CoCoSiA(ココシア)

独立が向いている人の15個の特徴

今いる会社では学ぶことも学んだし、そろそろ独立したい!

今の会社もすきだけれど、自分の好きなことをできていないな、自分のやりたいことで独立したい!

なんて、野望を抱いているそこのあなた!

実は、あなたのように独立を考えている人ってたくさんいるんです。

だからこそ、とても競争率が激しくなってるんですね。

そんな競争率の高い中で独立をする人というのは、ずばり”独立が向いている性格をしている”んです。

そんなことをいうと「もしかしたら自分にはそんな性格をしていないのかもしれない!」なんて心配になってしまうことも。

しかし、問題ありません!

この記事では、独立に向いている人の特徴をお伝えしています!

要するにそれができるようになればいいってことなんです!

これから、独立をしようと考えている人にはかなり必見です!

この記事の目次

独立を考える人は増えている

この記事を開いてくださったということは、きっとあなたは独立をしたいと考えているのでしょう。

そうではありませんか?

または、今は考えていないけれど、定年退職を迎えたらいずれかは・・・なんて気持ちになっている人もいるはずです。

その気持ちを恥ずかしがらないでください♪

まだ誰にも伝えていない卵の段階だとしても、そのような希望を抱いているあなたはとても素晴らしい!

現代社会では、まさに抜き出た釘はうたれる・・・傾向を持っている会社が多いんですよね。

というか、会社よりそのような社会形態になってしまっていることがとても問題なのですが。

しかし、そんななかでも自分の気持ちを正直に持ち、自分なりのヴィジョンをしっかり抱いている。

それってそうそうできるもんじゃないんです。

それに、夢や目標として頭の中で終わるのではなくってこの記事に出会えたように「検索」というなにかしらのアクションを起こしているのもすばらしいんです!
そこまで行かない人ってたくさんますからね。

そんなあなただからこそ、とってもおきの独立に対する情報をプレゼントしたいんです!それはずばり”独立に向いている人の性格”。

独立失敗で後悔しても遅い

実は、これからご紹介する独立に向いている人の性格にあてはまる人って少ないんです。

それは少しはあてはまるかもしれないですよね。

全てあてはまらないかもしれない。

それでもやっぱり成功する独立からはちょっと遠くなってしまうんです。

なぜかって?独立に向いている性質があるのに、他のところが向いていない性質を持っているために足を引っ張ってしまうからなんです。

あなたは、そんな経験ありませんかね。

得意科目があるし、苦手科目もある。

しかし、ある日得意科目のなかに苦手科目を含んだ問題が現われた。

そんなとき、てこずってしまうのではないでしょうか。

だって、苦手なんですから。

人は一度苦手だと判断すると、なかなか克服できないんですよね。

悲しいことに。

そのため、その苦手なもの―独立者として向いていないものをたくさんもっていたために、それが積もりに積もって悪い結果を招いてしまうことになるんです。

それをカバーしてくれるW社長みたいな存在がいればいいのですが、ほとんどの方は「自分ひとりで」経営者になり、会社をたちあげ”独立”したいと考えているはず。

だからこそ、失敗しはじめてからではもう遅いんです。

今はどこかの企業に勤めているから、なにか失敗した時には仲間だったり上司がカバーしてくれているかもしれません。

しかし、独立してしまったらそれをしてくれる人がいないんです。

失敗したら自分で絶対的にどうにかしなければなりませんし、もしも雇った人たちが失敗したのであればあなたが全ての責任を負わなければならなくなるんです。

とっても思い責任ですよね。

それに一度失敗して立て直すことが出来ればいいのですが、それを引きずったまま新しい事業なんかを引き受けたりするとその悪い影響が新しい事業にも及んでしまうことってあるんです。

だからこそ、失敗してからは遅い。

後悔先に立たず、ってこういうことなんです。

まずは独立に向いているかチェック

できれば、独立したのであれば、満足いくくらいに仕事を成功させたり、がっぽり稼ぎたい!そんな気持ちを抱いているんですよね。