10代の皆さん!こんにちは!あなたは「ああ、早く大人になりたいな」「過保護な親から独立して、一人で生活をしてみたい!」そんなこおを考えていませんか?

今、大人になっている人たちもあなたが抱いているような思いを10代の頃にもっていたものです。

しかし、そのような気持ちを持ち、その気持ちに集中してしまったからこそ”たくさんの後悔”をしてしまった大人たちがたくさんいるんです。

「え?何に後悔しているの?」と疑問に思いますよね。

あなたが何気なくやっているある行為が大人になってからは、「あの時やっておいてよかった」と思えることかもしれないのです。

誰でも今この瞬間は一度きりしか生きることはできません。

あなたも10代をやり直すことはできないのです。

後悔先に立たずになる前に、大人たちが10代のうちにやっておけばよかった!と心から思っていることを知っておくべきです。

そして、それらを実践してみましょう。

そうすれば、人生に一度しかない貴重な時間である10代を思いっきり謳歌し、大人になって後悔することもないのですから☆

この記事では、10代のうちにしか出来ない音を10個お伝えしています♪さらに「どうして10代のうちにそれをやらなければならないのか?」なんていうあなたの疑問にもお答えしますよ!
ぜひ参考にして、人生に一度しかないあなたの10代を楽しんでくださいね!

10代のうちにしかできないことがある

10代とは、前半ならまだ子供ですが後半になるにつれて、20代が近づくにつれてだんだん大人になっていく成長の過程の時期ですよね。

その時期には、思春期を迎えて家族の方に反抗をしてしまうこともあるでしょう。

学校では、やってはいけないといわれていることをやって、優越感に浸っている方もいるかもしれません。

そのようにできるのも今しかないんです。

人は、いつまでも今の状態が続くとどこかで信じています。

いつまでも平和な日本だし、いつまでも普通にご飯を食べることが出来て、友達がいて遊びたい時に遊べる。

行きたい時に行きたい場所に行くことが出来る。

しかし、そのような”あたりまえ”だと思っている中にも、「10代にしか出来ないこと」ってたくさんあるんです。

しかし、10代を過ごしている方は、なにがその特権なのかそうではないかを判断することができないんですよね。

それが分かるのは、20代後半や30代以降になってからなんです。

「あれって10代のうちにしかできなかったんだなぁ」なんてしみじみしてしまう人もいれば、「なんであの時やらなかったんだろう!タイムマシーンがあれば、その時の自分にあいにいってやれっていってやりたいよ」なんてとても後悔している人もたくさんいるんです。

