今いる会社では学ぶことも学んだし、そろそろ独立したい!

今の会社もすきだけれど、自分の好きなことをできていないな、自分のやりたいことで独立したい!

なんて、野望を抱いているそこのあなた!

実は、あなたのように独立を考えている人ってたくさんいるんです。

だからこそ、とても競争率が激しくなってるんですね。

そんな競争率の高い中で独立をする人というのは、ずばり”独立が向いている性格をしている”んです。

そんなことをいうと「もしかしたら自分にはそんな性格をしていないのかもしれない!」なんて心配になってしまうことも。

しかし、問題ありません!

この記事では、独立に向いている人の特徴をお伝えしています!

要するにそれができるようになればいいってことなんです!

これから、独立をしようと考えている人にはかなり必見です!

独立を考える人は増えている

この記事を開いてくださったということは、きっとあなたは独立をしたいと考えているのでしょう。

そうではありませんか?

または、今は考えていないけれど、定年退職を迎えたらいずれかは・・・なんて気持ちになっている人もいるはずです。

その気持ちを恥ずかしがらないでください♪

まだ誰にも伝えていない卵の段階だとしても、そのような希望を抱いているあなたはとても素晴らしい!

現代社会では、まさに抜き出た釘はうたれる・・・傾向を持っている会社が多いんですよね。

というか、会社よりそのような社会形態になってしまっていることがとても問題なのですが。

しかし、そんななかでも自分の気持ちを正直に持ち、自分なりのヴィジョンをしっかり抱いている。

それってそうそうできるもんじゃないんです。

それに、夢や目標として頭の中で終わるのではなくってこの記事に出会えたように「検索」というなにかしらのアクションを起こしているのもすばらしいんです!
そこまで行かない人ってたくさんますからね。

そんなあなただからこそ、とってもおきの独立に対する情報をプレゼントしたいんです!それはずばり”独立に向いている人の性格”。

独立失敗で後悔しても遅い

実は、これからご紹介する独立に向いている人の性格にあてはまる人って少ないんです。

それは少しはあてはまるかもしれないですよね。

全てあてはまらないかもしれない。

それでもやっぱり成功する独立からはちょっと遠くなってしまうんです。

なぜかって?独立に向いている性質があるのに、他のところが向いていない性質を持っているために足を引っ張ってしまうからなんです。

あなたは、そんな経験ありませんかね。

得意科目があるし、苦手科目もある。

しかし、ある日得意科目のなかに苦手科目を含んだ問題が現われた。

そんなとき、てこずってしまうのではないでしょうか。

だって、苦手なんですから。

人は一度苦手だと判断すると、なかなか克服できないんですよね。

悲しいことに。

そのため、その苦手なもの―独立者として向いていないものをたくさんもっていたために、それが積もりに積もって悪い結果を招いてしまうことになるんです。

それをカバーしてくれるW社長みたいな存在がいればいいのですが、ほとんどの方は「自分ひとりで」経営者になり、会社をたちあげ”独立”したいと考えているはず。

だからこそ、失敗しはじめてからではもう遅いんです。

今はどこかの企業に勤めているから、なにか失敗した時には仲間だったり上司がカバーしてくれているかもしれません。

しかし、独立してしまったらそれをしてくれる人がいないんです。

失敗したら自分で絶対的にどうにかしなければなりませんし、もしも雇った人たちが失敗したのであればあなたが全ての責任を負わなければならなくなるんです。

とっても思い責任ですよね。

それに一度失敗して立て直すことが出来ればいいのですが、それを引きずったまま新しい事業なんかを引き受けたりするとその悪い影響が新しい事業にも及んでしまうことってあるんです。

だからこそ、失敗してからは遅い。

後悔先に立たず、ってこういうことなんです。

まずは独立に向いているかチェック

できれば、独立したのであれば、満足いくくらいに仕事を成功させたり、がっぽり稼ぎたい!そんな気持ちを抱いているんですよね。

だからこそ、そのようにしたいのであればこそ!「独立者に向いている性格」をしっかり把握しておくべきなんです。

今は、それにあてはまらないかもしれません。

そこで諦めるなんていわないですよね?

だって、独立すればそのように「条件にあっている」といわれているものは自分にないことなんて山ほど起こりうることなのですから。

そういうときには、どうにか知恵をしぼって自分なりのそれを出すはず。

というか、出さなくては行けなくなるんです。

だからこそ、独立者になる前にまず、独立する前に自分はどれくらいその素質があるのかをチェックしておきましょう。

学生時代の勉強でも資格の勉強でも就職試験でもそうだったかもしれませんが、弱点を知っていればそこに対応することができるんです。

それも集中して。

自分になにか悪いこと、成功するための邪魔者が入ったときに集中してやっつけられるように必ずチェックしておくべきです!

