言葉に出して愛しているを伝えていますか?

海外では男性は女性に対して当たり前のようにこう伝えていますが、日本人は恥ずかしさからなのか、愛していると伝える事がとても少なくなっています。

そこで今回の記事ではそんな恥ずかしがり屋な日本人男性でも、愛情表現を上手く伝えられる方法を18個紹介していきます。

奥さんや彼女に「愛してる」を伝えるおすすめの方法18選

たくさんの項目をピックアップしています。

そのすべてが誰にでも当てはまるというわけではありません。

普通の男性なら、できない項目は捨て、これまでやろうとしたことはあるが、躊躇して思いとどまったというレベルの方法を選ぶとよいでしょう。

1.ギュッと抱きしめる


これは誰にでもすぐに始められる項目です。

お金もかかりません。

タイミングを間違えないように注意しながら、まずハグすることからいきましょう。

2.花を買ってくる


花束をもって電車やバスに乗って帰るのは、けっこう勇気がいります。

現在ではフラワーギフトの当日配達というサービスがあります。

便利な世の中になったおかげで、いろいろなやり方が考えられます。

かえってその使い方で迷うくらいです。

とにかく思い立ったらすぐにできる行為です。

花のプレゼントで叱られることはありません。

まずやってみましょう。

3.そっと手をつなぐ


筆者の中国人妻は、日本には老若を問わず手をつないでいるカップルがいない、とよく言います。

確かに男女の2人連れは中国の方が仲良く歩いてるようです。

特に中高年層では明らかにそうです。

日本は第三者の目を少し気にし過ぎる社会です。

日本女性は服装のTPOなどについて第三者をひどく気にしますが、パートナーとの仲の良さを示す行為では堂々としています。

腰が引けているの間違いなく男性側でしょう。

そのために人前でそっと手をつなぐだけの行為でも、大いに効果は上がるはずです。

4.手料理を食べながら何度も「美味しい!」と言う


これもすぐに始められます。

簡単で勇気を絞り出す必要も、テレもないでしょう。

男性が自分で料理をする、しないに関わらず手料理を褒めるのは効果的です。

ただし世界は広く、おとなりの中国では真逆です。

北京・上海などの大都市では、ほとんどの男性は料理を作ることができます。

それはなぜでしょうか。

答えは、料理ができないと結婚できないからです。

男性側はマンションを準備し、料理ができなければなりません。

そして中国女性は遠慮というものを知りません。

不味いものははっきり不味いと意志表示します。

これに比べれば日本の男性は環境に恵まれた温室にいます。

日本に生まれた幸運に感謝しつつ、パートナーの手料理を褒めて下さい。

5.サプライズを仕掛ける


一人ではできない大仕掛けなものは必要ありません。

普段何もしていない男性なら、何をしてもサプライズになリ効果的です。

例えば記念日は作ろうと思えばいくらでも作れます。

気の利いた記念日を創造し、どこかへ出かけるだけでも立派なサプライズになります。

ここはアイデア勝負です。

6.将来の大きなイベントについて話を持ちかける

男性の情熱的な話に、女性は生命力の強さを感じて心地よいのでしょう。

熱心に聞いてくれます。

女性がそういうモードに入っているときに、2人の共通イベントについて言及するのは効果的です。

思いのほか男性のペースでことが運ぶことがあります。

これはチャンスかも知れません。

7.手紙を書く


互いに自由業というある夫婦は同じ家にいても、メールで連絡しあうことが多いそうです。

互いの集中力を妨げないようにする配慮なのでしょう。

スマホの普及により多かれ少なかれこういう傾向は、拡がっているのだと思います。

そうした風潮の中、手書きで書いたものの価値には高いものがあります。

アイデア便箋のようなものもたくさん出ています。

達筆ではない人でも遊び心から初めてみるのもよいでしょう。

8.「ずっと側にいたいな」と言う


男性が安心仕切って側にいられる状況を作ってげましょう。

またおとなりの話になりますが、家族最優先の中国・韓国では、社会正義より家族の利益が優先ですから、迷うことなく妻は全力で夫や子供を守ります。

これは中韓の男性が女性の支配に抵抗できない大きな理由です。

日本ではどちらを優先させるか、悩み苦しむ姿は警察ドラマの定番になっています。

どちらが良いではなく、拘束される感覚を持たせない、居心地のよい環境を準備できればいいのだと思います。

9.「君がいるから頑張れる」と言う

奥さんの内助の功のおかげで、業績を上げている男性はたくさんいます。

スポーツ選手など勝負の世界にいる人たちが一番分かりやすいでしょう。

勝利の女神です。

ただしこれはよほどのスター選手でなければ家庭の内情までわかりませんが、多くの選手たちは、「君がいるから頑張れる」という家庭を作って、活躍の原動力としているようです。

