CoCoSiA(ココシア)

輝きが止まらない人の29個の特徴(続き3)

輝いているというような表現を使わずに、「すごい人だ」とか「あの人は頼りになる人気者だよ!」などと別の言い方をしますが、つまりは「あの人は輝いている」と言うことです。

その輝いている人に興味のある人は、何かの機会に紹介してもらおうとタイミングを待っています。

何かの会合やパーティーの席で、積極的に接触していきます。

輝いている人は、いろんな人から質問を受けたり相談を受けたりと、よく話しかけられるのです。

その時、輝いている人は決して拒んだりいい加減な対応は取りません。

その人の方を向いて相手の眼をしっかりと見つめて、その人の言うことを聞くのです。

新しい情報なら丁重に受け取って記憶しておき、相談事なら自分が分かる範囲で答えてあげるのです。

しかし、自分では回答できない時には、その道のプロである先輩や友人を紹介してあげて、決して落胆して帰さないように心がけるのです。

だから、それを様子を見ている友人たちは、やっぱり彼は輝いているなあと、改めて感心するのです。

8.健康的で体力がある

どんな時でも、人間はまずは第一印象で相手を見極めるという特徴があります。

そして、第一印象は、ほぼ当たっているようです。

初めて飛び込みで訪問してきたセールスマンは、見た時の第一印象でどんな人かはだいたい判断できそうです。

服装のセンスやワイシャツの色、腕時計や腕輪、カバン、靴、それとメガネなどで、その人の考え方や会社の雰囲気が伝わってきます。

そのうえで、挨拶の言葉と声の出し方で、自分にとって必要か否かが分かってしまいます。

まあ、外れる時ももちろんありますが。

自分にとって頼りになる輝く人も同じです。

初めての出会いならば、第一印象で判断してしまいます。

痩せて今にも倒れそうな華奢な体格の人なら、この人と付き合っても途中で倒れてしまうのではと心配します。

やはり、ある程度はかっぷくのある堂々とした体型の人が理想です。

声もしっかりと通る声で、相手を見て丁寧に話すような性格です。

健康的で体力も感じられ、この人ならどこまでもついてきてもらえる、頼りになる人だと思われることが必要です。

9.ご飯をたくさん食べる

常に輝くためには、エネルギーの補給が必要です。

つまり、キッチリ食欲があってしっかりと食べることができなければなりません。

みんなと会合して打ち上げに食事に行っても、好き嫌いが多かったり食が細いと、女性陣からもちょっと不安視されるようです。

陽気に話をしながら、目の前の料理を豪快に食べていく姿は、頼もしさを感じるものです。

これだけ、ガツガツと食べると言うことは、スタミナも旺盛で健康だと思われます。

話しの話題や考え方を聞いているうちに、精神面と肉体面の両面で健全であることが分かってくると、ますます輝きを発揮するのです。

瞬間的なパワーを発揮するには、炭水化物が多いご飯をたくさん食べることです。

さあ、これから頑張るぞというサインにもなるのです。

女性の間では、ご飯をたくさん食べることは高カロリーの食べ物を摂取することになり、ダイエットには不適合として避けられています。

実際には、ご飯のカロリーはタンパク質とほぼ同じで、どちらも1gで約4kcalなのです。

これに対して脂質は1gで約9kcalで、脂質が圧倒的にカロリーが高いのです。

油モノの摂取が問題なのです。

ただ、ご飯に含まれる炭水化物は血糖値を上昇させ、体脂肪の生成を促進させるために肥満になるのです。

ただし、運動選手の筋トレには、タンパク質とご飯(炭水化物)が不可欠なのです。

筋トレの時のエネルギーを生み出すには炭水化物が必要で、筋肉増強にはたんぱく質が必要なのです。

だから、ご飯は女性のダイエットには好ましくないのですが、パワーを発揮するにはご飯は大切なものです。

10.定期的に運動をする

秀才のように、部屋に籠ってがり勉タイプでは輝きは発揮できません。

色白の肌では、なにか頼りなさそうに見えてしまいます。

やはり、健康な身体を維持してエネルギッシュに活動するためには、運動を欠かせません。

近くのジムに入会していて、定期的に通って身体を鍛えているということも伝わると、あの人は自分の身体にも気を配っている人だと思われて、さらに信頼も熱くなるのです。

勉強と運動、輝く人にはどちらも大切で、さらにバランスよく継続していることも大事なのです。

休みの日には、仲間とスポーツを楽しんだり家族と山登りに出かけたり、ゴルフやサッカーなどの趣味があって定期的に参加していると、あの人は元気だ頼りになると思われるのです。

11.アクティブで主体的

輝く人はモリモリと食欲も旺盛で運動も積極的に取り入れています。

知っている人と出会うと、ハキハキした通る声で挨拶をして、近況を報告し合います。