独立が向いている人の15個の特徴

あなたは、独立に自分が向いていると思いますか?

もしかしたら向いていると思っているからこそ、または自分は独立しかない!なんて自信満々に思っているからこそ「独立しよう」と考えているのかもしれません。

その反対に「自分には才能はないかもしれないけど、なんとかなるはず」「そうなりたい」とかそんな希望を抱いている人もいますよね。

今あなたがどんな状況にいて、どんな立場にいて、どんな性格をしていたとしてもそれは独立が成功するかどうかのポイントにはなりません。

もちろん、これから紹介する独立者に向いている性格が全てあてはまっていても、それが未来まで持続するかなんて分からないですよね。

独立することになれば、あなたが今では想像もできないような大きな困難に出くわす事だってあるんです。

そのときにいかに迅速に対処できるかどうかがとても重要になっています。

要するに、独立したときに「これから紹介すること」を知っていれば、またはそのことを性格に落とし込んでいればいいということなんです。

今もしもあてはまる性質であればそれを維持または発展できるようにし、まだ「これはないな」なんていうものは自分の性格にプラスできるようにしてみましょう。

人の性格は大人になってから変えることが出来ます。

それは本人が望み、しっかりと以前の自分に打ち勝つことが出来た時です。

独立するのであれば、それくらいのことは越えて欲しい、と筆者は思います。

だって、何度も繰り返しますが独立をしたら今思っている「困難」ということよりももっと「困難」や[ガマン」を強いられることがたくさんある可能性が高いのですから。

1.強い信念を持っている

あなたは、独立ということに対してどれくらいの情熱を持っていますか?

もしかしたら、もう数年越しにその気持ちを抱いているのかもしれないですし、既に何かを始めているかもしれないですね。

独立と就職というのは全く違います。

就職試験を受ける時、転職試験を受けるときもそれなりの強い信念はとても重要になってきます。

しかし、採用されてしまえばほとんど永久的に毎月のお給料、そして半年後とのボーナスが決められるようなものですよね。

昇格試験などをクリアすればその金額が増えることがありますが、そこで頑張らなくても毎月お給料は入ってくるシステムになっているんです。

でも独立は違います。

次の月の給料を決めるのも今月の自分次第ですし、一ヶ月後にもしっかり活動しているかどうかを決めるのも自分自身なんです。

企業に勤めていれば、”週休2日制”だとか”有給休暇”なんていってお仕事を休みたい時に休むことが出来ますが、独立はそうもいきません。

最初の頃は、クライアントとの予定を最優先したり、新しい事業のことを最優先するので休む暇がなかったり、あっという間に1年たってしまうことだって普通のことです。

そんなとき、誰でも疲れてしまいますよね。

だいすきで仕方のないことを行なうことが出来ていればいいんですが、やっぱりどこかしら自分の好きな分野ではないことをおこなわなければならなかったり、自分の嫌いなタイプの人間と組まなければならないことがあるはずです。

そのような”困難”だとか”壁”というのは、ちょっとした信念だったらポロッと折れてしまうもの。

だからこそ、強い信念が必要なんです。

信念とは、その道を突き進んでやる!成功してやる!なんていうような野望のことです。

その気持ちがあるからこそ、どんなにひどいことを言われたって、どんなに疲れていたってがんばることができるんです。

人によってはその信念を宗教への信仰心だ・・・なんていう人もいますが、この場合は自分自身に誓うことになります。

自分を信じる。

そしてその信じている自分を裏切らないように頑張る。

それが出来る人でなければ、なにか問題にでくわしたときにうまく対処できず、逃げ、失敗へ突き進みます。

2.ひらめきに長けている

独立するということは、これまでにないサービスや事業を行なっていくということですよね。

例えばカラオケチェーンは人気があるけれど、そのカラオケにこない人を集客するにはどうしたらいいのかと考えたとある事業体は「鉄道のアフレコ」をすれば鉄道ファンを集客することができる!とひらめき、そのひらめきの通りお客さんを集客できるようになりました。

このようにちょっとしたひらめきが新しい事業となり、その事業によって人々を幸せにすることが出来るんです。

でもなかなか「ひらめかない」なんていう人もいるはず。

それは、ずばり固定概念にとらわれすぎているからなんですね。

あなたは、「常識」だとか「当たり前」なんていわれていること「親に教わったこと」をそのまま鵜呑みにして生きてきていませんか?

