内情までわかりませんが、多くの選手たちは、「君がいるから頑張れる」という家庭を作って、活躍の原動力としているようです。

男性は自分をそうしたスポーツ選手に重ね合わせてみたらどうでしょう。

てらいなく感謝する言葉が出てくるかも知れません。

10.共通の友人にどれくらい愛しているのかを話す

これは非常に効果があります。

2人の幸せは自然に周りに波及していきます。

SNSの効果もあり仲のよいエピソードがあちこちで語られるようになります。

そして好感度は増し、それがブーメランとなり、当人たちにはね返ってきます。

正のスパイラル(好循環)に入り、不幸や不吉の付け込む余地はなくなっていくでしょう。

ただしあからさまに効果を狙って行う行動ではありません。

あくまで自然に行いましょう。

11.いつもやらない家事をやる


これも大した決意もなく始められる簡単なアクションのひとつです。

料理好きの男性は多くなっても、掃除、洗濯好きはまずいませんから、お手伝いすると効果的です。

もちろん、すでにお風呂掃除などを割り振られている男性では何の効果もなく、仕事の割当てをさらに増やすだけになってしまいます。

その辺はよく考えないといけません。

12.好きな物や食べ物をお土産に買ってくる

これも誰にでも簡単にできることです。

よく出張のある人は機会は多いでしょうし、もし忘れても東京駅などでは全国のお土産が買えます。

さらにネット通販もあります。

ここでも便利すぎてかえって困惑する世の中を実感できます。

とにかくまずやってみましょう。

13.替え歌にして想いを歌う


これは似合う人とそうでない人がいます。

というか楽器が弾けるとかセンス的にやれる人は限られています。

あまり一般的な手段とは言えません。

14.ルックスや性格を褒める

恋愛期間中なら、誰しもやっていたことにちがいありません。

結婚後はどうなっているのでしょうか、これは気になるところです。

年月を経てもラブラブと噂される夫婦間では、まめに行われているのでしょう。

奥さんが老け顔で艶がない、という夫婦間では、もう行われていないのでしょう。

こう考えるとこうした言葉には絶大な効果がありそうです。

これはぜひ続けるべきでしょう。

15.感謝の言葉をたくさん言う


いつも言わないこと言うと効果が上がります。

例えば何でもない常日ごろの感謝の言葉などです。

とくにぶっきらぼうにしている男性ならその効果は抜群です。

ただしおしゃべりな男性は逆にうるさがられるだけかも知れません。

少し黙るなど準備期間を置いた方がいいでしょう。

16.外国語で「愛してる」を伝える

筆者は日本女性とは結婚できず40代後半になってから、中国人女性と結婚しました。

したがって日本語で「愛してる」などと言う必要はなくなりました。

ホッとしました中国語で「我愛你」と言う分には、まるでよそ事です。

非常に気楽で精神的な負担はかかりません。

これで効果が上がるなら、簡単でおすすめです。

18.相手の言動を疑わない

女性の気まぐれでひどい目にあったことがある、とインプットされている気の弱い男性にとって、女性の言動を疑わない、というのは並大抵のことではありません。

どうしても「また駆け引きか」と思い、うんざりしてしまうからです。

したがってこれの実行は一番難しく、ある程度の風雪を経た夫婦には残念ながらもう当てはまらないでしょう。

本命相手の恋愛中で、しかもうそのない誠実な女性の場合に限ります。

恋愛と結婚とは違うことの一例です。

ここはうまく切り抜けてください。

あなたは奥さんや彼女をどれくらい愛していますか?

方法がわかったところで、次に一般的に女性に対してどの程度、愛情が伝わっているかを見ていきましょう。

欧米ではパーティーに呼ばれると、男性は奥さんやパートナーのことを口を極めて褒めそやすのが普通です。

ある日本人はアメリカのパーティーに夫妻で呼ばれました。

そのとき日本流に「うちのふつつかな妻が」と謙譲を表現しようと、「My Silly Wife」と発言してしまったところ、その場が凍りついたそうです。

これは本で読んだ知識に過ぎませんが、まったく正反対の文化がまさに激突した瞬間と言ってよいでしょう。

しかしこれは、どちらが良い悪いと評価を下すような問題なのでしょうか。

データを見てみましょう

実際の離婚率ををみるとアメリカの方が日本を大きく上回っています。

G20の先進国グループで見てみると、第一位はロシアで4.5、第二位アメリカ3.6、第三位ドイツ2.19、第四位イギリス2.65、第五位フランス1.97ときて日本は第六位で1.77です。

