言葉は時代と共にどんどんと移り変わっていきます。

それと同時に、その年ごとに「流行語」となるワードも生み出されます。

流行り言葉はたいてい、若者たちが発した言葉が広がって発生していくことが多いですよね。

もう最近の若い人が使う言葉はさっぱり何を言っているんだか分からない、って思ってる親御さんなんかも多いハズ☆

すでにもう正確な日本語の使い方ってなんだっけ?(笑)と分からずじまいなものも結構あるほど、若者たちの発信するワードには影響力があるものです。

特に最近ではLINEやツイッターといったSNS上で使われた用語がどんどん拡散していって、若者たちの間で広まっているようです。

言葉と言葉を組み合わせて新たに出来上がった作り言葉もあれば、ひらがなやカタカナ、アルファベットを略して組み合わせた“略語”なるものもいっぱいあるようです。

ズッ友ってなに?

最近の若者たちが使う流行り言葉の一つに、「ズッ友」というフレーズがあります。

10代20代のお子様を持つお父さんお母さん、「ズッ友」ってなんだか分かりますか?

友というワードだけ見れば分かりますけど、“ズッ”っていうワードが付いた時点でもうお手上げ!なんて方も多いかもしれませんね(笑)

読み方はそのまま、「ズッとも」と読みます。

「ズッ友」という言葉にはどんな意味があって、どんな時に使われているワードなのか、調べていってみましょう。

若い人の気持ちを理解するのにきっと役立つ事間違いなし!です

ズッ友とは

「ずっと友達」の略

「ズッ友」とは、「ずっと友達」とか「ずっと友達でいようね」「ずっと友達だよ」というフレーズを略した言葉です。

ひらがなで「ずっ友」と使うこともあるようです。

そのまま「ずっと友達でいようね」って使えばいいじゃないの、と思うかもしれませんが(笑)、今の若い人たちはこのように略して使うのが好きですし、得意ですし、上手です。

実際にこの「ズッ友」はいつ頃から、どんなシーンで使われるようになり、現代に至ってるのでしょうか。

ギャル語や若者言葉のひとつ

もともとはギャル語や若者言葉として使われ始めました。

“ギャル”は日本の文化として定着していますが、独特で派手なファッションとライフスタイルを楽しんでいるギャルから派生した流行語はとても多いです。

「ズッ友」はその一つです。

2000年頃から使われるようになる

「ズッ友」という言葉は2000年代前半の頃から使われていたようです。

誰がいちばん最初に使い始めたのかは分かりませんが、2000年代前半と言えば、“アムラー”なるギャルファッションが大流行した時代ですね☆

ガングロギャルがちまたにあふれ、ド派手なメイクとファッションに身を包んだ若者たちで街があふれ返っていたのを思い出します。

若い女の子たちがよく使う言葉

2000年代から「ズッ友」というワードが流行り始め、今では当たり前のように使われています。

特に10代から20代前半の若い女の子を中心としてよく使われているようです。

10代20代の、スクールに通っている女の子たちは友達関係がいちばん大切な時期ですよね。

「ずっと友達でいよう」と約束し合うのは、今に限らず、昔から変わらなく若い女の子たちがするものです。

特別な友情関係を強調したいという思いが、この「ズッ友」というワードに込められているのかもしれませんね♪

2012年女子中高生ケータイ流行語大賞

今では女子中高生を始めとして、若い子たちの必須アイテムとして一人一台は持っているとされるスマホ携帯☆

コミュニケーションツールとして若者たちには絶対に欠かせないのが、スマホ携帯を使って行なうSNSです。

若者の間では当たり前になっていますが、現代多くの人が、LINEやツイッター、フェイスブックやブログといったさまざまなSNSツールで、友人や知人との交友関係を広げて楽しんでいます。

そのSNS上で特に使われるようになって、女子中学生や高校生の間で流行るようになった流行語を、投票によって決める「女子中高生ケータイ流行語大賞」が2007年から開催されるようになりました。