もしもそうであるならば、ちょっと独立者には向いていないかも。

独立者というのは、これまでにない新しい何かを生み出すために独立するんです。

今あるサービスやシステムをそのままパクってマネしてもダメ。

負けるだけです。

しかし、そこにあなたなりのオリジナティを加えることができれば「まねした」なんて訴訟される心配もありませんし、これまでにその分野に集客することの出来なかったお客様を集客することが出来るかもしれません。

また、日ごろパッと頭に浮かぶひらめきを大切にすることです。

それはテキトーな想像なのではなく、あなたの脳の秘密基地があなたのためにくれた”ヒント”なんです。

それを大切にし、そのままではなく考え知恵を出しあなたなりの何かを生み出すことが出来る。

それこそ独立を成功させるポイントといえます。

まずは、「これはこうだ」なんていう固定概念や思い込みを捨てることがとても重要になってきます。

3.メンタル面がタフ

あなたはメンタル面は強いほうですか?弱いですか?

もしも、弱いのであればこれから強くなれるように努力しましょう。

独立するというのは、自分で自分の船のかじを切って前に進んでいかなければなりません。

これまでどこかの会社に属していた時は、リーダーなどになる以外は誰かの指示に従って行動してきたのではありませんか?

この部署は、この分野だけをやればいい、なんて指示されてそれだけしかやってこなかったなんて方もいるのではないでしょうか。

そうすると自分の意見を話すこと機会ってあまりないですよね。

そのため、自分の意見を話すのが苦手な人がたくさんいるんです。

あなたは、どうでしょうか?

独立をすると、あなたの会社と契約を結ぶクライアントとの付き合いをする必要が出てきます。

そのときに、向こう側から無理な問題を押し付けられることだってあるんです。

そんなときに飲み込まなければならない。

そうしたら、何がなんでもどんなに苦しくて心折れそうな時でもやるしかないんです。

そんなときにメンタル面がタフ(たくましい)と、自分を信じて突き進むことが出来るんですよね。

しかし、その反対にメンタルが弱いとすぐにポロッと折れてしまいがち。

折れるのは悪くないのですが、一度倒れたらそこから立ち直ることが出来ないので会社そのものの経営が難しくなったり、他のクライアントとの契約にまで響いてしまうことも。

そうなってしまっては、負のスパイラルが起きてしまいますよね。

だからこそ、日ごろから「いやだなぁ」なんて思ってしまうようなことでも進んで受け入れるようにしてください。

苦手なものを克服することによって人は強くなり、成長することが出来ます。

独立してからでも遅くはないのですが、できれば大きな問題がやってくる前に出来る限りタフなあなたでいることが好ましいのです。

4.トラブルを冷静に対処できる

あなたは、これまでの人生のなかで、または最近起きたトラブルを冷静に対処することが出来ましたか?独立をすると思っても見なかったトラブルが急にやってくることがあります。