これは人口1000人当たりの離婚人数を表します。

ただし未婚の人も含めての数字です。

ですから結婚率も含めて考えなければなりません。

日本の結婚率は1000人当たり5.1となっています。

すると結婚数は離婚数の約3倍、このことを単純化して日本では3人に1人が離婚している、と言っているわけです。

この考え方によるとロシアでは5人のうち4人、アメリカは2人に1人離婚することになるそうです。

とにかく日本人は愛情表現は薄くてあっさりしていても、ロシア、アメリカに比べれば離婚率はまだまだ低いということがわかります。

ロシアや欧米では、はっきりモノを言いすぎるから離婚まで至ってしまうとも考えられます。

どちらが良いかわからない、というのはこういうことです。

ただし結婚に至るまでの恋愛過程においては、明らかにアメリカ流の大げさな愛情表現の方が効果的でしょう。

これには疑いの余地はありません。

きちんと愛情を伝えている男性は何割?

VCNC Japan(カップル専用アプリのビットウィ―ンを開発した韓国企業の日本法人)の調査によると10代~30代の女性3000人以上にアンケートした結果、何らかの形で愛情表現をされている、していると答えた人は61.6%だったそうです。

これが本当なら、日本人男性としては、まあまあよくやっているのではないか、と自己評価するかもしれません。

残り40%弱の中には、関係が悪化しているカップルもいるでしょうし、客観的に見てもまあまあよい数字ではないでしょうか。

かつて日本人男性たちは平気で「釣った魚に餌はいらない。(結婚すれば何もしてやる必要はないの意)」と言って横着を決め込んでいたものです。

その記憶がまだ鮮明に残っている筆者のような中年男性から見れば、この数字はとても大きな進歩に見えます。

しかし次のデータが示すように、女性にとってはまだまだ物足りないと思っています。

旦那さんや彼の愛情表現に満足している女性はどれくらい?

同じ調査によると98.6%の女性は、結婚生活に愛情表現は必要、と答えています。

ほぼ全員です。

ということは61.6%くらいでは全然追いついていないということになります。

男性に関するデータはありませんが、こんなに高くないのは明白でしょう。

愛情表現はしてくれなくてもいいから、俺に愛情表現を強要するのはやめてよね。

これが日本の男性配偶者の本音ではないでしょうか。

もちろん恋愛中はそんなぐうたらなことではだめだ、とわかっています。

めんどくさいなあと思いつつ、マメなやつほど女にモテる、という格言?に叱咤激励され、ぎこちなく体を動かしていた。

これは筆者の若き日の思い出です。

しかし結局いつも長続きしませんでした。

ただし自慢しても仕方ないことですが、相手が不満タラタラだったのは、ちゃんと認識できていました。

女性はどんなところを不満に思っている?