「ズッ友」というワードは、2012年の女子中高生ケータイ流行語大賞で11位にランクインをし、より広く知られるようになりました。

プリクラの落書きやSNS上で多く見られる

「ズッ友」というワードは特にどんなシーンで使用されることが多いんでしょうか。

SNS上で今でも広く若者たちが使用していますし、他にもプリクラの落書きによくこのワードが出てきます。

友達や恋人など、仲良し同士で撮り合う「プリクラ」は今でもたいへん人気ですが、撮り終わった後にペンでシールに好きな言葉や絵を自由に描くことができるようになっています。

ギャルを始めとして若い女の子たちの間で、プリクラに「ズッ友だよ!」などと落書きする人が多かったので、プリクラ本体のスタンプとして「ズッ友」が組み込まれているようです。

最近のプリクラでは「ズッ友だよ!」とか「ズッ友宣言」「うちらはズッ友」というワードのスタンプがあります。

2012年には走れメロスのパロディで話題に

2012年のケータイ流行語大賞にランクインした経緯の一つに、ほとんどの人が知っている「走れメロス」のストーリーを、ギャル語を使ってアレンジしたパロディがツイッターに投稿され、そのツイートがどんどん拡散していったことが挙げられます。

誰もが知っている「走れメロス」の友情ストーリーを面白おかしくとらえているところや、若い子たちが使っている独特の言葉遣いを上手に使用しているところが、みなの心をとらえたのでしょうか…

いずれにしてもこのパロディがきっかけとなり、コピペしたネタを作ってツイッターに投稿する人が増えるようになって、「ズッ友」というワードが浸透し、定着するようになりました。

ズッ友と言える友達の19個の特徴

今の若い子たちが使う言葉をいい大人が使うのはどうかと思いますが、「ズッ友だよ!」と宣言して友情を誓い合える関係は、何歳になっても良いものですし、大切にしたいですよね♪

“ずっと友達でいられる”、いわゆる親友ともいえる親密な関係は、どんな友達に当てはまるのでしょうか。

また、自分が仲の良い、大好きな友から「ズッ友」と思ってもらえるようにするためには、どうしたらいいでしょうか。

ここでは「ズッ友」と言える友達ってどんな人のことを言うのか、19個の特徴を取り上げて考えていきたいと思います。

尊敬し合える

どんな人でも完ぺきな人はいないので、長所だけでなく短所の部分も必ず持っているものです。

友達もいろいろな性格の人がいて、それぞれ気の合う部分や、似通ったところもあって一緒に仲良くいられるのだと思います。

ずっと長く友達でいるためには、ただ気が合うだけでは不十分なのかもしれません。

その人の持つ長所や気質、性格を素直に尊敬できる相手とは、互いに認め合って長い付き合いを楽しんでいけると思います。

自分が今一緒にいたいと思っている友達の尊敬できる部分をぜひ探してみてください。

それはお金をいっぱい持っているとか、顔がいいとか表面的なものではありません。

性格や気質、話し方、人への接し方、考え方など、自分が素直にここは尊敬できる!と思える分野を見つけてみましょう。

互いに尊重し合える相手とは、時間をいつまでも共有できるものですし、互いに認め合って対等な関係を築いていくことができます。

許し合える

許し合える、ということは認め合える、ということです。

どんなに仲良しの友達だって価値観が違っていたり、考え方や見方が異なる場合だってあります。

お互いに失敗しちゃって迷惑をかけてしまうことだってあります。

そんな時に相手の価値観をよく尊重して、認めてあげる気持ちを持つことができるでしょうか。

さらに許し合える、というのは自分の全部をさらして心許せる関係に互いがなれるか、という点もあります。

自分のありのままを見せるという事は勇気が入ります。

短所や嫌な部分もさらけ出すことになるからです。

相手の嫌な部分が見えてくることもあるかもしれません。

友達の経験していること、気持ち、考え方、感情を受け止めて理解し合える関係になれると、心を許せる「ズッ友」関係を深めていけるに違いありません。

久しぶりに会っても変わらない関係

「親しい友人」と「知り合い」の違いは、しばらく会わない時間があった時でも、久しぶりに会うとすぐに気を遣わないで話したり接することができて、ずっと変わらない関係でいられるかどうか、という事かもしれません。

