CoCoSiA(ココシア)

言葉遣いで気を付けるべき6個のこと


「心にあるものから人は語る」「言葉遣いは心遣い」という格言がありますが、発せられる言葉はその人の人柄を表します。

ですから、何を話し、どのような言葉遣いをするかによって私たちは、その人がどんな人かを判断します。

育ち、学歴、職業、性格、考え方など多くのこと言葉遣いから読み取るのです。

だいたい素敵だなと感じる人は、言葉遣いも綺麗で、相手を気遣う発言や、前向きな発言をされているのではないでしょうか?

逆に、どんなに外見を着飾っていたとしても、汚い言葉を発したり、愚痴や悪口を話した途端、心は美しくないなとがっかりしまうよね。

またビジネスの場で、良いプレゼン内容だったとしても、プレゼンターが正しい日本語を話せていないと、取引するのを不安になったり、その会社の印象が悪くなることもあります。

します。

ですから、美しく丁寧な言葉遣いをすることや、正しい日本語を話すことは、自分を評価をあげて、周りの人と良い関係を築くのにも欠かせません。

また、言葉には力があります。

皆さんも、ある言葉によって、慰められたことや元気付けられたこともあれば、傷つけられたり腹立たしく感じたことがあると思います。

ですから、相手や状況に合わせて、ふさわしい言葉を語れるようにしかも正しい言葉遣いで伝えられるようにこれから気をつけるべきことを見ていきましょう。

️言葉遣いを正しく使えてますか?

普段何気なく使っていたり、頻繁に耳にする言葉でも、正しい日本語ではない場合もあります。

今では、SNS、ツイッター、ブログなどインターネットでのコミュニケーションや発信が盛んになってきていて、紙と筆で言葉を記すのとは違う言い回しや表現方法をすることもあります。

メッセージを発信するツールによって言葉遣いが変わりますし、時が流れれば言葉は変化していきますが、その時々やツールによって正確な表現方法は常に存在します。

しかし、どんなに時代が変わっても、正しい言葉遣いの基本は変わりませんし、自分の心を言葉で表現するということも同じです。

ですから、自分が何気なく使っている表現方法が、本当に正しいものなのかこの機会に考えてみるのはいかがでしょうか?

できてるつもりでも意外と間違いは多い

誰しも、自分が間違っていると思う言葉遣いはしません。

正しいと思うからそれを使っているのです。

しかし残念ながら、できているつもりでも意外と間違っていることが多いのです。

なぜなら、日本語は非常に複雑で、「書き言葉」と「話し言葉」、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」など、立場や状況によって、同じことを表現するのにも言葉遣いが変化するのです。

ですから、正しい日本語の使い方をきちんとお勉強しないなら、正しいと思っている言葉遣いで、自分の意図とは違う受け取られ方をしたり、相手を不快にさせてしまうこともあるのです。

また、一度お勉強したとしても、時経つうちに崩れてしまったり、忘れてしまい、多くの人が使っている正しいようで間違っている言葉遣いに流れてしまっている可能性もあります。

️言葉遣いで気をつけるべき6個のこと


目上の人や、立場の上の人を敬うために使う敬語は、慎み深く相手を敬う日本文化の良い面の現れとも言えます。

さらに敬語は、ビジネスの場で欠かせない、社会人のマナーでもあります。

正しく使えれば、相手との交渉もスムーズにいきますし、良好な関係を築くのに役立ちますが、間違えて使用するなら、不快感を与えてしまったり、信頼を失うことになりかねません。

ですから、正しい敬語の使い方は、必ずマスターしておかなければなりません。

社会人になる前でも、アルバイト先でお客様に接したり、先生や先輩など、目上の人に接する機会も多くあります。

そんな時に、美しい敬語を使うなら、知性と相手を敬う心のある良い子として、皆から可愛がってもらえます。

正しい言葉遣いをすることによって、人生のチャンスも広がりますし、周りからの評価もアップするので、是非とも身に付けるように努力しましょう。

その際、気をつけておかなければいけない点がいくつかあります。

先ほど触れたように日本語は少し複雑で、間違えやすい言葉遣いが多いです。

よく耳にする、相手を敬っているかのような表現でも、実際は間違っていることもあるので、特に気をつけるべき6個のことを見ていきましょう。

基本的な尊敬語を覚える

日本の敬語には大きく分けて3種類あります。

相手を立てるために使う「尊敬語」、自分を下げる、へりくだった表現の「謙譲語」、相手を問わず丁寧な表現をしたい時に使う「丁寧語」に分かれます。

これらを使い分けることによって、正しい敬語を使えるようになるのですが、それぞれが複雑で、勘違いしやすいので注意が必要なのです。

どんなコミュニティでもコミュニケーションを取るために言葉は必ず必要になります。

特に社会人になると、注意してくれる人も少なくなりますし、間違えた時に取り返しのつかないことにもなるので、よく使う基本的な表現は、覚えるようにすることがお勧めです。

基本的な動作を、尊敬語、謙譲語、丁寧語ならどういうかを頭に叩き込んでおくなら、言い間違いを防ぐことができますし、時々しか使わない言葉にも、原則を軸に適用することができるので助かると思います。

では、まずは「尊敬語」から考えていきましょう。

相手を敬って使う言葉


尊敬語は、相手を立てる表現で、目上の人、立場が上の人に対して用います。

ですから、上司、取引先、お客様などに対して、相手を主体にした言葉遣いになります。

相手を敬う気持ちを表す言葉遣いなので、正しい尊敬語を使って話しかけるなら、こちらの心遣いが伝わり、感じよく受け取ってもらえます。

例えば、「する」という動詞は、尊敬語になると「なさる」「される」になります。

謙譲語は「させていただく」、丁寧語は「いたします」となります。