世界で活躍しているあの人だって、10代のうちにやればよかったと思っていることをひとつくらいは抱いているはずなんです。

筆者も10代の頃に「10代のうちにすべきこと」なんて書物を目にしたことがあったのですが、「いやいや、今じゃなくてコレは後でもできるでしょ。

今は〇〇に夢中だからそんなこといってらんないわ」なんて思っていました。

でも20代半ばになって思うのは、その記載されていたことなどは当たっていたということです。

筆者がはまっていた〇〇(お恥ずかしいので伏せさせていただきます)は、この20代半ばになってからもできることでした。

でも今になってやりたいなぁなんて思うことは、10代のうちから始めておけば偉大なる基礎ができて、今ではとても発展させることができたかもしれないのです。

あなたには、そんな後悔をしてほしくない。

筆者のように「後でやればいいから」なんて思っているあなただからこそ、絶対にやってほしいこと、トライしてほしいことがあるんです。

10代というとても若い年代に。

今日この日までに生きてきたなかで一番若いあなたに。

10代にしかできないことをアドバイスします。

でもね、10代のうちにそれに気づける人ってとても少ないんです。

だって、”今この瞬間”に夢中だから。

それが当たり前だから。

当たり前に未来にも続くって思っているから。

そんなことないんです。

あなたの人生は、これから思い描いてもいないような道に進むこともあるんです。

というか、ほとんどの方がそのようになっていくはず。

その中で「あの時やっておけばよかった」と後悔するのではなく、あなたには「あの時やっといてよかった!」といってほしいのです。

この記事には、そんな10代にしかできないことをお伝えしていますよ。

大人たちには後悔がたくさん


まず、あなたの身近な大人に「10代にやっておけばよかったと思うことってある?」ときくとほぼ100%の確立で何かしらの答えをくれるはずです。

それは恋愛かもしれませんし、部活、スポーツ、勉強、親孝行などあらゆる分野にわたるはず。

なかなか自分の頭で考えるだけでは思い浮かばない物ですが、そうやって身近な人に話を聞いてみると「どうしてそのように今思っているのか」「どうして昔にはそのようなことができなかったのか」なんていうことまで聞くことが出来るはず。

そうするとまるで自分の問題のように考えることが出来ることもあるんです。

毎日朝の電車で一緒になる経済新聞を読んでいるサラリーマンだって、オシャレにぬかりなくしているキレイなあのOLって何かしらの後悔をたくさん抱えているんです。

その後悔があるからこそ、もう二度とそのような後悔をしないために頑張ることの出来ている人もいるのですが。

しかし、やっぱり後悔を抱いていないに越したことはありません。

だってその次の段階まですぐにぶっ飛ぶことが出来るからなんです。

あなたは、まさか今の時点で後悔していることがありますか?もしもあるのであれば、その時点に戻れるとしたらあなたはどうするでしょうか。

きっと今この瞬間に後悔しないような行動をとるはずですよね。

それは、大人になってからも同じ要に感じるものなんです。

10代は2度と繰り返せない

あなたは、毎年のようにやってくる桜の季節、海や山が気持ちいい季節、紅葉が美しい季節、そして寒いけれど冬空が美しい景色のなかで生きていますね。

それって当たり前に来年もやってくると思っていますか?きっと「YES」と答えることでしょう。

だって、それが普通だし、当たり前じゃん!ってね。

しかし、そうではないんです。

今、家に帰ればお母さんが夕飯を作ってくれていて、飼っている犬が玄関まで迎えに来てくれて、弟や妹はいつまでたっても宿題をしてなくて怒られていて。

お父さんは残業で帰ってきても優しく話をきいてくれる。

そんな幸せな生活がいつまでも続くわけではないのです。

あなたは、今をこの今という一瞬でしか生きていけません。

もう二度と1分前の自分にはなれないのです。

1分前でさえ、60秒でさえ、人生を巻き戻すことは出来ないのです。

あなたは、今は10代という大人への過渡期にいますね。

しかし、20代、30代になればそうやっていつも家にいてくれる家族がいなくなったり、またはあなたがひとり立ちをして、結婚をして・・・また別の生活がスタートすることだってあるんです。

「また来年やればいいや」なんて思っていたら、きっとそれは実現しないままに老人になってしまうことでしょう。

なんでも”今”が大切なんです。

”今”を生きるからこそ、未来を自分の思い通りに、そして楽しく自信たっぷりに歩いていくことが出来るんです。

10代は、二度と戻ってきません。

タイムマシーンがあったとしても、昔に戻ったら昔のあなたがいるのですからあなたが人生をやり直すことはできないんです。

当たり前ですが、今を大切にしなければならない理由がわかりましたか?

みんなが10代の頃に想いを馳せることとは?