仲の良い友達は自分の心の支えになってくれる存在です。

でも行く高校や大学が違ったり、社会人になって離れたところで生活するようになったり、仕事や結婚などで頻繁に合うことができなくなったり…など、何らかの事情で前とは同じように会えなくなるという事は誰にでもあります。

環境や年齢やライフスタイルが変われば、互いに成長し合う中で価値観も変わってくるとは思いますが、久しぶりに再会した時でも変わらなく、無理に合わせようとしなくても自然体で付き合える関係は、「ズッ友」であると言えます。

気を遣わない

気を遣って話したり、接しないといけない人とは一緒に長い時間を共有するのはまず難しいですよね。

いつも緊張しながら接しているとしたら、いつか自分が疲れて壊れてしまいます。

気を遣わない間柄でいられるかどうか、というのは「ずっと友達でいる」ためには非常に重要です。

もちろん「親しき中にも礼儀あり」ということわざがあるように、気を遣わないからといって図々しく、何でもわがままに接して良いということではありません。

相手に優しく丁寧に接したり、傷付けないような話し方をしたり、思いやりの気持ちを持ったりして、友達に“気を遣う”ことは、最低限の人間関係のマナーとして忘れてはならないことです。

気を遣わない関係というのは、言葉をうまく伝えられなくても言わんとすることを汲み取ってくれたり、言いたいことも言い合えて、互いの人間性を理解し合える関係と言えるのかもしれません。

一緒にいると楽しい

友達と一緒に時間を過ごす時は、リラックスできて安心できる、楽しい時間にしたいですよね。

いつも見下されていたり、批判めいた事を言われたり、けなされたり、人の悪口しか言わないギスギスした人とは一緒にいても楽しくなんかありません。

一緒にいると心から笑うことができて、元気がもらえる関係はとても素敵だと思います。

さらに自分自身も、一緒にいて楽しい人だ、と相手に思ってもらえる存在になれるように意識しましょう。

自分の事ばかり一方的に話すのではなくて、友達の話すことをよく聞くこと、そこから話題を広げて会話上手になること、笑顔で明るく接すること、マナーやルールなど常識をきちんと守ること、こうした点を意識しておくなら、友達からも「ズッ友」でいて欲しい、と思ってもらえる存在になれるに違いありません。

何を考えているか言わなくてもわかる

よく知っている間柄や関係の人だと、言葉にしなくとも何を考えているか、どんなことを求めているかが何となく分かってきます。

それだけ相手の性格や得意不得意とすること、価値観や考え方などをよく理解しており、感覚的に雰囲気でつかめる、という事です。

特に落ち込むことがあった時や、ショックな出来事を経験した時なんかは、1から10まですべて説明するのは嫌だけれど、友達にそばにいて慰めてもらったり励ましてもらったりしたい、と思う事ありますよね。

そんな時に何も聞いてこないけれど、肌で考えを感じ取ってくれて、必要としている言葉をかけてくれたり、自分が元気になれることをやってくれるような友達は、ずっと一緒にいたい存在である、と言えるでしょう。

報告を誰よりも最初にしたい

嬉しいことは自分が一番大切に思っている存在に報告したいですよね。

「好きな人から告白された」「難しい試験に通った」「内定をもらえた」「結婚することになった」「子供ができた」など、人生の節目となる出来事を経験した時はなおのことそうでしょう。

ほんものの友情なら、親友であるなら、それを自分のことのように喜んでくれることが分かっているからです。

話すべきか迷う、とか遠慮があったり、何となく躊躇してしまうんだとしたら、それは「ズッ友」までの関係にはなっていないのかもしれません。

嬉しい報告だけではありません、その逆も言えるでしょう。

「好きな人から振られてしまった」「付き合っていた人から別れようと言われた」「試験に落ちた」「就職先が決まらない」「離婚することになった」「大切な家族が亡くなった」など、自分にとって辛い出来事も親友には話したい、と思うはずです。

親友ならそのつらい状況を、自分のことのようにつらく感じて一緒に泣いてくれたり、励ましてくれると信じているからです。

嬉しいこともつらい報告も、誰よりもまず真っ先に報告したいと思える存在は、きっとあなたにとっての「ズッ友」ですし、相手も真っ先にあなたにすべてを報告してくれるに違いありません。