もしも、会社員として働いているのであればそれを上司に丸投げすることもできたかもしれません。

しかし、あなたが独立したら全ての問題をあなたが担い、そして責任を負っていかなければならないんです。

人は予想外のことが起こると、焦って本来の力を発揮することができなくなるもの。

そんなときこそ、自分というものをしっかりもち冷静に対処してかなければならないんです。

それができないとトラブルは解決しないですよね。

ですから、今は冷静に対処できないのであればこれからは何か問題が発生したときはトラブルに対処できるように”冷静な心”をもつようにしましょう。

だって、何か問題がおきたときに「アァン。

どうしよう!もう無理!」なんていう社長がいたらどうでしょうか?「コイツ大丈夫か」なんて心配になってしまいますよね。

そこに独立した社長や経営者の本当の腕が見えるものなんです。

5.様々な状況を予測できる

独立したら、これからどんな事業をしかけていくのか?自分で考えなければなりません。

それは未来を読むチカラがとっても必要になってくるんですね。

今の世界情勢、日本のニュース、政治、経済、ブームなど全てをひっくるめて「次はこれがくるな」なんて予測することが重要です。

投資を行ってる人は分かると思いますが、さまざまな世界情勢やニュースなどを見て「どこの株があがるかさがるか」なんて予測しているはず。

それは独立した後の経営にもしっかり役立ってくるんです。

それができなければ、いつも遅れて誰かのマネゴトをしてお金儲けをするしかありません。

いつ誰かに訴えられてもおかしくないんです。

また、こうすればこうなるかもしれない、なんて良い結果も悪い結果も予測を立てることが出来ていれば、ある程度臨機応変に対処することが出来ますよね。

6.人の話をしっかり聞く

経営者になると、人の話を聴く機会がとっても増えます。

そのため、コミュニケーション能力も必要なのですがそれ以前に”相手の言葉に耳を傾ける”ことがとても重要になってきます。

相手が話していることが相手の伝えたいことの全てではないことが多いんです。

それをキャッチし、いかに相手に提供することが出来るか。

それだけで「なんて素晴らしい人なんだ」なんて思われて、新しい仕事を契約してもらうことが出来るなんて夢ではありません。

相手の話をしっかりきくからこそ、相手もあなたの話をしっかりと聞いてくれるようになるんです。

7.行動力が高い

あなたは、アクティブですか?それとも休日は、いつも家でゴロゴロしているでしょうか。

独立をしたら、「コレがチャンスだ!」ってときにどんなに眠くてもどんなに疲れていてもその場所にとんで、そのチャンスを掴みにいく必要があります。

そんなときに元から”フットワークが軽かったり”、行動力の高い人であれば難なくこなせますよね。

今では、飛行機や新幹線を使えばすぐにでも日本全国に飛んでいくことが出来ます。

もちろん海外にも行くことが出来ますね。

「隣の県?ええ、遠い!むりむり!明日ゆっくりいく」のではないんです。

そんなまったりしている間にあなたが手にすることの出来た契約を他の会社にとられてしまうなんて日常茶飯事なんです。

それに社会では「レスポンスが早い」人が重宝されますから、メールや電話の返事だけではなく行動力の早くしておきたいものです。

8.リスク管理ができる

独立をすると金銭管理なども全て自分でおこなわなければなりません。

秘書などをつけることが出来れば、任せてもいいかもしれませんが自分の会社ですから、やっぱり自分で管理しておきたいですよね。

リスク管理といえば、金銭管理だけではなく人的災害の管理も含まれます。

よくテレビで「不正なお金の使いまわしがあった。しかし、その会社の社長はそれを知らなかった」なんて報道されていますよね。

これって社長さんがその会社の金銭面に関して、その社員たちに任せてばかりいることが問題なんです。

自分の立ち上げた会社なのですから、我が子のように自分でも管理するべきなんです。

だって、どんなに小さな問題であっても引き起こしたのは自分ではないのに最終的に責任を負うのはあなたなのですから。

だったら、そうならないようにどんなことでも起こりうるリスクに対してアンテナを張り巡らそうと思いませんか?今では、パラパラお金を使っているかもしれません。

しかし、独立したらそれも全て貴重な資産です。

必要なときにお金がない!とならないように、しっかりと管理をしておきたいものですね。

9.客観的な視点を持つ

この世界には、客観的に物事を見ることが出来る人もいれば主観的にしか物事を見ることが出来ない人がいます。

客観的な物事を見ることが出来る人は、相手がどのようなことを考えているのか何を必要としているのが、自分のことをどのように察知しているのかを考えることが出来ます。

そのため、自分の当たり前を世間の一般常識だと思いませんし、世間の一般常識が正しいとも思っていません。

自分とは全く正反対の考えを持っている人に対して「こんな考え方もあるんだなぁ」と受け入れることが出来ます。

そのため、自分の持っている考えにそれをプラスすることができ、新しい発想を生むことが出来るんです。

しかし、全てのことを主観的にしか捉えることが出来ない人は「自分の考えは全て正しい」と思ってしまうんですよね。

たしかに時には、そのように思って自分を励ますことも大切なのですが全てにおいてそうだと前に進むことが出来ません。

進歩することができないんですね。

固定概念がとても強いことになりますし、新しい発想もできにくくなります。

それに「幼稚な人」として周りの人から必要とされなくなってしまうことも。

10.発信力がある

新しい事業を成功させるためには、やはりその事業を多くの人に知ってもらわなければ意味がありません。

そのため、発信力がとても重要になってきます。

最近では、SNsが普及しているのでそれらを利用したり、インターネット広告を使うこともできますよね。

また、その広告を掲げるだけではなく、いかに伝わりやすい内容の広告にするのかどうかも重要に成ってくるんです。

要するに発信するチカラ、そして瞬時にその内容をお客様に伝えるキャッチコピー力なんかもとても重要!