男性は自分をそうしたスポーツ選手に重ね合わせてみたらどうでしょう。

てらいなく感謝する言葉が出てくるかも知れません。

10.共通の友人にどれくらい愛しているのかを話す

これは非常に効果があります。

2人の幸せは自然に周りに波及していきます。

SNSの効果もあり仲のよいエピソードがあちこちで語られるようになります。

そして好感度は増し、それがブーメランとなり、当人たちにはね返ってきます。

正のスパイラル(好循環)に入り、不幸や不吉の付け込む余地はなくなっていくでしょう。

ただしあからさまに効果を狙って行う行動ではありません。

あくまで自然に行いましょう。

11.いつもやらない家事をやる


これも大した決意もなく始められる簡単なアクションのひとつです。

料理好きの男性は多くなっても、掃除、洗濯好きはまずいませんから、お手伝いすると効果的です。

もちろん、すでにお風呂掃除などを割り振られている男性では何の効果もなく、仕事の割当てをさらに増やすだけになってしまいます。

その辺はよく考えないといけません。

12.好きな物や食べ物をお土産に買ってくる

これも誰にでも簡単にできることです。

よく出張のある人は機会は多いでしょうし、もし忘れても東京駅などでは全国のお土産が買えます。

さらにネット通販もあります。

ここでも便利すぎてかえって困惑する世の中を実感できます。

とにかくまずやってみましょう。

13.替え歌にして想いを歌う


これは似合う人とそうでない人がいます。

というか楽器が弾けるとかセンス的にやれる人は限られています。

あまり一般的な手段とは言えません。

14.ルックスや性格を褒める

恋愛期間中なら、誰しもやっていたことにちがいありません。

結婚後はどうなっているのでしょうか、これは気になるところです。

年月を経てもラブラブと噂される夫婦間では、まめに行われているのでしょう。

奥さんが老け顔で艶がない、という夫婦間では、もう行われていないのでしょう。

こう考えるとこうした言葉には絶大な効果がありそうです。

これはぜひ続けるべきでしょう。

15.感謝の言葉をたくさん言う


いつも言わないこと言うと効果が上がります。

例えば何でもない常日ごろの感謝の言葉などです。

とくにぶっきらぼうにしている男性ならその効果は抜群です。

ただしおしゃべりな男性は逆にうるさがられるだけかも知れません。

少し黙るなど準備期間を置いた方がいいでしょう。

16.外国語で「愛してる」を伝える

筆者は日本女性とは結婚できず40代後半になってから、中国人女性と結婚しました。

したがって日本語で「愛してる」などと言う必要はなくなりました。

ホッとしました中国語で「我愛你」と言う分には、まるでよそ事です。

非常に気楽で精神的な負担はかかりません。

これで効果が上がるなら、簡単でおすすめです。

18.相手の言動を疑わない

女性の気まぐれでひどい目にあったことがある、とインプットされている気の弱い男性にとって、女性の言動を疑わない、というのは並大抵のことではありません。

どうしても「また駆け引きか」と思い、うんざりしてしまうからです。

したがってこれの実行は一番難しく、ある程度の風雪を経た夫婦には残念ながらもう当てはまらないでしょう。

本命相手の恋愛中で、しかもうそのない誠実な女性の場合に限ります。

恋愛と結婚とは違うことの一例です。

ここはうまく切り抜けてください。

あなたは奥さんや彼女をどれくらい愛していますか?

方法がわかったところで、次に一般的に女性に対してどの程度、愛情が伝わっているかを見ていきましょう。

欧米ではパーティーに呼ばれると、男性は奥さんやパートナーのことを口を極めて褒めそやすのが普通です。

ある日本人はアメリカのパーティーに夫妻で呼ばれました。

そのとき日本流に「うちのふつつかな妻が」と謙譲を表現しようと、「My Silly Wife」と発言してしまったところ、その場が凍りついたそうです。