そんな二度と戻ってこない10代だからこそ、その時期にしかできないことってたくさんあるんです。

しかし、それって大人にならなければ誰もわからないもの。

しかし、今大人になって「あの時やっておけばよかった」と後悔している大人はたくさんいるとお伝えしました。

筆者含めそのような人たちは、今の若者であるあなたには、同じ気持ちになって欲しくないのです。

そのために今回のような記事や「10代のうちにやるべきこと」なんていう書物が販売されているんですよね。

10代の頃にやっておくべきこと。

やっておけばよかった!と思うことは、人それぞれです。

先ほどもお伝えしましたが、もっと恋愛に夢中になっておけばよかった!という人もいれば、もっと勉強しておけばよかった!とかんじている人もいるのです。

あなたがこの先にどのような人生を進むかによって、どのことに対して後悔をするのか変わってきます。

しかし、だいたのパターンがきまっているんです。

ということは!?そのような大人になった人たちが後悔している物を少しずつでも手を出しておけば、その後悔の念は小さくなるってことなんです。

あなたは、今はもしかしたらゲームに夢中で外出を全くしていないかもしれません。

そうしたら、将来大人になったときに「あの時にゲームばっかしてないで、少しは外の世界に触れておくべきだった」なんて後悔するかもしれないですよね。

人それぞれだからこそ、あなたにも大人たちがどんなことに後悔をしているのかを知っておいて欲しいのです。

しっておけば、もしもそのことをチャレンジできる機会にであえたら悩むことなくトライできると思いませんか?

10代の人は今すぐ参考にして!


次の章で10代のうちに大人たちがやっておきたかったと思っていることを10個あげています。

今はツマラナイ毎日を過ごしているかもしれません。

しかし、それってかなり時間を無駄にしてしまっているのです。

人はいつ死ぬか分からないんです。

「大人になればやればいい」じゃないんです。

大人になれば、大人になった時だからこそ大人だからこそできることがある。

それなのに10代のうちにできたことで足を引っ張ってはいけません。

あなたの可能性を最大限にするためにも、今出来ることは今やるべきなんです。

今しかないんです。

明日、もしかしたら地球が破滅するかもしれません。

ミサイルが飛んでくるかもしれません。

なんでもすぐに行動すればできる時代だからこそ、それを生かすべきです。

「今やることがない」だとか「やりたいことが見つからない」と思っているのであれば、その10個のなかからひとつでもいいので今すぐに参考にして行動してみてください。

あなたの未来を変えるチャンスです。

10代のうちにやっておきたかった10個のこと

あなたは、今10代の時点でそれより前の人生のなかで「やっておけばよかった」と後悔していることはありますか?取り返しがつかないように思えるかもしれませんが、それは今すぐにやり直すチャンスなのかもしれません。

10代というのは、あまり責任を負わなくていい時代。

しかし、これから先に年齢をとっていくごとに社会に出たり、家族を持ったりしてあなたは考えたこともないような大きな責任を担っていかなければならなくなります。

そのときやろうと思ってもできないことがあるんです。

金銭面もそうですし、10代だからこそできたことなんてそうですよね。

ここでは独自に調査し、大人たちが「10代のうちにやっておきたかったと感じていること」を10個ピックアップしてみました。

あなたは、その大人たちのように後になって後悔しないようにできることからチャレンジしてみてください。

一度だけでもかまいません。

それだけでも未来のあなたの自信や過去の素敵な思い出につながります。

未来のあなたになったとき、過去に対して何も思い出すことがないと少し寂しいものです。

今は嫌な人生を送っているかもしれません。

もしかしたら虐待されていたり、苦しい思いをしているかもしれないですよね。

そのようなことを越えるくらいの思い出を作りましょう。

では、さっそくみていきましょう。

制服デート

10代といえば、学生ですね。

小学生は私立であれば制服ですが、中学校・高校となればほとんどの学校で制服を着用しているはずです。

筆者の好きなアーティストの歌詞に「10代の頃は、制服を早く脱ぎたいと思っていた」というものがあります。

その歌詞を聴いていた筆者は、「たしかに制服やだなぁ」と感じていたものです
しかし、大人になるとその制服を着ることはできません。

30代や40代の人が学生服を着用して町を歩いていたらどのように感じますか。

コスプレは家でやってくれよ、なんて感じるはずです。

また、学生だからこそ学生服を着るのが当たり前と感じているときだからこそ、その状態でデートするのって大人からしたらとてもうらやましいんです。

制服でデートをする。

もしかしたら、あなたにとっては日常茶飯事のことかもしれないですよね。

でも世の中の大人たちのなかには、「男子校だったから女子とデートなんて全くなかった」「好きな子はいたけどデートまでできなかった」なんて思っているものなんです。

それは制服デートをしている学生をみると、とてもしみじみ感じてしまうんですよね。

また、学生だからこそ制服を着てディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどに行くことも出来ます。