自分の趣味にも付き合ってくれる

たとえどんなに仲の良い「ズッ友」であったとしても、趣味や好みまでまったく同じであるとは限らないものです。

むしろまったく趣味の共通点なんかないけど仲良しでいられるという人もいるでしょう。

でも好きなことを大好きな友達と一緒にできて、喜びや楽しみを分かち合えたらもっと楽しいのにな、と思うこともあるかもしれませんね。

だからといって無理やり自分の趣味を押し付けてはいけませんが、友達の方から興味や関心を持ってくれて、一緒に趣味を楽しもうとしてくれるかもしれません。

そんな、相手の好みや楽しみを知ろうとして付き合ってくれる友達は大切にしたい存在です。

また自分の方もそんな存在になるように心がけましょう。

自分がまったく関心を持っていなかったことでも、いざやってみたらハマってしまう事もあるかもしれません。

知らない世界を知って、視野が広がるのも良い経験でしょうし、何より大好きな友達が大切に感じている事を一緒に共有できるというのは、自分にとっても喜びにつながると思いますよ♪

真面目な相談がし合える

いつもバカばかり言い合って、はしゃいで笑い合って…そんな友達といるととっても楽しいかもしれませんが、もしそれだけしかできない関係だとしたら「ズッ友」とは言えないのかもしれません。

誰だって真剣に考えたり、思い悩んでしまう事ってあるものです。

勉強の事とか、進路とか、人間関係の事とか、仕事や恋愛、結婚のことなど、真面目に考える機会もあるでしょう。

でもそういった真面目で大事な話しは誰にでもできるわけではなくて、きちんと相談に乗ってくれる人を選びたいですよね。

相談をしようとしても、「何それ、めんどくさい」とか「いつもの●●らしくないよ」などと言って相談に乗ってくれないような相手は「ズッ友」にはなれないかもしれませんね。

いつもはバカなことばかりやってるけど、いざとなった時には真面目トークもできちゃう、しかも良いアドバイスをくれる、そんな友情関係ならずっと続いていけるでしょう。

議論ができる

議論をするのは日本人はあまり得意ではありません。

多数意見に合わせたり、右習えの行動を取ることで、周りとうまくやりたい、溶け込みたいというのが日本人の特徴でもあるからです。

もちろん、誰かと無理やり議論して、ケンカっぽい雰囲気になって気まずい関係になりなさいと言っているわけではありません。

むしろ、議論というのはよほど心を許している、信頼関係ができている人としかできないものなんです。

しかも議論すると言っても、ケンカ腰になって一方的に自分の意見を通して勝つのが良いというわけではありません。

相手のことをよく知り、認め合ったうえで、もし自分とは異なる考えや意見だった時に、穏やかな態度で自分の意見も述べられるかどうか、また、相手が間違っていることに気づいた時に、相手のことを思って冷静に指摘してあげられるか、という点が、ほんものの友情関係に大切なことと言えます。

心から心配し合える

病気やケガなど、何らかのトラブルに巻き込まれた時に、心から心配してくれて親身に気遣ってくれたり、助けになってくれる友達は「ズッ友」に必要な、大切な要素を持っている人と言えます。

こまめにメールや電話をくれたり、そばにいてくれたり実際的な手助けをしてくれたりと、細やかな心遣いができる友だちをぜひ大切にしていきましょう。

また、自分もそうした人になって、相手にとっての“良い友達”になれるように意識して心がけるようにしたいものです。

悪いことを注意し合える

友達が間違っていることをしていたり、道から外れそうになっている時に、率直に間違いを指摘したり、注意するのはエネルギーや神経を使うし、どちらもいい気持ちにはならないから本当ならやりたくないと思ってしまいますよね。