女性はどこに不満だったのでしょうか。

自分なりに思い返してみます。

言葉に出せばかえって行き違いが多くなる。

それが嫌でしゃべりを控え縮こまっていた、のではないかと思います。

それに何もかもはっきりさせることも恐れていたように感じます。

結論を出すのはイヤ、気が合っているのだからそれでいいじゃない、とそれ以上の関係の深化を否定していたのでしょう。

女性からみれば、うじうじした煮え切らない男の典型、に違いありません。

以下、そのころの反省を踏まえつつ、女性の男性に対する不満について考察しようと思います。

1.言葉が足りない

日本的風土においてはこれこそ最大の問題に間違いありません。

男は黙って、背中で引っ張る、という武士道的な美意識の名残りのような空気があります。

しかしこれは美徳と考えておいてよいと思います。

もの足りないと考える女性は、外国人男性と交流してみればどうでしょうか。

例えばおとなりの中国人、韓国人で考えてみます。

男たちは身の丈を超えて必死で自己アピールをします。

浮ついたフレーズも、嘘八百を並べることもまったく厭いません。

日本と違い過剰なのです。

日本女性も一度こういう体験をしてみるのもいいと思います。

こうしたアタックがしっくり来る、来ないを確認して、気持ちを整理し、その上で日本の男性を再評価すればよいのです。

これは正確な分析となり、説得力が出ます。

それをもとに言葉が足りないと言われれば、日本の男子はぐうの音も出ないでしょう。

2.気遣いが足りない

これに関しては男性側の視点から表現させていただこうと思います。

女性は気分が落ち込んでいるとき、男性のせいにしてうっぷん晴らしをすることがよくあります。

それも無意識のうちにですからやっかいです。

何がきっかになったのか男性側には全くわかりません。

そして気分が好転するともう前に言ったことを忘れています。

こういうモードによく入ってしまう女性から、気遣いが足りない、などと言われる覚えはないのです。

こういうときの女性の愚痴は一考に値しません。

不満は女性が落ち着いているときに耳を傾けてあげましょう。

それで十分です。

男性に気遣いを求めるなら、女性側も自由奔放なリズムに任せた行いは慎んで欲しいものです。

3.優しさが足りない

これは愛情の表現方法とその内容に関する中心テーマです。

いかにして優しさを表現すればいいのでしょうか。

男性にはその男性に固有のイメージがついています。

個性のことです。

がさつと評判の人は何かと有利です。

何か少しささやいただけで、生まれ変わったような印象を与えるでしょう。

ただしそれができないからこそ、がさつと言われているのです。

こういう男性に対して、新しい一歩を踏み出せ、と女性側が迫っている構図です。

これこそ恋愛ものノウハウの中心で、女性の関心はそこに集約されています。

男性もそういう意識で読むとよいでしょう。

ただしすでに何かとマメにやって、逆にすべっているような男性はここでは対象外です。

4.男性は恥ずかしがり屋

ここでは一般とは逆の見方を提示してみましょう。

少年の記憶をたどってみたいと思います。

筆者は足首の骨折により1週間ほど入院しました。

病室は男ばかりの4人部屋でした。

このとき女性とは大胆なものだ、と初めてわかったのです。

男性患者の母親、奥さん、娘さんたちは、まったく臆することなく、自分の家のように自由に病室へ入ってきます。

たちまち世間話が始まり、女性看護師を交えた女系家族のようになってしまいました。

最年少だった筆者はまるでペット扱いです。

ここでは男がえらそうに振舞っても滑稽なだけです。

身体の自由を奪われた男たちは、女性たちの掌中でころがされているような感覚でした。

男の悲しい運命を垣間見た、というわけではありませんが、この逆はありえないよなあ、ということは少年にもよく理解できました。

つまり逆から見れば、男が恥ずかしがりというより、女の方が大胆なのだ、ということです。

あまり大胆なところを見せられるより、女性は猫をかぶっていてくれた方がよい、というのが男性の本音でしょう。

そして誤解される可能性の大きい行為に出るより、大人しくしていよう。

これも男性が恥ずかしがりに見える一因かも知れません。

5.言葉よりも行動

言葉でのやりとりに自信がないとすれば、行動を先に起こすしかありません。

言葉で表現できることは限られている、と自らを納得させ、行動を先行させる。

うまく言葉では表現できない、と悩んでいる男性には有力な戦法です。

これまでやったことのないことを始めることにしましょう。

以下、有力な方法について考察していきます。

愛情が伝わらないのは危険

女性は男性と違い、糸の切れたタコのようにどこかへ行ってしまう心配はあまりないでしょう。

だからといって手入れしないで済む、というわけではありません。

定期的なメンテナンスは必須ですが、恋愛なれしていない男性には、その必要な頻度が分かりません。

これを強制せずに自然にわからせることができれば女性にとって理想的でしょう。

女性側も男性のせい、または男性社会のせいばかりにせず、こうした技術の研究をすることが必要だと思います。

しかし女性たちは、未だに自分磨きだけに熱を入れているように思えてなりません。

時代にほんろうされフラフラしている男、一向に変わろうとしない女、がうまくマッチしていない図式が見えます。

愛情を求めているのは男性側も同じなのです。

そして愛情を伝えていない可能性は、女性側にも十分考えられます。

ときには自らを省みて考えてほしいものだと思います。

慣れは停滞を生む

空気のようにお互いの存在を意識しないで済むような関係になる、それが理想の夫婦だ、という考え方も昔はありました。

現代はそうはいきません。

とくに男は黙っていればよい、ではなくなったのです。

愛情を保つにはいろいろな技術を必要とするようになりました。

統計によれば日本女性の就業率はすでに69%に達していて、70%を超えればもう北欧並みということです。

こうなるともう生活維持のために家庭にこだわる必要はなく、愛がなくなれば去る、というのは当たり前になりました。

その分ダイナミックな関係となっていて、流れに身を任せる空気の状態ではいられません。

それでは関係の停滞を生み、共通の夢や目標は失せていってしまうでしょう。

そうならないために、まず思いついたところから新しいアクションを起こしていきましょう。

必ずプラスの効果が得られるはずです。