あなたは「制服はいや」と感じているかもしれません。

しかし、それを着ることができるのは今だけなんです。

だったら、もっと制服で思い出作りをしたいと思いませんか?写真をとっておくだけ、プリクラをとるだけでも違いますよ。

甘酸っぱい恋をする

大人になると、10代の頃のような甘酸っぱい恋愛をすることがほぼできなくなります。

あなたも感じているかもしれませんが、大人になれば結婚をして子供をうんで・・・というある程度きまったパターンを想像しているはず。

そのため、今は結婚願望なんて全くなくても大人になればなるほど「この人とは結婚できるのか」と疑心暗鬼になってしまう人もいます。

10代の恋愛というのは、相手のことを好きな気持ちだけで2人の関係が維持できるものです。

しかし、大人の恋愛というのはそれだけではないんです。

いや、それだけで関係を維持している素敵なカップルやご夫婦もいますよ。

でもほとんどの大人は、世間体(まわりからの目)を気にしてしまうものなんです。

「親に紹介できる人かな?」「この人とは結婚はしたくないけれど、相手が結婚を迫ってきて困る」なんて大人なりの問題を抱えることになるんです。

「だいすきな人と結婚できたら幸せじゃん!」たしかにそうです。

でもそうはいかないもの。

だからこそ、10代で思いっきり恋愛を楽しんでください。

悩むことも素敵なこと。

初恋の人に想いを伝える

あなたは恋をしたことがありますか?初恋は、いつ体験したでしょうか。

人によっては、保育園・幼稚園時代かもしれないですし、ここ最近で初恋を体験した方もいるかもしれないですよね。

もしも初恋を経験したことがあるのでしたら、その相手に思いを伝えましょう!「今だいすきです」という気持ちもいいですし、「あの頃すきだったんだよねぇ」なんていったら相手も「あのとき、自分もすきだった!」なんていってくれるかもしれません。

初恋というのは、大人になっても特別な物。

だって人生で初めて好きになったのですから。

その気持ちを伝えていたらもしかしたらお付き合いすることができたんじゃないか?今の現状を変えることが出来たんじゃないかなんて大人は後悔しているんです。

その初恋の相手が忘れられないために、大人になってからもてもてになっても恋人を作れないなんてことも。

初恋の相手に気持ちを伝えるのはちょっぴり怖いかもしれません。

でもその一言だけであなたの今後の恋愛人生が変わることは間違いないのです。

放課後にパンケーキを食べる

女性だけではなく男性にも人気の”パンケーキ”。

話題のお店だったら数時間待ちをしなければならないこともありますよね。

そんな長打の列に並ぶことが出来るのも10代の特権。

大人になってからも長蛇の列に並ぶことが出来るんですが、仕事をしていたら貴重な休みをその列に並ぶことだけで消耗したくはないもの。

しかし、学生であればバイトや試験期間などをのぞけば自由な時間がたくさんありますよね。

放課後にみんなでワイワイしながらパンケーキを食べに行くような当たり前のことができる”特権時代”でもあるんです。

既にみんなでパンケーキを食べたことがあるかもしれませんね。

それは大人になったときに「あの時おいしいパンケーキをみんなで食べて幸せだったな」なんて思い出すことになるでしょう。

でも逆にできなかったら「どうしてあのような時間がたっぷりあったときにパンケーキを食べに行かなかったんだろう!」と後悔することになるんです。

イヤですよね!