でも相手のことを本当に想ってくれている人しか、本音は言ってくれません。

お互いにっ率直に本音を伝えられる関係こそ、長く友情を築いていくのには不可欠なことと言えるでしょう。

情報を共有し合う

今はネット社会なので、個人の情報を投稿して仲の良い友達同士で共有し合うことができます。

LINE、ツイッター、ブログ、フェイスブックなどのさまざまな媒体を活用している方も多いでしょう。

交友関係を深めるのに、そうしたSNSでの情報共有をとても大切にしている人は多いです。

また、情報を共有するという観点で言うと、他人にはあまり知られたくない情報や秘密事も、親友同士なら打ち明けて共有したい、と思うかもしれません。

もちろん秘密事ですから、絶対に他人にはもらさない、バラさないという信頼が築かれたうえでないと話せないですよね。

「ズッ友」であるならできること、と言えそうです。

1人の時間を大切にできる

「友達なんだから、いつでもどんな時でもこちらを優先してよ!」という独占的なタイプの人とはずっと長い友情関係は築けないものです。

相手を大切に思いますし、もちろん一緒に楽しい時間を過ごすこともありますが、自分一人の時間を作って大切にすることも必要です。

何か特別なことをするわけではないにしても、「今日は一人の時間を楽しもう」と自分をいたわる時間を大切にできると、友達と過ごす時間も大切にすることができるようになるからです。

こうしたバランスを意識することも、「ズッ友」関係を築いていく上で非常に大切なことと言えるでしょう。

お互いに別で過ごす時間を尊重し合える関係は「ズッ友」と言えると思いますよ☆

選択を尊重し合える

友達なんだからいつも自分と同じ決定や選択をして欲しい、と言う人もいますが、それは自分勝手でエゴな考え方と言えます。

どんなに親しい間柄であっても、仲良しであっても人生は自分で決めるもので、他人に押し付けてはいけないからです。

たとえば学生の時であれば、「どの部活に入るか」「どこの高校に行くか」「バイトをどこでするか」という選択は、仲の良い友人同士だったとしても一緒には決められませんし、「就職をするか進学するか」「結婚するか、独身で仕事に打ち込むか」「子供を何人産むか」「お金をどういうところにつぎ込むか」といった内容も、みなそれぞれ選択する道は変わっていきます。

たとえ親友が、自分には理解できない行動や決定をしたとしても、その友人の選択した人生設計やライフスタイルを快く尊重し、いつでもうまくいくように願ってあげたり、必要とされる時には助けや協力を惜しまないであげるなら、きっとお互いに高め合える関係になれるに違いありません。

いつでも順調な時ばかりではないので、どちらかが苦労していたり、諸事情を抱えてしまっているという事もあるかもしれません。

でも、友達が決めた道を応援し、相手を思いやる気持ちを持つようにしましょう。

友人の選択したことを尊重する、というのはそういう事です。

表面上では理解したふりをして、心の中では恨む気持ちがあったり、納得いかない感情を持っていると、本当の意味で共感してあげることにはなりませんし、いつかそうした気持ちは、お互いのきずなにヒビが入る事にもなりかねません。

お互いの選択や生き方を心から尊重し合える「ズッ友」でいましょう!

損得感情は抜きにできる

大人になればなるほど、人付き合いを損得感情で決めようとする人もいます。

損得感情で関係を築いている人の方が得をしているように思える場合もあるかもしれません。

“損得感情”というのは、一緒にいる人や付き合う人たちを、自分にとって利用価値があって、得となるかそれとも損となるか、で決めることを言います。

友達関係を損得で決める人は、ずっと友達でいられるでしょうか。

いつまでも信頼し合える関係を築けるでしょうか。

損得でもし友達を選ぶとすれば、自分にとって利用価値がある間は仲良くいられますが、そうではなくなった場合、あっという間に裏切ったり、切り捨ててしまうということです。

