CoCoSiA(ココシア)

「やぶさか」とはどういう意味?知らないと恥ずかしい使い方!

「やぶさか」とはどういう意味?知らないと恥ずかしい使い方!のイメージ写真

みなさんは「やぶさか」ってどういう意味か知っていますか?

根っからの日本人だけど、日本語がわからない!って時ありますよね。

聞いたことはあるけど、本当の意味を知らないなら、いざ使ってみても使い方を間違ったりして恥ずかしいかも・・・。

今回は、そんな現代の日本人の中でも、知られているようで知られていない日本語「やぶさか」について調べてみましょう♪

この記事の目次

「やぶさか」がわからないと恥?

やぶさかの意味がわからなくて恥をかいている

「やぶさか」って言葉、普段使っていますか?

日本人ならその意味わかりますよね!?

「やぶさかではないですよ~」

って使っている人の言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、その本当の意味がいまいちわかないってことありませんか?

でも、だからといって「やぶさかって何ですか?」って今更聞けないですよね・・・。

もしかしたら、なんとなく使っている言葉だと、ニュアンスやイメージでその言葉を使っている、ってことがあるかもしれません。

そうすると、本当の意味は分かっていなくて、じつは間違って使っていた!なんてこともあるかもしれません。

社会人として、日本人として、それでは恥ずかしい思いをしてしまうかもしれませんので、ここでちゃんと意味と使い方をチェックしていきましょう。

「やぶさか」という言葉を、自分が使っているとしても、周りの人が使っているとしても、

ちょっと調べてみることで、こんな意味もあったんだ!と新しい発見があるかもしれません。

「やぶさか」ってどういう意味?

やぶさかの意味を考えている

では、さっそく「やぶさか」ってどういう意味なのか調べてみましょう!

皆さんが思っている意味やイメージと本当に合っているかを試してみてくださいね♪

辞典に載っている意味

「やぶさか」の意味を辞典で調べてみると、じつは一つの意味を持つだけのことばではない、ということがわかります。

「やぶさか」は、それ自体では「躊躇するさま、けちなさま、しみったれ」という意味があります。

これは、気が進まない、気乗りしない、あまりやりたくないといった気持ちを表す言葉のようです。

さらに、「思い切りの悪さ」、「物惜しみするさま、けちなさま」という意味があります。

否定的な意味

つまり、この「やぶさか」に打消しを伴った表現で、よく一般に使われる「○○するにやぶさかではない」という表現は、

本来、「○○する努力を惜しまない、喜んで○○する」といった積極的な意味なんです。

「物惜しみしない」「躊躇しない」ということにもなります。

でも、実はそうはいっても多くの人は、そのような積極的な姿勢を表す表現としてだけでなく使っているのが実情です。

直接的な意味をとらえると、「やぶさかではない」と言われたときには、「喜んでします!」という意味になるのですが、

「やぶさか」という言葉自体に、気が進まないとかやりたくないといった気持ちを持っています。

それで、それを否定する言葉なので、逆に意味になるわけなのですが、

ニュアンスとしては、「やりたくないわけでもない」「やってもいい」「どちらかといえばやりたい」というような感じにもなります。

辞書からは、このような「仕方ないけどやってもいい」的な意味合いは受け取れないのですが、

小説や実際の会話のシーンなどではそのようなニュアンスで用いられていることが多いようです。

多くの日本人は「え~本当はやりたくないけど、仕方ないからやってもいいよ」というような意味で使っています。

つまり、ちょっとツンデレ。

「本当はやりたくない」という気持ちを否定して、「でもやります!」というような感じです。

「まあ、してあげてもいいけど」「というか、むしろしたいけどね」といった感じでしょうか。

「仕方なく・・・」というような、ちょっとネガティブな要素を持たせつつも、それを自分で否定して「むしろやります!」という意味なんですね。

でも、実際は「やぶさかではありません!」=「喜んでします!」というのが本来の意味なんです。

だから本来は、「物惜しみしませんよ」、「ケチりませんよ」、といったニュアンスになりますね。

「物惜しみせずに、喜んで努力します!」って、とても積極的な姿勢を感じさせる表現ですよね。

この「喜んでする!」という意味で「やぶさかではない」と使っている人ももちろんいますが、

文化相が平成25年度に「国語に関する世論調査」によって調べた結果によると、

この意味で使っている人は約34%、逆に「仕方なくする」というちょっと否定的な意味で使っている人は約44%という結果が出ています。

肯定的な意味

「やぶさか」を肯定的な意味として使う場合、「やぶさかになる」「○○をすることにやぶさかだ」というように言うことがあります。