社会について学ぶ

あなたは、学校の授業をしっかりきいていますか?塾に通っている方もまさか惰性で通ってはいないでしょうか。

10代では主に学生として過ごし、社会のあらゆる現象や問題、そして考え方を学ぶ時期でもありますよね。

テスト期間前になれば必死に暗記をして、テストを終えたらもう忘れちゃう!なんて生活をしていないでしょうか。

それってとってもモッタイナイ。

今の世界のことを知るチャンスなのです。

世界を知っていない人は、どこにいっても中途半端に終わってしまいます。

もしもあなたが社長になりたいだとか、ちょっと人とは違った人生を歩みたいと思っているならなおさらです。

社会勉強をしてください。

それは学校で教えてくれる社会や現代社会の授業の内容だけではなく、毎日の新聞をよみましょう。

今この瞬間にこの時代に何が起きているのか、アナタの目で確かめてみてください。

新聞を読むのが苦手であればネットのニュースでもいいですし、テレビのニュースでもかまいません。

まずは社会に何が起きていてどうしてそうなったのか、自分がその立場だったらどのように解決していくのかと”考えるクセ”をつけてください。

現代ではSNSが普及していることもあり、人は”受動的”な性格の人が増えています。

どこかの国で戦争が始まったとしても自分とは全く関係ないと思い「へぇ。大変だね」で終わり。

それではいけません。

もしもあなたがその戦争している国の人だったらどうでしょうか。

そんなこといってられないですよね。

そうやって社会勉強をしていく中で、あなたの考える力が身につき、大人になったときの発言力・会社にもよりますがプレゼン力に影響してきます。

めんどくさいかもしれませんが、大人になるためには社会勉強が必要です。

大人たちは、10代のうちにしっかりと学んでおかなかったせいで大人になってから学びなおしています。

それってとても時間のむだですよね。

10代のうちに学ぶ音が出来ていれば、大人になってからはまた新しいことを学ぶことが出来たのですから。

自分の好きなものを探す

さきほどもお伝えしましたが、現代ではSNSが普及していることもあり受動的な人が増えています。

そのため、自分の好きなものが何で嫌いな物がなになのかを説明できない人もいるんです。

あなたは、自分のすきなものを説明することが出来ますか?「大人になれば見つかるだろう」と感じていることでしょう。

たしかに大人になれば、みつかるかもしれません。

しかし10代のうちに見つけることが出来れば、その後の人生で早い段階からそれを極めることが出来るんです。

今あなたが「卓球がすき!卓球のオリンピック選手になりたい!」と思うようになったとしましょう。

しかし、あなたと同い年の人のなかには幼稚園生のときから「卓球がすき!卓球をやりたい!」と感じ、既に練習を始めている人がいるんです。

やりこめば追いつけることができますが、スタートラインの違いってとても大きいんです。

それは将来にもつながるもの。

大人たちは、あのときにこの好きなものに出会っていれば、専門学校に通って今は全く別の職業についていたかもしれないのに!なんて感じている人もいるのです。

でも、好きなものを探すのって難しいですね。

そのためには「いろいろなことにチャレンジ」するしかないんです。

友達に誘われた「陶芸教室の体験教室」「ダンスの体験レッスン」断っていませんか?今は興味はないかもしれませんが、やってみると「コレだ!」なんて思える物に出会えるものなんです。

時間がある、そして学割がきく年齢、10代割引がきく年代だからこそいろんなことにチャレンジしてください。

将来について考える

上の項目と似ていますが、将来についてしっかり考えるようにしましょう。

10代のうちに「30代にはこうなる。そのために20代までにはこうする」と考えて行動した人と、「大人になればなんとかなるだろう」と思った人であれば、どちらがその人の本当に求める人生をかなえることが出来ると思いますか?前者なんです。