本当の友達であれば、どちらかが不幸に見舞われたとしても、つらい状況になったとしても変わらずその人の友であり続けることでしょう。

それは、その友達自身の事が大好きであることに変わりはないからです。

そこに、付き合いを続ける事が損か得か、といった考えは浮かびもしないからです。

友達を損得で選んでいる人には「ズッ友」と呼ばれる存在は決してできないでしょう。

自分もいつか誰かに切り捨てられたり、裏切りに合うことにもなるかもしれません。

親友というのは、状況や立場に左右されず、いつまでも互いに高め合える、対等な関係です。

そこに損得感情はないのが「ズッ友」でいられる秘訣なのです。

価値観が合っている

価値観とは、何に価値を見いだすかについての考え方のことを言います。

よく芸能人の夫婦が離婚発表をする時にその理由として、「価値観が違った」なんて使う事がありますよね。

何を大切にし、価値を見いだすかはその人の育ってきた環境や、過去の経験も大きく影響します。

ですから完ぺきに価値観が一緒だ、という人なんてほぼ存在しません。

親兄弟の間柄であったとしても、個々にそれぞれ違うのに、まして違う環境や家庭で育ってきた人同士が価値観が違っていて、多少の違いやズレがあるのは当たり前なのです。

では「価値観が合っている」友達を選んだ方が良いのはなぜでしょうか。

みんな違って当たり前、それぞれの価値観を認め合うのが「ズッ友」なのではないでしょうか。

もちろん異なる価値観を認め合い、歩み寄る気持ちは大切です。

しかし、あまりに価値観が違い過ぎる人とずっと一緒にいたらどうなるでしょうか。

お互いにストレスが溜まったり、やることなすこと全てにイライラして、一緒にいて楽しいとは思えなくなってしまうでしょう。

激しいケンカに至って、周りに迷惑をかけることにもなりかねません。

ちょっと知り合い、とか仲の良い程度であれば問題ないと思いますが、いつも一緒に過ごす相手ならば、価値観や考え方が似通っている人を選ぶ方が良いでしょう。

友情は信頼で築かれていくものです。

価値観が違っていて分かりあえない人を心から信頼するのは難しいかもしれません。

旅行などずっと一緒にいても疲れない

1、2時間、あるいは半日ぐらい仲の良い友達と一緒に遊んで時間を過ごしていてもぜんぜん気にならなかったことが、3泊4泊と一緒に旅行してみたらすごく気に障るようになった、なんて経験をしたことはありませんか?

旅行に行った時に相手の本当の姿が見えてくる、ということはあり得ます。

わがままに振る舞い、勝手に何でも決めてしまったり、時間にルーズな相手で、予定していたプランを楽しめなかったり、行きたいところなどの価値観が違っていたり、相手のちょっとした欠点や短所が、旅行に行ってみてよく目に入るようになって、許せないと感じてイライラしてしまう…という事があるかもしれません。

そんな自分の態度や感情にもさらに自己嫌悪になってしまいますよね。

もちろん腹を割って互いの直してほしいところを話し合えて、認め合えるのがいちばん良いのですが、そうはいかない人であることに気づかされることもあります。

ずーーっと長く友達でいられる関係が「ズッ友」なのですから、もし本当に気の合う人かどうかを知りたいなら、一緒に旅行に行って長い時間共に過ごすのも良い方法かもしれませんよ☆

将来ずっと仲良くしたいと思える

ズッ友と言えるかどうかは、今だけの関係ではなく、これから先もずっと仲良くしたいと思える相手かどうかで決まるでしょう。

たとえば学生の時は、その時のノリが合っていたり、一緒にいて楽しいと思える相手かもしれません。

でも社会人になって別々の人生を送るようになった時、離れて生活するようになった時、それでもずっと友情を深めていきたいと思うでしょうか。

それとも、自然と疎遠になってしまう関係で終わりでしょうか。

大人になっても、どちらかが結婚しても、状況や立場や境遇が変化しても、いつまでも一生友達でいられる存在が、本当の意味での「ズッ友」と言えるのかもしれません。

ズッ友な関係はかけがえのないもの

ずっと友達でいられる相手を見つけられたなら、それはとても幸せでラッキーなことです♪
ぜひその友情関係をいつまでも大切にしましょう。

本当に信頼できる「ズッ友」な友達は、あなたの人生を豊かにしてくれます。

これまで知らなかった自分に気づかされたり、知識や経験が増えていったり、考え方や価値観の幅が広がったりするかもしれません。

いつでも駆けつけてくれて、どんな時でも自分の味方でいてくれる理解者で、お互いに高め合える友達は、あなたの人生においてかけがえのない存在になるはずです。

いつか大人になった時に、「私たち、ズッ友宣言してたよね」と笑い合って話し合える時がきたらいいですね◎