しかしこれは、やってくうちにスキルがあがっていくこともありますし、人によっては講座なんかを受講されるとすぐにでもスキルアップすることができますよ☆

11.強いコネクションがある

独立したときに何も人脈がないと、やはりその事業を多くの人に知ってもらうにはとても時間がかかります。

しかし、その分野の「ドン」と言われるような人と知り合いだったのであれば、それを一気にその業界に伝えてくれることもあるんです。

そうすれば、すぐに広がりますし、あなたの名前も一気に知れ渡ることでしょう。

「人脈が必要だ」というのは、ただ数が多ければいいというのではなく、やはり「強いコネクション力」に特化したほうがいいかもしれません。

12.人脈が広い

上の項目に関係するのですが、人脈が多ければ大きいほどあなたの事業を伝える対象が多くなります。

ヘタな鉄砲数うちゃあたる、なんて言葉がありますがそのようにたくさんの知り合いがいれば、その中で一人くらいはあなたの事業に興味を持ってくれる人がいるかもしれないんです。

しかし、テキトーな人脈を広げるのに時間をさいてはいけません。

きちんとあなたの進もうとしている分野の人脈を広げていくことをオススメします。

今は人脈がなくたって、世界に出ればあっという間に知り合いなんてたくさんできるものなので安心してくださいね。

13.感情をコントロールできる

独立すると自分の思っても見なかった事態が起こったり、自分が注文したものと全く違うものが届いたり・・・となかなか納得することができないこともたくさん起こります。

そんなときに感情に任せて怒り散らしてしまう人もいますよね。

ずばり感情をコントロールすることが出来ていない人なんです。

それだと「この人は相手の気持ちを考えることが出来ない」「幼稚だ」「対等に対話できない」なんて思われることに成り、契約が打ち切りになるケースも。

打ち切り云々の前に大人として、最低限でも感情をコントロールできるようになっていたいものですよね。

独立するからこそ増えてくる感情をコントロールしにくい場面にどのように対処するかによって、あなたの本性が暴かれてしまうのです。

人は、そういうところをしっかり見て、そういうところで評価しているんですよ。

ひとり行動の方が得意

独立すると、一人で行動することが増えます。

もしかしたら最初から仲間と一緒に独立を考えている人もいるかもしれませんが、どんな場合でも自分がやらなければならない仕事ができるはず。

そんなときに誰かと一緒に行動していては、思い通りに計画を進めることが出来ません。

そのため、ひとりで行動するんですが、そんなとき元々ひとり行動が得意だとよりスムーズに仕事しやすいんですよね!

これまでに誰かのあとにくっついて行動していたような人は「どうすればいいんだろう」なんて電車の乗り方や乗換えを知らなかったり、何をしても不安で仕方ないんですよね。

それって自信のなさが現われているんですが。

もしも今まさにひとり行動が苦手であるのであれば、少しずつひとりで行動するようにしてみてください。

誰かと行動して誰かに気遣いをして行動するよりは、ひとりで好きなように行動したほうがとてもラクですし、楽しいですよ。

14.独自のスキルを持っている

何か得意なスキルだとか、自慢のできるスキルなんかを持っているとそれが武器になりやすいです。

独立するには、何かを事業にして行なっていくのですが独立してから勉強し始めるのと既にもっている物を生かすのとではやっぱりそのスピードは違いますよね。

独自のスキルとは、タイピングスキルでもSEの資格でも、はたまた日本料理検定でもかまいません。

それを生かして新しい仕事にすることができるんです。

もしも、まだなにも独自のスキルを持っていないのであれば、あなたの好きな分野のものを何か勉強してみませんか?

最近ではネットで通信教育に契約することもでき、ネットで資格試験を終えることが出来るものもあるので時間がない方にもできないことはないです。

会社の外でも通用する

あなたは、井の中の蛙になっていませんか?

今の会社の中では大きく評価されているかもしれませんが、一歩外に出ればあなたは全く相手にされないかもしれないのです。

そのまま天狗になって独立したのであれば、痛い目にあうだけ。

だったら、まずは自分がどれくらいのレベルになってるのか立ち居地にいるのかをしっかり把握しておくべきです。

独立したあなたは、その会社のなかで活躍するのではなくその外の世界で活躍していくことを忘れないようにしてさい。

15.謙虚な姿勢を忘れない

どんなときでも下がる姿勢を忘れないようにしましょう。

人は、時に傲慢になってしまう生き物です。

そんなところをもっていたとしても、どんなに嬉しいことがあったとしてもどんなときでも「謙虚でいる」ってことはとても重要なんです。

だってあなたもそうでしょうが、傲慢にしている人よりも謙虚な人に魅力を感じるのが人間だからです。

要するに「良い人」なんてみられるようになり、あなたの事業も注目されやすくなるんです。