何事もしっかりと計画を練っておくことで今なにをするべきなのか?何をしてはいけないのかがはっきりしてくるんです。

あなたは、将来について考えていますか?あやふやでも夢や目標は持っていますか。

いつかかなえるのではなく、かなえるために今からできることをしましょう。

まだ将来のことについて考えることが出来ないのであれば、さきほどもお伝えしたようにいろいろなことにチャレンジしてください。

やってみてください。

「できないかもしれない」とか考えていないで行動してください。

あなたはできるんです。

想像することは、人はできるんです。

失敗することもあるかもしれません。

でもあなたの信念さえあれば成功に限りなく近づくことが出来るんですよ。

大人たちは、10代のころにちゃらんぽらんしてしっかりと将来のことを考えていませんでした。

または考えていてもあやふやで今なにをするべきなのかをしっかり計画していませんでした。

そのため、大人になって目の前の問題を解決するためだけに時間を使うことになりました。

それは、自分のやりたいことをやるための時間をあまり確保することが出来なくなってしまったんです。

大人になっても再スタートをきることはできます。

しかし、できることなら「10代のうちからしっかり計画を練って、行動するべきだった」と大人たちは感じているんです。

栄養をしっかりとる

10代ってとても多感な時期ですし、オシャレをしたいお年頃。

そのため、偏った栄養の食事をとっている人が多いんですよね。

あなたは、しっかり栄養バランスを考えた食事をしていますか?10代は、身体の基礎を作る時期ですから栄養バランスの整った食事をして太る分には問題ありません。

20代になれば次第に体重は落ちてくるものです。

それにこの時期にしっかりと栄養バランスのとれた食事をすることによって、大人になってから病気になりにくい体にすることが出来るんです。

10代のうちにしっかりと栄養をとれていなかった大人たちは、大人になってから生活習慣病などに悩まされることになり、人によっては多大な医療費がかさんでいることもあります。

「あの時からしっかり体を大切にしておくべきだった」と思っているのです。

10代は人生の基礎を作る時代ということを忘れないでください。

過度なダイエットをしていた人が多い

人によっては、やせるために野菜以外は食べないだとか”食べないダイエット”をしていますよね。

ケーキばっかり食べてぶくぶく太るのと同じように、これもまた将来の生活習慣病などに繋がる恐れがあります。

また、男女共に不妊症になる可能性が高いことが指摘されているんです。

それに過度なダイエットをすることで「食べることが怖い」と感じるようになり、拒食症になってしまうことも。

そうなってしまったらオシャレをするためキレイにかっこよくなるためにダイエットしたのがムダになってしまいますよね。

どんなときでもしっかり一汁三菜を目安に食事をしてください。

食べないダイエットのほうが逆に太ることもあるので、注意ですよ。

親友をつくる

大人になればたくさんの出会いがあると思っている人もいますね。

しかし、職場によってはなかなかそうはいかないこともあるんです。

それに大人のほとんどの人の友人というのは「学生時代からの友人」であることが多いもの。

そのため、大人同士の交流というのは”オモテ向き”の関係で友達になることはほぼありません。

それどころか親友を作るなんてとっても難しいことなんです。

そのため、親友のいない大人たちは「学生時代にもっと自分をさらけだして親友を造って置けばよかった」と後悔しています。

将来、友達がいなくても生きていくことは出来ます。

しかし、ちょっと気を緩ませたり、ストレス発散をしてくれるのが古来からの友人であることが多いんです。

あなたには一生大切に出来るような友達がいますか?また、もしもいるのであれば、何があってもその友達を大切にするようにしてくださいね。

たくさん本を読む

大人になると自分のために使う時間が少なくなってしまいます。

それは会社に務めているのもありますが、疲れがとれなくて睡眠時間をよく確保するようになるからなんですね。

でも大人になればなるほどたくさんの知識を欲しいと願うようになるものです。

だって会社の取引先の相手と話が続かなくなりますし、社会情勢を知らなければそれにあわせた企画を練ることも出来ないからです。

学生までが勉強なのではなく、大人になっても勉強は続きます。

しかし、”すきなもの”の項目でもお話しましたがなんでも早いほうがいいんです。

昔しっておけば今すぐに生かすことが出来たのに、それを知らなかったために勉強しなおさなければならずライバル会社負けてしまうことだってあるんです。